Android One X4レビュー|必要な機能を全て搭載した最新スペックスマホ

Android One X4レビュー|必要な機能を全て搭載した最新スペックスマホ

6月にSHARPから新しいスマホが登場したのをご存知でしょうか?

SHARPと言うとAQUOSを思い浮かべる人もいると思いますが、ここでみなさんに知ってほしいのがAndroid Oneという機種です。

過去にも、ソフトバンクやY!mobileのからAndroid One S3やAndroid One X1が発売されましたが、今回みなさんには【Android One X4】を紹介します。

Android One X4はY!mobileが取り扱っており、まだまだその名前を耳にしたことがない方も、今気になっている方にもその機種情報や使用している方からのレビューをお届けします!

トップ画像引用元:Android One X4 | Y!mobile

 1 Android One X4の気になるスペックを紹介


画像引用元:スペック | Android One X4

さて、今回紹介するAndroid One X4は、2018年6月7日に発売されたばかりの新商品でY!mobile取扱店で手にすることができます。

新しくスマホを購入する、となったらやはり気にするのはそのスペックですよね。

さっそく見ていきましょう。

内容スペック詳細
サイズと重さ約71×約151×約8.9mm(突起部を除く)
約157g
OSAndroid 8.1
CPUQualcomm Snapdragon 630(SDM630)2.2GHz(クアッド)
+1.8GHz(クアッド)
内蔵メモリROM 32GB/RAM 3GB
外部メモリmicroSDメモリカード/ microSDHCメモリカード/
microSDXCメモリカード 最大400GB(すべて別売)
連続通話時間3G:約1,690分/GSM:約920分/
FDD-LTE:約1,850分
連続待受時間3G:約780時間/GSM:約685時間/
FDD-LTE:約670時間/AXGP:約695時間
充電時間約155分(ACアダプタ:Y1-AC17-TCQC使用時)
ディスプレイ約5.5インチ
IGZO
2,160×1,080ドット フルHD+
通信速度最大通信速度(下り)292Mbps
最大通信速度(上り)37.5Mbps
通信・通話機能VoLTE(HD+) ○
VoLTE ○
HD Voice(3G) ○
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Wi-Fiテザリング機能 ○(最大10台)
Bluetooth 5.0
赤外線通信対応 -
対応サービス防水/防塵 IPX5/IPX8 / IP6X
ワンセグ/フルセグ ○/-
生体認証 指紋センサー(ロック解除)
おサイフケータイ® ○
NFC ○
緊急速報メール ○
Google バックアップ ○
GPS ○ (GPS、GLONASS、BeiDou、GALILEO、みちびき対応)
国際ローミング ○
外部接続端子 USB Type-C
カメラメインカメラ
約1,640万画素 CMOS 裏面照射積層型
サブカメラ
約800万画素 CMOS 裏面照射型

スマホで音楽を聴く人には大変嬉しい、ハイレゾ対応ですので高音質の音を楽しむことができ、防水・防塵でどんな場所でも安心して使えるのは心強いです。

また、そのバッテリーの持続時間はSHARP独自の省エネ技術で3日超え(SHARP調べ)の電池持ちというので驚きです。

ついつい長時間経ってしまいがちのスマホゲームをやっていても、動画を何時間見ていても、途中で充電しながらやらなければいけないのは煩わしいですよね。

これは非常にありがたい技術です。

ソフトバンク 2018 Android One S3に最安値で機種変更する方法

次の章では、Android One X4のスペックの詳細を紹介します。

1-1 Android One X4スペック | 気になるカメラ機能はどうなのか

画像引用元:カメラ | Android One X4

デジカメを持ち歩かず、スマホで写真を撮る方も多くいることでしょう。

すると気になってくるのが、そのカメラの性能です。

Android One X4のメインカメラは1,640万画素、さらにハイブリッドAF機能を加えているためフォーカスをさっと合わせることができます。

ドライブ中に見つけた素敵な景色や元気に遊びまわる子どもたち、かわいいペットのふとした瞬間などブレてしまいがちの写真のピントを合わせ撮影することを可能にします。

また、自撮りをするときはサブカメラを使うことがほとんどです。

こちらのサブカメラの画素数は800万画素ですが、なんといっても嬉しいのがセルフィーフラッシュ機能です。

この機能は撮影する時に画面が発光して、うす暗い場所でも顔が暗くなることなく撮れることができる優れものの機能です。

1-2 Android One X4スペック | カラーバリエーションはどんなものがあるのか

スペックも気になるところですが、さらに自分のお気に入りのカラーならスマホを見るたびにテンションが上がってしまいそうです。

Android One X4のカラーは3色展開で、

  • オーシャンブルー
  • パールホワイト
  • ボルドーピンク

になります。

他ではなかなか見られない色もあって気になります。

また、5.5インチと大画面にも関わらず画面アスペクト比18:9ですので縦に長く、さらにフレームはラウンド形状になっているので手にフィットしやすい形を実現しています。

1-3 Android One X4スペック | 歴代のAndroid Oneと比べてみる

Android One X4のスペックや詳しいカメラ性能、カラーについては前項までで紹介しました。

それではこの最新のAndroid One X4は過去のAndroid Oneシリーズと比べるとどうなのでしょうか。

ここでは、1つ前の機種である2018年1月18日にY!mobileで発売された、Android One S3と比較します。

進化したところを中心に見てみましょう。

内容Android One X4Android One S3
カラーオーシャンブルー
パールホワイト
ボルドーピンク
ターコイズ
ネイビーブラック
ホワイト
ピンク
サイズと重さ約71×約151×約8.9mm(突起部を除く)
約157g
約71×約144×約8.5mm(突起部を除く)
約143g
OSAndroid 8.1Android 8.0
CPUQualcomm Snapdragon 630(SDM630)2.2GHz(クアッド)
+1.8GHz(クアッド)
Qualcomm Snapdragon 430(MSM8937)1.4GHz(クアッドコア)
+1.1GHz(クアッドコア)
バッテリー容量3,100mAh2,700mAh
ディスプレイ約5.5インチ
IGZO
2,160×1,080ドット フルHD+
約5.0インチ
IGZO
1,920×1,080ドット フルHD
通信速度最大通信速度(下り)
292Mbps
最大通信速度(上り)
37.5Mbps
最大通信速度(「4G」の場合)
[FDD-LTE]下り最大112.5Mbps / 上り最大37.5Mbps
[AXGP]下り最大110Mbps / 上り最大10Mbps
最大通信速度(「3G」の場合)
下り最大21Mbps / 上り最大5.7Mbps
通信・通話機能Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth 4.2
対応サービスワンセグ/フルセグ ○/-
生体認証 指紋センサー(ロック解除)
おサイフケータイ○
NFC ○
ワンセグ/フルセグ -/-
生体認証 -
おサイフケータイ -
NFC -
カメラメインカメラ
約1,640万画素 CMOS 裏面照射積層型
サブカメラ
約800万画素 CMOS 裏面照射型
メインカメラ
約1,310万画素 CMOS 裏面照射型
サブカメラ
約500万画素 CMOS 裏面照射型

前項の1でAndroid One X4の全スペックはお伝えしましたが、前機種と比べるとこんなにも進化した機能がたくさんありますね。

ハイスペックスマホという名が相応しい機種ということがわかります。

Android One X4のポイント
  • 独自の省エネ技術で長時間持続バッテリー
  • 高画質で一瞬も取り逃さないハイブリッドAF機能搭載カメラ
  • 個性的なカラーバリエーション
  • 大画面アスペクト比18:9でスタイリッシュなデザイン
  • 前機種から大幅にグレードアップしたハイスペックスマホ

どっちが得か?UQ mobileとY!mobileの価格・通信速度を徹底比較!

次の章では、Android One X4の価格について紹介します。

2 Android One X4のハイスペックで気になる価格

前機種から大きく進化したAndroid One X4ですが、ここまで進化するとその値段も高いのでは…?と思っている人もいるかもしれません。

また、今現在はドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアのうちいづれかを使っているけど、Y!mobileに乗り換えたらスマホの機種代金含め月いくらくらいになるのだろう?と気になる方もいるでしょう。

そこで、新規で契約したい人やドコモやau、ソフトバンクからのりかえで契約したい人など様々なシチュエーションで月額を計算してみました。

2-1 Y!mobileでAndroid One X4 | 新規で契約する場合

新規契約でAndroid One X4を契約したいという方はこちらを参考にしてください。

まず、Android One X4の機種代金ですは一括で支払うと67,932円で、24回払いを選択すると頭金540円の賦払金は2,808円となっています。

また、契約プランによってももちろん月にかかる金額は変わってくるのですが、ここでは外ではそこまでネットを使わず、家ではWi-Fiをメインで使用することを想定し、月3GB使えるスマホプランMとすることにします。

このスマホプランMの料金プランは月4,298円です。

ここから割引がかかってきます。

バリュースタイルに加入、Y!mobile社が指定する端末を購入した場合に

  • 月額割引(2回目の支払いから)1,512円/月
  • ワンキュッパ割 1,080円/月

を適用すると毎月2,592円の割引となります。

Android One X4の機種代金を24回払いにするとし、割引等が適応される2ヶ月目以降からの12ヶ月の月額金額を計算すると、

機種代金2,808円+スマホプランM4,298円-月額割引1,512円-ワンキュッパ割1,080円=4,514円

となります。

あくまでも、月額割引とワンキュッパ割を込みにした金額ですので、初月や永遠にこの金額ではないのでご注意ください。

機種代金も込みでこの値段ですが、今現在使っているスマホの月額料金と比べてみて検討してみてください。

2-2 Y!mobileでAndroid One X4を契約 | ドコモやauから乗り換えで契約する場合

ドコモやauのキャリアから乗り換えでAndroid One X4を契約したいという方はこちらを参考にしてください。

機種代金や月々の料金プランの金額は変わりがなく、変わってくるのが月額割引になります。

ドコモやauからの乗り換えの場合は月額割引が-2,052円ですので割引等が適応される2ヶ月目以降からの12ヶ月の月額金額を計算すると、

機種代金2,808円+スマホプランM4,298円-月額割引2,052円-ワンキュッパ割1,080円=3,974円

と新規契約の方より少し安くなります。

月々3,000円台で最新スマホが使えるのでかなりお得に感じます。

2-3 Y!mobileでAndroid One X4を契約 | ソフトバンクから乗り換えで契約する場合

今はソフトバンクで契約をしていて、乗り換えでAndroid One X4を契約したいという方はこちらです。

実は、ドコモやau、そしてソフトバンクからとどのキャリアからY!mobileに乗り換えするかでもかかってくる金額が違うのです。

ドコモとauは先ほど紹介した金額が月額となりますが、ソフトバンクから乗り換えの方は月額割引が新規契約の方と同じ金額なので、全体で月にかかる金額も新規契約の方と同じになります。

したがって、Android One X4の機種代金を24回払いにするとして、割引等が適応される2ヶ月目以降からの12ヶ月の月額金額を計算すると、

機種代金2,808円+スマホプランM4,298円-月額割引1,512円-ワンキュッパ割1,080円=4,514円

となります。

乗り換えの方がすべて同じ金額を示すわけではないので注意が必要です。

2-4 Y!mobileでAndroid One X4を契約 | 機種変更で契約する場合

今現在、Y!mobileでスマホを契約していてAndroid One X4に機種変更をしたい方はこちらです。

現在、使っている端末やプランによっても変わってくるのですが、ここでは元々スマホプランを契約していた方を例に取って解説します。

Android One X4の機種代金やスマホプランMの金額は変わりませんが、割引や適応されるキャンペーンが変わってきます。

機種変更の方への月額割引は-1,512円ですが、この場合ワンキュッパ割は適応されません。

したがって、Android One X4の機種代金を24回払いにするとし、割引等が適応される2ヶ月目以降からの12ヶ月の月額金額を計算すると、

機種代金2,808円+スマホプランM4,298円-月額割引1,512円=5,594円

です。新規契約やのりかえの方と比較すると割高になってきます。

4パターンを表にまとめてみます。

契約形態月額料金
新規契約4,514円
ドコモ・auからの乗り換え3,974円
ソフトバンクからの乗り換え4,514円
Y!mobile内の機種変更(スマホプラン利用時の割引適用)5,594円

上記の4パターンの比較でしたが、もちろん基本とするプランを変更すればさらに料金も変わってきます。

外ではほとんどデータを使うことがないという方でしたら、月に1GB使えるスマホプランSにすると、この料金プランは月3,218円と安くなります。

もっと多くのデータプランという方に向けた月に7GB使えるスマホプランLは料金プランは月6,458円になります。

自身にあったプランに変えればその料金は上下しますので、実際に契約する際は詳しく調べてみましょう。

Y!mobile(ワイモバイル)おすすめ最新スマホランキング【2018春モデル】

次の章では、Android One X4のレビューを紹介します。

3 Android One X4の評判が気になる!レビューを紹介

Android One X4のスペック、そして過去機種との比較、また料金プランについてお話してきましたが、購入するとなると聞いておきたいのが実際に使っている方たちの声ですよね。

そのメリットもデメリットも包み隠さずお伝えするべく様々なAndroid One X4ユーザーたちの声をお届けします。

3-1 Android One X4レビューでのプラスの評価

Android One X4を使っててココが良いな!という声を集めてみました。

  • 縦長液晶がお気に入り
  • 5.5インチですが横幅はさほど広くなく持ちやすいので携帯性が良い
  • オーシャンブルーの色も落ち着いていて◯
  • バッテリーが長持ちする、さすがのシャープ製
  • 手ブレ補正機能がないカメラですが、高画質のため気にならない
  • スマホ自体が軽くて普段使いに充分すぎる

3-2 Android One X4レビューでのマイナスな評価

前項とは逆に、使っていてココはちょっと…という部分についての声を集めてみました。

  • 画面の色がビビット過ぎて個人的には好きではない
  • 液晶の色合い調整やホワイトバランスの調整ができればさらに◯
  • 指紋認証が少しだけ鈍いような気がする

以上、実際にAndroid One X4を使用している方々からの声でした。

スペックだけ見ていても実際の使用感はどうしてもわからないため、とても参考になると思います。

やはりどんな高性能の機種でも良い部分もあれば多少なりとも悪い部分もあるのも確かです。

自分が使っていてそこまで気にならない範囲であれば、これから長く付き合っていく1台として問題ないでしょう。

Android One X4のレビューポイント
  • デザインや携帯性、カメラについては高評価が多い
  • 画面や指紋認証といったタッチに関する部分ではマイナスな評価も

4 Android One X4ならハイスペックスマホをリーズナブルに使い倒せる!

Android One X4について、スペックや注目機能、そして実際の使用料金までシュミレーションをし、使用している方々の声を紹介しました。

Android One X4のおすすめポイント
  • 大画面にも関わらず携帯しやすくスタイリッシュなデザイン
  • 高画質なカメラ機能
  • ハイレゾ対応で音にこだわる人も納得
  • 省エネ技術を搭載したバッテリーで充電切れの心配が少ない

新しいスマホの購入を考えている方は、月々の料金も抑えられるAndroid One X4も検討してみてください。

ハイスペックスマホのAndroid One X4をリーズナブルに使い倒して楽しみましょう。

ソフトバンクおすすめ最新スマホランキング【2018夏モデル】

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ