QT mobile(QTモバイル)の料金プラン解説!適切なプランをシミュレーション

QT mobile(QTモバイル)の料金プラン解説!適切なプランをシミュレーション

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

格安MVNO業者のQT mobile(以下QTモバイル)は、ドコモ、au、ソフトバンクそれぞれの回線に対応しているのが売りです。

対応している回線が多いので、キャリア問わずMNPで乗り換えられますが、料金プランも必然的に種類が多くなっています。

今回は、QTモバイルにMNP含む新規契約をする方に、QTモバイルの料金プランの解説とシミュレーションを紹介していきます。

QTモバイルの料金プラン解説
  • QTモバイルはドコモ、au、ソフトバンク回線専用のプランを用意
  • データSIMは700~6,200円、データ通話SIMは890円~7,100円
  • 通話無制限・10分かけ放題は通話回数や通話時間で判断
  • スマホ等も同時購入で機種代金も上乗せされる
  • 6GBのプランを中心に契約するプランを考えよう

画像引用元:【公式】QTmobile(QTモバイル) – 格安スマホ・格安SIMはQTモバイル

QTモバイルはドコモ、au、ソフトバンク回線専用の料金プランがある

QTモバイル

画像引用元:格安スマホ初めての方へ|格安スマホ・格安SIMはQTモバイル(QTmobile)

キャリアコース利用開始
~12ヶ月目
月額料金
13ヶ月目以降
月額料金
ドコモ・auデータ+通話890円
~6,690円
1,450円
~6,900円
ソフトバンクデータ+通話1,140円
~6,890円
1,700円
~7,100円
ドコモ・au
ソフトバンク
データ700円
~6,000円
800円
~6,200円

QTモバイルはドコモ、au、ソフトバンクの3つのキャリアに対応したデータSIMプランと、データ通話プランの2種類の合計6種類の料金プランがあります。

料金プランにより使用できるGB数が異なるので、既にスマホを使っている方は、現在使用している通信容量を基に契約するプランを決めましょう。

なお、QTモバイル契約後にドコモ、au、ソフトバンクの回線を切り替える場合は、一旦解約して新規契約を結び直すことになるので注意が必要です。

例えば、QTモバイル内でドコモからau、ソフトバンクからドコモへ回線を変更する場合です。

しかし、同じキャリア契約内でGB数を切り替えるのは解約をする手間がなく、契約を維持したまま、1ヶ月に1回無料で変更する事が可能となっています。

どの料金プランを選ぶかはこれから使うスマホ・タブレットで決めよう

ドコモ、au、ソフトバンクの3つのキャリア回線を選べるのがQTモバイルの特徴ですが、全てのスマホやタブレットが3社のキャリア回線を使える訳ではありません。

SIMフリーのスマホやタブレットは基本3社のキャリア回線が利用可能ですが、キャリアで購入したスマホやタブレットは、SIMロック解除後でも別キャリア回線が使えない事もあります。

事前にQTモバイルの動作確認ページから調べるか、今使っているキャリアと同じキャリア回線を選ぶのが無難です。

契約時の料金プランは1GB、6GB、10GB以上の3択

契約出来る料金プランはGB数の異なるプランですが、この中で選ぶべきは次の3つの内いずれかになります。

  • 1GB
  • 6GB
  • 10GB以上

3GBの料金プランと6GBの料金プランの月額料金は、キャンペーンにより1年間同額となるので、契約初期に3GBを選ぶ理由はありません。

6GBを選ぶ場合、1年後に改めて料金プランを変更するか、乗り換えを検討するようになるでしょう。

1GBを選んで1年契約した場合の月額料金総額シミュレーション結果

キャリア回線初年度年額(コース名)事務手数料(初月のみ)
ドコモ10,680円(データ+音声)
8,400円(データ)
3,341円
au10,680円(データ+音声)
8,400円(データ)
3,230円
ソフトバンク13,680円(データ+音声)
8,400円(データ)
3,337円

1GBの契約を選んで、1年間契約した場合の月額料金は上記のようになり、どのキャリア回線でも最安値です。

1GBの料金プランは月額料金が安いのがメリットですが、動画等を見てしまうとあっという間に1GBに到達してしまい速度制限にかかってしまいます。

自宅にWi-Fi環境がある人か、動画を見ずウェブサイトも滅多に見ず、通話メインでQTモバイルを利用したい人に1GBの料金プランがおすすめです。

6GBを選んで1年契約した場合の月額料金総額シミュレーション結果

キャリア回線初年度の年額(コース名)事務手数料(初月のみ)
ドコモ11,880円(データ+通話)
9,600円(データ)
3,341円
au11,880円(データ+通話)
9,600円(データ)
3,230円
ソフトバンク14,880円(データ+通話)
9,600円(データ)
3,337円

6GBの料金プランなら、1ヶ月に利用出来る通信容量が大幅に増えるので、動画の見過ぎ等に気を付ければ速度制限にかかる事も減ります。

1GBの料金プランから100円プラスして、月々で利用できるデータ容量が5GB増えるので、契約初年度にどのプランを選ぶか迷ったら6GBがおすすめです。

ただ、6GBの料金プランは13ヶ月目以降に大幅に月額料金が値上げされるので、13ヶ月目以降は料金プランの変更か、MNPによる乗り換えを考えた方が良いでしょう。

10GB以上を選んで1年契約した場合の月額料金総額シミュレーション結果

キャリア回線初年度の年額
(コース名+GB数)
事務手数料
(初月のみ)
ドコモ32,280円
(データ+通話+10GB)
56,280円
(データ+通話+20GB)
80,280円
(データ+通話+30GB)
3,341円
au32,280円
(データ+通話+10GB)
56,280円
(データ+通話+20GB)
80,280円
(データ+通話+30GB)
3,230円
ソフトバンク35,280円
(データ+通話+10GB)
58,680円
(データ+通話+20GB)
82,680円
(データ+通話+30GB)
3,337円
ドコモ・au
ソフトバンク
28,800円
(データ+10GB)
48,000円
(データ+20GB)
72,000円
(データ+30GB)
ドコモ:3,341円
au:3,230円
ソフトバンク:3,337円

10GB以上の料金プランになると、毎月のデータ容量にかなり余裕をもって利用できるので、たくさんウェブサイトを見る方におすすめです。

ただ、最大の30GBになるとドコモ、au、ソフトバンクの大容量プランと値段は大差なくなってしまう点に注意が必要です。

ドコモ、au、ソフトバンクのキャリアと違い、1年契約というメリットはありますが、キャリアからMNP転出料を払って契約する価値があるのかどうかをしっかりと見極めましょう。

13ヶ月目以降は料金プランの変更かMNPで乗り換えを検討しよう

QTモバイルはどの料金プランで契約しても、1年後には契約期間満了となり更に月額料金が高くなります。

その為、QTモバイルを継続する場合は、料金プランを変更するか維持の判断が求められますし、MNPで他社に乗り換えるなら契約から13ヶ月目のタイミングになります。

13ヶ月目以降はデータ3GBを選ぶ価値も出てきますが、13ヶ月目以降の料金は、他社の月額料金に比べると高めなので、MNPによる乗り換えが推奨です。

QT mobile(QTモバイル)の評判|速度・料金を他の格安SIMと比較検証

次のページでは、QTモバイルの特徴でもある、通話無制限・10分かけ放題オプションはつけるべきかを考察してみます。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ