Apple Payにdカードを登録する方法と使い方|お得なメリットとは

Apple Payにdカードを登録する方法と使い方|お得なメリットとは

通常のdカードの10倍のポイントがもらえる!ケータイ補償も最大10万円!旅行保険や空港ラウンジの利用も可能!

かつて電子マネー関連に対応していなかったiPhoneも、今ではApple Payに対応し、スマホ決済を手軽に利用できるようになりました。

Apple Payには色々なカードが登録できますが、今回はその中でもお得に使えるチャンスが多いdカードについてご紹介します。

登録方法だけでなく、使い方やお得情報もあわせて解説しているので、既に登録済の方もチェックしてみてくださいね!

Apple Payに登録するおすすめクレジットカードと設定方法

トップ画像引用元:dカード公式サイト

1 Apple Payにdカードを登録して使う

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

では早速、Apple Payにdカードを設定する手順について見ていきましょう。非常に簡単なので、dカードを持っている方はぜひやってみてくださいね。

Apple Payにdカードを登録するには、2つのステップが必要です。

  1. 最新のバージョンかどうかチェックする
  2. Walletアプリを使ってdカードを登録する

登録が済んだあとは使い方をチェックして、実際に決済してみましょう!

1-1 まずはApple Payのバージョンチェック

Apple Payを利用するiPhoneやApple WatchのOSバージョンが最新になっていないと、うまく起動しない可能性もがあります。そこで、まずはバージョンのチェックから行いましょう。

Apple PayはiOS10.1以降でないと使えません。iPhoneのバージョンを確認する方法は以下の通りです。

  1. ホームから「設定アプリ」をタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「情報」をタップ
  4. 「バージョン」をチェック

バージョンが古い場合

バージョンが10.1未満の場合は、バージョンアップが必要です。バージョンアップはWi-Fiに接続するか、iTunesを使って行います。

Wi-Fiを使ってバージョンアップする方法

  1. ホームから「設定アプリ」をタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「ソフトウェア」をタップ
  4. 「今すぐインストール」をタップ
  5. パスコードを入れてインストールを待つ
  6. 再起動したらパスコードを入れ、最新のバージョンになっているか再確認する

iTunesを使ってバージョンアップする方法

基本的には以下の通りですが、パソコンのOS等によっては、操作方法が多少異なります。

  1. 「アップデート(更新)」をタップ
  2. 再度「アップデート(更新)」を選択
  3. 「次へ」をタップ
  4. 「同意」をタップ
  5. ダウンロード後にアップデートが始まるので、PCとiPhoneをつないだまま待機
  6. Appleマークが表示されれば完了

1-2 dカードをApple Payに登録する

iPhoneのバージョンが確認できたら、今度はApple Payにdカードを設定しましょう。設定方法は2通りあります。

  • Walletアプリを使う
  • dカードアプリを使う

どちらの方法でもOKです。

Walletアプリを使って設定する方法

  1. Walletアプリを開き、右上のプラスをタップ
  2. 「続ける」をタップ
  3. 「クレジット」をタップ
  4. カード情報をカメラで撮影するか、手入力して設定する
  5. 「次へ」をタップ
  6. セキュリティコードと有効期限を入力し「次へ」をタップ
  7. 利用規約を読み「同意する」をタップ
  8. 「iDのマークがあるお店でご利用いただけます」という文面が出たら登録完了

dカードアプリを使って設定する方法

dカードアプリがiPhoneにプリインストールされていない場合は、自分でインストールする必要があります。

dカードアプリのインストール

アップルストア

  1. dカードアプリを開き「今すぐはじめる」をタップ
  2. 規約を読んで「同意」をタップ
  3. 「ログイン」をタップ
  4. 暗証番号(4桁)を入力し、同意をタップ
    ※ここまでの作業が完了すれば、アプリは利用可能になります。ただし、可能であればこの後の認証も同時に行っておきましょう。SMSで認証コードが送られてくるので、そのコードで認証します。
  5. TOPに戻り「Apple Pay設定」をタップ
  6. 暗証番号(4桁)を入力し「Apple Pay設定」をタップ
  7. 内容に間違いなければ、規約を読み「同意」をタップ
  8. 「iDのマークがあるお店でご利用いただけます」という文面がでたら完了

認証の作業は後回しにすることも可能です。しかし、最終的には必要になる作業なので、初期設定時に済ませておくことをおすすめします。

1-3 店舗でのApple Payの使い方

dカードの登録が完了したら、iDに対応しているお店で実際に使ってみましょう!

ただし、手持ちのiPhone自体がTouch IDに対応しているかどうかで、操作方法が異なるので気を付けましょう。

Touch IDとは、Apple端末で利用できる指紋認証の機能です。暗証番号等を手入力しなくても、あらかじめ登録した指紋でロックを解除することができます。

まずは、iPhoneがこのTouch IDに対応している機種かどうかを確認してください。Touch ID はiPhone 5s以降の機種で使えます。

iPhone比較|歴代モデルを価格・サイズ・スペックで比べてみた【2019】

Touch IDに対応している場合

  1. コンビニなど、iDが使える店舗のレジで「iDで払います」とつたえる
  2. 登録した指をTouch IDの認証部分にのせ、そのままの状態でレジについている専用の機械にかざす

Touch ID非対応の場合

  1. コンビニなど、iDが使える店舗のレジで「iDで払います」とつたえる
  2. iPhoneの右サイドボタンを2回押す
  3. 画面を見て、Face IDで認証する
  4. レジについている専用の機械にiPhoneをかざせば、支払い完了

アプリやインターネットの買い物でApple Payを使う場合

Apple Payは店頭での買い物だけでなく、アプリやインターネット上での決済にも利用できます。使い方は店頭での利用方法とほとんど同じです。

支払い方法の選択画面でApple Payを選び、Touch IDやFace IDで認証をして支払えばOK。とても簡単にお買い物ができます。

dカードの「iD払い」と「クレジットカード払い」の違いと仕組み

通常のdカードの10倍のポイントがもらえる!ケータイ補償も最大10万円!旅行保険や空港ラウンジの利用も可能!

この記事を書いた人
licolico3373
licolico3373
悩みがなさそうと何故かよく言われる30代ママ。元ドコモ運営代理店勤務。初代Galaxy Sから現在まで10機種以上のGalaxyを使うGalaxy愛好者。一番好きな機種はGalaxy note2!一時期BlackBerryに憧れるも使いこなせず断念。趣味はハンドメイドと音楽。好きな食べ物はお刺し身定食。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ