Apple Payにdカードを登録する方法と使い方|お得なメリットとは

Apple Payにdカードを登録する方法と使い方|お得なメリットとは

ドコモ利用料金の10%ポイント還元!ケータイ補償も最大10万円!旅行保険や国内・ハワイの主要空港ラウンジの利用も可能!

かつて電子マネー関連に対応していなかったiPhoneも、今ではApple Payに対応し、スマホ決済を手軽に利用できるようになりました。

Apple Payには色々なカードが登録できますが、今回はその中でもお得に使えるチャンスが多いdカードについてご紹介します。

登録方法だけでなく、使い方やお得情報もあわせて解説しているので、既に登録済の方もチェックしてみてくださいね!

Apple Payに登録するおすすめクレジットカードと設定方法

トップ画像引用元:dカード公式サイト

1 Apple Payにdカードを登録して使う

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

では早速、Apple Payにdカードを設定する手順について見ていきましょう。非常に簡単なので、dカードを持っている方はぜひやってみてくださいね。

Apple Payにdカードを登録するには、2つのステップが必要です。

  1. 最新のバージョンかどうかチェックする
  2. Walletアプリを使ってdカードを登録する

登録が済んだあとは使い方をチェックして、実際に決済してみましょう!

1-1 まずはApple Payのバージョンチェック

Apple Payを利用するiPhoneやApple WatchのOSバージョンが最新になっていないと、うまく起動しない可能性もがあります。そこで、まずはバージョンのチェックから行いましょう。

Apple PayはiOS10.1以降でないと使えません。iPhoneのバージョンを確認する方法は以下の通りです。

  1. ホームから「設定アプリ」をタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「情報」をタップ
  4. 「バージョン」をチェック

バージョンが古い場合

バージョンが10.1未満の場合は、バージョンアップが必要です。バージョンアップはWi-Fiに接続するか、iTunesを使って行います。

Wi-Fiを使ってバージョンアップする方法

  1. ホームから「設定アプリ」をタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「ソフトウェア」をタップ
  4. 「今すぐインストール」をタップ
  5. パスコードを入れてインストールを待つ
  6. 再起動したらパスコードを入れ、最新のバージョンになっているか再確認する

iTunesを使ってバージョンアップする方法

基本的には以下の通りですが、パソコンのOS等によっては、操作方法が多少異なります。

  1. 「アップデート(更新)」をタップ
  2. 再度「アップデート(更新)」を選択
  3. 「次へ」をタップ
  4. 「同意」をタップ
  5. ダウンロード後にアップデートが始まるので、PCとiPhoneをつないだまま待機
  6. Appleマークが表示されれば完了

1-2 dカードをApple Payに登録する

iPhoneのバージョンが確認できたら、今度はApple Payにdカードを設定しましょう。設定方法は2通りあります。

  • Walletアプリを使う
  • dカードアプリを使う

どちらの方法でもOKです。

Walletアプリを使って設定する方法

  1. Walletアプリを開き、右上のプラスをタップ
  2. 「続ける」をタップ
  3. 「クレジット」をタップ
  4. カード情報をカメラで撮影するか、手入力して設定する
  5. 「次へ」をタップ
  6. セキュリティコードと有効期限を入力し「次へ」をタップ
  7. 利用規約を読み「同意する」をタップ
  8. 「iDのマークがあるお店でご利用いただけます」という文面が出たら登録完了

dカードアプリを使って設定する方法

dカードアプリがiPhoneにプリインストールされていない場合は、自分でインストールする必要があります。

dカードアプリのインストール

アップルストア

  1. dカードアプリを開き「今すぐはじめる」をタップ
  2. 規約を読んで「同意」をタップ
  3. 「ログイン」をタップ
  4. 暗証番号(4桁)を入力し、同意をタップ
    ※ここまでの作業が完了すれば、アプリは利用可能になります。ただし、可能であればこの後の認証も同時に行っておきましょう。SMSで認証コードが送られてくるので、そのコードで認証します。
  5. TOPに戻り「Apple Pay設定」をタップ
  6. 暗証番号(4桁)を入力し「Apple Pay設定」をタップ
  7. 内容に間違いなければ、規約を読み「同意」をタップ
  8. 「iDのマークがあるお店でご利用いただけます」という文面がでたら完了

認証の作業は後回しにすることも可能です。しかし、最終的には必要になる作業なので、初期設定時に済ませておくことをおすすめします。

1-3 店舗でのApple Payの使い方

dカードの登録が完了したら、iDに対応しているお店で実際に使ってみましょう!

ただし、手持ちのiPhone自体がTouch IDに対応しているかどうかで、操作方法が異なるので気を付けましょう。

Touch IDとは、Apple端末で利用できる指紋認証の機能です。暗証番号等を手入力しなくても、あらかじめ登録した指紋でロックを解除することができます。

まずは、iPhoneがこのTouch IDに対応している機種かどうかを確認してください。Touch ID はiPhone 5s以降の機種で使えます。

Touch IDに対応している場合

  1. コンビニなど、iDが使える店舗のレジで「iDで払います」とつたえる
  2. 登録した指をTouch IDの認証部分にのせ、そのままの状態でレジについている専用の機械にかざす

Touch ID非対応の場合

  1. コンビニなど、iDが使える店舗のレジで「iDで払います」とつたえる
  2. iPhoneの右サイドボタンを2回押す
  3. 画面を見て、Face IDで認証する
  4. レジについている専用の機械にiPhoneをかざせば、支払い完了

アプリやインターネットの買い物でApple Payを使う場合

Apple Payは店頭での買い物だけでなく、アプリやインターネット上での決済にも利用できます。使い方は店頭での利用方法とほとんど同じです。

支払い方法の選択画面でApple Payを選び、Touch IDやFace IDで認証をして支払えばOK。とても簡単にお買い物ができます。

dカードの「iD払い」と「クレジットカード払い」の違いと仕組み

1-4 Apple Payにdカードを登録する際の注意点

dカードアンドdカードゴールド

Apple Pay でdカードを登録するにあたり、注意したいポイントをチェックしておきましょう。

Apple Payは電子マネーではない

間違えやすいポイントですが、Apple Pay≠電子マネーです。Apple Payは、Andoroidに搭載されている「おサイフケータイ」と同じ位置づけのものにあたります。

これらのアプリは、スマホにインストールしただけでは意味がありません。iDやSuicaといった他の電子マネーと予め連携(登録)しておく必要があります。

そしてこのとき、どの電子マネーと連携したかによって、店舗での対応が少しだけ変わるので注意してください。

「1-3 店舗でのApple Payの使い方」では、店舗のレジで”iDで払います”と店員につたえましたが、これはApple PayをiDと連携したためです。

Suicaと連携した場合は「Suicaで払います」と言う必要があります。

「Apple Payで払います」とつたえても意味がないので気を付けてくださいね。必ず決済に利用する電子マネー(スマホ決済)サービスの名前をつたえましょう。

Apple Payで使える主な電子マネー
  • iD
  • Suica
  • QUICPay

楽天EdyやWAONなどの先払い式電子マネーにはほとんど対応していないので注意しましょう。

とはいえ、有名どころの電子マネーは網羅しているので「使える店舗が全然なくて困る!」ということはないはずです。

クレジットカードの登録上限に注意

クレジットカードは最大12枚まで登録できます。

そんなにたくさんのクレジットカードを所有している方は少ないかと思いますが、もしdカードの登録に失敗した場合は、登録済みカードの枚数を確認してみてくださいね。

dカードはiDにのみ対応

dカードで利用できる電子マネーはiDのみです。iDが使えるお店の一例を確認しておきましょう。

  • ローソン
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • マクドナルド
  • イオン
  • ガスト
  • マツモトキヨシ

このとおり、iDは多くのコンビニやドラッグストア、飲食店で利用できます。

dカードminiはApple Pay対象外

dカードには3つのタイプがあります。

  • dカード
  • dカードGOLD
  • dカードmini

このうち、dカードとdカードGOLDはクレジットカードです。一方、3つめのdカードminiには、クレジット機能が付いていません。しかし、iDの機能は利用することができます。

「クレジット機能は要らない」という人にとって、dカードminiはとても有益なカードです。しかし、残念ながらこのカードをApple Payに登録することはできません。

Apple Payで使いたいのであれば、dカードにグレードアップする必要があります。

Apple Payでdカードを使うには
  • dカードを登録したApple Payで支払いをする際は「iDで払います」とつたえること
  • dカードはiD対応店舗でしか使えない
  • dカードminiはApple Payに登録できない

ちょっと豆知識:ドコモユーザーは必須レベル!?「dカード GOLD」

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモが発行しているゴールドカード「dカード GOLD」をご存知ですか?

「dカード GOLD」は、ドコモの利用金額の10%がポイント還元される、お得なカードなのです。月に8,000円の携帯料金なら800円のポイントが戻ってきます。年間ではなんと9,600ポイントにもなります。

他にも、ドコモオンラインショップで端末代金をdカードで決済するとdポイントが2倍ケータイ補償で最大10万円の無料サポートがつくので、万が一でも安心。家族で利用できるので、利用していないと損をしているかもしれません。

年会費は1万円(税抜)なので、一見高く感じますが、携帯料金の10%が還元される上に、ローソンでは最大5%お得、マクドナルドでは最大2%お得になります。また、他の特約店でもご利用額に応じて1%以上の特約店ポイントがたまります。

年に1万円なら十分過ぎるほど回収できる凄いカードです。是非とも1枚もっておきたいですよね。

▽dカード GOLD入会特典はこちら

dカード GOLDを最大限利用したら年間5万円以上もお得になる話

次の章では、dカードにまつわる最新のお得情報を紹介します。

2 最新のdカードお得情報をチェック!

Apple Payでdカードを使うなら、お得な情報は要チェックです!

2-1 dポイントスーパー還元プログラム

画像引用元:dポイント公式サイト

2019年6月10日から、dポイントスーパー還元プログラムが始まります。

キャンペーン概要
  • 6月10日スタート
  • 5月22日からエントリー開始
  • 還元率アップの対象期間は毎月10日~翌月9日
  • dカードのidを使えばポイント最大7%還元
  • 付与されるポイントは期間・用途限定ポイント
  • 翌々月末に付与される

では、キャンペーン内容について詳しく見ていきましょう。

キャンペーン&エントリー期間

キャンペーンは6月10日から開始ですが、事前エントリーが5月22日からスタートします。

エントリーは無料なので「使うかどうかわからない」という人も、とりあえず登録しておくことをおすすめします。

ポイント最大7%還元の内訳

dカードのiDを使えば、ポイント最大7%還元に!もちろんApple Payも対象です。ただし、“最大”7%ですから、利用状況によっては2%や3%還元となる場合もあります。

後でモヤモヤと気分にならないように、予め自分が何%の還元を受けられるのか計算しておきましょう。

  • dポイントクラブプラチナステージ +1%
  • dカードでドコモの携帯料金を支払う +1%
  • dマーケットで前月末時点で何か契約しているor都度課金サービス前月利用 +2%
  • いちおしパック +1%
  • DAZN for docomoの契約 +1%
  • Disney DELUXEの契約 +1%

※「月」の考え方が少し分かりにくいですが、例えばキャンペーン初回の場合「前月」=5月のことです。
5月末時点での各サービスの契約状況と、6月のdポイントクラブステージのランクをもって、6月10日~7月9日までの還元率が決定します。

dポイントクラブ プラチナステージ…+1%

dポイントクラブのステージは、ドコモの利用年数とdポイントの獲得数に応じて決まります。

プラチナステージは、ドコモの回線継続利用期間が15年以上 or 6ヶ月のdポイント獲得数累計が10,000pt以上の人が対象です。

dカードでドコモの携帯料金を支払う…+1%

前月時点でdカードを設定している必要があります。ドコモ光も対象です。

毎月の携帯料金の支払い方法として、既にdカードを設定しているのであれば問題なく達成できます。

dマーケットで、前月末時点で何か契約している or 都度課金サービス前月利用…+2%

dマーケットは音楽やゲームなどが利用できるドコモのサービスです。このうち、前月末時点で月額サービスの契約 or 都度課金のサービスを利用している必要があります。

いちおしパック…+1%

いちおしパックは、ドコモのおすすめサービスがひとまとめになっているセットサービスです。

月額500円で割引クーポンなどのお得な情報がもらえるだけでなく、3つの有料サービスもお得に利用できます。

  • スゴ得コンテンツ(コンテンツやアプリ使い放題/月380円)
  • my daiz(お役立ち情報配信サービス/月100円)
  • クラウド容量オプションプラス50GB(クラウドの容量を増大/月400円)

本来、月額880円かかるところを500円で使えるので、大変お得です!ただし、前月末時点で契約していることが条件となるので、まずは契約状況を確認してみましょう。

DAZN for docomoの契約…+1%

月額980円でスポーツ映像が見放題になるサービスです。前月末時点で契約している必要があります。

Disney DELUXEの契約…+1%

月額700円でディズニー作品が見放題に!前月末時点で契約してることが条件です。

付与されるポイントは期間・用途限定ポイント

キャンペーンで付与されるポイントは、期間・用途限定ポイントです。有効期限が比較的短いので、できるだけ早めに使ってしまいましょう。

dポイント(期間・用途限定)とは?最も有効な使い方・使える店

ポイントは翌々月末に付与される

dポイントは翌々月末に付与されます。すぐに付与されるわけではないので、忘れないように気を付けましょう。

3 Apple Payでdカードを使ってお得&便利に!

Apple Payでdカードを使うのはとても簡単です。一度使えばその便利さにきっと驚きますよ!また、dカードのキャンペーンも見逃せませんよね。

キャンペーンにエントリーしておくだけで、いつもより多くポイントを貯めることができます。

これからApple Payでdカードを使おうと思っている方は、ぜひ登録しておきましょう!

【2020年2月】dカード/dカード GOLDキャンペーンまとめ

ドコモ利用料金の10%ポイント還元!ケータイ補償も最大10万円!旅行保険や国内・ハワイの主要空港ラウンジの利用も可能!

この記事を書いた人
licolico3373
licolico3373
悩みがなさそうと何故かよく言われる30代ママ。元ドコモ運営代理店勤務。初代Galaxy Sから現在まで10機種以上のGalaxyを使うGalaxy愛好者。一番好きな機種はGalaxy note2!一時期BlackBerryに憧れるも使いこなせず断念。趣味はハンドメイドと音楽。好きな食べ物はお刺し身定食。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ