AQUOS sense6 評価レビュー|発売日・価格・スペックまとめ

  • 2021年10月6日
  • by.Iris777

AQUOS sense6

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

AQUOS senseシリーズはコスパのいいミドルレンジスマホとして人気です。

そんなAQUOS senseシリーズの最新スマホとして、AQUOS sense6が販売されることが発表されているので、今回は発売日や価格、具体的なスペックなどをチェックしていきましょう。

AQUOS sense6は2021年秋冬モデルとして販売される予定になっているため、購入を検討している人はぜひご参考ください。

なお、本記事に掲載している情報は2021年10月1日時点で判明している内容に基づきます。

AQUOS sense6の評価レビューまとめ
  • 2021年11月発売予定の最新ミドルレンジスマホ
  • ドコモ・auで発売
  • カメラ性能が高く、簡単にハイクオリティな写真を撮影したい人におすすめ
  • バッテリー持ちに優れているので快適

トップ画像引用元:AQUOS 2021 秋冬 最新モデル|AQUOS:シャープ

AQUOS sense6の発売日・予約開始日

AQUOS sense 6

画像引用元:AQUOS 2021 秋冬 最新モデル|AQUOS:シャープ

最初に、AQUOS sense6の発売日と予約開始日を紹介します。

AQUOS sense6はドコモとauで販売される予定なので、購入予定の人は発売日と予約開始日をチェックして忘れずに予約しましょう。

ドコモの発売日・予約開始日

ドコモ版の発売日・予約開始日
  • 発売日:2021年11月中旬以降
  • 予約開始日:2021年9月28日

ドコモ版のAQUOS sense6は2021年9月28日から予約受付を開始していますが、正確な発売日は発表されていません。

ドコモオンラインショップで予約を受け付けているので、購入予定の人は早めに予約することをおすすめします。

なお、ドコモ限定カラーとして「ブルーメタリック」がラインナップされています。

ブルーメタリックを購入したい人は、ドコモオンラインショップでしか購入できないので注意してください。

auの発売日・予約開始日

au版の発売日・予約開始日
  • 発売日:2021年11月上旬以降
  • 予約開始日:2021年9月28日

au版のAQUOS sense6もドコモと同様に2021年9月28日から予約を受け付けています。

発売予定は2021年11月上旬以降となっており、正確な日付は発表されていません。

ドコモ版が11月中旬以降と発表されているので、au版のほうが早めに発売される可能性もあります。

なお、au版には限定カラーは用意されておらず、「ライトカッパー」「シルバー」「ブラック」の3種類のみです。

AQUOS sense6の価格【ドコモ・au】

AQUOS sense6のディスプレイ

画像引用元:AQUOS 2021 秋冬 最新モデル|AQUOS:シャープ

実際にAQUOS sense6を購入するとなると、価格が気になるものです。

ドコモとauから販売される予定なので、それぞれの価格をチェックしておきましょう。

ドコモ版AQUOS sense6の価格

AQUOS sense6
価格未定
いつでもカエドキプログラム使用時未定
購入ドコモオンラインショップ

ドコモでは2021年9月28日から予約を受け付けているものの、販売価格は発表されていません。

販売価格が未発表なのにもかかわらず予約を開始するというよくわからない状況になっているので、購入予定の人は十分に注意してください。

au版AQUOS sense6の価格

AQUOS sense6
価格未定
かえトクプログラム使用時未定
購入auオンラインショップ

auもドコモと同様に2021年9月28日から予約受付を開始していますが、価格は未定となっています。

先代モデルと同程度の価格で販売されると想定されていますが、正式発表されていない点に注意してください。

こちらもドコモと同様に価格を発表せずに予約を受け付けるという意味不明の状態に陥っています。

AQUOS sense6のスペックを評価レビュー

AQUOS sense6 ドコモ限定カラー

画像引用元:AQUOS sense6 SH-54B

次に、AQUOS sense6のスペック面についてみていきましょう。

ミドルレンジスマホなのでハイエンドスマホと比べると見劣りしますが、その分安価に購入できると予想されます。

具体的なスペックは以下のとおりです。

AQUOS sense6
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:152 mm
幅:70 mm
厚さ:7.9 mm
重さ156 g
アウトカメラ標準:4,800万画素
広角:800万画素
望遠:800万画素
インカメラ800万画素
ストレージ64GB/128GB
RAM4GB/6GB
CPUSnapdragon 690 5G
認証指紋・顔
防水・防塵IP58 / IP68
OSAndroid 11
5G対応対応
カラーライトカッパー・シルバー・ブラック

このスペック表からわかるポイントをチェックしていきましょう。

SoCのスペックは控えめ

AQUOS sense6のSoCにはSnapdragon 690 5Gが使われており、ミドルレンジ向けなので性能は控えめです。

具体的にはSnapdragon 835(2017年リリース)以上、Snapdragon 845(2018年リリース)未満の性能と考えておきましょう。

とはいえ、極端にスペックが低いわけではないため、日常利用でストレスを感じることはありません。

ブラウジング・メッセージアプリ・メール・動画鑑賞・軽めのゲームなら問題なく動作するので、重いアプリを使わないなら問題なく使えます。

メモリ・ストレージ容量の組み合わせは2種類

メモリおよびストレージの容量には2種類あり、具体的には以下のとおりです。

AQUOS sense6のメモリ・ストレージ容量
  • メモリ4GB/ストレージ64GB
  • メモリ6GB/ストレージ128GB

メモリ容量とストレージ容量は2種類ありますが、上記の組み合わせのもののみです。

メモリ4GB/ストレージ128GBなどの組み合わせはないので注意してください。

長く使いたいならメモリ6GB/ストレージ128GBの物を選びましょう。

なお、最大1TBの外部ストレージ(microSD)にも対応しているので、容量不足に陥りそうな場合はこちらを使うのがおすすめです。

ディスプレイサイズ・解像度は標準的

AQUOS sense6のディスプレイサイズは6.1インチ、解像度は2,432 x 1,080(FHD+)です。

ミドルレンジスマホとはいえ、ディスプレイサイズと解像度は標準的で映像が荒くなる心配をする必要はありません。

また、senseシリーズとしては初めてOLEDを採用しており、コントラストが高く美しい映像を楽しめます。

映像の美しさを求める人にもおすすめです。

バッテリー容量は十分

バッテリー容量は4,570mAhと十分で、SHARPは1週間持つと宣伝しています。

実際にどの程度バッテリーが持つかは使い方によって異なりますが、一般的な使い方でバッテリーがすぐなくなる心配をする必要はありません。

外出する機会が多い人や、外でスマホを頻繁に使う人にとってはうれしいポイントです。

Snapdragon 888とは?スペック・搭載スマホ・発熱の危険性を解説

AQUOS sense6のカメラを評価レビュー

AQUOS sense6のカメラ

画像引用元:AQUOS 2021 秋冬 最新モデル|AQUOS:シャープ

次に、AQUOS sense6のカメラ性能・技術を紹介します。

スマホで写真や動画を撮影する機会が多い人は必見です。

アウトカメラのレンズ構成は標準+広角+望遠

カメラのレンズ構成は以下の通りです。

AQUOS sense6のカメラ
  • 標準レンズ:4,800万画素
  • 広角レンズ:800万画素
  • 望遠レンズ:800万画素

あるとうれしいと感じる人も多い「超広角レンズ」は搭載していません。

とはいえ、一般的な利用であれば問題を感じるケースは少ないと考えられます。

インカメラの性能は標準的

AQUOS sense6のインカメラは8MPのレンズを搭載しており、スマホのインカメラとしては標準的な性能です。

ミドルレンジスマホだからといって手抜きしているわけではないため、ここに不満を感じる可能性も低いです。

新たな画質エンジン「ProPix 3」を搭載

AQUOS sense6には、SHARPが開発した「ProPix 3」と呼ばれる画質エンジンを搭載しています。

これによって多くのシーンでダイナミックレンジを拡大し、白飛びや黒つぶれを始めとした画質の低下を避けられます。

簡単にある程度の画質の写真・動画を撮影したいと考えている人にピッタリです。

暗所における撮影性能も引き上げられているため、夜景などをキレイに撮影したい人にも向いています。

AQUOS sense6の機能を評価レビュー

AQUOS sense6

画像引用元:AQUOS 2021 秋冬 最新モデル|AQUOS:シャープ

AQUOS sense6には特徴的な機能もいくつか搭載されています。

ここでは特に注目したい機能を紹介しますので、購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

ディスプレイの最大リフレッシュレートが120HZに

AQUOS sense6のディスプレイは、最大リフレッシュレートが120Hzなので、これまでの60Hzに比べて滑らかな映像を楽しめます。

ただし、120Hz駆動はバッテリーの消費量が増え、バッテリーの持ち時間が大幅に短くなるので注意してください。

ゲームをプレイするなどで高いリフレッシュレートが求められるのでもない限り、60Hzに落としたほうが実用的といえます。

生体認証は顔・指紋の両方に対応

最近のスマホは生体認証が顔か指紋のいずれかにしか対応していないものも多いですが、AQUOS sense6は両方の認証に対応しています。

そのため、ロック解除やアプリの起動時に生体認証をメインで使っているなら、さまざまなシーンに対応できるがうれしいポイントです。

手袋をつけているときは顔認証で解除し、マスクをつけているときは指紋認証で解除することもできます。

どちらかがエラーでうまく解除できないときに、ももう一方で解除できるのもメリットです。

5Gにも対応

近年発売されるスマホでは当たり前になっていますが、AQUOS sense6ももちろん5G通信に対応しています。

エリアもどんどん広がっているので、自宅やよく使うエリアで5Gの電波が飛んでいるなら高速かつ低遅延の通信を利用できます。

とはいえ、4Gでも実用性の面で大きな問題はないので、5G対応は大きなアドバンテージにはならないかもしれません。

自分が5G通信を必要とするかどうかをしっかり考えて判断することをおすすめします。

AQUOS sense6は買うべき?

AQUOS sense6のラインナップ

画像引用元:5G対応スマートフォン「AQUOS sense6」を商品化|ニュースリリース:シャープ

ここまでの情報をチェックして、AQUOS sense6が自分に合ったスマホなのかどうかわかった人もいるのではないでしょうか?

しかし、中にはまだ迷っている人もいるかもしれません。

そこで、最後にどんな人がAQUOS sense6を購入すると満足できるのかをチェックしていきましょう。

これから紹介するポイントに自分が当てはまるかを考え、購入するかどうか最終判断してください。

AQUOS sense6を買うべき人

AQUOS sense6を買うべき人
  • 今使っているスマホがSnapdragon 835未満の性能である
  • 重いゲームやアプリを使用しない
  • 簡単にハイクオリティな写真を撮影できるスマホを探している
  • バッテリー持ちを重視している

上記に該当するなら、AQUOS sense6を購入すると満足できるでしょう。

ミドルレンジスマホとはいえ、5年前のハイエンドスマホよりは高い性能を備えています。

また、古いエントリーモデル~ミドルレンジモデルのスマホを使っているなら、買い換えることでより高いパフォーマンスを実現できます。

ほかにもバッテリー持ちを重視している人もAQUOS sense6を購入するのがおすすめです。

自分がスマホに何を求めるのかを明確にし、AQUOS sense6の特徴がそれにマッチするなら購入を決断しましょう。

AQUPS sense6を買うと後悔する可能性が高い人

AQUOS sense6を買わないほうがいい人
  • Snaodragon 845以上の性能をもつスマホを使っている人
  • 重いゲームやアプリを使う機会が多い人
  • ハイエンドスマホを購入してできるだけ長く使いたい人

基本的に、すでに新しめのハイエンドスマホを使っている人や、ミドルレンジスマホではスペック不足に陥る可能性が高い人は購入しないことをおすすめします。

2021年のハイエンドスマホに搭載されているSnapdragon 888と比較すると性能が大幅に劣るあため、購入しても満足できない可能性が高いです。

そのような人は、AQUOS sense6ではなく別のハイエンドスマホから好みに応じたデバイスを探しましょう。

AQUOS sense6はかゆいところに手が届くミドルレンジスマホ!

AQUOS sense6 バッテリー

画像引用元:AQUOS sense6 SH-54B

今回はSHARPがドコモ・au経由で販売する「AQUOS sense6」について詳しく解説しました。

今回チェックしたポイントをまとめて振り返ってみましょう。

まずは発売日と価格、経路についてです。

AQUOS sense6の販売に関する情報
  • 発売日は2021年11月以降
  • 販売経路はドコモおよびau
  • 販売価格は未定(2021年9月30日時点)
  • 2021年9月28日から予約受付中

ドコモ・auともに価格を発表せずに予約を受け付けているという謎の状態なので、購入を希望する人はこの点に注意してください。

次に、AQUOS sense6の特徴は以下のとおりです。

AQUOS sense6の特徴
  • Snapdragon 690 5G搭載のミドルレンジスマホ
  • バッテリーの持ち時間が長い
  • カメラ性能がUPしていてきれいな写真・動画を撮影可能
  • リフレッシュレート120Hzに対応

これらの点に魅力を感じるなら、ぜひAQUOS sense6の購入をご検討ください!

特にいま使っているスマホに搭載されているSoCがSnapdragon 835以下の性能しかないなら、買い換えると幸せになるでしょう。

ハイエンドスマホでも5年以上前のものを使っていたり、エントリー~ミドルレンジモデルのスマホを使っていて性能不足を感じているなら、買い替えがおすすめです。

自分に合ったスマホを見つけられれば、快適な動作を実感して満足できるでしょう。

「AQUOS sense5G」の実機レビュー|バッテリー持ち最強の高コスパ5Gスマホ!

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。