楽天カードをApple Payに登録する手順・使い方・メリットを徹底解説

  • 2019年12月7日
  • by.yairo

楽天カード

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

キャッシュレス決済が登場している中、Apple端末を使っている人にとって便利なのはやはり「Apple Pay」ですよね。

すでに利用している人、気になっている人も多いのではないでしょうか。

今回は国内利用者数1,700万人超え(2019年3月時点)の楽天カードを、Apple Payに設定して使う方法を紹介します。

また、Apple Payに楽天カードを設定するメリットや、実際の手順、使い方も併せて解説します。

楽天ポイントの貯め方や、貯まったポイントの使い方も解説するので、是非チェックしてみてください。

Apple Pay+楽天カードで毎日の買い物をもっと楽にお得に楽しみたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

トップ画像引用元:楽天カード: Apple Pay登場。

Apple Payで楽天カードを使うメリットは?

楽天カード

画像引用元:楽天カード: Apple Pay登場。

まず初めに、楽天カードをApple Payに設定するメリットを解説します。

楽天カードをApple Payに設定するメリット

Apple Payには楽天カード以外も設定可能です。

もちろん楽天カードはクレジットカードとしてそのままお店で使うこともできます。

では、楽天カードをApple Payで使うメリットには何があるでしょうか?

楽天カードをApple Payで使うメリット
  • タッチ決済ができる(QUICPayに対応)
  • カードを持ち歩く必要がない
  • セキュリティが強化される

以下、楽天カードをApple Payで使うメリットを詳しく解説します。

タッチ決済ができる(QUICPayに対応)

楽天カードの全銘柄(Mastercard、VISA、JCB)すべてQUICPayに対応しています。

QUICPayはFelica(ソニー開発の非接触型ICカードの技術)決済システムのひとつです。

プリペイド型の電子マネー「楽天Edy」でも使われています。

Felica決済システムだとクレジットカードを機械に通したりサインをする必要なしで、タッチ決済が可能になります。

「楽天Edy」は先払い式なのでチャージしておく手間がありますが、Apple Payならその必要はありません。

カードを持ち歩く必要がない

Apple Payに楽天カードを設定することで、楽天カードそのものを持ち歩く必要がなくなります

現金を持ち歩かなくていいだけでなく、Apple Payならもはやカードすらいりません。

お釣りの小銭を受け取ったりする必要がないので、会計もスマートに済ませられます。

カードを持ち歩く必要がないので、落としたり違法スキャンされる心配もなくなりますよ。

セキュリティが強化される

2019年7月にはセブンPayの不正利用問題もあり、キャッシュレス決済の安全性が気になる人も多いと思います。

しかしApple Payをつかうことで、クレジットカードをそのまま使うよりもセキュリティの面では安全になるとも言えます

Apple Payを使うことで、決済に必要なカード情報はデバイス固有の番号と独自の取引コードによって店舗側に伝わります。

つまりカード番号など保護することになり、買い物をした店の顧客情報の流出などのリスクを下げられるのです。

万が一スマホを盗まれてしまっても指紋認証や顔面認証が必要になるため、本人以外はApple Payを利用することができません

リモートワイプ(遠隔消去)で端末のApple Pay情報を消去することもでき、カード自体を落とすよりも安全と言えるでしょう。

注意点:iDには対応していない

日本国内のタッチ決済で多く使われているのはiDとQUICPayの2種類で、両方に対応している場合が多いです。

しかし、中にはiDしか対応していないお店もあり、その場合はApple Payの楽天カードは使えません

Apple Payに楽天カードを設定する手順とポイント

Apple Payを設定する方法は、楽天カードアプリ、もしくはWalletアプリのどちらかになります。

Apple Payに楽天カードを設定する方法
  • 楽天カードアプリを使う方法
  • Walletアプリを使う方法

どちらの方法でも、必要なのは設定したい「楽天カード」と「登録するデバイス(iPhone)」の2つだけです。

楽天カードアプリを使う方法

楽天カード

画像引用元:App Store

簡単で後々も便利なのは、楽天カードアプリから登録する方法です。

Apple Payの設定手順は以下の通り。問題がなければ、数分で終了します。

画像引用元:楽天カード: 楽天カードアプリでのApple Pay初回設定方法

1楽天カードアプリ右下の「その他」をタップ

2その他ページの下部にある「Apple Payをはじめる」をタップ
楽天カードアプリを使う手順②

3「Apple Pay設定」をタップ
楽天カードアプリを使う手順③

4ワンタイムパスワードを送信
楽天カードアプリを使う手順④

5カードに登録したメールアドレスに届いたワンタイムパスワードを入力
楽天カードアプリを使う手順⑤

6カード裏面のセキュリティコードを入力
楽天カードアプリを使う手順⑥

7Apple Payにカードを追加
楽天カードアプリを使う手順⑦

8Apple Pay利用規約に同意
楽天カードアプリを使う手順⑧

9QUICPayの画面になれば完了
楽天カードアプリを使う手順⑨

このようにアプリさえ入れてしまえば、設定の方法はとても簡単です。

Walletアプリを使う方法

楽天カード

画像引用元:「Apple Wallet」をApp Storeで

もう一つの方法は、iPhoneのWalletアプリを使う方法です。

  1. Walletアプリを開き、右上の「+」マークをタップ
  2. iPhoneのカメラでカードを読み取る
  3. カード裏面のセキュリティコードとカード情報を入力
  4. 「SMS」または「電話(楽天カードに発信)」で認証
  5. 認証が完了したら、設定終了

楽天カードアプリより入力情報は多いですが、カメラでカードを読み取ってくれるので、比較的簡単に設定できます。

楽天カードがうまく設定できない時

うまく設定できない主な状況と原因は、以下のようなことが考えられます。

うまく設定できない状況と原因
  • 「Apple Payをはじめる」のボタンがない → 対応端末ではない可能性あり
  • ワンタイムパスワードにメールが届かない → 楽天e-NAVIに登録しているメールアドレスが正しいかを確認

その他のうまく設定できない原因としては、以下のようなことが考えられます。

その他うまく設定できない原因
  • 再発行した楽天カードを使っていて、古いカードを登録しようとしている
  • iOSのバージョンが古い

設定がうまくいかない人は、一度OSのバージョンアップを行ってみてください。

Apple Payに登録した楽天カードを使う方法

ここまで、Apple Payに楽天カードを登録する方法を解説してきました。

続いては、実際にApple Payを支払いに使う方法を説明します。

Apple Payに登録した楽天カードをお店で使う

楽天カード

画像引用元:楽天カード: Apple Pay登場。

楽天カードを設定したApple Payが使えるのは上記の「QUICPay」のマークがあるお店です。

上記のマークのいずれかがレジや店舗入り口で確認できれば、問題なく使えます。

お店での使い方

  1. レジで「QUICPayで支払います」と伝える
  2. Walletを開き、楽天カードを選ぶ(メインのカードに設定している場合は選択の必要なし)
  3. Touch ID・Face ID・もしくはパスコードで認証
  4. リーダーにかざす
  5. ピッと音がなれば完了

Apple Payの利用者も増えてきているので、「Apple Payで」と伝えても大丈夫ですが、QUICPayの方が確実です。

Apple Payに登録した楽天カードをオンラインストアで使う

楽天カード

画像引用元:楽天カード: Apple Pay登場。

Apple Payは、オンラインストアでも使うことができます。

上記のApple Payのマークがあるオンラインストアなら利用が可能です。

ただし、オンラインストアで使えるのはMastercard、JCBのみなので注意が必要です(VISAは使えません)。

オンラインストアでの使い方

  1. Phoneの「Safari」アプリでApple Pay対応サイトにアクセス
  2. 支払い画面で「Apple Payで購入」または「Apple Pay」ボタンをタップ
  3. Touch ID・Face ID・もしくはパスコードで認証
  4. 注文完了画面が表示されたら、支払い完了

通常のクレジットカード決済などと比べても、カード番号やセキュリティコードの入力が必要ないので、非常に簡単です。

Apple Payで楽天カードを使えるようになったら、気になるのはポイントについてです。

次の章では、楽天スーパーポイントの貯め方・使い方を解説します。

楽天スーパーポイントの貯め方、使い方

楽天PINKカード

楽天カードをApple Payに設定して使うと、楽天スーパーポイントが簡単に貯められます。

ポイントをどんどん貯めて、どんどん使っていきましょう。

楽天スーパーポイントの貯め方

Apple Pay利用分も、通常の楽天カード決済と同様に、楽天スーパーポイント進呈の対象です。

店舗だけでなく、オンラインストアのApple Pay支払いでもポイントが貯まります。

楽天カードのポイント還元率

Apple Payに設定した楽天カードで決済した場合のポイント還元率は、100円につき1ポイント(1%)です。

しかしApple Payの場合は、楽天カードポイント加盟店の特典であるポイント還元率3%が適用されません。

楽天カードポイント加盟店では、Apple Payではなく、楽天カード本体を使うようにしましょう。

Apple Payでポイントを貯める方法

Apple Payでポイントを貯める方法は、「Apple Payで楽天カードを使って支払いするだけ」です。

ポイントが付かない場合もあります

Suicaにチャージした場合はポイント付与対象外となります。Edyチャージなどは、ポイント付与対象です。

楽天スーパーポイントの貯め方まとめ
  • ポイント還元率は100円につき1ポイント(1%)
  • Apple Payだと楽天カードポイント加盟店の還元率3%は適用外
  • Apple Payで楽天カードを使って支払いする
  • Suicaにチャージした場合はポイント付与対象外

続いて、二重にポイントをゲットする方法を解説します。

二重にポイントをゲットする方法

楽天カード

画像引用元:楽天ポイントカード機能について レジで提示するだけ!|楽天カード

dカード(dポイントカード)やPontaカードなど、お店ごとに指定されているポイントカードを提示すれば、二重にポイントをゲットできます。

Apple Pay支払いでも、ポイントカードの提示は忘れないようにしましょう。

楽天ポイントカードを提示しよう

楽天ポイントカード機能付き楽天カードは、楽天カードで支払いをすると、楽天ポイントカード分の1%が自動で付与されます。

つまり、=2%還元になるということですね。

しかし、楽天ポイントカード機能付き楽天カードをApple Payに設定しても、楽天ポイントカードの機能は利用できません。

Apple payで支払う前に楽天カードを提示することで、2倍のポイントをゲットできるので、忘れないようにしましょう。

二重にポイントをゲットする方法まとめ
  • Apple Pay(楽天カード設定済)で支払う際に楽天ポイントカードを提示する
  • 楽天ポイントカードをApple Payに設定してもポイントは一重

続いて、楽天ポイントの使い方を解説します。

楽天スーパーポイントの使い方

楽天カードを使って買い物をしていると、どんどんポイントが貯まってくると思います。

どうやって使えばいいか分からないからと放っておくと、ポイントの使用期限切れになってしまうかもしれません。

楽天のサービスほとんど全てで使える

楽天スーパーポイントは、楽天のサービスのほとんど全てで使えます。

  • 楽天Edyやマイルへの交換
  • 楽天市場での買い物の支払い
  • 楽天銀行の手数料

など、各種支払いに使えるので、お金で還元されるのとほとんど変わりません。

ポイントの使用期限に注意

ポイントには期間限定ポイントといって、使用期限が決まっているものもあります。

忘れないうちに、ポイントを使ってしまうようにしましょう。

ポイントを使うのを忘れてしまいそう、という人は「楽天PointClubアプリ」がおすすめです

このアプリを利用すれば、貯まったポイントの使うタイミングなどを通知でお知らせしてくれます。

起動するだけでポイントがもらえるほか、買い物でお得にポイントを貯めることもできるアプリなので、ぜひ利用してみてください。

楽天スーパーポイントの使い方まとめ
  • 楽天スーパーポイントは、楽天のサービスのほとんど全てで使える
  • 使用期限のある期間限定ポイントがある
  • 「楽天PointClubアプリ」を使ってポイント管理するのがおすすめ

Apple Payと楽天カードって?

最後にApple Payと楽天カードについてよく理解しておきたい方のために、それぞれの特徴やメリットを解説していきます。

Apple Payとは

楽天カード

画像引用元:Apple(日本)

Apple PayとはApple社製のデバイスを、クレジットカードのように決済に利用できる機能のことです。

現金だけでなく、カードさえも持ち歩く必要がなくなり、持ち物はスマホだけで大丈夫になります。

スマホ決済の多くはバーコード決済方式ですが、Apple PayはFeliCaを使ったタッチ決済が可能です。

Apple Payの特徴
  • 店舗での買い物やアプリ・ウェブ上の決済に利用できる
  • FeliCaを使ったタッチ決済が可能

Apple Payが使えるのは、iPhone7以降のiPhoneと、Apple Watch Series2以降のApple Watchです。

より詳しい対応デバイスや使用場所については、以下の表を参考にしてください。

項目使えるデバイス・カード・場所
使えるデバイス(交通機関・店舗で使えるデバイス)Face ID 搭載モデルの iPhone
Touch ID 搭載モデルの iPhone (iPhone 5s を除く)
Touch ID または Face ID 搭載モデルの iPad Pro
Touch ID または Face ID 搭載モデルのiPad Air
Touch ID または Face ID 搭載モデルのiPad
Touch ID または Face ID 搭載モデルのiPad mini
Apple Watch Series 1 および 2 以降
Apple Watch (第 1 世代)
Touch ID 搭載モデルの Mac
2012 年以降に発売された Mac モデル (ただし Apple Pay が有効になっている iPhone または Apple Watch が必要)
登録できるカードSuica、クレジットカード、プリペイドカード
使える場所交通機関、店舗、アプリ、ウェブ

Apple Payのメリット

Apple Payのメリットは、主に以下の3つです。

  • タッチで簡単に決済できる
  • クレジットカードだけでなく、プリペイドカードも登録できる
  • Suicaを「エクスプレスカード」に登録すれば、認証なしで使える

使い方としては、Androidの「おサイフケータイ」のiPhone版と言えるでしょう。

iPhoneを使っていてキャッシュレス化をしたい場合には、ベストな決済方法と言えるでしょう。

もちろんApple WatchでApple Payを使うのも便利なのでおすすめです。

楽天カードとは

楽天カード お買い物パンダ

楽天カードとは、楽天カード株式会社が提供しているクレジットカードの総称です。

楽天カードの特徴とは、どのようなものがあるでしょうか。

楽天カードの特徴
  • 入会費・年会費ともに永年無料
  • 提携店舗数が多い
  • 楽天ポイントへの還元率が高い
  • 選べるデザインが豊富

入会費や年会費がかからず、入会審査の難易度も低いので、利用者数も多いです。

2019年3月には利用者が1,700万人に到達しました。

Apple Payに登録できる楽天カードの種類

2016年10月から、楽天カードがApple Payに設定できるようになりました

ただし、楽天カード(クレジットカード・プリペイドカード)が、すべてApple Payに登録できるわけではありません。

Apple Payに登録できるのは以下の5種類ですので、楽天カードを比較してご検討ください。

  • 楽天カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード

主要なカードは対応していますが、「楽天バーチャルプリペイドカード」などは登録できないので、注意しましょう。

Suicaが設定できるのがApple Payのメリットのひとつですが、同じく電子マネーカードの「楽天Edy」は設定できません

Apple payで楽天カードをもっとお得に使おう

Apple Payを楽天カードに設定する手順、実際の使い方、楽天ポイントの貯め方・使い方を解説しましたが、いかがだったでしょうか。

今回の記事の内容の中でも、特に注目してほしいポイントをまとめます。

Apple Payで楽天カードを利用するポイント
  • Apple Payに楽天カードを設定すると、さまざまなメリットがある
  • 設定は「楽天カードアプリ」もしくは「Walletアプリ」から
  • Apple Payの買い物で楽天スーパーポイントが貯まる
  • 「楽天PointClubアプリ」を活用しよう

新しくApple Payに設定することでポイントがもらえる、楽天カードのキャンペーンなども頻繁に行っています。

楽天カードを持っていて、iPhone、Apple watchを使っている人は、ぜひApple payに設定して使ってみてください。

毎日の買い物がもっと楽で簡単になりますよ。

楽天モバイルは今なら1年間無料で利用可能。年会費無料の楽天カードはポイント最大16倍でザクザクポイントが貯まります。

この記事を書いた人
yairo
yairo
関東出身、東京、四国を経て関西へ。小学生時代親のPCでポケモン掲示板に入り浸っていたのがインターネット世界への入り口。携帯落としがちなのでとにかく頑丈なG'zOneを長年愛用していたが、結局今はiPhone SEに。スマホも荷物も小さく身軽にしたい派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ