Android 12最新情報まとめ|新機能・変更点・リリース時期はいつ?

  • 2021年6月19日
  • by.nuko

Android 12モックアップ

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

2021年5月18日〜20日に開催された「Google I/O」でAndroid 12が公開され、気になる新機能が続々と判明しています。

そこでこの記事では、Android 12の新機能や変更点、いつリリースされるのかについて解説します。

現在パブリックベータ2なので正式リリースはまだ先ですが、Androidユーザーの方はぜひチェックしてください!

なお、今回解説する新機能・変更点はプレビュー版やパブリックベータ版で確認されたものです。

正式リリース時に非搭載になる可能性や、端末によって利用できない可能性があることは、あらかじめご了承ください。

トップ画像引用元: Android Developers Japan Blog: Android 12 Beta の新機能

Android 12のリリース時期はいつ?

Android 12リリースまでのスケジュール

画像引用元:Android 12 デベロッパー プレビュー | Android Developers

Android 12は2021年2月からプレビュー版が公開され、5月に開催された「Google I/O」での公開に合わせてパブリックベータ版の配信が開始されました。

リリースまでのスケジュールを見ると6〜7月中にベータ3が配信され、8月にベータ4が配信される予定です。

その後にリリース候補の最終ベータが配信され、問題なければ正式リリースとなります。

最終候補と正式リリースの日程に関してはGoogle公式にも明示されていません。

しかし、ベータ版の配信ペースが予定通り進んでいることから、9月〜10月には正式リリースされると思っていいでしょう。

なお、Android 11は2020年9月9日にリリースされています。

大きなバグがなければ、2021年秋冬モデルからはAndroid 12がプリインストールされて発売されそうですね。

Android 12の対応スマホは?

Google Pixel 4a

画像引用元:Google Pixel 4a – Google ストア

Android 12のパブリックベータ版では、Google製の「Google Pixel 3」以降に対応しています。

Google Pixel 3は2018年11月モデルのため、他メーカーのスマホでも同時期以降に発売されたスマホなら対応機種と考えていいでしょう。

なお、2021年6月15日時点では、以下の端末がAndroid 12パブリックベータに対応しています。
(国内購入が容易なモデルのみ抜粋)

パブリックベータ版の対応モデル
  • AQUOS sense5G
  • Zenfone 8
  • OPPO Find X3 Pro
  • Xiaomi Mi 11シリーズ
  • Axon 30 Ultra 5G

Androidアプリ開発の開発をしている方は、上記のスマホを用意すればAndroid 12環境でもテストできます。

逆に現時点ではバグや利用不可のアプリが多いため、一般ユーザーはダウンロードするべきではありません。

上記の端末を利用している一般ユーザーの方は、Android 12が使えることが確定的なので、正式リリースを楽しみに待ちましょう!

Android 12の新機能・変更点

続いてAndroid 12の新機能や主な変更点をチェックしていきましょう。

Androdi 12 パブリックベータ2までの情報をまとめると、以下の新機能・変更点があります。

主な新機能や変更点
  • 「Material You」で大幅なデザイン変更
  • システムの消費電力が大幅に軽減
  • プライベートダッシュボードでアプリの動きがわかるようになる
  • マイク・カメラが使用されるとすぐわかるようになる
  • 通知デザインがよりわかりやすくなる
  • ニアバイシェアでWi-Fiパスワードも共有できる
  • 片手モードが追加される
  • ピクチャ・イン・ピクチャの操作性アップ
  • ウィジェットが使いやすくなる
  • 背面タップで指定動作ができる「クイックタップ」が追加

それぞれの機能をもう少し詳しくみていきましょう。

「Material You」で大幅なデザイン変更

Android 12のウィジェット

画像引用元: Android Developers Japan Blog: Android 12 Beta の新機能

Android 12の最大の変更点は、「Material You」という新たなデザインが採用されたことでしょう。

Material Youでは、主に次の3点が従来のAndroidとは異なります。

Material Youの新機能
  • 壁紙に合わせてUIの色が変わる
  • クイック設定のパネル色も壁紙に合わせて変わる
  • エフェクトがスタイリッシュになる

Material Youでは、壁紙に設定した画像のメインカラー・サブカラーを自動的に検出し、スマホの中の色合いが統一されます。

クリエイター肌の方にとっては、従来より違和感なく利用できる嬉しいアップデートになりますね!

また、Material Youでは、スマホ操作の各種エフェクトも大幅に変更され、よりスタイリッシュになっています。

デザイン面は気にしない方もいますが、全体的に体感する使い勝手が向上するアップデートだと思えばいいでしょう。

システムの消費電力が大幅に軽減

電池効率が向上

Android 12では、OS自体が消費する電力を大幅に軽減しています。

電力効率が良くなったポイント
  • コアシステムサービス:CPU使用時間を最大22%短縮
  • システムサーバー:ビックコア仕様を最大15%削減

専門用語が出るとさっぱりわからないという方もいるでしょうが、ざっくり言ってしまえばAndroid自体が消費する電力が2割前後節約できるということです。

ゲームや動画をたっぷり利用する方は体感しにくい変化ですが、WebやSNS中心なら電池持ちが大幅に良くなるでしょう。

自宅でしか充電できない方も、Android 12ならモバイルバッテリーが不要になるかもしれませんね!

プライベートダッシュボードでアプリの動きがわかるようになる

Android 12 プライバシーダッシュボード

画像引用元: Android Developers Blog: What’s new in Android Privacy

Android 12から新たに「プライベートダッシュボード」が追加され、アプリ毎のマイクやカメラ、位置情報などのアクセス状況がわかるようになります。

また、不審な挙動をするアプリには手動で各種機能へのアクセス権限剥奪もできるので、不正アプリに個人情報が抜かれるリスクを回避できます。

次のマイク・カメラ使用の通知と合わせて、セキュリティ面の大幅強化でより安心してスマホが使えるようになりますね!

マイク・カメラが使用されるとすぐわかるようになる

Android 12のマイクとカメラ利用時の表示

画像引用元: Android Developers Blog: What’s new in Android Privacy

Android 12では、システムや各種アプリがマイクやカメラを使用すると、通知バーに緑色のアイコンで表示してくれます。

また、アイコンをタップすることで、手動でマイクやカメラの使用を止めることができます。

つまり、悪意のあるアプリが勝手に音声や写真を収集するのを防げる機能ということですね。

いつも使っているアプリだけでなく、色々なアプリを試したい方にとっては嬉しいアップデートではないでしょうか。

通知デザインがよりわかりやすくなる

Androidの通知

画像引用元:通知の概要 | Android デベロッパー | Android Developers

Android 12では、通知が従来より大きく表示されます。

加えて、SNSやメッセージなどのプロフィールアイコンが大きく表示され、誰からの連絡なのかがパッと見ただけでわかるようになります。

地味な変更点に感じますが、スマホが鳴った時にチラッと見ることが多い人には使い勝手が大幅に向上する変更となるでしょう。

片手モードが追加される

Android 12では、iPhoneのような画面が下にスライドする片手モードが追加されます。

今までも画面を縮小してコーナー寄せする片手モードが搭載されていましたが、画面を縮小すると見づらくなる難点がありました。

新しい片手モードなら表示倍率は変わらないので、単純に画面上部まで指が届きやすくなるだけです。

最近は大型モデルが主流なので、片手で使えるシーンが増えるのは使い勝手の向上につながるでしょう。

ピクチャ・イン・ピクチャの操作性アップ

Android 12では、動画を小窓で表示する「ピクチャ・イン・ピクチャ」の操作方法が変わり、今より使いやすくなります。

ピクチャ・イン・ピクチャの新操作
  • 小窓をタップ:動画のコントローラーを表示
  • 小窓をダブルタップ:小窓サイズの最大化・最小化切り替え
  • 小窓をピンチイン:小窓サイズを縮小
  • 小窓をピンチアウト:小窓サイズを拡大
  • 小窓を画面端にドラッグ:小窓を一時的に隠す

今まではタップして拡大、ダブルタップで動画アプリに戻る操作しかなく、直感的な操作性ではありませんでした。

動画をよく利用する方は、Android 12になれば今より快適な動画視聴環境になると言えるでしょう。

ウィジェットがより使いやすくなる

Android 12からは、ウィジェット追加画面で検索できるようになり、さらにアプリごとにまとめて表示されるようになります。

Android 11までは、ウィジェットを追加する画面を開くと全てのウィジェットが一覧表示されていました。

そのため、さまざまなアプリをインストールしていると、使いたいウィジェットを探すのも一苦労です。

地味な変更ですが、ホーム画面のカスタマイズがしやすくなるのは機種変更時に大きなメリットになるでしょう。

背面タップで指定動作ができる「クイックタップ」が追加

Android 12から、スマホの背面をダブルタップすることで指定した動作を起動する「クイックタップ」が追加されます。

クイックタップで指定できる動作
  • スクリーンショットを撮る
  • Googleアシスタントを呼び出す
  • メディアの再生・一時停止
  • 通知の表示
  • 指定したアプリを開く
  • 直近で使用したアプリを表示する

iPhoneではすでに同様の機能が実装されていて、慣れるとかなり使い勝手がいい機能です。

ただ、この機能はハードウェア側の対応も必要で、パブリックベータ版でもGoogle Pixel5など一部の端末でしか利用できません。

正式リリース後に発売されるスマホは対応機種が増えるでしょうが、今利用しているスマホでは使えないかもしれません。

Android 12は使い勝手とセキュリティが大幅アップ!

Andoroid 12のロゴ

画像引用元: Android Developers Japan Blog: Android 12 Beta の新機能

今回はAndroid 12の新機能や変更点、リリース時期について解説しました。

Android 12の最新情報まとめ
  • ベータ版の試験運用はスケジュール通り進んでいる
  • 正式リリースは2021年秋(9〜10月頃)の見込み
  • 「Material You」で大幅なデザイン変更
  • システムの消費電力が大幅に軽減
  • プライベートダッシュボードでアプリの動きがわかるようになる
  • マイク・カメラが使用されるとすぐわかるようになる
  • 通知デザインがよりわかりやすくなる
  • ニアバイシェアでWi-Fiパスワードも共有できる
  • 片手モードが追加される
  • ピクチャ・イン・ピクチャの操作性アップ
  • ウィジェットが使いやすくなる
  • 背面タップで指定動作ができる「クイックタップ」が追加

Android 12では、多くの新機能・変更点があります。

特にセキュリティ面の強化とバッテリーの向上で、お使いのAndroidスマホが対応機種ならアップデートしたほうがいいでしょう。

まだリリースは先ですが、アップデートできるようになったらぜひAndroid12を試してみてください!

Android 11を徹底解説!対応機種や新機能、iOS 14との違いも

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!