AQUOS sense lite SH-M05レビュー|最高級のSIMフリースマホのスペック

  • 2018年7月8日
  • by 
AQUOS sense lite SH-M05レビュー|最高級のSIMフリースマホのスペック

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ソフトバンクバナー

3 AQUOS sense lite SH-M05の短所

次に、AQUOS sense lite SH-M05の短所についてずばり述べていきます。

3-1 CPUの性能が低い

AQUOS sense lite SH-M05に搭載されているCPUはSnapdragon 430です。これは、昨今のスマホとしては性能の低い部類に入ります。

ゲームアプリなど高スペックが要求されるものを動かすには心許ないCPUです。携帯電話として普段使う分には何の問題もありませんが、「サクサク動く」「動作が軽い」とは言えないでしょう。

スマホでゲームや動画編集といったことがしたいヘビーユーザーの方には、AQUOS sense lite SH-M05をオススメすることは残念ながらできません。

ちなみに、「Antutu Benchmark」のスコアは44,827となっています。いわゆるハイエンド機と呼ばれるようなスマホでは、200,000以上のスコアが出ます。

4 普段使いには申し分ないSIMフリースマホ

AQUOS sense lite SH-M05には、独自の便利機能や防塵・防水性能、耐衝撃性能など、嬉しい長所がいっぱいあります。

特に防水に関しては、シャープが入浴中に使用することをオススメするほど。他の防水スマホと比べても素晴らしい性能を誇っています。

一方、AQUOS sense lite SH-M05には、CPU性能が低いという欠点もあります。重たいゲームアプリなど、高スペックが要求される処理には向いていません。

これらのことから、AQUOS sense lite SH-M05は、スマホを従来の携帯電話に近い形で使う方に強くオススメしたいスマホと言えます。

もちろん、インターネット閲覧やLINE、YouTubeを使うくらいなら、処理の重さが気になることもないでしょう。

高度な処理を要求しないのであれば、これほどオススメできるスマホもなかなかありません。

BIGLOBEモバイルおすすめ最新スマホランキング【2018夏モデル】

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ソフトバンクバナーソフトバンクバナー
この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンクバナー