AirPods Pro(第2世代)|搭載の可能性がある新機能まとめ

  • 2022年8月21日
  • by.Fenway2

AirPods Pro

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

米メディアのMacRumorsは、2022年後半に発表される可能性がある、AirPods Pro(第2世代)への搭載が期待されている5つの新機能を紹介しています。

まったく新しい機能に加え、2021年に発売された標準AirPods第3世代に追加された機能を採用する可能性があるようです。

トップ画像引用元:AirPods Pro – Apple(日本)

AirPods Pro(第2世代)に搭載される5つの新機能

AirPods Pro

画像引用元:AirPods Pro通販|ソフトバンクセレクション

MacRumorsは、年内のリリースが期待されているAirPods Pro(第2世代)へ、搭載される可能性がある5つの新機能を紹介しています。

紹介された5つの新機能は、以下のとおりです。

搭載が期待される5つの新機能
  • H2チップ搭載
  • バッテリー駆動時間の延長
  • 充電ケースの機能向上
  • 自動耳検出機能の向上
  • フィットネス機能

H2チップ搭載

著名アナリストのミンチー・クオ氏は、AirPods Pro(第2世代)は大幅にアップグレードされたH2チップを搭載すると予想しています。

クオ氏は、H2チップを搭載する利点については詳しく説明はしていません。

しかし、H1チップがオーディオ関連の機能に電力を供給していることを考えると、H2チップにより音質・遅延・ノイズキャンセリング機能などで、改善がみられる可能性があります。

また、Apple Losslessオーディオに対応する可能性もあるようです。

バッテリー駆動時間の延長

バッテリーに関しては信憑性のある情報はありませんが、前モデルが発売されてから約3年が経過するため、バッテリーが改善される可能性は高いようです。

2021年に発売された標準のAirPods(第3世代)は1回の充電で最大6時間の使用が可能で、現行AirPods Proの最大4.5時間よりも長い駆動時間を実現しています。

現行AirPods Proは、アクティブノイズキャンセリング・外部音取り込みモードをオフにしても、駆動時間は最大5時間と、標準AirPodsよりも短いです。

新モデルでは、標準AirPods(第3世代)と同等または、それ以上のバッテリー駆動時間を実現する可能性があるようです。

充電ケースの機能向上

クオ氏は、AirPods Pro(第2世代)の新しい充電ケースは、音を鳴らせるようになると予想しています。

これまでも「探す」アプリで追跡はできましたが、音は鳴らなかったため、紛失時により発見しやすくなるとのこと。

また、充電ケースはIPX4規格の耐水性能を備えるとの噂があります。

現行モデルでは、AirPods Proは耐汗耐水性能を備えていますが、充電ケースには防水や耐水機能はありません。

なお、AirPodsシリーズの充電ケースでUSB-Cを搭載するのは2023年になり、それまでは引き続きLightning端子が採用されるようです。

自動耳検出機能の向上

AirPods Pro(第2世代)では、標準AirPods(第3世代)に搭載されている肌検出センサーを採用する可能性が高いとのこと。

耳に装着していることを、より正確に検知できるため、取り外すと自動的に再生を一時停止するようです。

フィットネス機能

AirPods Pro(第2世代)には、最新のモーションセンサーが搭載され、フィットネストラッキング機能が向上する可能性があるようです。

MacRumorsは、AirPods Proはすでに動きを検出する加速度センサーを搭載しているため、センサーが向上することで、フィットネストラッキング機能を備える可能性があると予想しています。

AirPods Pro(第2世代)の発売日やデザインは?

AirPods(第3世代)

画像引用元:AirPods(第3世代) – Apple(日本)

以前はデザインが刷新されるとの噂がありましたが、AirPods Pro(第1世代)のデザインを引き続き採用する可能性が高いようです。

AirPods Pro(第1世代)は現地時間2019年10月28日にリリースし、その2日後に発売され、標準のAirPods(第3世代)も発表日から7日後に販売を開始しています。

AirPods Pro(第2世代)は、9月または10月に発表されると予想されており、リリースされた数日後に発売すると考えられます。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。