Apple Trade Inの流れや下取り価格を解説|メリット・デメリットは?

  • 2020年8月31日
  • by.a-sato

Apple Trade In

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Apple Trade InはAppleの下取りサービスで、キャリアに拘らず不要になったiPhoneなどのiOS端末(画面割れも可)を下取りに出すことができます。

その下取り額はApple Storeギフトカードとして還元されます。

今回は、Apple Trade Inの手続きの流れやキャンセル方法、問い合わせ先などについて詳しく解説していきます。

併せて、Apple Trade Inのメリットやデメリットについても触れていくので、是非参考にしてください。

Apple Trade Inのポイント
  • Appleの下取りサービス
  • iPhone以外にもMacやApple Watchなども対象
  • 下取り額はApple Storeギフトカードとして還元
  • 下取り対象外でも無料リサイクルが可能

トップ画像引用元:Apple Trade In – Apple(日本)

Apple Trade Inとは

Apple Trade In

画像引用元:Apple Trade In – Apple(日本)

スマホの下取りと聞くと、ドコモやauなどのキャリアのサービスであるイメージが強いですよね。

ですがAppleでも「Apple Trade In」というサービス名で取り扱っています。

この章では、Apple Trade Inとは一体どのようなものなのか詳しく見ていきましょう。

Appleの下取りサービス

Apple Trade Inは、Appleでの下取りサービスです。

キャリアで通常行われている下取りと同じように、不要になったスマホを買い取ってもらうことができます。

機種変更や乗り換えのタイミングでスマホを変えるとどうしても今まで使っていたスマホの処理に悩みますよね。

このような下取りサービスであれば、今まで使っていたスマホを無駄にすることなく、お得に処分することができます。

下取り額分をApple Storeギフトカードにて還元

ドコモやau、ソフトバンクで取り扱われている下取りサービスを使って下取りをする人も多いですよね。

キャリアで下取りサービスを利用すると、下取り額を月々の割引やポイントとして還元することができます。

それにより毎月の料金が安くなったり、新しく購入するスマホの機種代金に充てることができます。

Apple Trade Inでは、下取り額はApple Storeギフトカードとして還元されます。

そのため、次に購入するiPhoneなどのiOS端末をお得に購入することができるようになります。

用途が限られているので、あまり利便性が高いわけではありませんが、iPhoneの買い替えのタイミングでApple Trade Inを利用するのが1番お得だと思われます。

回収したiPhoneは再販売されるかリサイクル処理される

下取りに出したiPhoneなどのiOS端末は、Appleが回収した後にクリーニングを行います。

その後、再販売できるものは中古端末として再度ユーザーの手に渡るようになります。

また、再販売できる状態ではないものについては、スマホ内の貴重な金属(レアメタル)を取り出してリサイクル処理が行われます。

Apple Trade Inの対象端末・下取り価格

iPhone11-バッテリー

画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

下取りで1番気になるのはそれぞれの機種の下取り相場だと思います。

この章では、Apple Trade Inの対象端末とそれぞれの下取り額を調べてみました。

ただし、下取り額は時期によって変動するので、必ずしも下記にて解説する内容がずっと続くとは限りません。

Apple Trade Inの対象端末

まずはApple Trade Inの対象端末からチェックしていきましょう。

Apple Trade Inの対象端末は下記の通りです。

Apple Trade Inの対象端末
  • iPhone
  • iPad
  • Macまたは他社製のコンピューター
  • Apple Watch

iPhoneやiPad、Mac、Apple Watchなど、Appleの自社製品はもちろん、他社製のコンピューターも下取り対象となっています。

コンピューターの処分に困っている人にもとても便利ですよね。

Apple Trade Inの下取り価格

次に、Apple Trade Inの下取り価格をそれぞれ調べました。

ここではiPhone・iPad・Mac・Apple Watchの価格を記載しています。

iPhoneの下取り価格

機種名最大下取り額
iPhone XS Max54,000円
iPhone XS47,000円
iPhone XR36,000円
iPhone X33,000円
iPhone 8 Plus28,000円
iPhone 820,000円
iPhone 7 Plus19,000円
iPhone 712,000円
iPhone 6s Plus10,000円
iPhone 6s7,000円
iPhone 6 Plus6,000円
iPhone 64,000円
iPhone SE(第1世代)4,000円

iPadの下取り価格

機種名最大下取り額
iPad Pro60,000円
iPad22,000円
iPad Air27,000円
iPad mini22,000円

Macの下取り価格

機種名最大下取り額
MacBook Pro70,000円
MacBook Air50,000円
MacBook31,000円
iMac67,000円
Mac Pro60,000円
Mac mini43,000円

Apple Watchの下取り価格

機種名最大下取り額
Apple Watch Series 413,000円
Apple Watch Series 39,000円
Apple Watch Series 25,000円
Apple Watch Series 13,000円

上記の下取り額はあくまで最高額であり、実際には額が下がる恐れもあります。

手続き前に自分が持っている端末の下取り額の見積もりが可能なので、一度チェックしてみると良いでしょう。

画面割れなどの破損が見られる場合は減額対象

前述で最高額と解説したように、画面割れや故障などが見られる場合は額が下がる恐れがあります。

公式サイトには画面割れ端末の相場の記載はありませんでした。

そのため、もしもスマホが万全な状態でない場合は、見積もり時にどのくらいになるのか確かめる必要があります。

下取り対象外のデバイスも無料でリサイクル

損傷が激しく下取り対象外になってしまう可能性もありますが、その場合もただ断られるのではなく無料でリサイクルしてもらうことができます。

特にコンピューターなどの処分は基本的に有料となるケースが多いので、例え下取りができなかったとしても無料で処分できるので大変便利です。

処分に困っている端末があるのであれば、一度申し込んでみるのも良いかもしれませんね。

Apple Trade Inでの下取りの流れ

それでは実際にApple Trade Inを利用する際の流れを見てみましょう。

今回はPCブラウザ上での操作で例を挙げてみます。

画像と一緒に解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. Apple Trade Inのページを開き、「Appleでの下取り」を選ぶ(ブラウザで名称を検索すればトップに表示されます)
    Apple trade inの利用手順
  2. 下取りしたいデバイスの種類を選ぶ
    Apple trade inの利用手順
  3. 下取りしたいデバイスの製造番号やモデル、シリアル番号を入力する
    Apple trade inの利用手順
  4. ロボットではないことを確認して次に進む
    Apple trade inの利用手順
  5. 表示されたデバイスの容量やカラー、端末の状態を選択し「次へ」を選ぶ
    Apple trade inの利用手順
  6. 下取りの見積もり金額を確認して「次へ」を選択する
    Apple trade inの利用手順
  7. メールアドレスを入力し、認証コードを発行する
    Apple trade inの利用手順
  8. 登録したメールアドレス宛に届いた認証コードを入力して「登録」を選ぶ
    Apple trade inの利用手順
  9. 先ほど入力したデバイスの製造番号などを確認して「登録」を押す
    Apple trade inの利用手順
  10. お客様情報を入力する
    Apple trade inの利用手順
  11. 注意事項を確認して「次へ」を押す
    Apple trade inの利用手順
  12. 所有権についての注意事項やデータ消去、アクティベーションロック解除などの確認事項をチェックする
    Apple trade inの利用手順
  13. 利用規約を確認して「同意する」を押す
    Apple trade inの利用手順
  14. 申込完了後、受付番号が発行されるので大事に保管する
    Apple trade inの利用手順
  15. 申し込み日から3~5営業日以内に送付キットが届く
  16. 送付キットが届いた時に本人確認書類を掲示し、専用の端末に生年月日を入力して本人確認を行う
  17. 送付キットにデバイスを梱包し送る
  18. 査定完了後、2営業日程度で登録したメールアドレス宛にApple Storeギフトカードが発行される

送付キットを受け取る際に本人確認書類が必要となります。

住所の記載がない、または入力時の住所と現住所が異なる場合は、公共料金の領収書など現住所の記載がある補助書類が必要となるので注意してください。

また、本人確認書類掲示と一緒に専用のデバイスに生年月日を入力して本人確認を行うので、誤った生年月日を登録しないように、申し込み完了前に必ず再度確認しましょう。

Apple Trade Inをキャンセルする方法

iPhone11Pro

画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple

Apple Trade Inに申し込んだ後、キャンセル手続きができるページがないことに気づきました。

ただ、送付キットを受け取った後にデバイスを送らなければそのままキャンセルとなるようです。

そのため、一度申し込みをしたら送付キットを受け取るまで対応し、そのままデバイスを送らずにキットを放置すれば良いということになります。

Apple Trade Inに出す前に

Apple Trade Inに出す過程では、iPhoneのシリアル番号が必要になります。

iPhoneのシリアル番号は、iPhoneの「設定」から確認できます。

iPhoneの画面が映らない…という場合には、本体の箱などでも確認が可能です。

ここではiPhone上での手順を確認していきましょう。

  1. 「設定」を開いて「一般」をタップ
    iPhoneのシリアル番号確認
  2. 「情報」をタップ
    iPhoneのシリアル番号確認
  3. シリアル番号や機種名を確認
    iPhoneのシリアル番号確認

長押しすればコピーもできます。

これらを注文時に入力すればオッケーです!

Apple Trade Inの問い合わせ先

iPhone 11

画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

Apple Trade Inのサービスは、Appleのパートナー会社であるBrightstar Japan株式会社が運営しています。

そのため、Apple Storeギフトカードがいつまで経っても届かないなどの問い合わせをAppleにしても、状況を把握することができません。

Apple Trade Inで何か不明点や困ったことがあった時には、Brightstar Japan株式会社に問い合わせる必要があります。

届いた確認メールに記載されているメールアドレスや電話番号に問い合わせるようにしましょう。

Apple Trade Inのメリット

iPhone SE(第2世代)

画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)

ここまでApple Trade Inのサービス内容や下取り相場、手続きの手順について解説してきました。

次に、具体的にどのようなメリットがあるのか詳しく解説していきます。

Apple Trade Inのメリットは下記の通りです。

Apple Trade Inのメリット
  • キャリアを問わず一律の下取り額で取引が可能
  • MacやiPadなどの他のデバイスも使える
  • 下取り対象外でも無料リサイクルができるのでお得に処分できる

キャリアは一切関係ない

ドコモやau、ソフトバンクの場合だと、購入したキャリアによって下取り相場が変動することもあります。

しかしApple Trade Inではキャリアは関係なく、どこで購入したとしても一律の下取り額をもらうことができます。

乗り換えや機種変更の時に、キャリアとAppleの下取り額を調べて比較し、高い方を選ぶのがおすすめです。

iPhone以外のデバイスも対象になる

Appleの下取り額と聞くと、どうしてもiPhoneのイメージが強くなりますが、iPadやMac、Apple WatchなどのiOS端末も対象となっています。

そのため、古くなって処分に困っている端末があれば、Apple Storeギフトカードに還元できるので非常にお得です。

今後新しいiPhoneなどのiOS端末を購入する際に、機種代金に充てることができます。

下取り対象外でも無料リサイクルができる

下取り対象端末を見る限り、ある程度古い機種でも下取り対象であることがわかりました。

今まで使っていたスマホが数千円になるのであればかなりお得ですよね。

また、例え下取り対象外になったとしても無料でリサイクル処理をしてくれるので、コンピューターなど処理するためにお金がかかるような端末もお得に処分できます。

自分が使っていた端末から金属を取り出し、その金属が新たな精密機器などの部品に再利用されるので、ただ捨てるだけではなく有用な使い道があるという点も嬉しいです。

Apple Trade Inのデメリット

iPhone SEのホームボタン

画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)

一方で、Apple Trade Inには少し利用を考え直すようなデメリットもあります。

特に現金やポイントで還元されるわけではない点は、少し残念かもしれません。

この章では、Apple Trade Inに一体どのようなデメリットがあるのかまとめました。

Apple Trade Inのデメリット
  • 還元方法がApple Storeギフトカードのみ
  • 他の買取サービスの方が高額である可能性もある

還元方法がApple Storeギフトカード

Apple Trade Inの還元方法は、Apple Storeのギフトカードです。

基本的には、Apple Storeで取り扱われている製品を購入する際に使えるギフトカードになります。

そのため「下取り額の使い道があまりに限られている」という点が大きなネックとなっています。

Apple Storeギフトカードの使い道
  • Apple Storeで使う
  • Apple Store Onlineで使う
  • 0120-993-993への電話による買い物に使う

このように、新しいiPhoneなどの端末やアクセサリー類を購入することに利用することになります。

注意して欲しい点は、「App Store(アプリ)やiTunes Storeでは利用できない」ことです。

iTunes Cardとはまた別物になるので、アプリなどの課金に利用しようと考えている人は気をつけてください。

他の買取サービスの方が高額である可能性が高い

どの下取りサービスにも言えることですが、他社の相場の方が高い可能性が大いに考えられます。

特に、キャリアの下取りサービスでよく見られることですが、画面割れなどの破損があると一気に相場が下がってしまいます。

その場合はジャンク品の買取サービスを利用した方がお得になる傾向にあります。

無料で処分したい、下取り額がつけばラッキー程度に考えているのであれば問題ありません。

しかしなるべくお得にしたいのであれば、Apple Trade Inだけでなく他社の相場もしっかりとチェックすることをおすすめします。

今まで使っていたApple製品をApple Trade Inでお得に処分しよう

Apple Trade In

画像引用元:Apple Trade In – Apple(日本)

最後に、Apple Trade Inのポイントについてまとめます。

Apple Trade Inは、iPhoneをはじめとするiOS端末と他社製のコンピューターを下取りに出せるサービスです。

また下取り対象外だったとしても、無料リサイクルが可能です。

Apple Trade Inのポイント
  • Appleの下取りサービス
  • iPhone以外にもMacやApple Watchなども対象
  • 下取り額はApple Storeギフトカードとして還元
  • 下取り対象外でも無料リサイクルが可能

下取り額はApple Storeギフトカードとして還元されるので、新しい端末を購入したい時などに利用することをおすすめします。

有料になってしまうことが多いコンピューターの処分も、Apple Trade Inでは無料でリサイクルしてくれるので、処分に困っている人は一度申し込むのも良いかもしれません。

ただし、Apple Storeギフトカードは、基本的にApple Storeで販売されている製品が対象となるので、アプリ課金などを検討している人は注意が必要です。

また、下取り相場も他社の方が高い可能性もあるので、Apple Trade Inだけでなく他社の下取りや買取サービスと比較して、1番お得になるサービスを選ぶようにしましょう!

iPhoneが故障した時の修理の料金はいくら?正規と業者の費用の違い

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ