スマホのカメラ性能ランキング

【2024年最新】スマホのカメラ性能ランキング!おすすめ10選を徹底比較

  • 更新日:2024年1月26日
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2024年1月26日に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。

この記事では、2024年のカメラ性能が良いおすすめのスマホをランキング形式で10機種紹介します。

スマホのカメラは、新しい機種が登場する度に性能が高くなっています。

SNSに頻繁に写真をアップする方は、スマホを選ぶときはカメラ機能重視なのではないでしょうか?

しかし、機種によってカメラ性能に違いがあるため、どの機種を購入すればよいのか迷ってしまいますよね。

そこで、人気スマホのカメラ性能やチェックしておきたいポイントについても解説しています。

カメラ性能が高いスマホが欲しい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カメラ性能ランキング
順位1位2位3位4位5位
機種名Google Pixel 7 Pro

Google Pixel 7 Pro
iPhone14 Pro

ドコモのiPhone14Pro
Xperia 1 V

ソフトバンク Xperia 1 V
Google Pixel 7

Google Pixel 7
Galaxy S23 Ultra

ドコモのGalaxy S23 Ultra
価格 52,060円〜
au
割引適用時
75,432円〜
楽天モバイル
割引適用時
108,000円〜
ソフトバンク
割引適用時
47円〜
au
割引適用時
99,990円〜
ドコモ
割引適用時
特徴Google公式高コスパモデル
望遠も強い高性能カメラ
トップクラスのスペック
前モデルと比べて大幅進化
2023年最高峰性能
カメラ性能が大幅強化
最新高コスパGoogle Pixel
望遠不要なら強力なカメラ搭載
2023年最高峰性能
Sペン対応
手ブレ補正・ナイトモード強化
公式サイトau
ソフトバンク
ドコモ
au
ソフトバンク
ドコモ
au
ソフトバンク
au
ソフトバンク
ドコモ
au
2024年カメラ性能が高いおすすめスマホ
男性アイコン
ハイスペックモデルはカメラの性能が高い傾向にあります。逆にミッドレンジモデルやエントリーモデルはカメラの性能を落として端末価格を安くするのが一般的です。

auなら新生活応援セールがおトク!

  • Xperia 1 V/10 V、Galaxy S23/S23 FEが対象!
  • 合計最大16,500円相当還元!
  • 3月31日(日)まで!
この記事を書いた人
bitWaveの校閲・編集を担当しています。 読者目線で、早く簡単にわかりやすく、有益な情報を届けることを心がけています。

カメラ性能が高いスマホの選び方は?

カメラ性能が高いスマホの選び方
まず、カメラ性能が高いスマホを選ぶ際のポイントをみていきましょう。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

画素数で選ぶ

スマホをカメラで選ぶ際は、カメラの画素数を忘れずチェックしましょう。

画素数とは、画像を構成する画素の数のことで、1,000万画素や1MPなどで表示されています。

この画素数が大きいほど写真のキメが細かく、写真を大きく引き伸ばしても画質がキレイなまま印刷できます。

1,200万画素あれば十分キレイとされていますが、高画素のカメラは複数の画素で1ピクセル扱いにすることで、従来より多くの光を取り込めます。

その結果、夜間など光源が弱い場所でもキレイな写真が撮影できます。

このように、画素数が高いスマホの方が画質の違いだけでなく、カンタン・キレイに撮るための機能も充実しています。

1億画素を超える超高画素のカメラも登場

近年では、1億画素を超える超高画素のカメラを搭載しているスマホもリリースされています。

カメラ重視でスマホを選ぶ際は、ぜひ画素数の高いモデルを中心に選んでください。

レンズの数で選ぶ

最近のスマホは、デュアルカメラやトリプルカメラなど、複数のカメラレンズを搭載しているスマホが多くなりました。

レンズが増えたことで撮影の幅が広がり、一眼レフのようなボケが表現できます。

また、コントラストのある色彩で暗い場所でもキレイに撮影できます。

レンズの組み合わせは多種多様です。

主なカメラレンズ
  • 望遠レンズ:ズーム撮影しても画質が落ちない
  • 広角レンズ:広範囲の景色をフレームに収めることができる
  • 超広角レンズ:より広範囲の景色が撮影できる
  • マクロレンズ:接写撮影が可能

手ぶれ補正があるかで選ぶ

スマホをカメラ重視で選ぶ際は、優秀な「手ぶれ補正」が搭載されたスマホを選ぶといいでしょう。

手ぶれ補正には様々な方式がありますが、「光学式手ぶれ補正」を搭載している機種なら、手ぶれの心配なく撮影できます。

特に、望遠での撮影や暗い場所での撮影では、同じ画質で撮影しても手ぶれ補正の有無でキレイさが段違いです。

突然のシャッターチャンス到来でもサクッとキレイな写真・動画を撮るなら、光学式手ぶれ補正を搭載したスマホを選びましょう。

F値で選ぶ

F値とは、レンズの絞り具合のことをいいます。

絞りを調節することで、シャッターの速度や背景のボケ具合をコントールできます。

F値が小さいと背景がぼやけてシャッター速度が速くなり、動いている被写体のブレを抑えて撮影が可能。

夜間も明るくキレイな写真が撮影できますよ。

一方で、F値が大きいほど背景がぼやけにくく、シャッター速度も遅くなります。

動いている被写体・夜間の写真撮影が多い方は、F値が小さいカメラを選ぶようにしましょう。

その他独自の機能で選ぶ

スマホカメラには、キレイな写真が簡単に撮影できるようにさまざまな機能が搭載されています。

主なカメラ機能
  • 手ブレ補正:シャッターを押すときの手ブレを防ぐ
  • AIカメラ機能:AIが被写体にあった最適な撮影モードに設定してくれる
  • ハンドシャッター:手のひらを見せたあと数秒後にシャッターを切る
  • スマイルシャッター:笑顔を自動で感知してシャッターを切る
  • ナイトモード:暗い場所で撮影した写真も明るく鮮明に撮影
  • マニュアル撮影:手動でカメラ設定を調整して撮影

カメラ機能の多くは、撮影が苦手な人でも簡単にキレイな写真を撮影できるように補助してくれます。

カメラにあまりこだわりのない人でも、簡単・キレに撮るなら機能が充実しているスマホを選ぶのがおすすめです。

逆にXperia 1シリーズなど、マニュアルで設定を細かく変更できるスマホもあります。

【2024年最新】カメラ性能が高いスマホおすすめランキング

カメラ性能が高いスマホおすすめランキング

ここからは、2024年1月現在発売されているカメラ性能が高いおすすめのスマホを、ランキング形式で紹介していきます。

カメラ機能重視で、上記で解説したポイントを踏まえておすすめできるスマホを厳選しているので、スマホ選びに迷っている方はチェックしてみてください。

2024年カメラ性能が高いおすすめスマホ

順位機種価格
第1位Xperia 1 V179,300円
第2位iPhone 15 Pro/Pro Max159,800円~
第3位Galaxy S23 Ultra164,800円〜
第4位Google Pixel 8 Pro159,900円~
第5位Galaxy S23114,800円
第6位Google Pixel 889,900円〜
第7位Xperia 5 V139,700円
第8位AQUOS R8 pro192,940円
第9位OPPO Reno10 Pro 5G86,800円
第10位AQUOS sense856,980円

第1位:Google Pixel 7 Pro

Google Pixel 7 Pro

画像引用元:Google Pixel 7 Pro – Google ストア

Google Pixel 7 Proのカメラ評価
画素数・解像度
F値
レンズの枚数
その他の機能
スマホの処理能力
総合評価4.5/5.0

Google Pixel 7 Proは、2022年10月13日に発売された、人気のGoogle Pixelシリーズ最上位モデルです。

広角・超広角・望遠のトリプルカメラを搭載し、前モデルよりカメラ性能が大幅にアップしています。

5,000万画素のメインカメラと4,800万画素の望遠カメラには光学手ブレ補正も搭載し、日常の何気ない写真から遠くの被写体まで手ブレの心配なく撮れます。

Google Pixel 7 Proのカメラ機能
  • 光学5倍・超解像度最大30倍ズーム
  • 消しゴムマジック
  • 10bit HDR動画撮影機能
  • 最大240fpsのスローモーション
  • 天体のタイムラプス撮影
  • マクロフォーカス機能
  • ボケ補正機能
  • 顔フォーカス機能

AI機能を活用して不要な写り込みを削除する「消しゴムマジック」など、従来からある便利なカメラ機能はそのまま搭載しています。

従来からあるカメラ機能も強化され、動画撮影なら4K 60fpsにも対応しています。

また、新たにマクロフォーカスやボケ補正機能も追加されて、これまでより撮影の幅も大きく広がっています。

海外サイト「DXOMark」を見ると、現在日本国内で買えるスマホの中で、1番いい評価を受けている1台です。

Androidスマホをカメラ性能重視で選ぶなら、ぜひGoogle Pixel 7 Proを第1候補として検討してください!

Google Pixel 7 Proの特徴
  • 広角・超広角・望遠のトリプルカメラ
  • メインカメラは5,000万画素
  • 望遠カメラは4,800万画素で光学5倍ズーム
  • 光学式手ぶれ補正搭載
  • 消しゴムマジックなどの便利な機能は踏襲
  • 海外サイトで上位のカメラ性能評価

Google Pixel 7 Proの価格

キャリア価格割引適用時※詳細
公式ストア128GB:124,300円
256GB:139,700円
--
au128GB:107,520円128GB:57,960円公式サイトを見る
ソフトバンク128GB:131,760円
256GB:146,160円
128GB:72,720円
256GB:80,640円
公式サイトを見る
※auはスマホトクするプログラム、ソフトバンクは新トクするサポート(スタンダード)の場合
Pixel
Google Pixel 7 Pro
公式サイトで端末を購入する

第2位:iPhone 14 Pro/Pro Max

iPhone 14 Proのゴールド

画像引用元:iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxを購入 – Apple(日本)

iPhone 14 Pro/14 Pro Maxのカメラ評価
画素数・解像度★★★★☆
F値★★★★☆
レンズの枚数★★★★★
その他の機能★★★★★
スマホの処理能力★★★★☆
総合評価4.4/5.0

iPhone 14 Pro/14 Pro Maxは、2022年9月16日に発売されたiPhoneシリーズの上位モデルです。

本体サイズが異なりiPhone 14 Proは6.1インチ、iPhone 14 Pro Maxは6.7インチのディスプレイを搭載しています。

広角・超広角・望遠のトリプルカメラを搭載していて、広角カメラは4,800万画素に対応

4つのピクセルを1つの大きなクアッドピクセルとして結合させることで、4倍多くの光を捉えることができます。

そのため通常モードの1,200万画素サイズでの撮影でも、従来モデルより明るく美しい写真を撮影できます。

ProRAW写真での撮影では解像度が最大4倍にアップし、4,800万画素の高画質で撮影が可能です。

解像度をキープしたまま自由にトリミングできるので、高クオリティな写真に仕上げることができます。

望遠カメラは光学2倍に対応しています。

ズームの範囲が広がり、思い通りのフレーミングで撮影が可能です。

ズームオプションは0.5倍・1倍・2倍・3倍の4つから選べるように進化しました。

望遠カメラでもポートレートモード・タイムラプス・パノラマ撮影が可能です。

iPhone 14 Pro/14 Pro Maxのカメラ機能
  • 新しいPhotonic Engine:写真1枚につき最大4兆回の処理を実行しリアルな色彩と質感を表現
  • ポートレートモード:背景をぼかして被写体をくっきり映せる
  • Deep Fusion:肌や布など細部まで質感を再現
  • スマートHDR4:被写体ごとに輪郭やホワイトバランスなど自動調整
  • マクロ撮影:超広角レンズを利用してマクロ撮影できる
  • シネマティックモード:動画撮影時に自動的に被写体のフォーカス移動・ボケ効果を調整
  • アクションモード:動画撮影時に強力な手ブレ補正をしたまま撮影が可能

ビデオ撮影では、iPhone 13 Proから搭載されたシネマティックモードが進化しています。

24fpsの4K HDR撮影に対応しており、よりクオリティの高い映像に仕上がります。

また、新機能のアクションモードも搭載。

動きながら撮影しても手ブレを抑え、なめらかで見やすい動画を撮影できます。

iPhoneはスタンダードモデルと上位モデルとで搭載しているレンズの枚数が異なります。

iPhoneでカメラ性能の良いモデルが欲しいなら、ぜひiPhone 14 Pro/14 Pro Maxの購入を検討しましょう。

本体の性能は、最新のA16 Bionicチップを搭載しているため従来モデルよりさらに高性能です。

処理性能が向上し、高負荷なデータも高速で処理できます。

ノッチが廃止され、新たにDynamic Islandが搭載されています。

Dynamic Islandにはさまざまな通知や情報を表示させることができ、すぐに必要な情報にアクセスが可能です。

iPhone 14 Pro/14 Pro Maxの特徴
  • 広角・超広角・望遠のトリプルカメラ
  • 広角カメラは4,800万画素に対応
  • 望遠カメラもポートレートモード・タイムラプス・パノラマ撮影に対応
  • 新しいPhotonic EngineとDeep Fusionでリアルな色彩と質感を表現
  • シネマティックモードは24fpsの4K HDR撮影に対応
  • 強力手ブレ補正アクションモード搭載

iPhone 14 Proの価格

iPhone 14 Pro128GB256GB512GB1TB
ドコモ通常174,130円198,880円238,480円 275,220円
いつでもカエドキプログラム87,370円99,880円 120,400円139,260円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常175,860円201,925円238,555円275,415円
スマホトクするプログラム78,700円91,925円110,555円129,415円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常175,680円201,600円238,320円275,040円
新トクするサポート(※)87,840円100,800円119,160円137,520円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常150,900円165,900円195,900円225,900円
アップグレードプログラム75,432円82,944円97,944円112,944円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常販売終了
詳細Apple公式サイトを見る

iPhone 14 Pro Maxの価格

iPhone 14 Pro Max128GB256GB512GB1TB
ドコモ通常201,850円220,330円257,070円289,300円
いつでもカエドキプログラム101,890円111,250円129,990円144,940円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常201,925円220,355円257,100円293,845円
スマホトクするプログラム91,925円101,355円120,100円138,845円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常201,600円220,320円257,040円281,520円
新トクするサポート(※)100,800円110,160円128,520円140,760円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常165,900円180,900円210,900円240,900円
アップグレードプログラム83,944円90,432円105,432円120,432円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常164,800円179,800円209,800円239,800円
詳細Apple公式サイトを見る

第3位:Xperia 1 V

Xperia 1 V SO-51D

画像引用元:Xperia 1 V SO-51D

Xperia 1 Vのカメラ評価
画素数・解像度
F値
レンズの枚数
その他の機能
スマホの処理能力
総合評価4.8/5.0

Xperia 1 Vは、2023年6月16日に発売された最新Xperiaのハイエンドモデルです。

広角・超広角・望遠のトリプルカメラ搭載で、望遠レンズには望遠光学ズームを搭載しています。

レンズを切り替えることなく85mm~125mmまでなめらかにズームし、遠くの被写体も画面劣化せず高精細に撮影できます。

また、メインカメラが従来モデルの1,200万画素から4,800万画素に大幅強化され、さらにイメージセンサーも前モデルの約1.7倍に大型化しています。

世界初の「2層トランジスタ画素積層型CMOS」が搭載されたことも相まって、暗い場所でもより低ノイズでキレイな写真を簡単に撮れます。

Xperia 1 IVのカメラ機能
  • 瞳AF:人や動物の瞳を認識してピントを合わせる。追従機能も搭載
  • Videography Pro:ソニーが培ってきたノウハウを凝縮した動画専用アプリ
  • オブジェクトトラッキング:動く被写体を追い続け、タップした被写体にピントを合わせて前ボケ後ボケを調整
  • シネマティック:最大4K解像度の5倍スローモーション撮影
  • 広いダイナミックレンジモード:動画録画中に複数枚重ね合わせて解像度を維持する
  • Cinematography Pro:映画品質の動画を撮影できる

動画撮影は、すべてのレンズで4K 120Hzでの撮影が可能

スローモーション表現を高画質で行うことができ、印象的な映像を作成することができます。

さらにソニーが培ってきたノウハウを凝縮した動画専用アプリ「Videography Pro」を搭載しているのもポイントです。

まるでプロが撮影したような高品質な動画が誰でも簡単に撮影できます。

本体のスペックは、Snapdragon 8 Gen 2を搭載しており、データ量の多い写真・動画も高速で処理できます。

写真や動画の撮影はもちろん、高レベルな写真編集もスムーズに行えるでしょう。

最新Androidで便利なカメラ機能が多い機種が欲しいなら、Xperia 1 Vがぴったりな1台となるでしょう。

Xperia 1 Vの特徴
  • 広角・超広角・望遠のトリプルカメラ
  • メインカメラ4,800万画素でイメージセンサー大型化
  • 望遠・超広角は1,200万画素
  • 望遠光学ズーム搭載でズームしても画質が劣化しない
  • 瞬時に瞳にピントを合わせる瞳AF搭載
  • シネマティック撮影では4K解像度のスローモーション撮影が可能
  • 映画品質の動画を撮影できるCinematography Pro

Xperia 1 Vの価格

項目価格割引適用時詳細
ドコモ218,680円161,920円公式サイトを見る
au210,240円127,900円公式サイトを見る
ソフトバンク189,360円99,840円公式サイトを見る
ソニーストア
(SIMフリーモデル)
194,700円146,700円公式サイトを見る

※いつでもカエドキプログラム利用時、auはスマホトクするプログラム&5G機種変更おトク割利用時、ソフトバンクは新トクするサポート利用時、ソニーストアは2年後に返却する場合

Xperia
Xperia 1 V

第4位:Google Pixel 7

Google Pixel 7

画像引用元:Google Pixel 7

Google Pixel 7 Proのカメラ評価
画素数・解像度
F値
レンズの枚数
その他の機能
スマホの処理能力
総合評価4.1/5.0

Google Pixel 7は、2022年10月13日に発売された、人気のGoogle Pixelシリーズ最新モデルです。

広角・超広角のデュアルレンズカメラを搭載しています。

メインカメラは5,000万画素と高画質で、しっかり光学手ブレ補正も搭載しているので普段の撮影に困ることはまずありません。

Google Pixel 7のカメラ機能
  • 超解像度最大8倍ズーム
  • 消しゴムマジック
  • 10bit HDR動画撮影機能
  • 最大240fpsのスローモーション
  • 天体のタイムラプス撮影
  • ボケ補正機能
  • 顔フォーカス機能

カメラ機能で見ると、上位のGoogle Pixel 7 Proとの違いは望遠レンズの有無だけです。

遠くの被写体を撮ることがないなら、Google Pixel 7で十分でしょう。

また、AI機能を活用して不要な写り込みを削除する「消しゴムマジック」など、従来からある便利なカメラ機能はそのまま搭載しています。

10bit HDR動画撮影や4K 60fpsの動画撮影に対応するなど、写真だけでなく動画機能も強化されています。

Google Pixel 7 Pro同様に、海外サイト「DXOMark」で高い評価を受けている点にも注目です。

コスパよくカメラ性能のいいスマホが欲しい方は、Google Pixel 7をぜひ検討しましょう!

Google Pixel 7の特徴
  • 広角・超広角のデュアルカメラ
  • メインカメラは5,000万画素
  • 光学式手ぶれ補正搭載
  • 消しゴムマジックなどの便利な機能は踏襲
  • 望遠レンズ不要なら高コスパで買える

Google Pixel 7

Pixel 7の価格割引適用時※詳細
Googleストア128GB:72,500円
256GB:87,900円
-公式サイトを見る
au128GB:68,220円47円〜公式サイトを見る
ソフトバンク128GB:88,560円
256GB:102,960円
128GB:22,008円
256GB:56,880円
公式サイトを見る
※auは乗り換えでスマホトクするプログラム、ソフトバンクは新トクするサポートの場合
Pixel
Pixel 7

第5位:Galaxy S23 Ultra

Galaxy S23 Ultra

画像引用元:Samsung Galaxy S23 Ultra 比較 | Galaxy公式(日本)

Galaxy S23 Ultraのカメラ評価
画素数・解像度★★★★★
F値★★★★☆
レンズの枚数★★★★★
その他の機能★★★★★
スマホの処理能力★★★★★
総合評価4.8/5.0

Galaxy S23 Ultraは、2023年4月20日に発売されたGalaxy Sシリーズの最上位モデルです。

広角・超広角・望遠×2を搭載しており、広角カメラは約2億画素とスマホ史上最高峰の画素数に対応しています。

画素数が高いため、写真を拡大してプリントする時にも、画質が粗くなりません。

複数の画素を1つに束ねて利用する「ピクセルビニング」で、暗い場所でもクリアな写真が撮れます。

望遠カメラは、光学10倍×デジタル10倍の100倍ズームを実現。

また、Expert RAWアプリは5,000万画素対応に強化され、天体撮影の「アストロフォト」や連続撮影した9枚の画像を合成する「多重露出」で、アーティスティックな高画質写真が簡単に撮影できます。

Galaxy S23 Ultraのカメラ機能
  • ナイトグラフィー:大型イメージセンサーが光を多く取り込み暗闇でも明るく鮮明に撮影できる
  • ナイトポートレート:夜間でもポートレート撮影できる
  • ナイトビデオ:夜間の逆光でも細部までクリアな動画が撮影できる
  • アストロフォト:カメラを夜空に向けるだけで鮮明に天体撮影できる
  • 多重露出:連続撮影した9枚の画像を重ねてアート作品を撮影

動画撮影は、Adaptive VDISの手ぶれ補正範囲も2倍に大幅強化されました。

ブレやすい夜間撮影やズーム撮影でも、もう手ぶれを気にすることなく撮影できるでしょう。

写真も動画も非常にクオリティの高い撮影ができるので、カメラ性能を重視するなら、真っ先に候補に上がるスマホといえるでしょう。

スペック面では、Galaxyに最適化された最新の「Snapdragon 8 Gen 2」を搭載し、RAM容量も12GBと大容量です。

2024年1月時点で処理能力は最速で、データ量の大きいアプリも高画質撮影の処理もサクサクです。

Sペンを内蔵しているのもGalaxy S23 Ultraの魅力です。

サッと取り出すだけで簡単に手書きのメモやお絵かきができ、写真の編集にも便利です。

Galaxy S23 Ultraの特徴
  • 広角・超広角・望遠×2搭載の4眼カメラ
  • 広角カメラは約2億画素の高画質に対応
  • ピクセルビニングで暗い場所でも明るく鮮明
  • ズームは最大100倍まで対応
  • 動画撮影の手ぶれ補正が約2倍に強化
  • 本体のスペックが最高峰で撮影から編集まで快適
  • Sペン搭載で写真や動画の編集に便利

Galaxy S23 Ultraの価格

項目容量価格割引適用時※1詳細
ドコモ256GB197,670円114,510円公式サイトを見る
512GB※2236,500円141,460円公式サイトを見る
au256GB164,800円67,700円公式サイトを見る
512GB※2217,800円99,900円
1TB※2244,800円116,000円

※1:ドコモはいつでもカエドキプログラム、auは乗り換えでスマホトクするプログラム適用時
※2:オンラインショップ限定販売

Galaxy
Galaxy S23 Ultra
公式サイトで端末を購入する

第6位:Xperia 5 IV

Xperia 5 IV

画像引用元:Xperia 5 IV | Xperia公式サイト

Xperia 5 IVのカメラ評価
画素数・解像度★★★★☆
F値★★★★☆
レンズの枚数★★★★★
その他の機能★★★★★
スマホの処理能力★★★★★
総合評価4.5/5.0

Xperia 5 IVは、2022年10月21日に発売された本体サイズがコンパクトなモデルです。

カメラはXperia 1 IVと同じく、1,220万画素の広角・超広角・望遠カメラを搭載。

デジタル一眼カメラαシリーズの技術を受け継いでおり、高精細で美しい写真を撮影できます。

美しい肌の色や質感を表現することができ、テクニックがなくてもプロ級の写真に仕上げることができます。

人や動物の瞳に瞬時にピントを合わせて追従する瞳AFも搭載しているので、美しいポートレートが撮影可能です。

動き回る被写体にもピントを合わせられるので、子供やペットの撮影にも最適です。

Xperia 5 IVのカメラ機能
  • 瞳AF:人や動物の瞳を認識してピントを合わせる。追従機能も搭載
  • リアルタイムトラッキング:被写体をタップするだけで自動でフォーカスを合わせ続ける
  • Videography Pro:ソニーが培ってきたノウハウを凝縮した動画専用アプリ
  • オブジェクトトラッキング:動く被写体を追い続け、タップした被写体にピントを合わせて前ボケ後ボケを調整
  • シネマティック:最大4K解像度の5倍スローモーション撮影
  • Cinematography Pro:映画品質の動画を撮影できる

動画撮影では、Xperia 1 IV同様にVideography Proを搭載。

プロ級の本格的な動画を撮影できます。

本体のスペックは、Snapdragon 8 Gen 1搭載のハイエンドモデルです。

非常に高性能なので、写真や動画編集もゲームも快適に楽しむことができるでしょう。

また5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているにも関わらず、本体サイズはコンパクト。

スリムなボディで片手でも持ちやすいのが魅力です。

Xperia 1 IVは大きすぎると感じている人は、Xperia 5 IVの購入を検討してみましょう。

Xperia 5 IVの特徴
  • 広角・超広角・望遠のトリプルカメラ
  • 画素数はすべて1,220万画素
  • ソニーのデジタル一眼カメラαの技術を搭載
  • 被写体の肌の質感や色味などを調整し美しく仕上げる
  • 人や動物の瞳に瞬時にピントを合わせる瞳AF搭載
  • 映画品質の動画が撮影できるCinematography Pro搭載
  • スローモーション撮影が可能なシネマティック撮影も対応

Xperia 5 IVの価格

項目価格割引適用時※詳細
ドコモ137,280円51,920円公式サイトを見る
au134,900円52,060円〜公式サイトを見る
ソフトバンク147,600円42,720円公式サイトを見る
ソニーストア119,900円-公式サイトを見る

ドコモはオンラインショップ限定 機種購入割引&いつでもカエドキプログラム利用時、auはスマホトクするプログラム利用時、ソフトバンクは新トクするサポート利用時

Xperia
Xperia 5 IV
公式サイトで端末を購入する

第7位:Galaxy S23

Galaxy S23

画像引用元:Galaxy S23 SC-51D | スマートフォン(5G) | 製品 | NTTドコモ

Galaxy S23のカメラ評価
画素数・解像度★★★★☆
F値★★★★☆
レンズの枚数★★★★★
その他の機能★★★★★
スマホの処理能力★★★★★
総合評価4.4/5.0

Galaxy S23は、広角・超広角・望遠のトリプルカメラを搭載しています。

最上位モデルのGalaxy S23 Ultraと比べるとカメラ性能は劣るものの、高画質で美しい写真が撮影可能です。

広角カメラは約5,000万画素に対応し、細部まで鮮明な写真が撮れます。

高性能手ブレ補正も搭載しているので、動く被写体にも瞬時にピントを合わせてブレのない写真を撮影できます。

また、光を取り込む量が向上しているため、夜景や星空の撮影も可能です。

望遠カメラは最大30倍までズームが可能です。

2倍・3倍ズームはアダプティブピクセルに対応しており、拡大しても画質が劣化しません。

離れたところにいる被写体も鮮明に撮影できるでしょう。

Galaxy S23のカメラ機能
  • ナイトグラフィー:大型イメージセンサーが光を多く取り込み暗闇でも明るく鮮明に撮影できる
  • デュアルピクセルAF:インカメラでも素早くフォーカス
  • 8K/30fps・4K/60fpsの動画撮影に対応
  • 夜間でもインカメラのポートレート撮影に対応

また、インカメラは1,200万画素と従来モデルより画素数が少なくなりました。

しかし、デュアルピクセルAFや夜間のポートレート撮影に対応など、機能面が大幅強化されたことで、自撮りがよりキレイに撮れるように進化しています。

動画撮影では8K/30fpsにも対応し、より高画質な動画を気軽に撮れるようになりました。

本体のスペックでは、Galaxy S23 Ultraと同じくGalaxyに最適化されたSnapdragon 8 Gen 2を搭載。

高負荷なデータも高速で処理できるので、8K動画を撮って編集する場合でもサクサクでしょう。

ハイスペックモデルながら手のひらに収まるサイズ感なのも魅力で、持ち運びにも適しています。

カメラ性能は最上位モデルのGalaxy S23 Ultraに劣りはしますが、実質価格7万円の機種としては破格のカメラ性能と言っていいでしょう。

Galaxy S23の特徴
  • 広角・超広角・望遠のトリプルカメラ
  • 広角カメラは5,000万画素
  • 望遠カメラは最大30倍ズームが可能
  • 暗闇でも明るく鮮明に撮影できるナイトグラフィー
  • 8K/30fpsの動画撮影に対応
  • インカメラのAF強化・夜間ポートレート対応

Galaxy S23の価格

項目機種代金割引適用時詳細
ドコモ136,620円73,260円公式サイトを見る
au114,800円42,400円公式サイトを見る

※ ドコモはいつでもカエドキプログラム適用、auは乗り換えでスマホトクするプログラム適用の場合

Galaxy
Galaxy S23

第8位:AQUOS R7

AQUOS R7

画像引用元:AQUOS R7 SH-52C

AQUOS R7のカメラ評価
画素数・解像度★★★☆☆
F値★★★★☆
レンズの枚数★★★☆☆
その他の機能★★★★☆
スマホの処理能力★★★★★
総合評価3.8/5.0

AQUOS R7は、2022年7月15日に発売されたAQUOS Rシリーズの最新モデルです。

カメラレンズはメインカメラと深度を測るToFカメラが搭載しているのみでカメラ数は少ないですが、明るく美しい写真を撮影できるのが特徴。

スマホに搭載されるセンサーとしては最大級の1インチセンサーを搭載しており、大量の光を取り込むことができます。

人物や風景はもちろん、夜景の撮影も明るくきれいに撮影できます。

OctaPDオートフォーカス方式を採用しており、ピント合わせの時間が従来モデルより約2倍速くなったのも特徴の1つです。

被写体に瞬時にピントを合わせることができるので、動き回る被写体もブレずに撮影できますよ。

ToFカメラでは髪の毛1本1本まで捉えることができ、合成感の少ない自然なポートレート撮影が可能です。

AQUOS R7のカメラ機能
  • 像面位相差AF:撮影領域全面でピントを合わせる
  • 高解像度モード:ズーム時に47MPの高画質撮影に自動で切り替わる
  • 8K動画撮影:8Kの高画質で動画撮影できる

動画は8K画質に対応。

細部まで鮮明に描写することができるので、リアルな質感まで再現できます。

本体のスペックは、高性能CPUのSnapdragon 8 Gen 1を搭載したハイエンドモデル。

処理能力が高く、写真撮影や編集も快適に行えますよ。

AQUOS R7の特徴
  • メインカメラとToFカメラを搭載
  • 画素数は4,720万画素
  • 1インチの大型センサー搭載で大量の光を取り込む
  • 被写体に瞬時にピントを合わせられるAFを搭載
  • ToFカメラ搭載で自然なポートレート撮影が可能
  • 8K高画質の動画撮影に対応
AQUOS R7の価格
項目価格割引適用時詳細
ドコモ198,000円114,840円公式サイトを見る
ソフトバンク189,360円42,720円公式サイトを見る

※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、ソフトバンクは新トクするサポートによる割引フル適用の場合

SHARP
AQUOS R7
公式サイトで端末を購入する

第9位:Galaxy A54 5G

Galaxy A54 5G

画像引用元:ショップ Galaxy A54 5G Awesome Violet 128 GB | Samsung Japan 公式

Galaxy A54 5Gのカメラ評価
画素数・解像度
F値
レンズの枚数
その他の機能
スマホの処理能力
総合評価3.7/5.0

Galaxy A54 5Gは、2023年5月25日に発売された最新ミドルレンジモデルです。

メインカメラは約5,000万画素の高画質に対応しており、拡大やトリミングをしても画質が粗くならずきれいな写真を残せます。

前モデルのGalaxy A53 5Gは6,400万画素だったので、画素数だけを見るとスペックダウンに感じるかもしれません。

しかし、光学手ブレ補正の超強化と約50%多くの光を取り込めるようになったことで、実際のカメラ性能は大幅アップしています。

総合的に、購入しやすい価格帯のミドルレンジスマホの中では、非常にカメラ性能の高い1台と言えます。

Galaxy A54 5Gのカメラ機能
  • マクロカメラ:被写体と数センチしか離れていない接写もキレイ
  • 光学手ブレ補正:暗い場所でも手ブレを抑えて安定した撮影ができる
  • ナイトモード:星空や夜景を明るくきれいに撮影できる
  • オブジェクト消去機能:写り込んでしまったモノを削除できる
  • フォトリマスター:画質の悪い写真をAIが自動補正

Galaxy A54 5Gは、インカメラもアウトカメラもナイトモードに対応し、ブレやノイズを抑えた明るくきれいな写真を撮影できます。

また、撮影した写真に写ってしまったモノを削除できるオブジェクト消去機能や、古い写真をリマスターしてくれる機能が備わっているのもうれしいポイントです。

本体のスペックは、Exynos 1380を搭載したミドルレンジモデルです。

ハイエンドモデルほど高性能とはいえませんが、写真や動画の撮影や簡単な編集なら問題なく操作できます。

Galaxy A54 5Gの特徴
  • メイン・超広角・マクロの3眼カメラ
  • メインカメラは5,000万画素の高画質に対応
  • 光学手ブレ補正対応が超強化で手ぶれの心配無し
  • ナイトモードはアウトカメラとインカメラ両方で対応
  • オブジェクト消去機能・フォトリマスターなど便利機能搭載
Galaxy A54 5Gの価格
キャリア機種代金割引適用時※詳細
ドコモ69,850円36,850円~公式サイトを見る
au55,800円33,800円~公式サイトを見る
UQモバイル55,800円33,800円~公式サイトを見る
※ ドコモはいつでもカエドキプログラム、auはスマホトクするプログラム、UQモバイルは乗り換えかつ指定プラン加入&増量オプションII加入の場合
Galaxy
Galaxy A54 5G

第10位:AQUOS sense7

AQUOS sense7

画像引用元:AQUOS sense7 SH-53C

AQUOS sense7のカメラ評価
画素数・解像度★★★★☆
F値★★★★☆
レンズの枚数★★★☆☆
その他の機能★★★★☆
スマホの処理能力★★★☆☆
総合評価3.5/5.0

AQUOS sense7は、2022年11月11日に発売されたAQUOS senseシリーズの最新モデルです。

標準カメラには1/1.55インチの大型センサー搭載

集光性能に優れており、暗いシーンでも明るくきれいに撮影できるのが特徴です。

AQUOS sense7のカメラ機能
  • ナイトモード:薄暗い場所や夜景を明るく撮影できる
  • ProPix4:被写体の肌の色味や質感を美しく表現する画質エンジン
  • 像面位相差オートフォーカス:動いている被写体にも瞬時にピントを合わせる

AQUOS R7と同じ画質エンジンが独自のチューニングを行うことで、被写体の肌の色味や質感も美しく表現することができます。

また、AQUOS senseシリーズ初のナイトモードにも対応しており、夜景も明るくきれいに撮影できます。

さらに全面位相差オートフォーカス方式を採用したことで、従来モデルよりフォーカスまでの時間が約2倍高速化。

動いている被写体にも瞬時にピントを合わせることができるので、子供やペットの撮影にも最適ですよ。

本体のスペックは、Snapdragon 695を搭載したミドルレンジモデルです。

処理能力はそれほど高くありませんが、写真や動画の撮影や簡単な画像編集なら全く問題なく行えます。

ハイエンドモデルと比べて価格が安く5万円台で購入できるので、手軽にカメラが楽しめるスマホが欲しい人に適したスマホです。

AQUOS sense7の特徴
  • 標準と広角のデュアルカメラ
  • 標準カメラは1/1.55インチの大型センサー搭載
  • 集光性能が高く明るくきれいな写真を撮影できる
  • AQUOS R7と同じ画質エンジン搭載で被写体の色味や質感を調整してくれる
  • シリーズ初のナイトモード対応
  • 全面位相差オートフォーカス方式採用で高速でピントを合わせる
AQUOS sense7の価格
項目価格割引適用時※
IIJmio39,800円27,800円公式サイトを見るIIJmio
※IIJmioは乗り換えの場合

▲ランキング一覧に戻る

スマホのカメラ性能に関するよくある質問

よくある質問

最後に、スマホのカメラ性能によくある質問に回答します。

低価格でもカメラの性能が高いスマホは?

カメラ性能が高く低価格なスマホを買うなら、まず:Google Pixel 7をチェックしましょう。

auへの乗り換えなら47円からと激安です。

その他、Galaxy A54 5GやAQUOS sense7も高コスパで人気です。

機種カメラ評価実質価格詳細
Google Pixel 74.1/5.047円〜au
ソフトバンク
Galaxy A54 5G3.5/5.039,490円〜ドコモ
au
UQモバイル
AQUOS sense73.5/5.011,580円〜ドコモ
au
楽天モバイル
UQモバイル

Androidの最高画素数はいくつですか?

Androidスマホで最高画素数のスマホは、Galaxy S23 Ultraです。

Galaxy Sシリーズはカメラ性能だけでなく撮影機能も豊富なので、キレイな写真・動画を撮るならぜひ検討しましょう!

スマホカメラの画素数とは何ですか?

画素とは、カメラのイメージセンサー上に並ぶ光をデジタル信号に換える部品のことです。

画像サイズを指す「ピクセル」とほぼ同義と考えて問題ありません。

iPhone 14 Proの画面サイズ「2,556×1,179ピクセル」なら、約300万画素相当となります。

とはいえ、複数の画素を合わせて光の取り込みを増やす機能があったり画像編集することも考えるなら、画素数は多いほど便利です。

スマホのカメラが一眼レフ並みなのはどの機種?

厳密にはスマホのレンズでは一眼レフのような繊細な表現はできませんが、以下はカメラが非常に優秀なモデルになります。

機種カメラ評価実質価格詳細
Xperia 1 V4.8/5.0108,000円ドコモ
au
ソフトバンク
Galaxy S23 Ultra4.8/5.099,990円〜ドコモ
au
AQUOS R8 pro5.0/5.054,000円~ドコモ
ソフトバンク

期間限定】今ならdカード GOLDで合計最大11,000ptもらえる!お得なキャンペーン続々のdカード・dカード GOLDの詳細はこちら。

自分にぴったりなカメラ性能のスマホを見つけよう!

iPhone12 Pro ポートレートモードで撮影

今回は、2024年最新のカメラ性能がよいスマホをランキング形式でご紹介しました。

2024年カメラ性能が高いおすすめスマホ

どのスマホもカメラ画素数が高く、カメラレンズが搭載されています。

さらに、さまざまな機能が搭載されているため、難しい操作をしなくても美しい写真が撮影できるものばかりです。

おすすめスマホ以外の機種を選ぶ際も、カメラ性能重視なら以下のポイントを押さえておきましょう。