Android One S9 評価レビュー|価格・発売日・スペックを解説

  • 2022年7月11日
  • by.affiprecious

Android One S9

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

本記事では、耐久性に定評のある「Android One S9」について解説しています。

本機には特別目立ったスペックはないものの、耐久性は非常に優秀です。

また、電池持ちも非常に優れています。同価格帯のスマホと比べても、連続通話時間は長め。

普段使いのスマホとしては、非常に使い勝手の良い1台ですよ。

Android One S9のポイント
  • ワイモバイルから発売
  • 価格はワイモバイルで36,000円
  • Snapdragon 480搭載のエントリースマホ
  • 大容量バッテリーを搭載し、連続通話時間も長め
  • 泡タイプハンドソープで丸ごと洗える
  • 防水・防塵・おサイフケータイ対応
  • 耐久性と電池持ちに優れたスマホ

トップ画像引用元:Android One S9

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

Android One S9の発売日

Android One S9 ライトブルー

画像引用元:Android One S9 | 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | 京セラ

販売キャリア等発売日
ワイモバイル2022年3月24日

Android One S9は、上表のとおりワイモバイルのみの発売となります。

発売日は2022年3月24日です。

Android One S9の価格

Android One S9の価格
ワイモバイル36,000円公式サイトを見る

Android One S9の本体価格は上表のとおり。

発売当初の本体価格は43,200円でしたが、2022年6月に値下げされたため、現在では36,000円となっています。

Android One S9のスペック

Android One S9
画面サイズ約6.1インチ
本体サイズ高さ:153mm
幅:69mm
厚さ:8.9mm
重さ約166g
アウトカメラ標準:約1,600万画素
広角:約1,600万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー4,500mAh
RAM4GB
ROM64GB
CPUSnapdragon 480
認証指紋/顔
防水・防塵IPX5/X8・IP6X
カラーライトブルー
シルキーホワイト
ブラック
詳細Android One S9 評価レビュー

Android One S9は、Snapdragon 480を搭載したエントリーモデルのスマホです。

処理性能は普段使いには困らないものの、高い処理能力が必要とされるゲームアプリなどを動かすのは難しいでしょう。

メモリは4GB、ストレージは64GBと、この価格帯では標準的な性能。

バッテリー容量は4,500mAhと大容量であり、4G LTEでの連続通話時間は2,470分とかなり長めです。

PD-PPSに対応したACアダプタで急速充電を行えば、約130分で充電が完了するのも嬉しい機能の1つですね。

防水・防塵性能は高く、おサイフケータイにも対応など、普段使いの機能は充実。

認証も顔と指紋の両方に対応しており、指紋認証は背面に搭載されているセンサーを使うことになります。

高い処理性能は持っていないものの、普段使いでは非常に使いやすいスマホです。

Android One S9は丸洗い可能!

Android One S9と泡

画像引用元:Android One S9 | 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | 京セラ

Android One S9は高い防水性能を備えており、泡タイプのハンドソープなどで丸洗いできます。もちろん水で洗い流してもOK。

本体表面には抗菌・抗ウイルス加工が施されている上に、アルコール除菌もできるため、スマホ本体をいつでも清潔な状態に保てます。

Android One S9のカメラ

Android One S9のカメラ

画像引用元:Android One S9|スマートフォン|製品|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

AQUOS sense6sは、標準と広角のデュアルカメラが搭載されています。

メインの標準カメラの有効画素数は約1,600万画素と標準的。

広角カメラの有効画素数も同じ約1,600万画素です。

非常にシンプルな構成ではあるものの、標準カメラには夜景モードが搭載されており、夜のイルミネーションや花火などをきれいに撮影できます。

また、被写体となる人物をより美しく撮影できるビューティーモードも搭載。SNS用の自撮り写真などには便利な機能です。

4倍までのズームにも対応しています。

Android One S9のディスプレイ

Android One S9ディスプレイ

画像引用元:Android One S9 | 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | 京セラ

Android One S9のディスプレイの大きさは約6.1インチ

大画面化が進む現代では、標準的な大きさだと言えるでしょう。

ディスプレイはスマホ前面のほぼすべてを占有しており、ベゼルはかなり細め。

ディスプレイが大きめなので、写真撮影時は被写体が非常に見やすく、映像コンテンツ視聴時も従来以上の没入感を味わえます。

Android One S9の評判・口コミ

京セラ製のAndroid One S9。最も多く見られた評判は、「安心の日本製スマホ」だという点です。

また、Android One S9を購入した方の多くは、ずっと京セラ製のスマホを使っているようでした。

スマホは安い買い物ではないため、「間違いない」という安心感が購入の決め手になっているようですね。

Android One S9の耐久性に対しても、高評価の声がたくさん見られました。

Android One S9がおすすめの人は?

Android One S9は、電池持ちと耐久性に優れた普段使い用のスマホが欲しい方におすすめです。

Android One S9のバッテリーは4,500mAhと大容量であるほか、急速充電では約2時間で満充電となります。

4G LTEでの連続通話時間も同価格帯のスマホよりも長いため、屋外での利用も安心です。

また、優れた防水・防塵性能もAndroid One S9の大きな魅力の1つ。

落下等の衝撃にも強いため、スマホを手荒に使いがちな方にもおすすめできます。

泡タイプのハンドソープで丸ごと洗う事もでき、いつでも清潔な状態を保てるのもメリットの1つですね。

頑丈で使いやすいエントリースマホ!

本記事では、Android One S9について解説しました。

Android One S9まとめ
  • ワイモバイルから発売
  • 価格はワイモバイルで36,000円
  • Snapdragon 480搭載のエントリースマホ
  • 大容量バッテリーを搭載し、連続通話時間も長め
  • 泡タイプハンドソープで丸ごと洗える
  • 防水・防塵・おサイフケータイ対応
  • 耐久性と電池持ちに優れたスマホ

スペックに派手さはないものの、精密機械とは思えないレベルの耐久性を持つAndroid One S9。

「スマホはとても不衛生」などと言われることもありますが、丸ごと洗えるAndroid One S9なら衛生的に使えます。

衝撃等にも強いため、スマホを壊しがちな方にもおすすめできる機種ですよ。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。