Apple、iPhone12シリーズの音の問題に対する修理プログラムを1年延長

  • 2022年8月25日
  • by.Fenway2

iPhone12

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Appleは、「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」における「音の問題に対する修理サービスプログラム」の適用期間を当初の2年間から、3年間に延長しました。

トップ画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

修理サービスプログラムの適用期間を3年に延長

iPhone修理

画像引用元:Apple の修理と修理状況の確認 – Apple サポート 公式サイト

Appleは2021年8月から、「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」で起こる音の問題に対する修理サービスプログラムを提供しています。

このサービスは、レシーバーモジュールを構成する部品の故障により、電話の使用時に本体上部のレシーバー部分から音が出ない場合に、無償修理を行うものです。

修理サービスプログラム適用期間は、当初2年間とされていましたが「小売販売日から3年間」と1年間の延長が発表されました。

音の問題が確認されている「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」は、2020年10月から2021年4月までに製造されたモデルです。

本サービスの対象モデルであった場合、AppleまたはApple正規サービスプロバイダにて無償で修理サービスを受けられます。

ただし、修理サービスプログラムを受けられるのは、製品を最初に購入した国と地域のみの場合もあるとのことです。

なお、iPhone 12 mini・iPhone 12 Pro Maxは修理サービスプログラムの対象外です。

修理サービスプログラムの手続き

iPhone 修理サービス

画像引用元:Apple公式サポート

Appleが行ったこれまでの修理プログラムでは、デバイスのシリアル番号を入力して、対象モデルか否かを確認する方法をとってきました。

しかし、本修理サービスプログラムを受けるには、以下のいずれかで手続きを行う必要があります。

修理サービスプログラムを受けられる場所
  • Apple Store直営店(要予約)
  • Apple正規サービスプロバイダ

Appleは、修理サービスプログラムの修理を受ける前に、PCやiCloudにiPhoneのバックアップを取ることを推奨しています。

また、画面のひび割れなど、修理に支障がでるような損傷がある場合は、そちらを先に修理する必要があり、損傷次第では別途修理料金がかかる可能性があるとしています。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。