Apple Payが使えるお店|コンビニで支払う時の店員への伝え方

  • 2020年10月6日
  • by.araki

apple-pay

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、Apple Payを使えるお店や、どうやってレジで支払うのかについて解説します。

Apple Payを設定してみたものの、よくわからなくてまだ使っていないという方、この記事を読めば実際にレジで使えるようになりますよ!

なおApple Payの使い方や設定方法についてはこちらでも詳しく紹介していますので、よかったら合わせてご覧ください。

Apple Payが使えるお店は?
  • Suica・iD・QUIC Pay・PASMOが使えるお店を指す
  • コンビニを始めとした多くのお店で使える
  • それぞれの対象店舗は公式サイトで確認できる
  • 支払い時にその場でレジの対応マークを見るのもあり

トップ画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple Payで使える電子マネー

Apple Pay

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

はじめにApple Payで使える電子マネーを整理しましょう。

2020年10月現在は、以下の4種類の電子マネーが使えます。

3つの電子マネーに加えて、新たにPASMOが使えるようになりました!

Apple Payで使える電子マネー
  • Suica
  • iD
  • QUIC Pay
  • PASMO(10月6日に対応)

iPhone/Apple Watchを読み取り機に「ピッ」とかざすだけで決済できるようになるので、いちいち財布やクレジットカードを出す手間が省けて、非常に便利ですよ。

ただ、Apple Payを使えば金銭的にお得になるというわけではありません。

「Apple Payで支払う」わけじゃない!

Apple Payは、iPhoneやApple Watchで上記4種類の電子マネーを使えるようにするためのアプリです。

Apple Pay自体は電子マネーではありません。

そのため、「Apple Payで支払います」とレジで店員さんに宣言しても伝わらないので要注意です。

ではどうやって伝えればいいのでしょうか?これについては後述します。

Apple Payが使えるお店

Apple PayとApple Watch

画像引用元:Apple Watch Series 3 – Apple(日本)

今度はApple Payが使えるお店について解説します。

もっとも、より正確に言えば「Suica」「iD」「QUIC Pay」「PASMO」が使えるお店のことです。

そのため、Apple Pay限定というわけではありません。

Androidの「おサイフケータイ」でも「Google Pay」でも別アプリでもカードでも、その電子マネーを使う限り共通です。

電子マネーごとにお店を見ていきましょう。

Suicaが使えるお店

Apple Payとsuica

画像引用元:ApplePayのSuica定期券の購入方法:JR東日本

Suicaは東日本旅客鉄道(JR東日本)が提供する電子マネーです。

そのため電車やバスの支払いに使えることが特徴ですが、普段の買い物にも困らないくらい多くの店舗がSuicaに対応しています。

より詳しい対応店舗は、公式ページで確認できます。

ここではコンビニに絞って見てみましょう。

Suicaが使えるコンビニ
  • キヨスク
  • コミュニティ・ストア
  • セイコーマート
  • セブンイレブン
  • デイリーヤマザキ
  • ニューデイズ
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
  • ローソンストア100

iDが使えるお店

Apple PayとiD

画像引用元:Apple Pay(アップルペイ)なら、iDで。|電子マネー「iD」

iDは株式会社NTTドコモが提供する電子マネーです。

日本全国約114万ヶ所と非常に多くの店舗がiDに対応しています。

より詳しい対応店舗は、公式ページで確認できます。

コンビニでは以下の店舗で使えます。

iDが使えるコンビニ
  • アズナス
  • アンスリー
  • くらしハウス
  • サンコス
  • スリーエイト
  • スリーエフ
  • 生活彩家
  • セイコーマート
  • セブンイレブン
  • デイリーヤマザキ
  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • ミニストップ
  • ローソン
  • ローソンストア100

QUIC Payが使えるお店

QUICPay

画像引用元:QUICPayをApple Payではじめよう|QUICPay

QUIC Payは、JCB及びイオンフィナンシャルサービスが開発した電子マネーです。

日本全国約116万ヶ所と非常に多くの店舗がiDに対応しています。

より詳しい対応店舗は、公式ページで確認できます。

コンビニでは以下の店舗で使えます。

QUICPayが使えるコンビニ
  • アンスリー
  • くらしハウス
  • スリーエイト
  • 生活彩家
  • セイコーマート
  • セブンイレブン
  • デイリーヤマザキ
  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • ミニストップ
  • ローソン
  • ローソンストア100

PASMOが使えるお店

PASMOを使う

画像引用元: 電子マネーでのお買い物|PASMO(パスモ)

PASMOは株式会社パスモが発行している、電子マネー機能を搭載したICカード乗車券です。

Suicaと同じく、電車やバスの支払いはもちろん、普段の買い物でも利用できます。

PASMOが使えるコンビニは、Suicaが使えるコンビニと同じです。

PASMOが使えるコンビニ
  • キヨスク
  • コミュニティ・ストア
  • セイコーマート
  • セブンイレブン
  • デイリーヤマザキ
  • ニューデイズ
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
  • ローソンストア100

Apple Payが使えるお店の見分け方

Apple Payを使用している画像

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

ではApple Payが使えるかどうかは、どのように見分ければいいのでしょうか。

Apple Payで使える電子マネー「Suica」「iD」「QUICPay」「PASMO」がお店で使えるかどうかは、レジを見ればわかることが多いです。

これらの電子マネーが使える場合、レジに対応マークが掲示されています。

Suica系列(PASMOを含む)のマーク

スイカが使えるお店

画像引用元:JR東日本:Suica電子マネー>Suicaが使えるお店

iDのマーク

電子マネーアイディーロゴ

画像引用元:電子マネー「iD」ホーム

QUICPayのマーク

QUICPayマーク

画像引用元:Google Payのよくあるご質問|クレジットカードなら、JCBカード

もちろん口頭で使えるかどうか店員に尋ねても、筆者の経験上しっかり対応して答えてくれます。嫌そうな態度をとられたことはありません。

彼らはちゃんと電子マネーのことをわかっています。

なお、事前に各電子マネーの公式ページで対応店舗を確認するのが一番確実ではありますが、筆者は面倒くさいので事前に確認したことなんてありません。

いつも行き当たりばったりでレジの前で確認しています。そして使えないお店だったら大人しく現金で支払っています。

こういう姿勢で余裕で何とかなかっていますので、見分けるなどそんな肩に力を入れる必要はないですよ。

コンビニで支払う時の伝え方

Apple Pay

画像引用元:Apple Pay の使い方 – Apple サポート

さて、使える電子マネーとお店がわかったら、残るは実際に支払いで使うだけです。

どのタイミングで伝えるのか、どう言えば伝わるのか、筆者の日頃の経験を基に対話形式でシミュレーションしてみました。

コンビニのレジに並んで自分の番が来た!

  1. 店員:「いらっしゃいませ」
  2. 自分:(買いたい商品をレジに置く)
  3. 店員:(商品のバーコードをスキャンしていく)
  4. 店員:「○○円になります」
  5. 自分:「Suica(またはiDもしくはQUICPay、PASMO)で
  6. 店員:「こちらタッチお願いします」
  7. 自分:(iPhone/Apple WatchのWalletアプリを起動して電子マネーを選択し、指定された機器にかざす)
  8. 店員:(レシートを渡し)「ありがとうございました」

最低限のやり取りで済んだ場合、これで終わりです。

普段、店員さんに現金を渡すタイミングで、「(電子マネーの名前)で払います」と伝えてください。

今回はコンビニでの買い物を想定しましたが、対応している店舗ならどこでもほぼ同じです。

「Suicaで」とか「iDで」とだけ言えば伝わります。もちろん丁寧に言うに越したことはないと思いますが。

iPhoneかAndroidかなど、機種は一切気にされません。それどころかスマホを使うのかカードを使うのかも聞かれません。

ただし、「Apple Payで」と言っても伝わらないということだけは、覚えておいてください。必ず電子マネーの名前を告げる必要があります。

また、店員さんから何か指示があった場合は、そのやり方に従ってくださいね。

読み取ってもらったかの確認方法

各電子マネーでは、読み取り機に無事読み取ってもらえた場合、それぞれ特殊な音声が流れます

ちゃんと読み取れたかどうかは、その音を聞けばわかります。

iPhoneがマナーモードになっていても支障ありません。

逆に音が鳴ってびっくりしないようにしましょう(びっくりしても決済には問題ないですが)。

Suica・PASMOの場合

「ピピッ♪」と音が鳴ります。

iDの場合

「タントン♪」と音が鳴ります。

QUICPayの場合

「クイックペイ♪」と音が鳴ります。

音をしっかり聞き取る必要はない

ちなみに、この音を聞き逃すまいと注意する必要はありません。読み取りに成功したかどうかは、店員さんもちゃんとレジで把握できています。

聞き逃しても二重に払ってしまうことはないので安心してください。もしそうなってしまったら、それは店員さんの操作ミスです。

音声は「もう読み取りから離してもいい」という合図のひとつとして認識しましょう。

現金を渡すタイミングで電子マネーの名前を言おう

id

画像引用元:電子マネー「iD」ホーム

以上、Apple Payを使えるお店や、どうやってレジで支払うのかについてでした。

Apple Payが使えるお店は?
  • Suica・iD・QUIC Pay・PASMOが使えるお店を指す
  • コンビニを始めとした多くのお店で使える
  • それぞれの対象店舗は公式サイトで確認できる
  • 支払い時にその場でレジの対応マークを見るのもあり

Apple Payを利用することで、「Suica」「iD」「QUICPay」「PASMO」の4種類の電子マネーが、iPhoneやApple Watchで使えるようになります。

これらの電子マネーが使えるお店は、各電子マネーの公式ページで調べられますが、お店のレジで確認することもできます。

その電子マネーのマークがあれば使えますし、なければ使えません。店員さんに口頭で確認しても大丈夫です。

会計の際は、通常だったら現金を渡すタイミングで電子マネーの名前を告げてください。専用の読み取り機にかざすよう案内されます。

ただし、「Apple Payで支払う」と言っても伝わりません。恐らく使う電子マネーを聞き返されてしまいます。

読み取り機が無事に読み取ってくれたら会計終了です。レシートを受け取って立ち去りましょう。

今どきの店員さんは電子マネーのことをわかっているので、スムーズに終わるはずですよ!

Apple PayでVISAは使える?使えない?対応クレジットカードはコレ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ