AQUOSケータイ3がソフトバンクとワイモバイルから登場!ラインは使える?

AQUOSケータイ3がソフトバンクとワイモバイルから登場!ラインは使える?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

使い方になれない、もしくは限定した機能だけあれば良いということでスマホ以外の機種にしているという人は一定数います。

しかし、そういったユーザーにしてみれば商品自体が少ないというのは悩みの種です。

そこで今回はソフトバンクとワイモバイルで新たに発表された新製品「AQUOSケータイ3」について紹介します。

最近ではプライベートでもビジネスでも連絡手段として利用頻度の高い、ライン(LINE)が使えるかどうかについても解説します。

トップ画像引用元:AQUOS ケータイ3の快適通話|AQUOS:シャープ

1 2年半振りとなるAQUOSケータイの新作

AQUOSケータイ3

画像引用元:AQUOS ケータイ3 ソフトバンクの特長|AQUOS:シャープ

AQUOSケータイと聞けば、ガラケーより受け継がれてきた折り畳み型の携帯電話を愛用している人にとっては周知の言葉です。

2016年10月に発売されたAQUOSケータイ2は大手価格比較サイトにおいて2年半経った今なお人気で、ソフトバンクの携帯電話ランキングでいえば2位を誇る機種となります。

今回紹介するAQUOSケータイ3はその後継機であり、発売前から期待している人は多いのではないでしょうか。

また、ソフトバンクとワイモバイルで発表されたAQUOSケータイ3ですが、2社においてスペックの違いは無く同一のものと考えられます。

それでは次項からはスペックについて言及します。

2 AQUOSケータイ3のスペック

AQUOSケータイ3

画像引用元:AQUOS ケータイ3 ソフトバンクの特長|AQUOS:シャープ

AQUOSケータイ3は折り畳み式の携帯電話ですが、ビジネスに使用したり、プライベートであっても基本、電話さえできれば良いというユーザーが多いと考えられます。

そのため、スペック自体も必要最低限に抑えられていて実にスマートなスペックといえます。

具体的なスペックは下記の表になります。

項目AQUOSケータイ3
サイズ115×51×17mm
(縦×横×厚み)
重量123g
ディスプレイ約3.4インチQHD/TFT液晶
CPUQualcommSnapdragon210(MSM8909)
1.1GHzクアッドコア
内部メモリROM 約8GB / RAM 約1GB
外部記憶容量microSD / microSDHC 最大32GB
バッテリー1,680mAh
カメラ約800万画素
CMOS 裏面照射型
HDR静止画撮影、タイムラプス
カラーグリーン、ブラック、ホワイト
その他のぞき見防止、シンプルメニュー
でかレシーバー、カレンダー、アラーム
電卓、メモ帳
タイマー、世界時計
ストップウォッチ、ボイスレコーダー
歩数計、データ引継

全体の印象としては前機種AQUOSケータイ2と比較してそれほど大きな変更点もありませんが、僅かに大きくなったものの重量において若干軽くなっています。

また、カラー面では前機種でそれほど人気が高くなかった色が排されビジネスにもより馴染む色であるグリーン、ブラック、ホワイトの3色が厳選されています。

2-1 ツールもスマート

AQUOSケータイ3

画像引用元:AQUOS ケータイ3の充実機能|AQUOS:シャープ

ネットやSNS、カメラ撮影にゲームなどあらゆるものに対応しているスマホとは異なり、AQUOSケータイ3のスペックは表を見ても分かるように非常にスマートなスペックといえます。

これは通話やメールといった基本的な部分とは別にツール面においても非常に顕著に表れています。

AQUOSケータイ3はCPUこそクアッドコアの最近のものを搭載していますが、Android OSを搭載していないため、アプリをダウンロードして拡張することができません

そのため、通話やメールといった基本的なもの以外はプリインストールされているツールを利用するのですが、ビジネスにプライベート両面から見ても必要最低限必要なものは揃っています。

もちろん全くダウンロードできないというわけではないのですが、AQUOSケータイ3の利用意図から考えれば拡張性は高くなくても問題はありません。

また、AQUOSケータイ3はWi-Fi、PCメールにも対応しているため、画像データを含んだ大容量のビジネスメールであってもストレスなくダウンロードすることが可能となっています。

2-2 メリットの多いボタン

AQUOSケータイ3

画像引用元:AQUOS ケータイ3の充実機能|AQUOS:シャープ

AQUOSケータイ3のような折り畳み型の携帯電話とスマホとでは利用意図が違いますが、その違いで顕著なのはボタンの使い勝手です。

スマホのボタンといえば音量や電源が主な役割ですが、AQUOSケータイ3のような折り畳み型であればよく使うツールをボタンを押すだけで利用することもできます。

中でも本体横についているサイドキーを長押しすることで起動する音声メモは、不意に思いついたアイディアやビジネス会議における録音に非常に重宝する機能です。

2-3 スマホでは重要なカメラだが

スマホのカメラ

スマホでは重要な項目といえるカメラですが、こちらもAQUOSケータイ3の利用意図を考えればそれほど画素数の高い高性能カメラは必要ではありません。

表を見てみるとAQUOSケータイ3のカメラは800万画素で、スマホでは当たり前といえるインカメラは無くアウトカメラのみとなっています。

これだけを見てしまうと弱いスペックと感じるかもしれませんが、AQUOSケータイ3の利用意図的には問題なく、むしろはスペックとしては十分すぎるといえます。

2-4 電池持ちも良い安心設計

AQUOSケータイ3

画像引用元:AQUOS ケータイ3の安心性能|AQUOS:シャープ

AQUOSケータイ3のバッテリーは1,680mAhとなっていて、昨今の2,000mAh越えバッテリーを搭載しているスマホと比較すると劣る印象ですが、ここもやはりAQUOSケータイ3の利用意図なら問題ありません。

スマホのバッテリーが大容量でなければいけない理由はそれこそSNSやゲームといった娯楽面での消費が激しいからであり、電話やメールの待ち受けであればそれほどバッテリー消費はしません

そのため、基本的な機能の利用がメインとなるAQUOSケータイ3において1,680mAhのバッテリーであれば電池持ちは非常に高くなります。

また、AQUOSケータイ3は安全性においても防水・防塵・耐衝撃テストにクリアしていて、電車などで気になるのぞき見を防止する機能も搭載しているため安心です。

2-5 前機種よりも使いやすく進化

AQUOSケータイ3

画像引用元:AQUOS ケータイ3の快適通話|AQUOS:シャープ

前機種AQUOSケータイ2が今なお高い人気を誇っていますが、AQUOSケータイ3は人気の前機種からさらに使いやすく進化しています。

中でも目に見えて変更されているのは下記の2点です。

  • 聞き取り部分を大きくしたデカレシーバー
  • 振動が大きくなったバイブ

これらは前機種から比較しても明確に変化のあるもので、デカレシーバーはスピーカー部、開口部の大きさがアップしてより通話の際に相手の声がより聞こえやすくなりました。

バイブの振動強化は前機種と比較して実に1.4倍の強化となっています。

ビジネスシーンの場合どうしても携帯電話はバイブにしてポケットにしまって着信に気が付かないということがありますが、1.4倍まで強化された振動ならばそういった事態は少なくなると考えられます。

もちろん、これらの変更点の他にも、

  • フォントの調整
  • 色彩の調整
  • 操作キーの改善

などと細やかな改善点が幾つもあり、AQUOSケータイ3は人気の前機種から正統進化を遂げた機種といえます。

AQUOSケータイ3スペックのポイント

  • 必要最低限のスマートなスペック
  • スマホにはない実ボタンはメリットが多い
  • 電池持ちも良く、安全性も高い
  • 細やかな改善で前機種から正統進化
ソフトバンクのガラホでLINEを使える機種は?料金プランと合わせて解説

次のページでは、AQUOSケータイ3でラインが使えるかどうかを紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

RAM6GB以上の高性能Androidおすすめ機種ランキング【2019年最新版】... 2019年も様々なスマホが登場し、特にフラグシップモデルは最新Snapdragon 855でさらに性能が上がりました。 ただ、高性能なスマホの機種が増えると、どうしても機種選びに悩んでしまいますよね。 そこで今回は2019年夏モ...
【2019年夏版】最新スマホおすすめランキング|全キャリアまとめ... 2019年夏の最新スマホおすすめランキングを作りました! ドコモ・au・ソフトバンクから発売されたスマホ、SIMフリースマホの全部の中から最強のスマホはいったいどの機種なのか? まずはランキング形式で最新スマホの特徴や価格を紹介...
Xperia XZ1とAQUOS sense2を徹底比較!どっちが買いか?その理由... 今回はXperia XZ1とAQUOS sense2を比較し、どちらが買いなのかを解説します。 Xperia XZ1は2017年11月モデル、AQUOS sense2は2018年11月モデルで、発売時期に1年の差がありますね。 ...
スマホ・携帯料金を節約する方法|平均よりも安くする5つの技術... 携帯料金は安くはありません。 2016年の総務省の家計調査によれば、平均で約6,400円でした。しかし、これは一人あたりの平均料金ですから、家族全員がスマホを持っていれば数万円単位にもなります。 実は、スマホ・携帯ユーザーのほと...