Apple Watchを中古で買う時の注意点|購入前に確認するべきポイント3つ

  • 2021年10月21日
  • by.annacom14

Apple watch

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、Apple Watchを中古で買う際の注意点について解説しています。

Apple Watchは、iPhoneを持ち歩かなくてもさまざまな機能が利用できることから、非常に人気を集めています。

しかし、新品で購入すると4万円以上するため、決して安い買い物ではありません。

欲しいと思ってはいるものの、購入を迷っている人もいるでしょう。

そんな人におすすめなのが中古のApple Watchです。

新品より安く購入できるため、試しに使ってみたいという人にもぴったりですよ。

ただし、中古のApple Watchを安心して使うために、購入前に確認しておくべきポイントが3つあります。

人気記事

最新のApple Watch(アップルウォッチ)である「Apple Watch Series 7」の性能や予約開始日・発売日も発表され、購入を検討している人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、Apple Watchを安く買う方[…]

Apple-Watrch-7
Apple Watchを中古で買うときの注意ポイント
  • アクティベーションロックが解除されているか確認する
  • 画面の傷やケースに腐食がないかチェック
  • GPS+Cellularモデルの場合は別途オプション契約が必要

中古のApple Watchの購入を検討中の人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

信頼と実績はピカイチ!

トップ画像引用元:Apple Watch Series 7|Apple (日本)

Apple Watchを中古で買う時の注意点

注意点
さっそく、Apple Watchを中古で買う際の注意点について解説していきます。

Apple Watchを中古で購入すれば、新品よりも安く購入できます。

少しでも安く手に入れたい人にとっては、メリットが大きい購入方法と言えるでしょう。

ただし、安さだけで購入を決めるのはおすすめできません。

中古品を購入するときは、以下の3つのポイントを確認するようにしましょう。

Apple Watchを中古で買うときの注意ポイント
  • アクティベーションロックが解除されているか確認する
  • 画面の傷やケースに腐食がないかチェック
  • GPS+Cellularモデルの場合は別途オプション契約が必要

アクティベーションロックが解除されているか確認する

中古のApple Watchを購入する際、最も注意しなければならないのが「アクティベーションロック」です。

アクティベーションロックとは、Apple Watchを紛失・盗難した際、第三者に使われないように本体にロックをかける機能です。

万が一のときも内部のデータを盗まれる心配がなく、安心して利用できます。

しかし、中古のApple Watchにアクティベーションロックがかかっていると、購入したのに使えないというトラブルが起こってしまいます。

アクティベーションロックの解除にはApple IDとパスワードが必要なため、設定した元の利用者でなければ解除できません。

Apple Watchを中古で購入する際は、必ずアクティベーションロックが解除されているのか確認するようにしましょう。

とくに、ネットオークションやフリマアプリなど、個人間でやり取りする場合は要注意です。

アクティベーションロックに関する知識のないユーザーが、よく理解せずに出品していることがあります。

購入後にトラブルになるケースが多いため、事前にしっかり確認してください。

画面の傷やケースに腐食がないかチェック

Apple Watchは腕に身に着けて使用するものなので、キズがつきやすい傾向があります。

キズがつきにくいよう強化ガラスなどが使われていますが、それでも細かいキズなどがついているものが多いです。

あまりキズが大きいと見た目が良くないだけでなく、操作に支障が出る場合も。

できるだけキズが少ない美品を選ぶようにしましょう。

また、Apple Watchのケース部分にもキズや腐食がないかしっかりチェックするのも忘れずに。

汗や水がかかってしまい、それが腐食の原因になってしまう可能性があります。

アルミニウム素材の場合、腐食した部分から表面が剥げてしまうことがあるので念入りにチェックしておきましょう。

GPS+Cellularモデルの場合は別途オプション契約が必要

Apple Watchには、「GPSモデル」と「GPS+Cellularモデル」の2タイプがあります。

Apple Watchの通信機能
  • GPSモデル:iPhoneとペアリングして通信する
  • GPS+Cellularモデル:単体で通信が可能

「GPSモデル」は、iPhoneが近くにないと通信ができません。

Apple Watchだけでは、通知の確認や通話などは行えないので注意してください。

一方、「GPS+Cellularモデル」は、単体で利用できます。

iPhoneを持っていなくても、通知の確認や通話、音楽のストリーミング再生などが可能です。

たとえば、ジョギング中などiPhoneを持ち運べないとき、Apple Watchさえあれば電話応対ができます。

Apple Watchだけでいろいろな機能を使いたいという人は、「GPS+Cellularモデル」の購入を検討しましょう。

ただし、「GPS+Cellularモデル」を利用するには、iPhoneとは別にモバイルデータ通信の契約が必要です。

大手キャリアではApple Watch向けのオプションサービスを提供しているので、そちらをチェックしてみてください。

中古おすすめモデル3つ

Apple Watch Series 5

画像引用元:Apple Watch Top

Apple Watchは、2015年に初代Apple Watchが発売されて以降、現在まで8つのシリーズが発売されています。

新モデルが登場するたびに性能・機能がアップし、より使いやすいものへと進化してきました。

しかし、人によって重視するポイントは異なります。

価格を重視する人もいれば、スペックを重視する人もいるでしょう。

ここでは、中古のApple Watchでおすすめのモデルを3機種ご紹介します。

中古Apple Watchのおすすめモデル
  • 低価格で購入できるSeries 3
  • 常時表示が可能になったSeries 5
  • 子どもや高齢者に持たせるならSeries 6

低価格で購入できるSeries 3

Apple Watch Series 3

画像引用元:Apple Watch Series 3

価格重視なら、Series 3がおすすめです。

Series 3は2017年9月22日に発売されました。

Apple Watch Series 3
ディスプレイRetinaディスプレイ
ケースサイズ38mm/42mm
重さ
※アルミニウム
GPSモデル
38mm:26.7g
42mm:32.3g
素材アルミニウム
ステンレス
セラミック
プロセッサS3
バッテリー駆動時間最大18時間
容量GPSモデル:8GB
GPS+Cellularモデル:16GB
耐水50m
Apple Pay対応

初めてGPS+Cellularモデルが登場したシリーズで、Apple Watch単体でも通知の受信などが可能になったことで話題になりました。

発売されてから4年以上が経過していますが、現在でもGPSモデルならAppleストアで購入可能な現行モデルです。

フィットネス・ヘルスケア機能を搭載しており、1日の消費カロリーや運動時間、睡眠時間を記録できます。

50メートルの耐水性能もあるので、スポーツシーンでも快適に使用できますよ。

Series 3の販売価格

新品(Appleストア)
38mm(GPSモデル)22,800円~
42mm(GPSモデル)22,800円~
中古(イオシス)
38mm(GPSモデル)17,800円~
42mm(GPSモデル)17,800円~
38mm(GPS+Cellularモデル)-
42mm(GPS+Cellularモデル)16,800円〜

中古なら1万円台で購入可能です。

Apple Watchをまずは試してみたいなど、初心者にも好適と言えるでしょう。

常時表示が可能になったSeries 5

Apple Watch

画像引用元:Apple Watch Series 5 – デザイン – Apple(日本)

価格よりも利便性を重視する人は、Series 5をご検討ください。

Series 5は2019年9月20日に発売されました。

Series 3より画面が大きくなり、スタイリッシュなデザインを採用しています。

Apple Watch Series 5
ディスプレイRetinaディスプレイ
ケースサイズ40mm/44mm
重さ
※アルミニウム
40mm:30.8g
44mm:36.5g
素材アルミニウム
ステンレス
チタニウム
セラミック
プロセッサS5
バッテリー駆動時間最大18時間
(常時表示)
容量GPSモデル:32GB
GPS+Cellularモデル:32GB
耐水50m
Apple Pay対応

Series 5は、操作していないときもスリープ状態にならない常時表示機能を搭載。

画面の通知やワークアウトの活動量などを常に確認できます。

また、コンパスを新たに搭載し、地図アプリ利用時に方向が表示されるようになるなど利便性もアップしています。

性能面では、Series 3と比べて処理速度が2倍向上しました。

処理性能がアップしたため、より快適に操作できますよ。

Series 5の販売価格

中古(イオシス)
40mm(GPSモデル)23,800円~
44mm(GPSモデル)34,800円~
40mm(GPS+Cellularモデル)46,800円~
44mm(GPS+Cellularモデル)34,800円~

新品ではもう入手できないシリーズですが、中古なら2万円台~購入できます。

購入を検討している人は、中古ショップをチェックしてみてください。

子どもや高齢者に持たせるならSeries 6

Apple Watch Series 6

画像引用元:Apple extends the Apple Watch experience to the entire family – Apple

Series 6は、子どもや高齢者に連絡用におすすめです。

Series 6は2020年9月18日に発売されました。

Apple Watch Series 6
ディスプレイRetinaディスプレイ
ケースサイズ40mm/44mm
重さ
※アルミニウム
40mm:30.5g
44mm:36.5g
素材アルミニウム
ステンレス
(GPS+Cellularモデル)
チタニウム
ステンレス
(GPS+Cellularモデル)
プロセッサS6
バッテリー駆動時間最大18時間
(常時表示)
容量GPSモデル:32GB
GPS+Cellularモデル:32GB
耐水50m
Apple Pay対応

Series 6は、Series 5より性能が20%もアップしています。

処理速度が速くなり、スムーズに操作ができます。

常時表示時の画面も2.5倍明るくなり、より見やすくなったのもポイントです。

機能面では、新たに血中酸素濃度の測定が可能になりました。

血中酸素濃度を測定することで、呼吸器系や心臓のリスクを調べることができます。

心拍数もチェックできるため、体の異常をすぐに検知することも可能。

健康に気をつかっている人に最適な1台と言えるでしょう。

また、Series 6はファミリー共有設定に対応しました。

これにより、1台のiPhoneで複数のApple Watchを利用できるようになります。

たとえば、子どもにApple Watchを持たせておけば、親のiPhoneから簡単に居場所をチェックできます。

腕につけておくので失くす心配がありませんし、何よりもiPhoneを持たせるより維持費が安いのが魅力です。

体の状態を簡単にチェックできるので、高齢者に持たせるのにもおすすめです。

Series 6の販売価格

中古(イオシス)
40mm(GPSモデル)33,800円~
44mm(GPSモデル)37,800円~
40mm(GPS+Cellularモデル)43,800円~
44mm(GPS+Cellularモデル)41,800円~

中古なら3万円台~購入できますよ。

中古Apple Watchが購入できるおすすめショップ

イオシス

画像引用元:初めての方へ | 中古スマホ・タブレット販売の【イオシス】

最後に、中古のApple Watchが購入できるおすすめのショップをご紹介します。

Apple Watchを中古で購入するなら、中古販売店の「イオシス」がおすすめです。

イオシスのおすすめポイント
  • 創業20年以上の販売実績がある
  • 常に2万台以上の豊富な在庫を揃えている
  • 実店舗もあり、実物をチェックできる
  • 保証サービスが充実している

イオシスは、スマホなどのデジタル機器の買取・販売を行う中古ショップ。

常に2万台以上の在庫を揃えているので、欲しい機種が見つけやすいのも人気の理由です。

ネット販売を行う中古ショップですが、東京・大阪・名古屋・福岡に実店舗もあります。

実物を見てから購入を検討したい人にもおすすめですよ。

イオシス最大の魅力は、充実した保証サービスにあります。

中古商品は3ヶ月、未使用品なら6ヶ月間の長期保証がついています。

万が一、購入した商品に不具合があっても、丁寧に対応してもらえるので安心ですね。

最新のApple Watchも中古で買える?

Apple Watch Series7

画像引用元:Apple Watch Series 7 – Apple(日本)

2021年10月15日に、最新シリーズのApple Watch Series 7が発売される予定です。

「どうせ購入するなら最新モデルが欲しい」と考える人もいるでしょう。

しかし、発売当初は価格が高く、なかなか手が出せません。

最新のApple Watchを少しでも安く手に入れたいなら、中古がおすすめです。

発売後少し時間が経てば、イオシスなどの中古ショップでSeries 7の中古品が販売されるようになるでしょう。

Apple Watchの購入を迷っている人は、新品より安く購入できる中古品の購入も含めて検討してみてくださいね。

Apple Watchを中古で買うときの注意ポイント
  • アクティベーションロックが解除されているか確認する
  • 画面の傷やケースに腐食がないかチェック
  • GPS+Cellularモデルの場合は別途オプション契約が必要
信頼と実績はピカイチ!

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
宮城県出身の元キャリアショップ店員。ドコモ・au・ソフトバンクでの勤務経験があり、その知識を活かしウェブライターに転身。 契約中のキャリアはドコモ。スマホはiPhone、タブレットはiPadを使用。 漫画やアニメを観るのが毎日の楽しみ。ダイエッターでもあり、3ヶ月で10kgの減量に成功。美ボディを目指して奮闘中!