Appleが2022年4月~6月の5Gスマホ出荷台数でトップシェアを獲得

  • 2022年8月11日
  • by.nuko

iPhone13 Pro グリップ

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

アメリカの市場調査会社「STRATEGY ANALYTICS」は、2022年8月1日に、2022年第2四半期の5Gスマホ出荷台数についての調査結果を公表しました。

この調査によると、4月〜6月の世界的な5Gスマホの出荷台数で、Appleがトップシェアを獲得しています。

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

Appleが約30%と圧倒的シェア

2022年4月〜6月の5Gスマホ出荷台数は、Appleが29.3%、SAMSUNGが19.2%、Xiaomiが15.8%でした。

2022年第2四半期の出荷台数シェア

画像引用元:Apple, Samsung, Xiaomi Lead in 5G in Q2 2022

特にAppleの29.3%が圧倒的です。

Appleは以前から5Gスマホの出荷台数で30%前後のシェアを独占しており、日本だけでなく世界的にも最も売れていることが見てとれます。

ちなみに日本国内においては、MMD研究所の発表によると2022年4月時点でiPhoneのシェアが44.1%と、依然としてApple一強状態です。

ソース:STRATEGY ANALYTICS

約2/3を3社が独占

5Gスマホの世界的な出荷台数を見ると、全体の約2/3をApple・SAMSUNG・Xiaomiの3社が独占しています。

2021年第2四半期と比較すると、Appleが約3%増、SAMSUNGが約5%増、Xiaomiが約0.2%減となっています。

Xiaomiをはじめ、中国メーカーは中国各地のロックダウンの影響もあり、全体的にシェアを落としつつあります。

また、2022年9月にはiPhone14の発売が予測されているため、2022年第3四半期はAppleのシェアがさらに増加するかもしれません。

ソース:STRATEGY ANALYTICS

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!