Apple初のMacBook Pro用3nmチップ、今年中の生産開始を予定か

  • 2022年8月29日
  • by.nuko

M2

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Appleの最新情報を届ける海外メディア「MacRumors」が、Apple初のMacBook Pro用3nmチップが、今年中に生産開始されると報じました。

トップ画像引用元:Apple、画期的なパフォーマンスと能力を備えたM2を発表 – Apple (日本)

Apple初の3nmチップは2022年後半に生産開始か

MacRumorsによると、MacBook用の3nmチップは、今年後半に量産開始されるとのことです。

また、MacRumorsは台湾のCommercial Timesのレポートで、Apple初の3nmプロセスのチップはM2 Proになる可能性があると主張していることを伝えています。

このことから、Apple初の3nmチップは、MacBook Proに搭載されると目される「M2 Pro」になると見ていいでしょう。

なお、同レポートでは、2023年モデルのiPhoneに搭載されるだろうA17 Bionicも、3nmプロセスになるとしています。

現在の5nmプロセスのチップから3nmプロセスのチップになることで、パフォーマンス向上に加えて消費電力が大幅に削減できます。

MacBook ProもiPhoneもバッテリー持ちが長いことが大きなメリットになるので、3nmプロセスのチップ導入には期待したいところです。

ソース:MacRumors

次期MacBook Proは5nmプロセスのままという噂もある

一方で、有名リーカーのMing-chi Kuo氏(@mingchikuo)は、次期MacBook Proが第4四半期に量産開始されるが、従来通り5nmプロセスのチップが搭載される可能性が高いと述べています。

同氏は半導体メーカー「TSMC」が、3nmプロセスからの収益化が2023年上半期からとアナウンスしていることから、年内生産開始のMacBook Proは5nmプロセスのままと予想しているようです。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!