Appleイベントが現地時間10月18日に開催|発表された新商品は?

  • 2021年10月19日
  • by.kou

アップルイベント

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

現地時間10月18日(日本時間:10月19日午前2時)に、Appleが新商品発表会である「Appleイベント」を開催しました。

9月のイベントから約1ヶ月ぶりの開催です。(年内にもう1回あるという噂も)

今回の発表会では「音楽」と「Mac」という2つのキーワードが冒頭で提示され、新製品や新しいApple Musicのサービスが発表されました。

この記事では、イベントで発表された「新型HomePod mini」「第3世代AirPods」「新型MacBook Pro」3つの新商品について解説します。

Appleイベント新商品まとめ
  • 新色HomePod mini
    「イエロー」「オレンジ」「ブルー」が追加
  • 第3世代AirPods
    ステム部分が短くなり、音質もアップし空間オーディオや耐汗耐水性能も
  • 新型Macbook Pro
    14・16インチの2種類、プロ向けチップ「M1 Pro」「M1 Max」を搭載

トップ画像引用元:Appleのイベント – Apple(日本)

Appleイベントで発表された新商品

現地時間10月18日に開催されるイベントで発表された新商品は、下記のとおりです。

Appleイベント発表新商品
  • 新色HomePod mini
  • 第3世代AirPods
  • 新型Macbook Pro

それぞれの商品について詳しくみていきましょう。

新色HomePod mini

HomePod mini 新色

画像引用元:HomePod mini – Apple(日本)

発表会で最初に登場したのがHomePod miniの新色です。

イエロー、オレンジ、ブルーの3色が追加されました。

今まではホワイトとブラックの2色でしたが、新色追加で一気にカラフルになりました。

自宅の雰囲気に合わせてHomePod miniのカラーを変えるのも面白いでしょう。

価格は11,880円据え置きで、発売は11月です。

第3世代AirPods

AirPods(第3世代)

画像引用元:AirPods(第3世代) – Apple(日本)

第3世代AirPodsのポイント
  • 空間オーディオに対応
  • 耐汗耐水性能
  • MagSafe充電ケース
  • 2021年10月26日(火)発売
  • 価格は23,800円

第3世代AirPodsが遂に登場です。

デザインはAirPods Proに似ており、ステム部分も前モデルよりかなり短くなりました。

第2世代が40.5mm、第3世代は30.79mmと約1㎝短くなりAirPods Proとほぼ同じサイズに。

もう「うどん」とは呼ばせません。

ケースのサイズもAirPods Proと同様の形になりました。(第3世代の方が軽くて小さい)

チップは従来のH1のままです。

第3世代AirPodsのスペック

項目AirPods(第3世代)
チップH1
重量(イヤフォン)4.28 g
重量(ケース)37.91 g
サイズ(イヤフォン)19.21 × 18.26 × 30.79 mm
サイズ(ケース)46.40 × 21.38 × 54.40 mm
連続再生時間(ケース)最大30時間の再生
最大20時間の連続通話
連続再生時間(イヤフォン)最大6時間の再生(空間オーディオ最大5時間)
最大4時間の連続通話
ケースで5分充電最大1時間の再生
最大1時間の連続通話
充電方法ワイヤレス充電
MagSafe充電
Lightning
システム条件iOSの最新バージョン
価格23,800円
購入Apple Store

空間オーディオに対応

第3世代AirPodsは空間オーディオにも対応しました。

耳の形に合わせて音楽を自動的に調節するアダプティブイコライゼーションを搭載しています。

左右のイヤーバッドに内蔵したマイクを特別なアコースティックメッシュで覆い、通話中に風の音を最小限してくれます。

耐汗耐水性能

第3世代AirPodsは、IPX4等級の耐汗耐水性能が備わっています。

運動をしながら使う機会も多いため、防水性能は嬉しいところ。

MagSafe充電ケース

第3世代AirPodsのケースはMagSafeに対応しています。

MagSafe充電器の上に置くだけでワイヤレス充電できます。

フル充電したケースを使用した場合の合計再生時間は、最大30時間。

AirPodsをケースに入れて5分間充電するだけで、約1時間再生することもできます。

1回の充電で最大6時間の再生時間が可能で、第2世代より1時間電池持ちがアップしています。

ケースもIPX4等級の耐汗耐水性能が備わっています。

価格は23,800円で2021年10月26日(火)発売

AirPodsの価格は23,800円で、2021年10月26日(火)に発売されます。

AirPods Proの価格が30,580円ですから、安いワイヤレスイヤホンが欲しい場合は第3世代AirPodsをチョイスするとよいでしょう。

ただしノイズキャンセリング機能は搭載していない点は注意しましょう。

新型Macbook Pro

16インチMacBook Pro

画像引用元:16インチMacBook Pro – Apple(日本)

新型MacBook Proのポイント
  • 最新チップ「M1 Pro」「M1 Max」搭載
  • メモリ最大64GB
  • Liquid Retina XDRディスプレイ初搭載
  • リフレッシュレート120Hz対応
  • よりベゼルレスになったがノッチ登場
  • Touch Barががなくなり、フルハイトのファンクションキー列に
  • カメラや音質も向上
  • 電池持ちは変わらず?
  • より薄く、軽く…なっていない
  • 2021年10月26日(火)発売
  • 価格は239,800円〜

新型Macbook Proが発表されました。

ディスプレイサイズは14インチと16インチの2つ。

「史上最強のMacBook Pro、誕生」のキャッチコピー通りのモンスターマシーンです。

最新チップ「M1 Pro」「M1 Max」搭載

新型MacBook Promには最新チップ「M1 Pro」「M1 Max」が搭載されています。

すごく簡単に説明すると、M1より優れたチップがM1 Pro、それよりも優れているチップがM1 Maxでどちらかを選択できます。

先行で試したアプリケーション開発者たちは

「まるでレーシングカーのようなスピードだ」
「スーパー・スーパー・スーパー・ファースト」

と絶賛していました。

M1 ProとM1 Maxは、プロユーザーのために設計されたAppleシリコンです。

M1 Proは2台の外部ディスプレイ、M1 Maxは4台の外部ディスプレイに接続可能の最上位チップ。

どちらもメモリは最大64GBまで積むことができ、14インチでも16インチでも選択可能です。

ストレージは最大8TB SSDまで選べます。

Liquid Retina XDRディスプレイ初搭載

MacBook Proとして初めてLiquid Retina XDRディスプレイを搭載しました。

Liquid Retina XDRはiPad Pro 12.9インチ(第5世代)に搭載され話題になりましたよね。

Liquid Retina XDRディスプレイはミニLEDと呼ばれるもので、従来の液晶より高いコントラストと輝度を実現します。

リフレッシュレートもProMotionテクノロジーで最大120Hzになり、より滑らかな表示が可能になりました。

解像度は14インチが3,024 x 1,964ピクセル、16インチが3,456 x 2,234ピクセルと高解像です。

ディスプレイはよりベゼルレスになりましたが、ノッチが出現しており波紋を呼びそうです。

Touch Barががなくなり、フルハイトのファンクションキー列に

キーボードはTouch Barががなくなり、Touch ID搭載Magic Keyboardに変更になりました。

フルハイトのファンクションキー列になり、Spotlight、Siri、音声入力、おやすみモードなど新しいキーボードショートカットが追加されています。

3つのThunderbolt 4(USB-C)ポート、SDXCカードスロット、HDMIポート多くのポートが追加され、MagSafe充電コネクタを採用しました。

カメラや音質も向上

1080p FaceTime HDカメラを搭載しています。

一段と明るい絞り値で多くの光を取り込めるレンズ、一段と大きな画像センサーも搭載しているので暗い場所での性能が2倍アップしました。

6つスピーカーサウンドシステムを採用し、最大80%広くなった低音域のサウンドを実現しています。

3つのスタジオ品質のマイクを搭載し、声をクリアにはっきり届けます。

電池持ちは変わらず?

14インチモデルでは最大17時間、16インチモデルでは最大21時間使えます。

従来の13インチモデルでは最大20時間だったため、14インチモデルでは地味に電池持ちが悪くなっています。

ですがIntel時代のものよりは格段に持ちます。

より薄く、軽く…なっていない

発表会では薄さと軽さを強調していましたが、今までのモデルとそこまで変わりません。

14インチモデルは厚さ1.55cmで重さ1.6kg、16インチモデルは厚さ1.68cmで重さは2.1kgと今までより多少重いくらいです。

シルバーとスペースグレイの2色展開です。

価格は239,800円〜で10月26日発売

価格は14インチが239,800円〜、16インチが299,800円〜で10月26日(火)発売です。

高い!という方はM1搭載の13インチモデル(148,280円〜)を選ぶとよいでしょう。

注目は第3世代AirPodsと新型MacBook Pro!

M1 ProとM1 Max

画像引用元:16インチMacBook Pro – Apple(日本)

現地時間10月18日に開催されたAppleイベントの新商品について解説しました。

1時間のコンパクトな発表会でしたが、新型HomePod mini、第3世代AirPods、新型MacBook Proが発表され充実の内容だったのではないでしょうか。

やはり注目は第3世代AirPods、新型MacBook Proでしょう。

第3世代AirPodsはノイズキャンセルが苦手な方にはぴったりのワイヤレスイヤホンですし、新型MacBook ProはM1チップでは物足りないプロユーザーには待ちに待ったデバイスです。

Appleイベント新商品まとめ
  • 新色HomePod mini
    「イエロー」「オレンジ」「ブルー」が追加
  • 第3世代AirPods
    ステム部分が短くなり、音質もアップし空間オーディオや耐汗耐水性能も
  • 新型Macbook Pro
    14・16インチの2種類、プロ向けチップ「M1 Pro」「M1 Max」を搭載

どの製品も期待以上の進化を遂げており、年末にかけて大ヒットしそうです。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
脚本・演出家。時にライター・WEBディレクター。アベンジャーズよりもX-MENが好き。X-MENで欲しい能力はミスティークのそれ。用途はもちろんあれ。ジョジョで欲しい能力はパールジャムで理由は肩こりが激しく胃腸が弱いから。