Apple Pencilに新型登場か?Appleが新ジェスチャーの特許を出願

  • 2022年8月20日
  • by.nuko

Apple Pencil

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

現地時間の2022年8月11日、米国特許商標庁(USPTO)は、Appleが出願したApple Pcencilの新しい2つのジェスチャーに関する特許内容を公開しました。

トップ画像引用元:Apple Pencil – Apple(日本)

「スライド」「ローリング」のジェスチャーを導入

Apple Pencilの特許画像

画像引用元:USPTO

公開されたApple Pencilの特許では、新たなセンサーについてと、「スライド」「ローリング」の2つのジェスチャー機能が導入される旨が記されています。

スライドは既存のタッチセンサー部分をなぞる

新たに追加される「スライド」は、Apple Pencil第2世代にすでに搭載されているタッチセンサー部分を、指でなぞる操作ができるようになります。

特許内容はハードウェアの挙動に関するものなので、iPadOSやアプリ各アプリでどんな機能が割り当てられるかは不明です。

ただ、指でスライドする動作なら、ノートアプリやお絵描きアプリのペンのサイズ変更がしっくり来ます。

また、Apple専門の海外メディア「Patently Apple」では、スライド機能では「色・サイズ・幅・厚さ」などの変更に加え、アンドゥ・リドゥやコピー・ペーストが使えるようになると予想しています。

ローリングは末端部分に追加

また、ペン先とは反対側の末端部分にも新たなセンサーが追加され、円を描くようになぞる「ローリング」ジェスチャーが利用できるようになります。

こちらのジェスチャーは、画面の拡大縮小や、音量調節などに利用できそうです。

Patently Appleでは、ローリングの拡大縮小は、外部デバイスに映したオブジェクトも対象にできると予想しています。

ソース: Patently Apple

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!