「Androidデバイスマネージャー」の使い方|位置特定やロックの方法

  • 2018年12月17日
  • by 
「Androidデバイスマネージャー」の使い方|位置特定やロックの方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回はAndroidスマホを紛失した時に役立つ「Androidデバイスマネージャー」の使い方を解説します。

スマホは連絡先やメール・LINEなど個人情報の塊です。

人によっては仕事のデータもスマホに保存しているので、万が一失くすと大変ですよね。

Androidデバイスマネージャーを設定しておけば、スマホを失くしても位置特定や遠隔操作でロックがかけられます。

ただ、事前に設定をしておく必要もあるので、この記事を参考にAndroidデバイスマネージャーを使えるようにしてくださいね!

今回の流れ

  • Androidデバイスマネージャーでできること
  • Androidデバイスマネージャーの使い方1:事前設定
  • Androidデバイスマネージャーの使い方2:他のAndroidでスマホを探す
  • Androidデバイスマネージャーの使い方3:パソコンからスマホを探す
  • Androidデバイスマネージャーで見つからない場合の対処法

トップ画像引用元:スマホはどこにいった? 「デバイスマネージャー」で紛失時に位置確認や遠隔操作を行おう|プリインストールだからすぐに使えるGoogle標準アプリ活用ガイド|AQUOS:シャープ

1 Androidデバイスマネージャーでできること

Androidデバイスマネージャーは、次の4つの機能があります。

Androidデバイスマネージャーの機能

  • 位置特定:GPSでスマホの位置を地図に表示
  • 音を鳴らす:着信音を利用してスマホから音を鳴らす(5分間)
  • 遠隔ロック:スマホにロックをかけてメッセージと所有者の連絡先を表示
  • 遠隔消去:スマホ内のデータを全て消去

Androidデバイスマネージャーを設定しておくと、紛失したスマホの位置を地図で確認できます。

もしGPSをOFFにしていて発見できない場合でも、遠隔ロックや遠隔消去でスマホ内のデータを守れます。

事前に設定しておくことで、紛失による個人情報漏洩のリスクが大幅に減らせますね!

2 Androidデバイスマネージャーの使い方1:事前設定

ここからは、Androidデバイスマネージャーを正しく動作させるための事前設定を行いましょう。

特にGPSが使えない状態では位置特定が利用できません。

2-1 GPSを有効にする

Androidスマホではクイック設定または設定からGPSのON/OFF切り替えができます。

クイック設定からGPSを有効にする

  1. 画面上部を下にスワイプして「クイック設定」を開く
  2. 「現在位置」を有効にする

クイック設定には初期配置から「現在位置」が表示されますが、表示される設定項目は自由にカスタマイズできます。

クイック設定に「現在位置」が表示されない場合、「設定」からGPS設定を確認しましょう。

設定からGPSを有効にする

  1. 設定を開く
  2. 「セキュリティと現在地情報」を開く
  3. 「位置情報」を開く
  4. 「位置情報を使用」をONにする

2-2 「端末を探す」を有効にする

紛失したスマホを探せるようにするには、GPSだけではなく「端末を探す」をONにする必要があります。

「端末を探す」は、AndroidまたはGoogleの設定から変更できます。

Androidの設定から「端末を探す」を有効にする

  1. 設定を開く
  2. 「ロックとセキュリティ」に進む
  3. 「端末管理アプリ」に進む
  4. 「端末を探す」にチェックを入れる

Googleの設定から「端末を探す」を有効にする

  1. 設定を開く
  2. 「Google」に進む
  3. 「セキュリティ」に進む
  4. 「端末を探す」にチェックを入れる

どちらで設定しても結果は同じなので、お使いの端末で見つけやすい方で設定してくださいね!

3 Androidデバイスマネージャーの使い方2:他のAndroidでスマホを探す

ここからはAndroidデバイスマネージャーを利用して紛失したスマホを探す方法を解説します。

設定に失敗しているといけないので、位置特定の設定後は試しに探してみることをおすすめします。

3-1 「端末を探す」アプリのインストール

画像引用元:端末を探す – Google Play のアプリ

紛失したAndroidスマホを他のスマホで探すにはGoogle Playから「端末を探す」アプリをダウンロードします。

▼「端末を探す」アプリをダウンロード▼

アプリの容量は3.5MBと小さいのでLTEでも問題なくインストールできます。

3-2 Googleアカウントでログイン

画像引用元:ログイン – Google アカウント

「端末を探す」アプリを起動すると、Googleアカウントのログイン画面になります。

紛失したスマホと同じGoogleアカウントを利用しているスマホから利用する場合は「○○として続行」からログインできます。

逆に紛失したスマホと別のGoogleアカウントを利用しているスマホからは「ゲストとしてログイン」を利用しましょう。

ゲストとしてログインする場合、Gmailアドレスとパスワードを入力してログインします。

Googleアカウントを忘れてしまうとスマホが探せなくなるので、Googleアカウントの情報はしっかり覚えておきましょうね!

3-3 スマホの位置を特定する

「端末を探す」アプリにログインすると、スマホの現在位置の地図が表示されます。

ここではGoogleアカウントに紐づいたAndroidスマホが表示されるので、探したいスマホを選びましょう。

3-4 スマホから音を鳴らす

「音を鳴らす」を選択すると、「着信音を停止」を押すか5分経過するまで着信音が鳴らせます。

位置特定には多少の誤差があるので、失くしたスマホに近づいた時に鳴らすのが効果的です。

なお、位置情報が表示されなくとも着信音は鳴らせます。

紛失したAndroidを探す事前準備|遠隔で位置特定、ロックを行うには

次のページでAndroidデバイスマネージャーでスマホをロックする方法を解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

スマホ機種変更時のアプリのデータ移行・引継ぎ完全ガイド!バックアップの準備と復元方法... 今回はスマホの機種変更時に必要なデータ移行・引き継ぎ方法を解説します。 スマホでは電話帳や写真などのデータ以外にも、アプリの引き継ぎもありますよね。 アプリ毎に引き継ぎ方法も異なり、1つ1つ確認するとかなり時間が必要です。 そ...
iPhoneが突然落ちて勝手に再起動を繰り返し始めた…原因と対処法... 今回はiPhoneの電源が突然落ちる・再起動を繰り返す場合の原因や対処法を解説します。 iPhoneはAndroidより安定性の高いスマホですが、バッテリーの劣化やiOSのアップデートなど様々な原因で電源が不安定になることがあります。...
「ドコモデータコピー」アプリでバックアップ|確実にデータ移行する方法... スマホの機種変更やキャリアの乗り換えで、1番面倒なのがデータ移行ですよね。最近はネットで手続きできますが、データ移行は全て自分でやる必要があります。 しかし、ドコモを利用している方は「ドコモデータコピー」アプリを使えばAndroidの...
ドコモの「あんしんスキャン」って必要?解約する方法と注意点... スマホを悪用した犯罪が多様化している昨今、スマホのセキュリティを重要視する方も非常に増えています。 各携帯会社やウイルスソフトの開発会社も次々とスマホ向けのセキュリティアプリを提供するようになりました。 そこで今回は、ドコモのセ...