【調査結果】現Androidユーザーが新型iPhone 12を購入検討している割合

  • 2020年10月15日
  • by.nak

AndroidからiPhone

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回は、どれぐらいのAndroidユーザーがiPhone 12を購入検討しているのかについて、海外のデータを参考にしながらbitWave独自の考察を行いたいと思います。

現在Android端末を利用している方に向けて、iPhone 12選びの参考の一つになれば幸いです。

今回のポイント
  • 10人中3人はiPhone 12を検討
  • アメリカの調査で2,057人が回答
  • 日本でも同様の事が起こりそう

【速報】ついにiPhone 12の発表がありましたね。予約は10月16日(金)16時から
bitWaveでは予約方法を下記で解説しているのでチェックしてみてね。
iPhone12の予約方法を解説|発売日当日に受け取るための手順

iPhone12 mini

画像引用元:iPhone 12 and iPhone 12 mini – Technical Specifications – Apple

Androidユーザーの10人中3人がiPhone 12を検討?

iPhone12 価格

画像引用元:iPhone 12 mini vs iPhone 12 vs iPhone 12 Pro – Apple

アメリカのオンラインマーケットsellcellのアンケート調査で、興味深いデータが出てきました。

調査内容は、iPhone 12の購入を検討しているかどうかというもので、現Androidユーザー2,057人がアンケートに回答しました。

結果としては以下となりました。

AndroidからiPhone 12

画像引用元:Survey: 3 in 10 Android Users Would Consider Upgrading to iPhone 12 – SellCell.com Blog

上記のグラフから読み取れる事は以下です。

アンケート結果から分かる事
  • 66.9%は、Androidのまま
  • 33.1%は、iPhone 12を購入検討中

という結果を踏まえ、これが日本でも同じような結果になるのかという事が気になるポイントではあります。

今回の新型iPhone 12は売れそう

iPhone12サイズまとめ

新型iPhone、iPhone 12はどのくらい売れるのでしょうか?

売れる機種なら自分も買って見ようかな、Androidから乗り換えようかなと思う方も多いはずです。

調査した結果、今回の新型iPhone(iPhone 12)はかなり売れると予想されています。

iPhoneを下取りに出すユーザーが増加中!

アメリカのオンラインマーケットSellCellによると、2020年4月~6月と7月~9月のiPhone下取り数を調査しました。

結果は過去最高のiPhone 6発売前を上回る勢いで下取り数が増加しています。

つまりiPhone 12への乗り換えに備えて、下取り価格が高いうちに旧型iPhoneを売るユーザーが増加していると考えられます。

実際、iPhone 6の時は61%の増加でしたが、今回のiPhone 12は63%の増加率と過去最高です。

多くのユーザーがiPhone 12の発売、購入に備えていることが分かりますね。

日本のiPhoneのシェア率

地球

日本のiPhoneのシェア率については、別の記事でも解説しました。

株式会社ウェブレッジの調査によると、2020年8月はiPhone57%、Android43%のシェア率です。

2019年8月以来、日本ではiPhoneが60%前後のシェア率をキープしています。

実は世界的に見ると日本のiPhoneシェア率はかなり高く、日本人はiPhone好きだということを示しています。

また2020年1月の調査より、iPhoneのシェア率は0.3ポイント上昇しています。

この上昇はiPhone SEが売れたことによるものではないかと推測されます。

シェア率の高さは使いやすさに繋がる?

AndroidからiPhoneに乗り換える際に不安になることが「不慣れな端末で大丈夫か」どうかです。

AndroidとiPhoneは操作感がまったく違うため、このような不安を抱く方も多いのではないでしょうか。

ただiPhoneのシェア率が高いということは、身の回りにiPhoneを使っている方が多いことを示します。

つまり使い方が分からなくても、すぐに尋ねられる環境が整っていると言えます。

操作への不安でiPhoneへの乗り換えをためらうことはないでしょう。

iPhone 12は購入検討しても良さそう

iPhone12 カラバリ

トップ画像引用元:Apple Event — October 13

日本でのiPhoneのシェア率の高さ、アメリカでも1/3のユーザーがiPhoneへの乗り換えを検討しています。

そしてスマホはユーザーが増えれば増えるほど、サービスやアプリが充実する傾向にあります。

iPhone 12が発売され、シェア率が高くなれば、iPhoneのサービスはより充実するでしょう。

Androidに特別な思い入れがなければ、iPhone 12への乗り換えは十分アリと言えます。

今回のポイント
  • 10人中3人はiPhone 12を検討
  • アメリカの調査で2,057人が回答
  • 日本でも同様の事が起こりそう

iPhone 12を購入する時は、各キャリアのオンラインショップがお得です。

事務手数料や頭金が無料など、うれしい特典がついています。

iPhone 12の発売は、iPhoneに乗り換えるチャンスです!

魅力的活シェア率が高いiPhoneへの乗り換えも検討してください。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nak
nak
88世代の神奈川育ち。学生時代に”iPhone3GS”に出会ってからワークスタイルを徐々に確立していく。振り返ればスマホアプリプランナーに始まり、スマホ修理買取事業を経て、現在はbitWave運営。プライベートでは1児のパパ。絶賛育児奮闘中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ