アップル、iPhoneを中国外拠点で生産拡大|インドでの生産を急速化

  • 2022年8月30日
  • by.Fenway2

iPhone14リーク

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

米アップルは、新型iPhone 14シリーズのインドでの生産を例年より数ヶ月早めると現地時間8月23日にロイター通信が報じています。

インドでのiPhone 14の生産を、中国での最初のリリースから約2ヶ月後に開始することを計画しているとのこと。

この計画は、従来の6〜9ヶ月から大幅に短縮することになり、インドでの生産拡大が急速化することを意味しています。

トップ画像引用元:Apple is determined expunge the notch – testing 120Hz punch-hole screen – Gizchina.com

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

新型iPhoneのインド生産、6ヶ月ほど早まる

iPhone 14 Pro Max

画像引用元:EXPANSYS公式サイト

事情に詳しい複数の関係者によると、アップルはインドでのiPhoneの生産を拡大するためにサプライヤーと取り組んでおり、新型iPhoneの生産における中国とのタイムラグを、これまでの6〜9ヶ月から短縮を目指してきたそうです。

新型iPhoneのインドでの製造は、中国で生産したモデルのリリースから約2ヶ月後に開始する計画をしているとのこと。

インドでの最初のiPhone 14の製造は、2022年9月の開催が見込まれる発表イベント後の10月下旬、または11月に開始する可能性が高いと、Bloombergが報じています。

10月24日に始まるインドのお正月「ディワリ祭」に間に合わせることを目標としていると、関係者の1人が明かしているそうです。

iPhone 13シリーズがインドで生産を開始したのは、発売から7ヶ月後の2022年4月だったため、インドでの生産を10月下旬に開始する場合、6ヶ月ほど早まることになります。

インド製iPhone 14国外に輸出へ

画像引用元:How the A16 chip could be a game-changer for the iPhone 14 Pro | Macworld

これまでアップルは、iPhoneの大半を中国で生産してきましたが、北京とワシントンとの衝突や、コロナによるロックダウンの影響で生産が中断された後、生産のオプションを検討していました。

こうした中、アップルは主要サプライヤーに対し、中国以外の製造拠点でiPhoneの生産を拡大するよう求めているそうです。

アップルの主要取引先である台湾企業ホンハイやウィストロンは 数年前からインドにも拠点を構え、インド国内向けのiPhoneを製造しています。

2社はインドの拠点でiPhone 14の生産を開始する準備も進めており、今後はインド国内向けだけでなく輸出向けのiPhone 14も製造していくとのこと。

なお、アップルは生産拠点の一部を中国から、世界第2位のスマートフォン市場であるインドを含む他の市場に移しており、今後はiPadの製造も計画しているそうです。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。