QT mobile(QTモバイル)の料金プラン解説!適切なプランをシミュレーション

QT mobile(QTモバイル)の料金プラン解説!適切なプランをシミュレーション

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ドコモキャンペーンバナー

通話無制限・10分かけ放題オプションはつけるべきか?

QTモバイルの通話料は下記のようになっており、『QTモバイル電話』アプリを利用するか否かで30秒につき5円の違いが出てきます。

通話項目金額
アプリ使用時15円/30秒
アプリ未使用時20円/30秒
SMS送信時(国内)1通3円
SMS受信時(国内)0円

1分あたりの通話で30~40円の通話料がかかりますが、月額850円の10分かけ放題と月額2,500円の通話無制限の通話料を割り引く有料オプションもあります。

有料オプションを契約して通話料の割引を行うべきかどうか、シミュレーションをしてみましょう。

通話を滅多にしないならつけなくてOK

電話による通話を滅多にしない人なら、10分かけ放題も通話無制限の有料オプションを付けると損をしてしまうので付ける必要はありません。

通話をする方でも、LINEやSkype等の無料通話はネット回線で通話と関係ないので、そのパターンでも通話量割引の有料オプションは必要ありません。

「たまに短い通話をするぐらいで1ヶ月の通話数は数えるぐらいしかない」という方は、通話料の割引を申込む必要はないと見て差し支えございません。

ドコモキャンペーンバナー

10分以内の通話が多い人に『10分かけ放題』がおすすめ

10分以内の通話の数が多い人は、10分かけ放題を付けた方がお得に利用できるので、申込んだ方がお得です。

携帯電話を仕事で使っている人は発信数も多くなるので、10分かけ放題はビジネスパーソンにおすすめのオプションです。

月の通話時間が60分以上の人は『通話無制限』をつけた方がお得

月額2,500円と有料オプションでも群を抜いて高額な通話無制限オプションですが、その分国内通話が有料チャンネルを除きいくら話しても無料と、特典も強力です。

通話無制限は1ヶ月間の通話時間が60分を超える方、且つ長電話が多い方におすすめの有料オプションです。

60分を超える場合でも、10分以内の通話が多い方は10分かけ放題がおすすめですが、10分を超える通話が多いなら通話無制限オプションがおすすめです。

新規契約時にスマホ購入すると機種代金も上乗せされる

QTモバイルは格安SIMの契約の他にも、同時にスマホやタブレット、モバイルルーターの購入も可能となっております。

新規契約と同時にそれらの端末を購入した場合は、当然ながら機種代金も上乗せされて請求されるのでご注意下さい。

なお、機種代金は一括で請求されるか、24回の分割支払いの内どちらかを選ぶようになっております。

QTモバイルで取り扱っている機器の代金は分割で数百円~数千円程度

QTモバイルで取り扱っている機器を契約同時に分割支払いとすると、毎月数百円から数千円程度の料金上乗せが発生します。

格安MVNO業者なので高額な端末が少ないとはいえ、iPhone 8等のモデルは月々の負担額も高めなので、購入すべきか否かはよく考えてから契約しましょう。

もちろん、スマホやタブレット、モバイルルーターの購入は必須ではないので今使っている機器をそのまま使う場合は機種代金は当然はかかりません。

QTモバイルの有料オプション

QTモバイルの基本料金は、

  • 月額料金プラン(初月契約事務手数料有)
  • 通話料割引オプション(任意)
  • 同時購入の機種代金(任意)

の合算となります。

そして、QTモバイルには様々な有料オプションがあるので、整理してみます。

  • 留守番電話(300円/月)
  • 留守番電話プラス(300円/月) ※ソフトバンク回線のみ
  • ナンバーブロック(100円/月) ※ソフトバンク回線のみ
  • スマート留守電(290円/月)
  • 割り込み電話着信(200円/月)
  • 三者通話(200円/月) ※au回線のみ
  • 迷惑電話撃退サービス(100円/月) ※au回線のみ
  • スマホ安心サポート(300円/月) ※ドコモ、au回線のみ
  • 安心フィルタリング(350円/月)
  • 端末補償サービスワイド(500円/月)

回線によって利用出来る有料オプションも異なってくるので、「有料オプションが必要」か「オプションが申し込める回線なのか」ということも確認しておきましょう。

利用用途別月額料金シミュレーション結果

利用用途料金プラン
+通話割引オプション
1年間の月額料金
最安値で通話を利用データ容量1GB+無し
※ドコモ、au回線
890円/月
標準的に利用データ容量6GB
+10分かけ放題
※ドコモ、au回線
1,840円/月
通話もデータ通信も
たっぷり利用
データ容量30GB
+通話無制限
※ドコモ、au回線
9,190円/月

最安値を狙う料金プラン、標準的な利用方法の料金プラン、データ容量をふんだんに使える高額な料金プランの1年目の料金が上記のようになります。

QTモバイルは、標準的な利用方法で1年間利用するなら、格安MVNO業者の中でもお得に利用出来る結果になっております。

ただ、13ヶ月目以降の値上がりや有料オプションの料金が高いので、節約して利用したい場合、1年後にMNPか料金プランの変更をし、有料オプションは利用しない使い方になるでしょう。

QTモバイルでは6GBプランを基軸に最適なプランを選ぼう

QTモバイルの料金プランは、キャリア回線別から更に通信容量別に枝分かれしており、有料オプションと端末の同時購入の有無で料金が上乗せされる仕組みです。

一見すると複雑に見えますが、まずは今使っているキャリア回線と同じ料金プランから比較検討してみるのが良いでしょう。

その場合は、1年間の料金が安くGB数の多い6GBを基準に据えて考慮してみるのがおすすめです。

QTモバイルの料金プラン解説
  • QTモバイルはドコモ、au、ソフトバンク回線専用のプランを用意
  • データSIMは700~6,200円、データ通話SIMは890円~7,100円
  • 通話無制限・10分かけ放題は通話回数や通話時間で判断
  • スマホ等も同時購入で機種代金も上乗せされる
  • 6GBのプランを中心に契約するプランを考えよう
【2020年】格安SIMおすすめ人気ランキング|料金プランと通信速度で比較

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー
この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ