Android 11を徹底解説!対応機種や新機能、iOS 14との違いも

  • 2020年11月16日
  • by.Iris777

Android 11

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2020年9月に、Googleは最新のAndroidとして「Android 11」をリリースしました。

Android 11にはスクリーンレコード(スクリーンショットの動画版)機能をはじめとした数々の新機能が搭載されているので、気になっている人もいるのではないでしょうか?

今回はAndroid 11の特徴や新機能、対応機種を詳しく紹介します。

アップデートを検討している人や、自分のデバイスがアップデートできるか知りたい人はぜひチェックしてみてください!

Android 11の特徴
  • ワンタイムパーミッションに対応
  • スクリーンレコードに標準対応
  • バブル機能を実装
  • 通知の管理機能を強化

トップ画像引用元:Android 11 | Android

Android 11とは

Smart Reply

画像引用元:Android 11 | Android

最初に、Android 11の概要についてみていきましょう。

UIの変更や使い勝手に影響するような多きなアップデートではなく、セキュリティや使い勝手を向上させるためのアップデートが主流です。

Android 11の概要
  • 2020年9月6日にリリースされたAndroidのバージョン
  • セキュリティや使い勝手の向上に役立つアップデートが多い
  • Pixelシリーズを中心にバグがあったが10月の月例アップデートで修正済み

Android 11ではあったら便利な機能が実装されており、アップデートすればより利便性が高まるでしょう。

アップデートできるかどうかはデバイスメーカーに依存しますが、自分のデバイスで利用できるならぜひ利用してみてください。

Android 11の新機能

Android 11

画像引用元:Android 11 | Android

Android 11の新機能をチェックしていきましょう。

あると便利な機能をいくつか搭載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Android 11の新機能
  • ワンタイムパーミッション
    アプリの権限を1回のみ/利用時のみ許可する機能
  • スクリーンレコード
    スマホの画面に表示されている内容を動画で保存する機能
  • バブル機能を実装
    メッセージアプリにスムーズにアクセスするための機能
  • 通知の管理機能を強化
    重要な通知を優先表示する機能

それぞれの新機能を詳しく紹介します。

どのような機能なのか確認し、便利・快適にAndroid 11を使いましょう。

ワンタイムパーミッションに対応

ワンタイムパーミッションとは、サードパーティアプリが何らかの権限を求めた際に、1回のみ許可する機能です。

これまで、アプリへの権限許可は「常に許可」「許可しない」の2パターンでしたが、Android 11からは「1回のみ許可」「アプリの使用中のみ許可」が追加されています。

これによって必要なときのみアクセス権を与えられ、セキュリティ向上に役立つ仕組みです。

頻繁に使わないアプリを起動するときにこの機能を使うといいでしょう。

スクリーンレコードに標準対応

スクリーンレコードとは、ディスプレイに表示されているものを動画で保存する機能です。

初めて利用するときは、以下の手順で操作しましょう。

スクリーンレコードの使い方
  1. 通知バーを2回スワイプしてクイック設定編集モードを起動する
  2. スクリーンレコードをドラッグしてクイック設定内に配置する
  3. 録画したい画面を表示させ、スクリーンレコードアイコンをタップする
  4. 終了するときは通知バーの停止ボタンをタップする

これまで、AndroidデバイスではAZ Screen Recorderなどのサードパーティアプリを使う必要がありましたが、これによって標準機能のみで録画できます。

簡単にスクリーンレコードを利用できるので、アプリの使い方を説明するときやゲームのプレイ動画を撮影するときに役立つでしょう。

バブル機能を実装

バブル機能とは、メッセージアプリにアクセスするアイコンをディスプレイ上に常時表示する機能です。

タップするとどのアプリを利用していてもメッセージ画面がポップアップで表示され、手軽に返信可能です。

メッセージアプリを利用しながら動画鑑賞するなどの使い方も可能なので、うまく活用して便利にスマホを利用しましょう。

通知の管理機能を強化

Android 11では通知の管理機能を強化しました。

通知バーから通知順位を「優先」に設定しておけば、その通知を最上部に表示します。

重要な連絡先を優先設定することで、多数の通知が集中しても見落としにくくなるでしょう。

Android 11の対応機種

Galaxy Z Fold2 5G

画像引用元:Galaxy Z Fold2 5G (ギャラクシーZフォールド2 5G)|Galaxy公式(日本)

手持ちのデバイスがAndroid 11にアップデートできるかは、メーカーのアップデート計画に依存します。

今回は、どのデバイスがアップデート対象なのかをみていきましょう。

シェアが高い以下のデバイスをチェックします。

Android 11にアップデートできる主なデバイス
  • Galaxyシリーズ
  • Xperiaシリーズ
  • Pixelシリーズ

これらのデバイスを利用している人は必見です。

ただし、すべてのデバイスがAndroid 11にアップデートできるわけではないので注意してください。

Galaxy

Galaxyシリーズでは、S10移行のデバイスにおいて3世代のOSアップデートを保証しています。

これに伴ってSamsungが発表したアップデート対象デバイスは以下のとおりです。

Galaxyシリーズのアップデート対象デバイス
  • Galaxy S10以降に発売されたSシリーズ
  • Galaxy Note 10以降に発売されたNoteシリーズ
  • Galaxy Fold/Zシリーズ
  • Galaxy A90以降に発売されたAシリーズ
  • Galaxy Tab S6以降に発売されたタブレットシリーズ

上記のデバイスを持っている人は、いずれAndroid 11へのアップデートが提供されるでしょう。

GalaxyシリーズはGoogleが新バージョンのOSをリリースしてからアップデートが実施されるまでに時間がかかる傾向があるため、しばらく待つといいでしょう。

Xperia

2020年11月9日時点において、SONY公式サイトではAndroid 11にアップデートできるデバイスを発表していません。

しかし、各キャリアがアップデート対象のXperiaシリーズを公開しているので、ここからチェックしてみましょう。

ドコモのデバイスを例にすると以下のとおりです。

Xperiaシリーズのアップデート対象デバイス(ドコモ版)
  • Xperia 1
  • Xperia 5
  • Xperia 1 II
  • Xperia 10 II
  • Xperia 5 II

準備が整ったらOTAアップデートで提供される予定なので、対象デバイスを持っている人は配信されるのを待ちましょう。

いずれSONY公式サイトからもアナウンスがあると予想されるので、併せてチェックしてみてください。

Pixel

Googleが販売しているPixelシリーズは、最新のOSをいち早く使えるデバイスです。

Android 11にアップデートできるPixelデバイスをみていきましょう。

Pixelシリーズのアップデート対象デバイス
  • Pixel 2/2 XL
  • Pixel 3/3 XL/3a/3a XL
  • Pixel 4/4 XL/4a/4a 5G
  • Pixel 5

Android 11にはユーザーに基づいてアプリを提案する機能を搭載しており、これはPixelでのみ利用できます。

このようにPixelでしか使えない機能もあるため、積極的にアップデートするといいでしょう。

Pixel 2以降のデバイスがアップデート対象になっており、順次OTAで提供されます。

OTAアップデート前にAndroid 11を使いたい人は、Googleのページからアップデートファイルをダウンロードして手動でアップデートするのがおすすめです。

その他のアップデート対象デバイス

Android 11にアップデートできるデバイスはこれまでに紹介したものだけではありません。

主要なデバイスでは以下のものも対象なので、ぜひチェックしてみてください。

主要なアップデート対象デバイス
  • AQUOS sense3/R3/sense2/R2など
  • OPPO Find X2/Reno 3/Reno 4(ColorOS 11として提供)
  • arrows Be3/5G/Be4/NX9など
  • LG style2/style3/V60/VELVETなど

比較的新しいデバイスはアップデート対象になっていることが多いでしょう。

おおむね2018年以降に発売されたデバイスが対象です。

Android 11とAndroid 10の違い

Android 10

画像引用元:Android 10 | Android

「Android 11は先代のAndroid 10とどのように違うのか」と気になっている人もいるのではないでしょうか。

ここからは、Android 10の機能との主な違いを詳しくみていきましょう!

Android 11とAndroid 10の違い
  • 利便性をさらに向上させることを重視
  • セキュリティ向上を意識
  • ダークテーマのスケジュール設定が可能に
  • IoTを強く意識している
  • Google Playシステムアップデート(Project Mainline)を強化

利便性をさらに向上させることを重視

これまでのAndroidのメジャーアップデートは、Android 9でUIを大きく変更してAndroid 10で機能面を強化しています。

Android 11では利便性を向上させることを重視しており、そのための機能を実装しました。

スクリーンレコード機能やバブル機能を標準実装するなど、Android 10で足りなかった機能を実装したものといえるでしょう。

利便性を重視し、あると便利な機能を追加しています。

セキュリティ向上を意識

アプリを利用する際に、よくわからない権限を求められて不安になることがあるものです。

Android 11ではAndroid 10までのOSでは実装されていなかったワンタイムパーミッションを実装し、より安心して利用できます。

ほかにも、アプリからの権限要求を2回拒否すると手動で権限を付与するまで要求をブロックする機能も実装済みです。

ダークテーマのスケジュール設定が可能に

Android 10の時点でダークテーマに対応していましたが、時間によって自動で切り替える機能は未実装でした。

Android 11へのアップデートでスケジュール設定ができるようになり、指定した時間帯に限ってダークテーマをONにできます。

夜間はダークテーマを利用し、日中はOFFにしたい人でも手動で切り替える必要はありません。

IoTを強く意識している

Android 11には電源ボタンを押すとスマートデバイスに一括アクセスできる機能を実装しており、IoT家電などをまとめて操作できます。

これまでデバイスごとに専用のアプリをインストールしていた場合でも、この機能を使えばまとめてコントロールできるので利便性が高まるでしょう。

IoTは今後も拡大すると予想されており、コントロールしたいデバイスが増えたときにはより力を発揮するシステムです。

Google Playシステムアップデート(Project Mainline)を強化

Google PlayシステムアップデートはシステムアップデートをGoogle Play経由で行うものです。

この機能はAndroid 10から実装されていましたが、Android 11ではさらに強化されました。

その結果、より多くのセキュリティアップデートやシステムアップデートをGoogle Play経由で提供できるようになっています。

Android 11とiOS 14の違い

iOS 14

画像引用元:iOS 14 – Apple Developer

Android 11とiOS 14の違いについてもみていきましょう。

いずれも2020年にリリースされたOSなので、どのような違いがあるのか気になっている人もいるのではないでしょうか?

特に、iOS 14はiOS 13から大幅に進化したので要チェックです。

iOS 14のリリースで使用感・UIなどがAndroid 11に近づいた

iOS 14ではUI面での大幅なアップデートが実施され、次のような機能が実装されました。

iOS 14の新機能
  • ランチャー画面へのウィジェット配置に対応
  • Appライブラリを実装
  • App Clipsを実装
  • スマートデバイスにアクセスできるHome Kitの機能をブラッシュアップ

大幅なアップデートで機能が向上し、使い勝手が良くなったといえるでしょう。

Android 11と同様にスマートデバイスにアクセスでき、HomeKit対応デバイスのコントロールを簡単に行えます。

オートメーション機能を利用すれば自動制御もできるので、利便性が高いでしょう。

細かいポイントでは違いも多い

使用感が近づいたとはいえ、開発元が違うので細かい違いは数多く存在しています。

実際に利用すると気になる相違点は以下のとおりです。

Android 11とiOS 14の相違点
  • iOS 14はアプリの整列に制限がある(ランチャー画面)
  • iOS 14はデフォルトアプリの変更機能は未実装(ブラウザとメールのみ対応済)

iOS 14では、使いやすいアプリを下から配列して上部を開けておくなどのアプリ整列は不可能です。

すべて埋まっている場合は自由に並び替えできますが、左上から順番にしか配置できないので注意してください。

左側に一列に並べたいと思っても無理なので、使いにくいと感じることもあります。

また、ギャラリーやミュージックなどのデフォルトアプリの変更にも対応していません。

ブラウザとメールのみ変更可能ですが、その他のデフォルトアプリを変更できないのでこちらも要注意です。

Android 11は利便性がさらに向上でおすすめ

今回は、Android 11の特徴やAndroid 10からアップデートされたポイントなどを解説しました。

Android 11の特徴を簡単にまとめると以下のとおりです。

Android 11まとめ
  • ワンタイムパーミッションに対応
  • スクリーンレコードに標準対応
  • バブル機能を実装
  • 通知の管理機能を強化

大幅なUI変更ではなく、利便性の向上を重視したアップデートです。

Android 10で「もうちょっとここが変わったら便利なのに」と思うものを実装したOSといえるでしょう。

リリース直後は不具合が多かったもの、10月のアップデートで解消されているので、所持しているデバイスがアップデートできるなら使うのがおすすめです。

より便利にスマホを使いたいと考えている人は、ぜひAndroid 11を利用してみてください!

Androidのソフトウェア更新って必要?アップデートする方法と注意点

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ