【AQUOS sense2 かんたん VS TORQUE G04】徹底比較|どっちが買いか?その理由

【AQUOS sense2 かんたん VS TORQUE G04】徹底比較|どっちが買いか?その理由

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

auバナー

いよいよ2019年夏モデルが各社で発表・発売されていますが、

  • 機種変更をしたい
  • これを機にガラケーからスマホへ移行したい

などと思っていても、具体的にどの機種にしたら良いか分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、auの新機種AQUOS sense2 かんたんとTORQUE G04を徹底比較してみます。

画像引用元:AQUOS sense2 かんたん(アクオス センスツー カンタン) | スマートフォン(Android スマホ) | au

AQUOS sense2 かんたんとTORQUE G04

画像引用元:TORQUE(トルク)G04 | スマートフォン(Android スマホ) | au

AQUOS sense2 かんたんは6月14日にすでに発売されていて、TORQUE G04は8月下旬の発売を予定しています。

価格はAQUOS sense2 かんたんが32,400円で、TORQUE G04は8月下旬とまだ発売日が先である影響か公式にまだ発表されていません。

しかし、スマホにおいて価格も気になるところですが、それよりも強く気になるのはやはりスペックですので、下記の表にまとめてみました。

項目AQUOS
sense2 かんたん
TORQUE G04
サイズ
縦・横・厚み
約148×71×8.4mm約150×73×13.4mm
重量155g約203g
ディスプレイ5.5インチ
IGZO/フルHD+
5.0インチ
TFT/フルHD
メモリRAM:3GB
ROM:32GB
RAM:4GB
ROM:64GB
外部
ストレージ
最大512GB最大512GB
バッテリー
容量
2,700mAh2,940mAh
カメラアウト:1,200万画素
イン:800万画素
アウト:2,400万画素
イン:800万画素
生体認証指紋認証、顔認証指紋認証
キャリアau公式ショップ

どちらもスペック的にはハイエンドモデルとはいえないので、ミドルクラスに該当しますが、特色は色濃く分かれているのが上記の表を見るだけでも分かります。

TORQUE G04は価格が高い?

スペック的にはミドルクラスと言えるAQUOS sense2 かんたんとTORQUE G04ですが、価格面においてはTORQUE G04の方が圧倒的に高くなる可能性が強いと考えられます。

現在、公式でTORQUE G04の発売価格は公表されていませんが、TORQUE G04の前機種であるTORQUE G03がミドルクラスのスペックでありながら7万円台でした。

そのため、後継機であるTORQUE G04は、スペックの上昇も加味しておおよそ8万円台と予想されるため、AQUOS sense2 かんたんと比較すると価格面において大きな開きがあるといえます。

徹底比較:デザインとコンセプトの違い

AQUOS sense2 かんたんと

画像引用元:AQUOS sense2 かんたん auの特長|AQUOS:シャープ

スマホの購入に当たって一番最初に目につくのはやはり外観的特徴で、サイズやデザインというのは、実際に使用するユーザー以外にも明確に伝わるポイントです。

AQUOS sense2 かんたんとTORQUE G04の場合では明確な違いがあり、スマホのコンセプトが違うという点が強く出ています。

AQUOS sense2 かんたんのターゲットは、ガラケーからスマホへ移行する高齢ユーザーなどの、初めてスマホを持つユーザーになります。

対して堅牢性が一番の売りであるTORQUE G04は、工事現場や屋外でアクティブに活動するユーザーをターゲットとしていて、比較的若い層へのアプローチとなっています。

コンセプトそのものが対極な位置にある両機種ですので、デザインに関してもAQUOS sense2 かんたんは落ち着いた外観となっていて、TORQUE G04は堅牢性が一目で分かるようなものです。

そのため、購入するユーザーは自然と自分のライフスタイルや年齢を考えて手に取るものと考えられます。

auバナー

サイズの決定的な違いは厚みと重量

コンセプトが対極にあるため、デザインにも大きな違いのあるAQUOS sense2 かんたんとTORQUE G04です。

しかし、本体のサイズ的に実はそれほど違いはなく、大きな違いは2点となります。

AQUOS sense2 かんたんと比較すると、TORQUE G04はタフネススマホに相応しく、堅牢性の高い全体的に大きなフォルムですが、縦幅と横幅の比率は僅か2mmしか違いがありません。

しかし、スマホの厚みに関しては5mm以上の差があり、重量に関していえば実に50g近い差があります。

これはコンセプトの違いからくるものですが、実際に手に持ってみると5mmの厚みと約50gの重量差は決定的です。

この辺りにもターゲットユーザーの年齢層の違いがよく表れています。

徹底比較:基本スペックの違い

AQUOS sense2 かんたんと

画像引用元:AQUOS sense2 かんたん auの特長|AQUOS:シャープ

コンセプトそのものが違うAQUOS sense2 かんたんとTORQUE G04ですが、基本スペック面から比較してもやはりその違いは顕著に表れます。

最も特徴的なのは、スマホの基本スペックの中でも上位に来るであろうメモリーの部分です。

AQUOS sense2 かんたんがRAM3GB・ROM32GBに対してTORQUE G04はRAM4GB・ROM64GBです。

ストレージを表すROMに関して倍の違いがあるAQUOS sense2 かんたんとTORQUE G04ですが、両機種ともに外部ストレージが最大512GBなので大きな違いとは言い難いです。

ですがその反面、スマホの動作に直接関係しているRAMの面については3GBと4GBという違いになり、この違いは基本スペックとしては大きいと考えられます。

とはいえ、これはAQUOS sense2 かんたんが劣っていてTORQUE G04が優れているという単純なことではなく、ミドルクラスのスマホでいえば、AQUOS sense2 かんたんのスペックは実に平均的といえます。

実際に他の機種においても、ミドルクラスであればRAM3GBは平均的なことから、RAMの面においてはTORQUE G04が特別優秀であると考えられます。

AQUOS sense2 かんたんは通常版とどう違う?誰におすすめ?その理由

次のページでは、AQUOS sense2 かんたんとTORQUE G04を徹底的に比較していきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

auバナー auバナー
この記事を書いた人
n-fujii
n-fujii
東京都市部出身。本業の傍らライター業を営んでいたが、徐々にライター業の比率を増やして現在に至る。ネット回線とスマホが無いと生きていくのが困難な人。iPhoneアンチというわけではないが、スマホは専らAndroid派。愛用しているのはAQUOSシリーズ。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ