最新Androidが凄い!シェア率で勝るiPhoneの方が優れている点って何?

  • 2018年8月6日
  • by 
最新Androidが凄い!シェア率で勝るiPhoneの方が優れている点って何?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

日本のスマホシェアはずっとiPhoneがトップですね!

しかし、最新のAndroidは超高性能カメラやAIを搭載した凄い機種が増えています。

これからスマホを購入する方や、AndroidとiPhone間で機種変更を考えていると、どちらがいいのか悩んでしまいますよね。

そこで、今回はAndroidとiPhoneを比較し、シェア率の勝るiPhoneは一体何が優れているのか見ていきましょう。

この記事を読めば、AndroidとiPhoneのどちらにするか決められますよ!

今回の流れ

  • iPhoneの方が高性能!?基本性能を比較
  • Androidの方が便利!機能を比較
  • iPhoneは使いやすい!?使い勝手を比較

1 iPhoneの方が高性能!?基本性能を比較

まずAndroidとiPhoneの根本的な違いと、基本性能を比較しましょう。

1-1 AndroidとiPhoneの根本的な違いは製造過程にある!


画像引用元:パフォーマンス | Galaxy S9 and S9+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

内容AndroidiPhone
OSAndroidiOS
OS開発Google
各メーカーが独自カスタマイズ可能
Apple
端末メーカーSamsung、SONYなどApple
CPUメーカークアルコム他Apple

AndroidとiPhoneは当然OSの違いがあります。しかし、それより大事なのは製造工程にあると言えるでしょう。

Androidは多くの企業が協力して製造

AndroidはGoogleが開発したOSを各端末メーカーがカスタマイズして利用します。

さらにCPUやメモリなど主要な部品も、様々なメーカーの製品を組み合わせて製造されます。

結果的に多種多様なスマホが登場し、用途に合ったスマホを選べるのがAndroidの大きなアドバンテージとなっていますね。

ただ、AndroidはメーカーがOSを独自にカスタマイズするため、いくつかデメリットがあります。

独自カスタマイズのデメリット

  • OSアップデートはメーカーが対応しないと受けられない
  • 他メーカーのスマホに変えると使い勝手がガラッと変わる
  • カスタマイズが原因で一部のアプリが動かない可能性がある
  • カスタマイズのメモリ消費が大きい場合がある

Androidは最新バージョンのOSが登場しても、メーカーがカスタマイズ対応しないとアップデートできません。

機種によってアップデート2年保証など書かれているのはこのためですね。

OSをアップデートしないと、セキュリティの脆弱性やアプリが利用できなくなる可能性など、いいことは何もありません。

そのためスペックに不満がなくとも機種変更が必要になることも。また、メーカーカスタマイズは使い勝手にかなり影響します。

Xperiaに慣れていた人がAQUOSに機種変更すると、使い方がさっぱり分からないということもあります。

他メーカーのAndroidに買い換える時は、少し注意した方がいいかもしれませんね。

iPhoneはほぼApple1社で製造

一方、iPhoneはiOSやCPU・基盤など、スマホの核になる部分はApple1社で製造しています。

液晶パネルなど部品によっては外注していますが、基本的にAppleのみで製造されていると考えていいでしょう。

本体もOSもAppleが製造することで、iPhoneには多くの強みがあります。

iPhoneの強み

  • 古い機種も最新OSにアップデートできる
  • 新しいiPhoneにしても使い勝手はほぼ同じ
  • 2年以上経っても快適に使えることが多い
  • バグやセキュリティへの対処が早い

iOSはAppleがiPhoneのためだけに開発しています。

そのためかなり古い機種へも対応し、iOS11ならiPhone 5s以降の全てのiPhoneで利用できます。

また、iOSはバージョンによる使い勝手の変化が少ないOSと言えます。もちろん、iOS7でコントロールセンターが実装されるなどの変化はありました。

しかし、根本的な操作方法やインターフェイスは初代iPhoneから継承され続けています。

日本人は手に馴染んだものを長く使うという方が多いですよね。

iPhoneのシェアが勝っているのは、操作感が変わらないことが日本人に合っているからなのかもしれませんね。



1-2 最新Androidと最新iPhoneの性能比較

続いてAndroidとiPhoneの性能を比較します。

今回は2018年夏モデルGalaxy S9と、2017年9月発売のiPhone 8を例に見ていきましょう。

Galaxy S9とiPhone 8の性能比較

項目Galaxy S9iPhone XS
CPUSnapdragon 845
2.8GHz + 1.7GHz(オクタコア)
A12Bionicチップ
メモリ4GB4GB
ストレージ64GB64GB/256GB/512GB
画面サイズ5.8インチ Super AMOLED 2,960x1,4405.8インチOLEDディスプレイ
2,436 × 1,125
カメラ画素数メイン:1200万画素
サブ:800万画素
メイン:1,200万画素
サブ:700万画素
購入ドコモ公式ショップ
au公式ショップ
ドコモ公式ショップ
au公式ショップ
ソフトバンク公式ショップ

CPUの種類は異なりますが、メモリはGalaxy S9の方が多くなっていますね。

また、Galaxy S9は最新のSnapdragon 845を搭載しているので、昨年モデルのiPhone 8より高性能かと思われがちです。

しかし、ベンチマークを見るとiPhone 8の方がはるかに高いスコアを出しています。

iPhone 8のベンチマークスコア


画像引用元:iPhone 8 – Geekbench Browser

Galaxy S9のベンチマークスコア


画像引用元:Samsung Galaxy S9 – Geekbench Browser

つまり、iPhoneは同時期のAndroidよりかなり高い性能で発売されているということです。

高い性能とiPhone専用に作られているiOSのおかげで、2年使った後も遅いと感じることはありません。

どんな使い方の人でも長く快適に使えることは、iPhoneの優位点と言えるでしょう。

【Galaxy S9+ VS iPhone 8】徹底比較|あなたに合ったスマホを診断

ここまでのまとめ

  • Androidは多くの企業が協力して製作
  • Android はカスタマイズされて使い勝手がモデル毎に異なる
  • iPhoneはApple1社で製作
  • 初代iPhoneからの操作感を維持している
  • iPhoneは最高性能で発売されるから長く使っても快適

次のページでは機能面でAndroidとiPhoneを比較します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

【iPhone XS VS Xperia XZ3】徹底比較|どっちが買いか?その理由... 多くの人に支持されているiPhoneシリーズの最新作「iPhone XS」と最高のAndroidとも呼ばれる「Xperia XZ3」。 この2種類のスマホは人気が高く、多くの人が利用しています。 どちらかのスマホを購入したいけど迷っ...
最新スマホ比較|サイズ・カメラ・スペック・価格あらゆる面から評価... ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアから発売される2018年モデルの新スマホや、有力なSIMフリースマホが出揃い、スマホ市場が一層と賑やかになりました。 スマホ業界は、各社が新スマホの発売時期を被せてくることが多いので、色ん...
【iPhone 8 Plus VS Xperia XZ2 Premium】大画面スマホを徹底比較... iPhone 8 Plusは2017年秋に発表された、現行の最新iPhoneシリーズのひとつで、iPhone 6 Plusから続くお馴染みの大画面iPhoneです。 対するXperia XZ2 Premiumは、2018年夏モデルとし...
【iPhone 8 VS HUAWEI P20 Pro】徹底比較|あなたに合ったスマホを診断... トリプルカメラを搭載した高性能なAndroidスマホHUAWEI P20 Proが話題を呼んでいますが、較対象としてあげられるのが人気のiPhoneの最新モデルとなるiPhone 8です。 iPhone 8とHUAWEI P20 Pr...