Apple Payに取り込んだSuicaをカードに戻すことは可能?残額はどうなる

Apple Payに取り込んだSuicaをカードに戻すことは可能?残額はどうなる

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Apple Payに取り込んだSuicaをカードに戻す方法まとめ

今回は「Apple Payに取り込んだSuicaをカードタイプのものに戻すことはできるのか」をテーマにしてみていきました。

カードとして発行したSuicaを一度Apple Payに取り込んでしまうと再び戻すことはできません。

そのため、Apple Payに取り込む際にはよく考えるようにしてください。

それでも、どうしてもカードタイプのものを利用しなければならなかったときのために、覚えておきたいポイントは次の通りです。

Suicaカードを新規発行してApple PayのSuicaを払い戻すのが唯一の方法

SuicaをApple Payに取り込んだ後にカードが必要になった場合、新規発行するしかないので駅にいって発行してください。

それに伴ってApple PayのSuicaが不要になる場合は、別途アプリ上から払い戻し手続きをしましょう。

ただし、払い戻しした金額が振り込まれるまでには時間がかかるので注意が必要です。

Apple Payにカードを取り込まないのが最もオススメ

後でカードタイプのSuicaが必要になる可能性がある場合、Apple Payにカードを取り込まずに、新規発行するのが最もオススメといえるでしょう。

そうすることによって、Apple PayのSuicaとSuicaカードの2つを保有でき、後でカードが必要になった場合でもすぐに使えます。

ただし、Suicaは最後の利用日から10年間利用しないと失効するので注意しましょう。

やっぱりカードは不要だと思った場合は、失効していない限りJR東日本の駅の窓口で払い戻しできます。

このように、一旦Apple PayにSuicaを取り込んでしまうと二度と元に戻すことはできません。

新規発行して払い戻しするなどの手間がかかるので、メリット・デメリットをよく考えてから取り込むようにしましょう。

また、iPhoneの回線を解約する場合などは払い戻してカードタイプを利用するのが一番ですが、単純に使い分けたい場合は、Apple Pay内で複数のSuicaを保有することもできるのでこちらも検討してみてください。

Apple PayでSuicaを利用するのは便利ですが、カードタイプに戻すことはできないなどのデメリットもあるので、あらかじめしっかりチェックしておくことをオススメします。

スマホ決済|今さら聞けないApple Pay・NFC・FeliCa・おサイフケータイの違い

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ