Androidエミュレーターおすすめ3選

【2024年最新】Androidエミュレーターおすすめ3選|安全で軽いのは?

  • 更新日:2024年2月20日
  • 本記事には広告が表示されます

人気スマホのゲームをパソコンでやりたい……。そんな願いを叶えてくれるのが、Androidエミュレーターです。

しかしAndroidエミュレーターに対しては、どこか「怪しい」とか「グレーゾーン」というイメージを抱いている方も多いと思います。

そこでこの記事では、

  • Androidエミュレーターは違法なのか?
  • Androidエミュレーターで安全なのはどれか?

こういった疑問を解決します。

パソコンでAndroidのアプリを利用したい方は、ぜひ参考にしてください。

Androidエミュレーターの注意点
  • 利用規約違反になる可能性がある
  • 配信する場合は著作権侵害に注意!
  • 悪い印象を持っている人が結構多い
  • エミュレーターの利用は自己責任

Androidエミュレーターとは

Androidエミュレーターとは
Androidエミュレーターとは、パソコン上に仮想のAndroid OSを入れて、まるでパソコンの中にAndroid端末が入っているかのように使うことができるアプリです。

つまり、Androidアプリをパソコンで使うことができます。

Androidエミュレーターは、特にゲームアプリをパソコンで遊びたい方に人気があります。

また、最近のYouTube等の動画でスマホゲームを配信している人気チャンネルの多くは、Androidエミュレーターを利用しています。

パソコンでスマホゲーム画面が開けることで、OBSなどの配信ソフトとの連携もしやすいためでしょう。

Androidエミュレーターは違法ではないが注意点あり

Androidエミュレーターは違法ではないが注意点あり
Androidエミュレーターは、主にGoogle以外の企業や個人が作成したツールで、いってしまえば非公式のソフトウェアです。

しかし、Android自体がオープンソースなので、Androidエミュレーター自体に違法性はありません。

正規のAndroidアプリ開発環境でもAndroidエミュレーターが搭載されていますし、Google公式の「Google Play Games」が2023年4月19日から提供されています。

以上のことから、Androidエミュレーターの利用は全く違法性がなく、安心して使えるサービスと考えて差し支えありません。

ただし、Androidエミュレーターの利用は以下のポイントに注意が必要です。

利用規約違反になる可能性がある

Androidエミュレーター自体に違法性はありませんが、アプリによっては利用規約でAndroidエミュレーターの使用を禁止している場合があります。

これは、一部のエミュレーターには自動操作やパケット操作ツールがあり、アプリを不正利用される危険性があるためです。

また、Androidエミュレーター自体は許可していても、マクロ等のエミュレーター機能の使用を確実にBANすると宣言しているアプリもあります。

Androidエミュレーターを利用する際は、必ずアプリの利用規約を確認し、抵触しない範囲で利用してください。

吹き出しアイコン

不正利用は刑事・民事で訴訟される可能性大です。絶対にやらないでください。

配信する場合は著作権侵害に注意!

Androidエミュレーターを利用したい方の中には、「YouTubeでゲームのプレイ配信をやりやすくしたい」という方もいるでしょう。

しかし、利用するアプリによっては映像・音楽の配信はNGとしているものもあります。

また、配信OKとなっているアプリでも、アプリ毎に独自の配信ルールが定められていることも。

配信ルールの例
  • 専用フォームから申請が必要
  • 無編集での配信はNG
  • 実況動画のみOK
  • 特定チャプターの配信NG

NGとされる配信を行ってしまうと、著作権侵害で大問題になる可能性があります。

利用規約や公式サイトの確認だけでは不安な場合、ゲーム配信をする前に開発元に問い合わせるようにしましょう。

悪い印象を持っている人が結構多い

Androidエミュレーター自体に違法性がないとはいえ、エミューレーターに悪い印象を持っている人が多いのも事実です。

初期のエミュレーターは家庭用ゲームソフトの不正利用の温床でした。

また、過去には有名ゲームのプレイ動画をYouTubeで配信し、炎上した事例もあります。

自分だけで楽しむ分には問題ないでしょうが、プレイ動画を配信してみたい方はこうした面も考慮しておきましょう。

エミュレーターの利用は自己責任

Androidエミュレーターの利用は完全に自己責任になることにも注意しましょう。

万が一、Androidエミュレーターを利用したことによる不具合やゲームデータの破損があっても、原則として一切対応してくれません。

また、エミュレーター毎に動作環境や対応アプリが異なり、具体的な使い方もネットで調べて利用する必要があります。

使うのであれば自己責任ということは意識しておきましょう。

Androidエミュレーターおすすめ3選

LD Player

画像引用元:LDPlayer – FAQ

それでは、Androidエミュレーターのうち、特に人気の高いおすすめのものを3つ紹介します。

紹介するAndroidエミュレーターは更新頻度が高く、日本語にも正式に対応しているのが特徴です。

また、WindowsとMacの両方で使えます。

※2024年5月現在ではAppleシリコン(M1〜M3)は非対応です。

おすすめAndroidエミュレーター
  • LDPlayer
    中国・韓国の協賛アプリ企業が多い人気エミュレーター
  • NoxPlayer
    知名度No.1で対応アプリも多い人気エミュレーター
  • BlueStacks
    一部のアプリでは最も動きが軽いと人気急上昇中エミュレーター
吹き出しアイコン

ちなみに、Google Play Gamesはまだ新作ゲームがほとんど非対応のためランク外です。今後に期待!

LDPlayer【PR】

LD Player

画像引用元:LDPlayer

XUANZHI INTERNATIONALが開発・運営するLDPlayerは、全世界で約2.7億以上インストールされている人気のAndroidエミュレーターです。

日本語版が2020年初頭に配信開始され、国内ユーザーも着実に増えています。

話題の最新アプリを制作している多くの中国・韓国のアプリメーカーが協賛しています。

Android 13対応のランチャーもリリースされ、最新ゲームをパソコンで遊ぶなら、真っ先に試したいAndroidエミュレーターです。

NoxPlayer

NoxPlayer

画像引用元:NoxPlayer公式サイト

NoxPlayerは、恐らく一番知名度の高いAndroidエミュレーターです。

Nox Digital Entertainmentという香港の法人が開発・運営しています。

2024年5月現在、正式リリースされているエミューレーターはAndroid 9ですが、安定性が高く対応アプリが非常に多い特徴があります。

公式サイトを見ると対応している人気アプリがずらっと並んでいるので、さまざまなゲームをプレイしてみたい方におすすめです。

本当にAndroid端末がそのままパソコンの中にあるかのようなUIなので、Androidを知っている人ならダウンロードして即使えるでしょう。

マウス・キーボードの入力設定を自由に変更できるなど、細かな指定も可能です。

リニューアルした軽量版「Wakuoo」も登場!【PR】

NoxPlayerよりも軽いソフトをお探しなら、同社からリリースされている「Wakuoo」もおすすめです。

こちらもAndroidのほぼすべてのアプリに対応しており、無料で使うことができます。

必要な機能に絞って軽量化されているので、NoxPlayerが重いようなら試す価値あり!

自分のPC環境に合わせて様々なアンドロイドエンジンから最適なものが選択可能です。

BlueStacks

BlueStacks

画像引用元:BlueStacks

Bluestack Systems, Inc.というアメリカの法人が開発・運営しているBlueStacksも、NoxPlayerに負けない知名度と人気があります。

2022〜2023年にかけてブルアカなど一部のアプリが1番軽く動くと話題になり、一気に人気が上昇しています。

こちらもAndroidのバージョンは9で、多くのゲームがプレイ可能です。

通常のAndroidとは異なるUIですが、シンプルで操作に戸惑うことはないでしょう。細かな設定も可能です。

Androidエミュレーターを選ぶポイント

Androidエミュレーターを選ぶポイント
今回3つのAndroidエミュレーターを紹介しましたが、世の中にはまだまだたくさんのAndroidエミュレーターが存在します。

遊ぶゲームによっては、おすすめ以外のAndroidエミュレーターを試したくなるかもしれません。

Androidエミュレーターを選ぶ際は、以下のポイントに注目してください。

Androidエミュレーター選び方のポイント

エミュレーターの安全性

Androidエミュレーターで一番気をつけたいのは、安全性です。

Google Play Games以外のAndroidエミュレーターはGoogle非公式であり、そのほとんどが日本人にとっては得体の知れない企業や個人が開発したものです。

そのため、「このAndroidエミュレーターなら100%安全です!」と断言することはできません。

パソコンのウイルス対策などをしっかりしたうえで、ネット検索やSNSでも調べて有名なソフトを選ぶのが無難でしょう。

有名なソフトなら
  • ウイルスなどのマルウェアの心配なし
  • 個人情報をしっかり保護している

そして、それに該当するのが今回紹介した「LDPlayer」「NoxPlayer」「BlueStacks」です。

おすすめAndroidエミュレーターは使用者が多く、セキュリティ面での悪評もないため、ある程度安全なものであると考えられます。

もっとも、どんなソフトであっても「絶対に安全はない」ものです。

Androidエミュレーターの使用はもちろん、ネットに繋がっているパソコンは必ずセキュリティ対策をした上で利用しましょう。

エミュレーターの軽さ

Androidエミュレーターを実際に使う上で、軽さも非常に重要です。

今回紹介した「NoxPlayer」「BlueStacks」「LDPlayer」は、Androidエミュレーターとしては軽いと評判です。

ただし、そもそもAndroidエミュレーターを快適に動かすには、それなりに高いスペックのパソコンが求められます。

また、最近はMacも対応していますが、まだIntelモデルだけで、Appleシリコン(M1〜M3)非対応なことにも注意しましょう。

吹き出しアイコン

ちなみに、筆者のパソコンでは、快適に動かすことは残念ながらできませんでした。

筆者のパソコンのスペック
  • CPU:Core i5-8250U
  • GPU:UHD Graphics 620
  • RAM:16GB

激安のN100搭載のPCはギリギリ動く

パソコンのスペックが不足している方は、Intel N100搭載のミニPCを検討してもいいかもしれません。

N100は最近流行りのミニPCによく搭載されるエントリーモデルのCPUですが、ベンチマークでは結構いい値を出します。

N100のベンチマーク例
  • CINEBENCHI R23:シングル約1,000
  • CINEBENCHI R23:マルチ約3,000

Androidエミュレーターの多くが推奨スペックとする「ベンチマークシングルスコア1,000」はギリギリ達成します。

また、GPU条件も推奨環境に到達しています。

原神やウマ娘のレース画面など3Dで動くゲームは無理ですが、スペック的には2Dグラフィックのゲームなら問題ないようです。

普段プレイするゲームが2Dゲームしかないなら、ミニPCへの買い替えを検討してみてください。

吹き出しアイコン

N100搭載のミニPCは3万円以下で購入できるので、買い替えが必要かつ予算が厳しいなら検討の価値はありそうです。

Androidエミュレーターを使うメリット

メリット

Androidエミュレーターを使う主なメリットとしては、以下のようなことが上げられます。

Android端末がなくてもAndroidを動かせる

Androidエミュレーターがあれば、Android端末を持っていなくても、パソコン上でAndroidを動かすことができます。

普段はiPhoneを使っていてAndroid端末を買うつもりはない人もいますよね。

そんな人がAndroidでしか配信されていないアプリを試したい時などに便利です。

パソコンのディスプレイでAndroidを動かせる

パソコンの大きなディスプレイで利用できるのも、Androidエミュレーターの大きなメリットです。

例えばゲームのテスト時など、Androidスマホだけでは見づらいですよね。

ディスプレイが大きければ、その分見やすくて快適なことが多いでしょう。

パソコンのマウスやキーボードが使える

パソコンのマウスやキーボード、コントローラーなどで操作できるのもメリットです。

通常のタッチ操作より、マウスやキーボード、コントローラーなどのほうが快適だと感じる人は少なくありません。

ゲームなどによってはAndroid端末で操作するより有利になることもあるでしょう。

Androidエミュレーターを使うデメリット

デメリット

Androidエミュレーターを使う主なデメリットとしては、以下のようなことが上げられます。

非公式でサポート対象外

Androidエミュレーターは、Googleやアプリメーカーが非公認のソフトウェアばかりです。

そのため、Androidエミュレーターを使って問題が起こっても、サポートには期待できません。

これはGoogleに限らず、他のアプリ運営でも同様です。中にはAndroidエミュレーターの使用が規約違反に当たるアプリもあります。

Androidエミュレーターの使用はあくまで自己責任になることが最大のデメリットでしょう。

Androidのバージョンが古い

本記事更新時点のAndroidの最新バージョンはAndroid 13で、まもなく日本国内でもAndroid 14へのアップデートが行われる見込みです。

しかし、Androidエミュレーターの多くは、Android 9までの対応です。

約4世代も前のバージョンなので、アプリによってはAndroidのバージョン差異で正常に動かないことも。

ゲームプレイには問題ないケースがほとんどですが、Androidアプリ開発を行う場合はGoogle正規のAndroid Studioを利用してください。

パソコンが古いと重い

Androidエミュレーターの動作の快適さは、パソコンのスペックに依存します。

筆者の使っているパソコンはmouseから12万円強で購入し、購入当時のノートパソコンとしてはそれなりに高スペックでした。

しかし、それでもAndroidエミュレーターは重たくて普段は使う気になれませんでした。

重い原因はオンボードのGPUでしょうが、2020年以前のノートパソコンでは、ハイエンドモデルでもAndroidエミュレーターの使用は厳しいかもしれません。

筆者のパソコンのスペック
  • CPU:Core i5-8250U
  • GPU:UHD Graphics 620
  • RAM:16GB
2024年5月現在は、3万円以下で購入できるN100搭載のミニPCでトントンの性能で、2Dゲームなら動かせる程度と考えてください。

快適に使うなら5万円以上、3Dゲームもプレイするなら、10万円以上のグラフィックボードを搭載したデスクトップパソコンが必要になるでしょう。

Androidエミュレーターは有名なものを選ぼう!

NoxPlayer

画像引用元:NoxPlayer

以上、おすすめのAndroidエミュレーターについてでした。

Androidエミュレーターまとめ
  • エミュレーターは違法ではない
  • しかしGoogleやアプリメーカー非公式
  • 利用する際はアプリの規約を要チェック
  • LDPlayer
    中国・韓国の協賛アプリ企業が多い人気エミュレーター
  • NoxPlayer
    知名度No.1で対応アプリも多い人気エミュレーター
  • BlueStacks
    一部のアプリでは最も動きが軽いと人気急上昇中エミュレーター

Androidエミュレーターを使うこと自体は違法ではありません。

しかし非公式のソフトであり、Googleやアプリ運営のサポート対象外である他、アプリによってはAndroidエミュレーターの使用を規約違反としているものもあります。

またAndroidエミュレーターの中で人気なのは、「LDPlayer」「NoxPlayer」「BlueStacks」の3つです。

動かせるAndroidのバージョンが古かったり、快適に動かすにはパソコンに高いスペックが求められたりとデメリットもあるものの、これ以上に評判の良いAndroidエミュレーターは現状ありません。

使用は自己責任ですが無料ですので、興味のある方はぜひお試しください。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃からモバイル販売を中心に仕事してきた経験を活かし、わかりやすさを心がけて書いてます。 最近はAIに興味津々で、執筆の合間にChatGPTなど各種AIで遊んでいます。