AQUOS R6とGalaxy S21 Ultraを比較|最強カメラ性能スマホ同士の決着は?

  • 2021年11月9日
  • by.Iris777

AQUOS R6 ブラック 外観

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

「カメラ性能にはこだわりたい!」と思う人におすすめのスマホが「AQUOS R6」と「Galaxy S21 Ultra」の2つです。

そこで今回は、2機種の特徴を徹底比較して、どちらがおすすめなのかを解説します。

この2つを検討していて、どちらを購入するかで迷っている人は必見です。

2021年最新のハイエンドスマホを購入したい人は見逃せません。

AQUOS R6とGalaxy S21 Ultraの比較まとめ
  • AQUOS R6:ライカと共同開発した一眼カメラが魅力
  • Galaxy S21 Ultra:108MPの高解像度カメラと10倍光学ズームが魅力
  • どちらもフラッグシップスマホなので実用面で問題なし
  • Galaxy S21 UltraはBand 18に非対応な点に要注意

トップ画像引用元:AQUOS R6 SH-51B | スマートフォン(5G) | 製品 | NTTドコモ

AQUOS R6がおすすめな人

AQUOS R6

画像引用元:AQUOS R6 のカメラは見たままの世界を写す|AQUOS:シャープ

AQUOS R6は下記に該当する人におすすめです。

AQUOS R6がおすすめの人
  • 高精細で美しい写真を撮影したい人
  • microSDを利用したい人
  • 滑らかで美しい映像を楽しみたい人
  • 少しでも小型のスマホがいい人
  • au回線で利用する予定がある人

カメラ性能を重視したい人はもちろん、microSDを利用したい人や240Hzディスプレイに魅力を感じる人にも向いています。

ほかにも、対応バンドの関係でGalaxy S21 Ultraはau回線では満足に使えない可能性があるため、auで利用予定ならAQUOS R6を選びましょう。

Galaxy S21 Ultraがおすすめな人

Galaxy S21 Ultra

画像引用元:Galaxy S21 Ultra 5G (ギャラクシーS21ウルトラ5G)|Galaxy公式(日本)

一方でGalaxy S21 Ultraが向いているのは、下記に該当する人です。

Galaxy S21 Ultraがおすすめの人
  • 8K動画や光学ズームを使った写真を撮影したい人
  • 256GBの内部ストレージが必要な人
  • より高解像度のディスプレイを求める人
  • PCと連携させて使いたい人
  • Sペンを使いたい人

特にSペンはGalaxy Sシリーズで初めて使用可能になったのが本デバイスなので、魅力的に感じる人も多いのではないでしょうか?

8k動画を撮影する人や光学10倍ズームを必要とする人だけではなく、PCとの連携機能やSペンを重視する人にも向いています。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

AQUOS R6とGalaxy S21 Ultra比較|価格編

Galaxy S21 Ultraのバックプレート

画像引用元:Galaxy S21 Ultra 5G (ギャラクシーS21ウルトラ5G)|Galaxy公式(日本)

それぞれの価格は下記のとおりです。

AQUOS R6の価格

キャリア機種代金割引適用時※購入
ドコモ115,632円77,088円ドコモ公式ショップ
ソフトバンク133,920円66,960円ソフトバンク公式ショップ

※ドコモはスマホおかえしプログラム、ソフトバンクはトクするサポート+適用時の場合

Galaxy S21 Ultraの価格

Galaxy S21 Ultra機種代金
通常価格151,272円
スマホおかえしプログラム
適用時
100,848円
詳細ドコモドコモオンラインショップを見る

AQUOS R6はドコモとソフトバンクから販売されており、11万円~13万円で設定されています。

Galaxy S21 Ultraはドコモ専売で、価格は151,272円です。

いずれもほぼ同等のスペックを備えたハイエンドスマホですが、定価はAQUOS R6の方が安いですね。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

AQUOS R6とGalaxy S21 Ultra比較|カメラ編

Galaxy S21 Ultraのカメラ

画像引用元:Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B

AQUOS R6のカメラは19mm相当ですが、デフォルトではデジタルズームを使用して24mm相当になっています。

項目AQUOS R6Galaxy S21 Ultra
ピクセル数
(アウトカメラ)
20.2MP108MP(広角)
12MP(超広角)
10MP(望遠 光学3倍)
10MP(光学10倍)
ピクセル数
(インカメラ)
12.6MP40MP
最大動画解像度3,840 x 2,1607,680 x 4,320

高性能なレンズを使っているのでハイクオリティな写真を撮影できますが、デフォルトで使うときはデジタルズームによる画質劣化と光学手ブレ補正がない点は注意しましょう。

1インチのセンサーを搭載しているのが特徴的で、集光量を増やして暗所でもノイズを軽減した自然な写真を撮ることが出来ます。

一方のGalaxy S21 Ultraは108MPの広角レンズを搭載しており、性能をフル活用した写真を撮影できます。

光学ズームで10倍まで対応、動画撮影も8K24pまで対応しているのがメリットです。

AQUOS R6も8K動画に対応していますが、4Kで撮影した動画を8K化しただけのものなので注意しましょう。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

AQUOS R6とGalaxy S21 Ultra比較|サイズ編

AQUOS R6の背面

画像引用元:AQUOS R6の搭載機能|AQUOS:シャープ

AQUOS R6とGalaxy S21 Ultraのサイズおよび質量は上記の表のとおりで、ほとんど同じです。

項目AQUOS R6Galaxy S21 Ultra
74mm76mm
高さ162mm165mm
厚さ9.5mm8.9mm
質量207g228g

幅と高さはAQUOS R6のほうが2mm~3mm程度小さく、厚さはGalaxy S21 Ultraのほうが0.6mm薄くなっています。

質量はAQUOS R6のほうが21g軽いため、持ちやすさや落としたときの割れにくさを考える人におすすめです。

AQUOS R6とGalaxy S21 Ultra比較|ディスプレイ編

AQUOS R6のディスプレイ

画像引用元:AQUOS R6の搭載機能|AQUOS:シャープ

ディスプレイサイズ/解像度/リフレッシュレートの違いを一覧にすると下記のとおりです。

項目AQUOS R6Galaxy S21 Ultra
サイズ6.6インチ6.8.インチ
解像度2,730 x 1,2603,200 x 1,440
リフレッシュレート240Hz120Hz

Galaxy S21 Ultraのほうがサイズが大きく、解像度が高くなっています。

そのため、臨場感のある美しい映像を楽しみたいなら、Galaxy S21 Ultraを選ぶのがおすすめです。

一方のAQUOS R6はリフレッシュレートが240Hzになっています。

激しい動きをするFPS/TPSゲームをプレイする人には、AQUOS R6のほうがより滑らかな映像を表示してくれるのでおすすめです。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

AQUOS R6とGalaxy S21 Ultra比較|認証編

大型化した指紋センサー

画像引用元:AQUOS R6の搭載機能|AQUOS:シャープ

AQUOS R6とGalaxy S21 Ultraはいずれも顔認証/指紋認証の両方に対応しています。

Galaxy S21 Ultraはディスプレイ下に埋め込んだ超音波式のセンサーを利用する指紋認証ですが、AQUOS R6はセンサーを大型化して場所を気にせず認証できるようになっています。

項目AQUOS R6Galaxy S21 Ultra
指紋認証搭載搭載
顔認証搭載搭載

認証速度も速くなっているので、ロック解除などでストレスを感じにくいのがメリットです。

顔認証は両機種ともフロントカメラを使用した一般的なものです。

専用のセンサーを搭載しているわけではないので、認証精度や速度には注意しましょう。

AQUOS R6とGalaxy S21 Ultra比較|カラー編

ファントムカラーシリーズ

画像引用元:Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B

ラインナップされているカラーは、AQUOS R6もGalaxy S21 Ultraもブラック系とホワイト系それぞれ1種類の合計2種類です。

どちらもマットな仕上げで落ち着いた印象です。

項目AQUOS R6Galaxy S21 Ultra
カラーラインナップブラック
ホワイト
ファントムブラック
ファントムシルバー

Galaxy S21 Ultraはブラック/シルバーともにカメラ部分も含めて統一感がある仕上がりになっています。

一方のAQUOS R6はカメラが巨大な分、ホワイトを選ぶとカメラ部分が非常に目立つのがデメリットです。

個人的な感想ですが、デザインはGalaxy S21 Ultraが洗練されている印象です。

ドコモのGalaxy S21(Ultra)の価格・予約/購入方法・割引キャンペーンまとめ

AQUOS R6とGalaxy S21 Ultra比較|バッテリー編

バッテリー 5,000mAh

画像引用元:AQUOS R6 のカメラは見たままの世界を写す|AQUOS:シャープ

搭載しているバッテリーの容量は5,000mAhで、どちらの機種も同じです。

しかし、連続待受時間や通話時間をチェックすると、AQUOS R6のほうがバッテリー持ちがいいといえます。

項目AQUOS R6Galaxy S21 Ultra
バッテリー容量5,000mAh5,000mAh
連続通話時間約30時間50分~約32時間20分約27時間40分~約29時間20分
連続待受時間約420時間約280時間

いずれも5,000mAhなので、実際に使う上で大きな差はないと考えられます。

バッテリー持ちを重視するのであれば、カタログ上のスペックで判断するよりも大容量モバイルバッテリーを用意するなど、実用的な対策を講じるのがおすすめです。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

AQUOS R6とGalaxy S21 Ultra比較|処理性能編

AQUOS R6のスペック

画像引用元:AQUOS R6 のカメラは見たままの世界を写す|AQUOS:シャープ

処理性能に大きく影響するのは「SoC」と「RAM」で、AQUOS R6とGalaxy S21 Ultraの場合は下記の通りです。

項目AQUOS R6Galaxy S21 Ultra
SoCQualcomm Snapdragon 888Exynos 2100
Qualcomm Snapdragon 888
RAM12GB12GB

Galaxy S21 UltraはExynos版とSnapdragon版の2種類があり、ドコモ版はSnapdragonです。

Snapdragon 888は2.8GHz + 1.8GHzのオクタコアプロセッサを、Exynos 2100は2.9GHz + 2.8GHz + 1.8GHzのオクタコアプロセッサを搭載しています。

構成に多少の差はありますが、どちらのプロセッサであっても実用面で大きな差はありません

RAM容量は12GBでクロックは非公開です。

しかし、スマホにおいてRAMのクロックが動作におよぼす影響は少ないため、こちらも実用性の面で差が出ることはないと考えられます。

AQUOS R6の特徴まとめ

AQUOS R6のカメラ

画像引用元:AQUOS R6 のカメラは見たままの世界を写す|AQUOS:シャープ

これまで比較したポイントから、AQUOS R6の特徴をまとめてみました。

AQUOS R6の特徴
  • 最大1TBまでのmicroSDを搭載できる
  • Band 18(800MHz帯)に対応している
  • テザリングオートを搭載している

AQUOS R6で見逃せないのは、最大1TBまでのmicroSDに対応しているというポイントです。

Androidには内部ストレージと外部ストレージをまとめて内部ストレージとして使う機能を搭載しており、これを利用すれば大容量スマホとして活用できます。

ほかにも、テザリングオートを活用すればGPSによる位置情報に基づいてテザリング機能を自動的にON/OFFできます。

「特定のエリアでは常にテザリングを使いたい」というニーズに応えてくれるので、AQUOS R6を購入するならぜひ活用してください。

AQUOS R6の実機レビュー|一眼レフ顔負けのカメラ性能がアツい!

Galaxy S21 Ultraの特徴まとめ

Galaxy S21 Ultraのバックプレート

画像引用元:Galaxy S21 Ultra 5G (ギャラクシーS21ウルトラ5G)|Galaxy公式(日本)

Galaxy S21 Ultraの特徴は、以下の通りです。

Galaxy S21 Ultraの特徴
  • microSDスロットがない
  • Band 18(800MHz帯)に対応していない
  • ワイヤレス充電に対応している
  • DEXに対応している
  • Sペンに対応している

Galaxy S21 UltraはAQUOS R6とは異なり、microSDスロットを搭載していません

USB-C対応のUSBメモリなどは使えますが、常時外部ストレージとしてmicroSDを挿すという使い方はできないので注意してください。

また、ドコモで販売される製品はBand 18に対応していません。

Band 18はauのプラチナバンドなので、SIMロックを解除してau回線でも使用したいと考えているなら向いていません。

AQUOS R6ならBand 18にきちんと対応しているので、そちらを選ぶのがおすすめです。

そして、Galaxy S21 Ultraにおいて見逃せない機能がDEX。

DEX機能を使えば簡単にWindowsにリンクでき、PCでスマホの画面を表示して便利に活用できます。

PCとスマホをリンクさせて使いたいと考えているなら、Galaxy S21 Ultraがおすすめです。

ほかにも、これまでGalaxy Noteシリーズのみに対応していたSペンがGalaxy S21 Ultraでも使えるようになりました。

スタイラスペンを使いたいと思っていた人も、ぜひご検討ください!

Galaxy S21 Ultraの実機レビュー|カメラ性能重視の人にぴったり!

AQUOS R6とGalaxy S21 Ultraはどちらもハイエンドスマホ!好みに応じて選ぼう

Galaxy S21 Ultraの背面

画像引用元:Galaxy S21 Ultra 5G (ギャラクシーS21ウルトラ5G)|Galaxy公式(日本)

今回は、2021年上半期に発売されるハイエンドスマホとして「AQUOS R6」と「Galaxy S21 Ultra」を比較しました。

いずれもカメラ性能にこだわって作られているだけではなく、処理性能をはじめとした基本的な部分も使いやすく仕上がっています。

今回チェックしたポイントをまとめて振り返ると以下のとおりです。

AQUOS R6のカメラ性能
  • ライカと共同開発した一眼カメラで広角撮影に強い
  • 集光力が高く、暗い場所でもノイズを少なくできる
  • 基本設定ではデジタルズームが有効になっているので画質低下に要注意
  • 光学手ブレ補正がない
Galaxy S21 Ultraのカメラ性能
  • 102MPの広角レンズを搭載している
  • 10倍までの光学ズームに対応している
  • 8K24pまでの動画を撮影できる

ハイエンドスマホはカメラ性能にこだわっているものが多く、この2機種はいずれも特徴的なポイントを持っています。

一眼でハイクオリティを求めたAQUOS R6を購入するか、高解像度かつズームの対応範囲が広いGalaxy S21 Ultraを購入するかで迷ってしまいがちです。

暗い所で撮影する機会が多いならAQUOS R6を、さまざまな場面で幅広く撮影するならGalaxy S21 Ultraを選ぶことをおすすめします。

その他の特徴も簡単にまとめると以下の通りです。

AQUOS R6の特徴
  • Galaxy S21 Ultraよりやや小型で軽い
  • 指紋センサーが大型で使いやすい
  • Band 18に対応していてau回線でも使える
  • 1TBまでのmicroSDに対応している
Galaxy S21 Ultraの特徴
  • microSDスロットがなく、常時外部ストレージを接続できない
  • Band 18に非対応なのでau回線で使えない
  • ワイヤレス充電に対応
  • DEXに対応していてPCと連携しやすい

こうしてチェックしてみると、それぞれにメリット/デメリットがあることがわかります。

自分がスマホに何を求めるのかをはっきりさせ、ピッタリのほうを選ぶのがおすすめです。

AQUOS R6もGalaxy S21 Ultraもフラッグシップスマホなので、スペック面や機能面で不便を感じることはありません

自分がどの機能を必要とするのか、何を重視するのかを理解した上で選び、快適なスマホライフを送りましょう!

最新スマホおすすめランキング|人気のiPhone/Androidまとめ【2021年12月】

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。