AQUOS sense2レビュー|顔認証と指紋認証であらゆる場面に対応

AQUOS sense2レビュー|顔認証と指紋認証であらゆる場面に対応

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2018年冬モデルとしてデビューしたAQUOS sense2は、発売日から半年以上経過したにも関わらず、多くのユーザーから注目を集めています。

3万円台の価格でありながらスペックが良い、生体認証機能が優れていると声が多く格安でスマホを変えたい人から高評価を集めているようです。

今回はAQUOS sense2のレビューを行い、実際の高評価の理由やおすすめポイントを紹介しますので、AQUOS sense2購入を考えている方は参考にしてみてください。

AQUOS sense2のレビュー
  • 3万円台の低価格スマホだが動作は軽快
  • 指紋と顔の生体認証はすぐに登録可能で解除も素早いのでGOOD!
  • カメラ性能はAIカメラこそあるが突出した能力は無い
  • モノクロやタイムラプスの撮影が出来るユニークなビデオ撮影が可能
  • YouTubeやWeb閲覧がメインのライトユーザーにおすすめスマホ

トップ画像引用元:AQUOS sense2 スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

AQUOS sense2の同梱物一覧

AQUOS sense2の同梱物

AQUOS sense2の箱を開けると以下の同梱物が入っています。

  • AQUOS sense2本体(バッテリーセット済み)
  • 保証書
  • 取扱い説明書
  • 設定ガイド
  • ご利用にあたっての注意事項

AQUOS sense2のSIMカードスロットは、本体左側面部から爪で引っ掛けて取り出せるのでSIMカード交換用ピンは内蔵されていません。

書類には『保証書』『取扱い説明書』『設定ガイド』『ご利用にあたっての注意事項』の4つがありますが、使用する前には必ずチェックしておきましょう。

USB Type-Cケーブルや充電器は同梱されていないので注意

AQUOS sense2はUSB Type-Cケーブルを使って充電を行いますが、USB Type-CケーブルやACアダプタの充電器は同梱されていません。

充電機もUSB Type-Cケーブルも別売りなので、別途購入する必要があるのでAQUOS sense2購入時は忘れずに購入しましょう。

USB Type-Cタイプの充電器を持っていない方は、同時購入を考えてみるのも良いでしょう。

AQUOS sense2の外観レビュー

まずはAQUOS sense2の外観からレビューですが、AQUOS sense2の全体の印象は2017年に発売された先代モデル『AQUOS sense』と大きな違いはありません。

流行のベゼルレスやノッチを削った全面液晶のタイプではないので、良くも悪くも一昔前の印象を受けるデザイン…と言った所でしょうか。

実際の部位ごとの写真とレビューも行ってみましょう。

AQUOS sense2の正面部分

AQUOS sense2の正面部分で最も目を引くのが、液晶画面から更に下にある楕円形のパーツですが、これは『指紋認証センサー』で『ホームボタン』ではありません。

『ホームボタン』と『戻るボタン』、『タスクボタン』は液晶画面内にあるので、基本的なスマホの操作は液晶画面で行います。

本体上部の左側の黒丸がインカメラ、中央がスピーカー、右側の黒の楕円形の個所は近接センサーとなっています。

近接センサーは赤外線ポートに似ていますが、AQUOS sense2は赤外線通信非対応なのでご注意下さい。

AQUOS sense2の背面はシンプルなシングルカメラ

AQUOS sense2

AQUOS sense2の背面部分はシンプルで、背面左上部分のシングルカメラとフラッシュライト、おサイフケータイのマークが背面上部にあるだけです。

背面部分のデザインはiPhoneと同様に平らで、角の丸みは最低限に抑えられているので机に置いた時の安定感は高くなっています。

机に置いて指紋認証する時にガタつきが無く、安定して認証してくれるデザインです。

AQUOS sense2の右側面部は電源ボタンとボリュームボタン

AQUOS sense2

AQUOS sense2の右側面部は、上部にボリュームボタンと電源ボタンが設置されているシンプルなデザインです。

ボタンをたくさん配置するスマホが増えている中で、AQUOS sense2は搭載するボタンを極力抑えて、ユーザー側が混乱しにくい作りなので初心者にも良いスマホと言えるでしょう。

余談ですがAQUOS sense2でスクリーンショットを撮影するには、電源ボタンとボリュームボタンの下部を2~3秒程度の同時押しです。

不慣れなユーザーは右手親指で電源ボタン、左手人差し指でボリュームボタンを当てて両手を握り込むように同時押しすると、スクリーンショットが撮影しやすくなります。

AQUOS sense2の左側面部はSIMカードスロット

AQUOS sense2

AQUOS sense2の左側面部はSIMカードスロットのみで、爪で引っ掛けて取り出すタイプのSIMカードスロットとなっています。

SIMカード交換用ピン独特の扱いに慣れていないユーザーでも、SIMカードスロットを取り出しやすいのはメリットと言えるでしょう。

別売りのmicroSDカードもSIMカードスロットにセットするので、microSDカードをセットする時は誤ってSIMカードを紛失しないようご注意下さい。

AQUOS sense2の上部はイヤホンジャックあり

AQUOS sense2

AQUOS sense2の上部は、イヤホンジャックが搭載されているので有線のイヤホンで音楽や動画を楽しむことが出来ます。

最近はイヤホンジャックを搭載していないスマホも多くなっていますが、AQUOS sense2は普段使っている有線イヤホンを流用できるので、有線イヤホンユーザーには嬉しいポイントです。

AQUOS sense2の底部はUSB-Type C差込口あり

AQUOS sense2

AQUOS sense2の底部はUSB-Type Cケーブルの差込口があり、ここからAQUOS sense2の充電を行うようになっています。

AQUOS sense2はワイヤレス充電には対応していないので、充電を行うには必ずUSB-Type Cの充電器かパソコンと接続するケーブルが必要なので用意を忘れないようにしましょう。

AQUOS sense2のAQUOS senseからの進化点|新機種を買うべきか否か

次のページでは、AQUOS sense2を持ってみた・操作してみた感触をレビューを紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ