Amazon Echoでできること|設定や使い方、音質など基本情報まとめ

  • 2019年1月10日
  • by 
Amazon Echoでできること|設定や使い方、音質など基本情報まとめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

3 Amazon Echoのセットアップ方法

Amazon Echoを購入したら、まずはセットアップする必要があります。セットアップは、Amazon Echoを壁や窓から20センチ以上離した状態で行ってください。

準備ができたら、以下の手順でセットアップしましょう。

1Alexaアプリをダウンロードしてサインインする

まずは無料のAlexaアプリをダウンロードしましょう。Alexaアプリに対応しているOSは下記となります。

  • Android 5.0以上
  • iOS 9.0以上
  • Fire OS 3.0以上

この他、パソコンのブラウザから https://alexa.amazon.co.jp

に接続することで利用することもできます。

2Echoの電源をオンにする

付属の充電アダプタを接続してから、コンセントに差し込みましょう。Echoのライトリングがついて、青色からオレンジ色に変わります。するとAlexaが挨拶をします。

3EchoをWi-Fi接続する

Alexaアプリの指示に従ってEchoをWi-Fiに接続しましょう。Wi-Fi環境がなければAmazon Echoを使用することはできないのでご注意ください。

4「アレクサ」と話しかけて使う

Wi-Fi接続まで済んだらセットアップは完了です。ここからはAmazon Echoに「アレクサ、○○して」などと話しかけて使うことができます。

3-1 「Alexa」から名前を変更したい場合

画像引用元:Amazon | Echo – スマートスピーカー

Amazon Echoは「アレクサ」と話しかけて使うのが基本ですが、「アレクサ」以外の呼び名がいい方は、Alexaアプリからいつでも変更できます。

アプリで設定を開いてEcho端末を選択し、「ウェイクワード」を選択しましょう。

4 Amazon Echoのシリーズ一覧

画像引用元:Amazon | Echo – スマートスピーカー

Amazon Echo端末はひとつではなく、サイズや性能の異なるものが複数存在します。現在出ているEchoシリーズは以下のとおりです。

4-1 オーソドックスな「Echo」

画像引用元:Amazon | Echo – スマートスピーカー

Echoはもっともオーソドックスな商品です。本体サイズと重量は148 x 88 x 88 mm、821gとなっています。

Echo入門としてはこれを選んでおけば間違いないでしょう。

4-2 コンパクトサイズな「New Echo Dot」

画像引用元:Amazon | Echo – スマートスピーカー

New Echo DotはEchoをコンパクトにしたモデルです。本体サイズと重量は43 x 99 x 99 mm、300gとなっています。

本体が小さい分、スピーカーとしての機能も弱く、音量が小さいため小さな部屋での使用が前提となるモデルです。

4-3 プレミアムモデルの「New Echo Plus」

画像引用元:Amazon | Echo – スマートスピーカー

New Echo PlusはEchoのプレミアムモデルです。本体サイズと重量は148 x 99 x 99 mm、780gとなっています。

音質がEchoを上回る他、「スマート家電の簡単セットアップ」に対応しています。

4-4 スクリーンのついた「Echo Spot」

画像引用元:Amazon | Echo – スマートスピーカー

Echo Spotは、Echoにスクリーンのついたモデルです。本体サイズと重量は104 x 97 x 91 mm、419gとなっています。

タッチスクリーンがついたことで操作方法に幅が増した他、カメラが付いており、プレミアム会員ならば「Amazon Photos」も利用できます。

4-5 Echo Spotのプレミアム版「New Echo Show」

画像引用元:Amazon | Echo – スマートスピーカー

New Echo ShowはEcho Showのプレミアム版です。本体サイズと重量は246 x 174 x 107 mm、1,755gとなっています。

10.1インチの大画面がついており、カメラ性能やスピーカーもEcho Spotより上。

プレミアム会員ならば「Amazon Photos」も利用できる他、「スマート家電の簡単セットアップ」に対応しています。

4-6 基本的な使い方はどれも同じ

画像引用元:Amazon | Echo – スマートスピーカー

このように5つの端末に分かれているEchoシリーズですが、基本的にできることは変わりません。最安値の「New Echo Dot」でもAmazon Echoの基本機能がしっかり搭載されています。

また、Amazonとしてはこれらを比べて「どれが一番か?」と考察するものではなく、複数台を同時利用することも前提にしています。

例えば、広いリビングにはスピーカー音の大きい「Echo」や「New Echo Plus」を置いて、個室にはそれぞれ「New Echo Dot」を置くといった形で。

迷うとしたら、タッチスクリーンが必要か否かですね。ただ実際にAmazon Echoをどれだけ活用するか不明瞭なうちは、オーソドックスな「Echo」から入ることをオススメします。

その結果、Amazon Echoが気に入って他の製品も欲しくなったら、買い足せばいいのです。

Google Home miniでできること|設定や使い方、Google Homeとの違い

5 オーディオ機器として使えるAmazon Echo

画像引用元:Amazon | Echo – スマートスピーカー

Amazon Echoは高性能で便利なスマートスピーカーです。

しかしながら、現時点でスマートスピーカーが必要だと断言できる方もそう多くはないと思います。買ってもあまり使わなかったとしたら、とてももったいないですよね。

「Amazon Echoを試してみたい。でも決して安くはないから買うのを渋ってしまう」という方が大半ではないでしょうか?

しかし、もしあなたがオーディオ機器を必要としている場合は、案外高い買い物にはならないかもしれません。

Amazonプライム会員は、Amazon Echoで100万曲以上のPrime Musicを流すことができます。

ですから、家電などでAmazon Echoを使いこなせなかったとしても、オーディオ機器として使えるのであれば、11,980円はそこまで痛手にならないのではないでしょうか。

この他にもさまざまな機能が搭載されているので、Amazonのサービスを日頃から使っている方にとっては、オススメのスマートスピーカーです。

5-1 音質は十分満足できるレベル

画像引用元:Amazon | Echo – スマートスピーカー

オーディオ機器として使う際に重要となる音質ですが、強いこだわりがなければ、普通の「Echo」で十分なレベルと言えます。さすがに専用の高級オーディオ機器には劣りますが。

また、音質もイコライザ機能によって調整可能です。「高音域を強くしてくれ」、「低音域を弱くしてくれ」など、音声で調節したり、Alexaアプリから調整したりすることもできます。

Google Home/Amazon Echo/LINE Clovaの特徴を比較してみた

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

Google Home/Amazon Echo/LINE Clovaの特徴を比較してみた... 国際的に、スマートスピーカーの開発が盛んになってきています。日本でもCMが流れるなど、少しずつですが認知されてきていますね。 しかしスマートスピーカーはスマホなどと違って、まだ馴染みがないのも事実です。スマートスピーカーで何ができるの...
Siriで通訳!iOS12は翻訳機能が進化して日本語から英語も訳せるように... iPhoneをフル活用して外国語の翻訳をしているという人も多いかもしれません。 2018年にリリースされた「iOS 12」では、ついにSiriが日本語に対応したことが話題になりました。 これによって、今まで以上に翻訳を円滑に行え...
Hey Siri、iPhoneでのおまえの設定方法と使い方を教えてくれ... 「Hey Siri(ヘイ シリ)」でお馴染みのアップル製品に搭載されているAIアシスタント「Siri」。iPhoneのみに搭載されている機能です。 この「Siri」は生活に欠かせなくなるほど便利なものですが、設定方法や使い方がわからな...
Google Homeでできること|初期設定の仕方や使い方、対応アプリ一覧... Google Homeは、Googleが開発したスマートスピーカーです。ユーザーはGoogle Homeに話しかけることで、音楽を再生したり、家電を遠隔操作したりすることができます。 このページでは、新発売のGoogle Homeにつ...