Android Beam!使い方とAirDropとの違い|iPhoneにもデータ送れる?

Android Beam!使い方とAirDropとの違い|iPhoneにもデータ送れる?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Androidスマホ同士でデータ転送したいというときには「Android Beam」機能を使うことで簡単でデータ転送をすることができます。

iOSを使ったiPhoneやiPadにも同様に写真などのデータ転送を行うAirDropという機能がありますがAndroid Beamとの違い互換性が気になるところです。

ここでは、Android Beamの使い方や、Android Beamではどのようにデータ転送が行われるのかを紹介します。

また、iPhoneやiPadのAirDropがどのような機能であるのかを紹介しつつ、Android BeamでiPhoneにデータを送れるのかをお伝えしていきます。

Androidスマホで写真などを身近な方に送信する方法をお探しの方や、Android BeamとAirDropの違いが気になっているという方は是非参考にしてください。

1 Android Beamの使い方

スマホを操作する男性

Androidスマホで撮影した写真や動画などを他のユーザーのAndroidスマホでデータ転送したいときに使用するAndroid Beamの使い方は以下の2つの方法があります。

Android Beamのデータ転送方法1の詳細な説明

Android beam

画像引用元:Android Beamでデータを送受信する

まずは、「設定」の「無線とネットワーク」を開き「NFC」のスイッチをスライドさせオンにします。

写真を転送することを例にすると、ギャラリーを開いて転送したい写真を開き、共有メニューボタンをタップし「Androidビーム」を選択します。

送信側のスマホと受信側のスマホの背面のNFCマークを近づけるとデータの送信が開始されます。

データ転送方法1

  • NFCをオンにする
  • 転送したいデータを開く
  • 共有をタップ
  • Android Beamアイコンをタップ
  • 送信側と受信側のスマホのNFCを近づける

Android Beamのデータ転送方法2の詳細な説明

まずは、「設定」の「無線とネットワーク」を開き「NFC」のスイッチをスライドさせオンにします。

写真を転送することを例にすると、ギャラリーを開いて転送したい写真を開きます。

ここまでは、データ転送方法1と同様ですがこのタイミングで送信側のスマホと受信側のスマホのNFCマークを近づけます

そうすると、送信側の画面に「タップしてビーム」のメッセージが表示されるので画面をタップすることでデータ転送が開始されます。

先にデータ転送したいファイルを選択してから共有メニューでデータ転送する方法1と、先にNFCで送受信するスマホ同士を認識させてデータ送信をする方法2があります。

方法2で紹介した方法であればメニューを選択する項目が少なく済むため、より簡単にデータを送信することが可能になります。

データ転送方法2

  • NFCをオンにする
  • 転送したいデータを開く
  • 送信側と受信側のスマホのNFCを近づける

2 Android Beamで転送可能なデータ

データのイメージ
先ほどの項目では、写真のデータを転送することを想定してAndroid Beamの使い方を紹介してきましたが、Android Beamでは他にも以下のようなデータも転送することが可能です。

転送可能なデータの種類

  • 写真
  • 動画
  • ウェブサイト
  • 地図
  • 連絡先

相手の連絡先が分かっていればメールなどに添付してデータを送信することは可能ですが、旅先で出会った方の写真を撮ってその場で渡したいというような場面もあるでしょう。

会話の中で出たきた内容をちょっと連携したいという時でもいちいちメールで転送するというのも手間がかかってしまいます。

Android Beamの機能を使えば、お互いに見ているスマホのデータをその場で転送することができるのでとても便利です。

日本国内ではiPhoneの利用者がとても多い傾向にあり、身近なところでも「iPhoneを使って」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、気になるのがiPhoneへのデータ転送ができるのかということになります。

次のページではAndroid BeamでiPhoneにもデータ転送ができるのか、について触れていきます。

AirDrop(エアードロップ)の使い方|iPhone/iPad/Macの設定方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
pnatsu
pnatsu
pnatsuと申します。 iPhone好きで、便利機能やアプリの情報を集めることが好きです。 趣味や経験を活かして、スマホ関連全般の記事を主に作成しています。 みなさんの快適なスマホライフのお役に立てる情報をお届けすることが最大のミッションです。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ