AQUOS sense plusレビュー|5インチ台のハイスペックスマホ

AQUOS sense plusレビュー|5インチ台のハイスペックスマホ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

AQUOSでお馴染みのSHARPから、AQUOSシリーズの新しいスマホが登場したのをご存知でしょうか?

その名も「AQUOS sense plus」です。

AQUOS sense plusのなにがすごいかと言いますと、なんとこのAQUOS sense plusは日本市場に最も合致したといっても過言ではない、SIMフリースマホなのです。

これまでのSIMフリースマホは海外製であったり、日本製のものであってもこれまでのSIMロックスマホに比べるとその機能性が追いつかなかったりと悩ましいところもありました。

しかし、ようやく日本市場で他とも引けを取らないSIMフリーハイスペックスマホが登場しました。

それでは、その【AQUOS sense plus】の実態とその実際使ってみての声を調べてみましょう。

トップ画像引用元:主な特長 | AQUOS sense plus

1 AQUOS sense plus | 気になるスペックを大調査

画像引用元:スペック | AQUOS sense plus

AQUOS sense plusは2018年6月22日に発売されました。

「SIMフリースマホだとその他の機能がイマイチなのでは?」という心配する声もありますが、それではまずAQUOS sense plusのスペックを見てみましょう。

項目スペック詳細
サイズと質量約151×71×8.9mm
約157g
OSAndroid 8.0
CPUQualcommSnapdragon630(SDM630)
2.2GHz(クアッドコア)+
1.8GHz(クアッドコア) オクタコア
内蔵メモリROM 32GB/RAM 3GB(LPDDR4X)
外部メモリmicroSD/SDHC/SDXC(最大400GB)
バッテリー容量3,100mAh
外部接続USB Type-C
イヤホンマイク端子(3.5φ)
充電時間約200分(同梱のACアダプターSH-AC04使用時)
対応急速充電規格Quick Charge 3.0 / USB Power Delivery
連続通話時間
(静止時)
VoLTE:約1,850分/3G:約1,690分/GSM:約920分
連続待受時間
(静止時)
LTE:約670時間/3G:約780時間/GSM:約685時間
ディスプレイ約5.5インチ
IGZO
2,160×1,080ドット フルHD+
リッチカラーテクノロジーモバイル
画質モードおススメ、標準、ダイナミック、ナチュラル
最大通信速度下り通信速度
350Mbps
上り通信速度
75Mbps
通信・通話機能VoLTE○
3G
Band1(2.0GHz)/ Band2(1.9GHz)/ Band4(1.7GHz)/ Band5(850MHz)/ Band6(800MHz)/ Band8(900MHz)/ Band19(800MHz)
LTE
Band1(2.0GHz)/ Band2(1.9GHz)/ Band3(1.8GHz)/ Band4(1.7GHz)/ Band5(850MHz)/ Band8(900MHz)/ Band19(800MHz)/ Band26(800MHz)/ Band28(700MHz)/ Band41(2.5GHz)
GSM
850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Wi-Fi簡単設定
WPS
テザリング
Wi-Fi 10台、Bluetooth 4台、USB 1台
Bluetooth
Ver.5.0
対応プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP、HID、OPP、SPP、FTP、PBAP、PAN、HOGP
赤外線通信対応-
MU-MIMO-
SIMカードサイズ
nanoSIMカード
スロット数
1
対応サービスワンセグ/フルセグ-/-
生体認証
指紋センサー(ホームキー/ナビゲーションキー)
おサイフケータイ(FeliCa)○
NFC○
国民保護情報(Jアラート)にも
対応した緊急警報○
簡易留守録○
Google バックアップ○
国際ローミング○
GPS○ GPS、GLONASS、BeiDou、GALILEO、QZSS(みちびき)対応
ハイレゾ○ 
Dolby Atmos-
OSV(ソフトウェアアップデート)○
カメラアウトカメラ
約1,640万画素 CMOS 裏面照射積層型
インカメラ
約800万画素 CMOS 裏面照射型
エモパーVer 8.0
ロボクル対応
防水(お風呂対応)/ 防塵IPX5/IPX8(○)/ IP6X
便利機能UI
指紋センサー(ジェスチャー操作)
ロックフォトシャッフル
自動画面点灯
Bright Keep(持っている間は画面OFFにならない)
スクロールオート
ツール
コンテンツマネージャー
Clip Now
からだメイト(歩数計)
SHSHOW
セルフチェック(故障診断)
その他
のぞき見ブロック
リラックスビュー
リラックスオート(自動で目に優しい表示)
6か国語対応(英語、中国語[簡体字]、インドネシア語、ベトナム語、タイ語、ポルトガル語)*4
インテリジェントチャージ
AQUOS Frosted Cover対応
ホームアプリ
AQUOS Home
AQUOSかんたんホーム
文字入力
S-Shoin 2.2

たくさんの機能やサービスが盛りだくさんで、どこに注目して良いかわからなくなってしまいそうですよね。

AQUOS sense lite SH-M05レビュー|最高級のSIMフリースマホのスペック

次のページでは、AQUOS sense plusのポイントについて紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

RAM6GB以上の高性能Androidおすすめ機種ランキング【2018年最新版】... 2018年冬発売モデルも一通り発表され、今回も高性能なモデルからローエンドモデルまで数多く登場しました。 高性能な機種も種類が多く、どうしても機種選びに悩んでしまいますよね。 そこで今回は2018年冬モデルを中心に、RAM6GB...
AQUOS sense2のスペックと価格は!?AQUOS senseとの違いは何?... 2017年秋に発売され大ヒットとなった、SHARP製のスタンダードモデルスマホの「AQUOS sense」。 今回はその「AQUOS sense」の後継機種となる、「AQUOS sense2」が2018年秋冬モデルとして発表されました...
Moto G7のスペックと価格は!?日本ではSIMフリースマホ展開のみかも... 30,000円未満の価格でありながら必要な機能をきっちり備えていて人気の「Moto G6」。 SIMフリーで販売されているのでMVNOで運用したい人に注目されたスマホです。 そんなMoto G6の後継機種である「Moto G7」...
HUAWEI nova 3レビュー|高いデザイン性と高コスパのSIMフリースマホ... SIMフリースマホを多くリリースし、格安SIM事業者での取り扱い機種も多くユーザー数も多いHUAWEI。 HUAWEIの人気から、「P」シリーズがキャリアでも取り扱われるようになりました。 その中でも「HUAWEI P20 Pr...