スマホ決済アプリとクレジットカードの相性から見る最強の組み合わせとは?

スマホ決済アプリとクレジットカードの相性から見る最強の組み合わせとは?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今話題のアプリによるスマホ決済は、クレジットカード払いが主流です。

カードによってはダブルでポイントが貯まったり、ポイントが倍増したりするので、所持しているカードから相性の良いアプリを選択するのもよいでしょう。

この記事では、スマホ決済アプリとクレジットカードのお得なタッグを紹介します。

※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

画像引用元:Origami Pay公式サイト

1 まずはスマホ決済アプリ単体の特典をチェック!

画像引用元:楽天ペイ公式サイト

まずは、現在メジャーな5つのスマホ決済について解説します。

楽天ペイ・LINE Pay・d払い・PayPay・Origami Payは、多くのコンビニや飲食店、アパレル、家電量販店に対応しているスマホ決済アプリです。

これらアプリでは昨年から競うように様々なキャンペーンを実施しており、テレビやネットニュースなどでも頻繁に取り上げられています。

スマホ決済特徴
楽天ペイ利用者数・認知度ナンバーワン
LINE PayLINEの友だち同士で割り勘や送金が可能
d払いドコモのスマホ料金と合算できる
PayPay100億円キャンペーンで20%還元
Origami Pay支払金額の割引キャンペーンやクーポンあり

1-1 使い勝手が決まる!ポストペイ方式 or プリペイド方式

スマホ決済アプリは現金の代わりに電子マネーを利用します。

決済に使うお金は、後々クレジットカードや銀行口座から引き落とす「ポストペイ方式」か、事前チャージ制の「プリペイド方式」で充填する仕組みです。

5つのサービスの内、ポストペイ方式を採用しているのはLINE Payを除く4種。

しかし、LINE Payも今年中に残高のチャージを必要としないクレジットカードを導入する予定となっており、利用者側のメリットにも注目が集まっています。

スマホ決済支払方法
楽天ペイポストペイ方式(クレジットカード)
LINE Payプリペイド方式(店頭レジや銀行口座からのチャージ)
d払いポストペイ方式(クレジットカード)
PayPayポストペイ方式(クレジットカードやYahoo!マネー)
Origami Payポストペイ方式(クレジットカードや銀行口座)

1-2 基本還元率を比較してみた

今回ピックアップした5つのスマホ決済サービスには、それぞれポイント還元率が設定されています。キャンペーンで倍増する期間もありますが、基本還元率は以下のとおりです。

スマホ決済基本還元率
楽天ペイ0.5%(200円で1ポイント)
LINE Pay0.5/0.8/1/2%
d払い0.5%(200円で1ポイント)
PayPay0.5%
Origami Payなし

こうして見ると、買い物利用で戻ってくるポイント量は、一律ではないことが分かります。

最大還元率が高いLINE Pay

現状、最も高い還元率はLINE Payの0.5~2%です。ただし、最大還元率である2%を受けるためには、

  • 月に100,000円以上利用すること
  • マイカラー(LINE Pay利用度に応じた4段階システム)が、最高クラスの「グリーン」であること

という2つの条件を両方とも満たしている必要があります。

一方で、LINE Payの月間利用金額が0円~9,999円の場合、ランクは一番低い「ホワイト」になり、基本還元率は楽天ペイやPayPayと同じ0.5%に。

まずは普段の出費額を確認し、還元率がどのくらいになりそうか検討してみた方が良いでしょう。

ポイント還元されないOrigami Payは損なのか?

Origami Payはポイント還元率ゼロですが、その代わりに、会計時にその場で割引してもらえるキャンペーンやクーポンが存在します。

例えば、ケンタッキー・フライドチキンで500円以上購入すると支払いを半額にできたり、ローソンのコーヒーやLチキが無料でもらえたりと、なかなかお得です。

基本還元率はどれだけ得をするかの大きなバロメーターとなりますが、実はそのほかにもお得な特典があるかもしれません。

還元率だけではなく、各サービスの特典もよく確認しておきましょう。

2 スマホ決済アプリ×クレジットカード おすすめの組み合わせ5選!

それでは、スマホ決済アプリとクレジットカードのおすすめの組み合わせを紹介します。

2-1 楽天ペイ × 楽天カード

画像引用元:楽天カード:お得なクレジットカード ポイントがザクザク!年会費無料

まずは、楽天ペイと楽天カードの組み合わせです。

名前のとおり、どちらも同じ楽天株式会社が舵を取っているため、サービスの連携度が非常に高くなっています。

通常は楽天ペイを使うと200円ごとに1ポイント貯まるのですが、楽天カードならさらに100円ごとに1ポイント付与。

結果として、200円ごとに3ポイント貯まる計算になります。

組み合わせポイント還元率
楽天ペイ0.5%(200円につき1ポイント)
楽天ペイ+楽天カード1.5%(200円につき3ポイント)

しかも、これは通常キャンペーン扱いなので、中止や変更がない限り1年中この還元率に。ポイントは2~3日後に付与されるので、どんどんポイントを使ってお買い物できます。

▽【年会費無料】楽天カード新規入会キャンペーン実施中!楽天モバイル同時申込でさらにお得です。

2-2 LINE Pay × Visaブランド新カード

LINE Pay

画像引用元:LINE Pay公式サイト

続いては、LINE Payの最新情報です。

LINE Payはこれまでプリペイド方式を採用していましたが、今年1月にVisaブランドと連携した提携クレジットカードを導入すると発表し、各界に衝撃が走りました。

初年度は3%のLINEポイント還元を予定しているそうで、今後、LINE Payはこのカード一択となりそうな予感がしています。

最大で基本還元率2%+LINE Pay Visaクレジットカード(仮称)初年度の3%で、5%になる可能性も!

そのほかにも、カード利用に応じた様々な優待特典を企画しているとのことです。続報に期待しましょう。

項目概要
名称LINE Pay Visaクレジットカード(仮称)
決済ブランドVisa
加盟店数国内外約5,390万以上 (取引先金融機関等からの報告による)
発行審査あり
ポイント還元率3%(初年度予定)

次のページでも引き続き、スマホ決済アプリとクレジットカードのお得な組み合わせを紹介していきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ユキチ
ユキチ
モバイル市場でITサービスに携わって以降、気になるポイントを紹介しています。この時代にSNSや利便性をかなぐり捨てセキュリティー&プライバシー保護へ走る鎖国型人間。未だ相棒のiPhone6はカメラ兼ゲーム機として愛用中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ