レム睡眠中にアラームが鳴る二度寝防止におすすめの目覚ましアプリ

レム睡眠中にアラームが鳴る二度寝防止におすすめの目覚ましアプリ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナー

2 レム睡眠中に起きることが二度寝防止に役立つのか

睡眠中の女性

今回は、レム睡眠中にアラームが鳴る目覚ましアプリを紹介しましたが、何故レム睡眠中にアラームが鳴る目覚ましアプリがたくさんあるのか気になりますよね。

さらに、レム睡眠というものは実際どのようなものか、知っている人はかなり少ないのではないかと思います。

そこで、

  • レム睡眠とはどのようなものなのか
  • 何故、レム睡眠中にアラームを鳴らして起きるのが良いのか

を簡単に解説していきます。

レム睡眠がどのようなものなのか、というのを知ってから、レム睡眠中にアラームが鳴る目覚ましアプリがいかに重宝できるか知ってもらえたらと思います。

2-1 レム睡眠とは?

睡眠中の女性

まず、レム睡眠とは人間の睡眠サイクルの中でも「浅い眠り」と呼ばれるものです。

簡単に言うと、身体は休んでいても脳は働いている状態の睡眠のことをいいます。基本的に夢を見ている間もこのレム睡眠中だといわれています。

ちなみに、逆はノンレム睡眠といって、いわゆる深い眠りのことをいいます。

ノンレム睡眠中は、一般的に「熟睡」と呼ばれるような、少しの物音や衝撃では起きないような状態のことです。

人間は、基本的にこのレム睡眠とノンレム睡眠を1回の睡眠で3回から5回ほど繰り返します。

繰り返す間隔は年齢や体質などによって異なりますが、大体70分から110分程度のサイクルだそうです。

レム睡眠が続くのは若い人で40分から50分、年齢を重ねるとさらに長くなるそうです。

ソフトバンクバナー

2-2 レム睡眠中に起きるとどんな効果があるのか

睡眠中の女性

今回紹介したアプリは、レム睡眠中にアラームが鳴る目覚ましアプリですが、レム睡眠中に起きるとどのような効果があるのでしょうか。

レム睡眠は簡単に言うと浅い眠りのこと。つまり、覚醒状態に近い意識レベルであるということになります。

そのため、浅い眠りで比較的覚醒状態に近い時に起きた方が、身体の負担も少なく目覚めがすっきりするということなのです。

逆に、ある程度の物音や衝撃でも起きにくいノンレム睡眠中に起きようとすると、

  • 変に身体が疲れているような気がする
  • いつまで経っても眠い状態が続く

など寝起きが悪くなる傾向にあります。

睡眠の質を上げることは健康を保つことに繋がります。日々の仕事や趣味、学業のパフォーマンスを上げるためにも、睡眠の質はかなり重要なファクターといえるでしょう。

だからこそ、レム睡眠中にすっきりとした目覚めを迎えるためにも、レム睡眠中にアラームが鳴る目覚ましアプリが多くの人に重宝されているのです。

レム睡眠について

  • レム睡眠は脳は休まず身体を休めている睡眠が浅い状態のこと
  • レム睡眠とノンレム睡眠(深い眠り)は1回の睡眠で3回から5回程度繰り返す
  • ノンレム睡眠はある程度の物音や衝撃で起きにくい状態なので、そのタイミングに起きると寝起きが悪くなる
  • 覚醒状態に近いレム睡眠時に起きるのが1番目覚めがすっきりする

3 レム睡眠中にアラームが鳴る目覚ましアプリがおすすめな人の特徴

睡眠中のこども

次に、レム睡眠中にアラームが鳴る目覚ましアプリがおすすめな人の特徴についてまとめます。

レム睡眠中であることを察知してアラームを鳴らしてくれるという便利な目覚ましアプリは、恐らく多くの人に重宝されるアプリなのではないかと思われます。

しかし、その中でも特にレム睡眠中にアラームが鳴る目覚ましアプリを重宝すべきなのは、現段階で睡眠について悩みがある人です。

忙しい現代人だからこそ睡眠時間が満足に取れない、取れたとしても寝起きと寝つきが悪いなど、睡眠の質が悪いように感じる人も多いのではないでしょうか。

このように、レム睡眠中にアラームが鳴る目覚ましアプリがおすすめな人の例をいくつか挙げていきます。自分も当てはまるかどうかチェックしてみてください。

3-1 しっかり睡眠時間を取っているはずなのに疲れが取れない人

寝不足

普段の生活で、

  • 適切とされている7時間から8時間程度の睡眠をとっている
  • 毎日同じ時間帯に寝ている

それなのに疲れが取れている気がしないと感じる人は多いのではないでしょうか。

起きるタイミングがノンレム睡眠の状態であれば、寝起きは悪く余計疲れたように感じるでしょう。

その他にも体調不良など考えられる原因はありますが、まずは起きるタイミングを考慮してみてはいかがでしょうか。

起きるタイミングが原因でなければ、別の原因を探すこともできますし、今回紹介したアプリは全て無料で使えるのでお試しにはぴったりです。

3-2 睡眠サイクルが崩れやすい人

次に、睡眠サイクルが崩れやすい人も同様に、レム睡眠中にアラームが鳴る目覚ましアプリをおすすめします。

睡眠サイクルが崩れやすいという人の特徴は下記の通りです。

  • まとまった睡眠時間が取れず、週末などに集中して寝溜めしてしまう人
  • 長く睡眠時間を取りすぎて逆に疲れて目覚めが悪い人
  • 仕事や家事育児の関係で毎日、寝る時間と起きる時間がバラバラな人

仕事や家事育児となると、どうしても睡眠サイクルを自分で整えることが厳しくなってしまいます。

そこで、睡眠時間を合わせることはできなくても、まずは起きるタイミングを調整してみてはいかがでしょうか。

レム睡眠中に起きる習慣をつけることで、寝ることで疲れを感じていた人や目覚めが悪いと感じていた人は大きく改善できるかもしれません。

3-3 睡眠の質が良くないと感じている人

枕とベッド

目覚め・寝つきが悪いと感じている人の多くは、同時に睡眠の質も良くないと感じていることが多いです。

睡眠時間は長く取れば良いというわけではなく、短時間でも良質な睡眠をとることが大事ともいわれています。つまり、睡眠は量よりも質だといえるでしょう。

だからこそ、まずは起きるタイミングをレム睡眠中に統一してみてはいかがでしょうか。

寝起きがすっきりすれば二度寝することもなくなりますし、寝過ぎて夜に必要以上に起きてしまうことも防げます。

起きるタイミングを統一していけば、自然と夜もすんなり眠れるようになるかもしれません。

また、以下のことを注意すればさらに寝つきが良くなるといわれています。

  • 就寝前はスマホやパソコンの画面を見ない
  • 就寝前の食事やアルコールの摂取は控える
  • 入浴後すぐに寝ない
  • 就寝前に軽いストレッチをするとリラックス効果が期待できる

レム睡眠中に起きる習慣と一緒に、上記の内容を少しずつ取り入れてみれば、さらに改善されるかもしれません。

4 レム睡眠中にすっきりと目が覚めれば仕事や趣味も捗りやすくなる!

よろこぶ女性3人

最後に、レム睡眠中にアラームが鳴る目覚ましアプリがおすすめな人の特徴についてまとめます。

レム睡眠中にアラームが鳴る目覚ましアプリがおすすめな人の特徴

  • 睡眠を取っているはずなのに疲れが取れない人
  • 睡眠時間を長く取りすぎて目覚めが悪いことが多い人
  • 睡眠サイクルが崩れやすい人
  • 寝つき寝起きが悪く睡眠の質が良くないと感じている人

睡眠の浅いレム睡眠中に目が覚めるのは、1番身体にとっても負担が少なくすっきりとした目覚めを迎えられるといいます。

レム睡眠中にアラームが鳴る目覚ましアプリは、毎日の睡眠の質を少しでも上げることに役立つのではないでしょうか。

今まさに睡眠で悩んでいる人は特に、一度レム睡眠中にアラームが鳴る目覚ましアプリを使ってみることをおすすめします。

今回紹介したレム睡眠中にアラームが鳴る目覚ましアプリは、全て無料で使えるアプリです。是非気軽に試してみてください。

iPhoneのヘルスケアアプリと連携して歩数・血圧・体重を計測する方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナーソフトバンクバナー

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンクバナー