AQUOS sense lite SH-M05レビュー|最高級のSIMフリースマホのスペック

  • 2018年7月8日
  • by 
AQUOS sense lite SH-M05レビュー|最高級のSIMフリースマホのスペック

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ソフトバンクバナー

2-5 お風呂でも使える防塵・防水仕様


画像引用元:ユーザビリティ|AQUOS sense lite SH-M05|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

AQUOS sense lite SH-M05は、防塵・防水仕様となっています。保護等級はIPX5/IPX8、IP6Xです。防塵の保護等級が6、防水の保護等級が5/8であることを示しています。

これは共に最高の保護等級です。防塵・防水をアピールするスマホであっても、決して当たり前の数値ではありません。

特に防水の保護等級は7程度のスマホが多いですから、AQUOS sense lite SH-M05の防塵・防水性能は他の機種よりも優れていると言えます。

また、ただ防水というだけでなく、AQUOS sense lite SH-M05は濡れた手で操作しても誤操作を起こしにくい設計になっています。これはIGZOディスプレイのノイズの少なさによるものです。

しかも、シャープは公式サイトに「お料理しながらレシピを見たり、お風呂に入りながらお気に入りの曲を聴いたり、スマートフォンライフがさらに楽しく広がります。」と記載しています。
(引用元:ユーザビリティ|AQUOS sense lite SH-M05|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

つまり、AQUOS sense lite SH-M05の入浴中の使用をオススメしているのです。

防水等級が8のスマホであっても、入浴中の使用までは一般的にオススメされていません。AQUOS sense lite SH-M05の防水性に、メーカーはよほどの自信を持っているのでしょう。

ソフトバンクバナー

2-6 衝撃にも強くて壊れにくい


画像引用元:ユーザビリティ|AQUOS sense lite SH-M05|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

AQUOS sense lite SH-M05は耐衝撃性能も備えています。前面パネルにフラットガラスを採用したことで、画面割れにも強いです。

この耐衝撃性能は、米国国防総省が制定したMIL-STD-810G Method 516.7:Shock-ProcedureIVに準拠しています。

つまり、高さ1.22メートルから合板に落下させる実験をクリアしたということですから、アウトドアなど多少過酷な環境でも安心して持って行けますね。

2-7 最大2回のOSバージョンアップを保証

AQUOS sense lite SH-M05の搭載OSはAndroid 7.1です。現在Android 8が出ていますので、これは最新ではありません。

しかし、シャープはAQUOS sense lite SH-M05に対して、発売日から2年間、最大2回のOSバージョンアップを保証しています。

AQUOS sense lite SH-M05の発売日は2017年12月1日です。つまり、2019年12月1日まで最大2回のOSバージョンアップが保証されているということです。

Android自体のバージョンアップが順調ならば、まだ出ていないAndroid 9へのバージョンアップまでは保証されていると見ていいでしょう。

2-8 最大256GBのmicroSDXCまで挿入できる

AQUOS sense lite SH-M05のROM(内部ストレージ)は32GBです。これは決して多くはありません。

しかし、AQUOS sense lite SH-M05は最大256GBの microSDXCまで挿入することができます。つまり、ROM(内部ストレージ)を実質288GBまで拡張することができるということです。

それだけあれば、ROM(内部ストレージ)の容量で困ることは滅多にないでしょう。安心して画像や動画をスマホに保存できます。

また、次に機種変更する際、新しいスマホにもmicroSDXCを挿入できる場合は、新しいスマホにそのままデータを移すことができるので便利です。

Androidの容量不足を解消|SDカードを利用して空き容量を増やす方法

2-9 イヤホンジャックが付いている

AQUOS sense lite SH-M05には、イヤホンジャックが付いています。一見、当たり前のようですが、昨今はそうとも限らなくなってきているのです。

今では、AppleのiPhoneを中心に、イヤホンジャックを廃止する流れもあります。実際、AppleはiPhone 7以降、一貫してイヤホンジャックを付けずにいます。

ワイヤレスイヤホンやワイヤレスヘッドホンが一般的になってきたのがその要因なのでしょう。しかし、まだまだ有線のイヤホンやヘッドホンを使いたいという方が多いのも事実です。

AQUOS sense lite SH-M05は、そんなユーザーの需要にもしっかり応えてくれています。

AQUOS sense lite SH-M05の長所まとめ

  • 片手でも持ちやすい
  • 選べる豊富なカラーバリエーション
  • 豊かな色彩のIGZOディスプレイ
  • AQUOSならではの便利機能の数々
  • お風呂でも使える防塵・防水仕様
  • 衝撃にも強くて壊れにくい
  • 発売日から2年間、最大2回のOSバージョンアップを保証
  • 最大256GBのmicroSDXCまで挿入できる
  • イヤホンジャック付き

次のページでは、AQUOS sense lite SH-M05の短所について解説します。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ソフトバンクバナーソフトバンクバナー
この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンクバナー