AQUOS R2 compactレビュー|ボディは小さいけど画面は大きく5.2インチ

AQUOS R2 compactレビュー|ボディは小さいけど画面は大きく5.2インチ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

大手電機メーカーシャープが独自の技術を生かして開発したスマホが今回紹介する『AQUOS R2 compact』です。

『compact』と付く通り小さめのボディですが、備わっている機能は素晴らしいです。

この記事では、前シリーズで1年前に発売された『AQUOS R compact』との比較も交えながら、AQUOS R2 compactのスペックを紹介していきます。

トップ画像引用元:AQUOS R2 compact|シャープ

1 AQUOS R2 compactの主なスペック

画像引用元:AQUOS R2 compact|シャープ

まずは、AQUOS R2 compactの主なスペックを見ていきましょう。

項目AQUOS R2 compact
販売会社ソフトバンク
販売価格未発表
発売日2019年1月中旬以降、発売予定
ディスプレイ約5.2インチ フリーフォームディスプレイ
サイズ約131×約64×約9.3mm(縦×横×厚さ)
質量約135g
OSAndroid 9 Pie
CPUQualcomm Snapdragon 845(SDM845)
2.6GHz(クアッドコア)+1.7GHz(クアッドコア) オクタコア
内部メモリROM 64GB/RAM 4GB(LPDDR4X)
外部メモリmicroSDXC 最大512GB対応
カメラメイン:約2,260万画素
サブ:約800万画素
バッテリー容量2,500mAh
カラースモーキーグリーン、ディープホワイト、ピュアブラック

次からその詳細を紹介していきます。

1-1 販売はソフトバンクのみで価格は未発表

画像引用元:AQUOS R2 compact|シャープ

現時点では、AQUOS R2 compactの販売予定会社はソフトバンクのみのようです。

シャープ公式ページでは、ドコモやauのアナウンスがありません。「SIMフリー版も出るのではないか?」との話もあるようですが、シャープから公式な発表はない状態です。

まだ、発表の段階(2018年11月)で販売が開始されていないので、価格は現在のところ判明していません。

しかし、2017年12月22日(金)に発売された前シリーズの『AQUOS R compact』は、ソフトバンクで76,320円で販売されているので、この価格を参考にすると良いでしょう。

1-2 AQUOS R2 compactのカラーバリエーションは3つ

AQUOS R2 compactのカラーはスモーキーグリーン、ディープホワイト、ピュアブラックの3つです。1月に販売されるので冬らしくダークな色合いが特徴ですね。

AQUOS R compactでは、ソフトバンクで4つのカラーバリエーションがありましたが、1つ減っている形となります。

項目AQUOS R compactAQUOS R2 compact
販売会社au、ソフトバンクソフトバンク
販売価格au:77,760円
ソフトバンク:76,320円
未発表
カラーau(3種類)
ソフトバンク(4種類)
ソフトバンク(3種類)

次の項目から、AQUOS R2 compactの持つ主な特徴の中でも、特に紹介したいスペックについて解説していきます。

2 AQUOS R2 compactは大画面の5.2インチでも片手で操作可能

画像引用元:AQUOS R2 compact|シャープ

AQUOS R2 compactでまずご紹介したいのが、5.2インチの大画面になったことです。前シリーズのAQUOS R compactと比較するとその違いがより鮮明になります。

項目AQUOS R compactAQUOS R2 compact
サイズ約132×約66×約9.6mm約131×約64×約9.3mm
重量約140g約135g
ディスプレイサイズ約4.9インチ
2,032×1,080ドット フルHD+
約5.2インチ
2,280×1,080ドット フルHD+

AQUOS R compactよりもサイズはミリ単位で小さくなり、重量も減少しています。それにもかかわらず、ディスプレイサイズは0.3インチもワイドになっているのです。

また、デザインはコーナーラウンドを採用しているので、持ちやすくフィット感も良いのが特徴。

AQUOS R2 compactは手が小さめの人が片手でも操作しやすいコンパクト仕様となっています。

スマホの巨大化が進む中で、このコンパクト仕様のモデルが出るというのは大きな特徴といえそうです。

AQUOS R2 compactの画面の特徴

  • 前の同モデルよりサイズや質量が減った
  • サイズや質量が減ったが、5.2インチの大画面になった

3 ハイスピードIGZOでスクロールの残像を軽減

画像引用元:AQUOS R2 compact|シャープ

次は、AQUOS R2 compactのディスプレイに着目してみましょう。ディスプレイには倍速120Hz駆動する『IGZOディスプレイ』を搭載しています。

IGZOディスプレイとは
シャープが初めて量産化に成功した酸化物半導体。消費電力の軽減、タッチ操作の精度向上、高画質といった特徴を備えています。

これにより、1秒間に120回の表示更新回数が実現するので、画面のスクロール、動きの激しい動画の際の残像を抑え、文字や画像がくっきり表示されます。

残像が抑えられると目が疲れにくくなるメリットがあります。

IGZOディスプレイに関しては、前シリーズのAQUOS R compactにも採用されています。

画像技術にはシャープのAQUOS

画像技術には、「リッチカラーテクノロジーモバイル」搭載し、シャープのAQUOS技術を採用しています。

画面から放たれるLEDバックライトの中でも、赤と緑の色再現性を高めることで、より色鮮やかでリアルな写真や動画を視聴することが可能です。

AQUOS R2 compactのディスプレイの特徴

  • スクロールや動画の残像の抑制
  • 赤と緑の色再現性がアップ

ソフトバンクのAQUOS R2 compactに機種変更|お得に購入する完全ガイド

次のページでも、AQUOS R2 compactのスペックについて詳しく説明します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

【AQUOS R2 compact VS AQUOS sense2】同門比較|5インチ台スマホ対決!... SHARPの「AQUOS」といえば、元々は液晶テレビのブランドとしてスタートしましたが、今ではスマホブランドとしてもすっかり定着していますね。 それどころか、日本ではHUAWEIやGalaxyにも劣らないほど、注目を集めているシリーズ...
【AQUOS R2 compact VS Xperia XZ2 Compact】徹底比較|5インチ台... 今回はAQUOS R2 compactとXperia XZ2 Compactをスペックや利用シーン別に徹底的に比較し、どちらがおすすめなのかを解説します。 ここ数年、6インチ以上の大型スマホが主流になり、小型モデルはどんどん少なくなっ...
【HUAWEI Mate 20 Pro VS HUAWEI P20 Pro】徹底比較|どっちが買いか... 今回は人気のAndroidスマホHUAWEI Mate 20 ProとHUAWEI P20 Proを徹底的に比較し、どちらのモデルが買いなのかを解説します。 HUAWEIのスマホは低価格の格安モデルが人気ですが、キャリアからは高性能モ...
ソフトバンクのAndroid One S5に機種変更|お得に購入する完全ガイド... 2018年12月5日よりワイモバイルから発売された「Android One S5」がソフトバンクでも12月21日より販売が開始となりました。 ワイモバイルで既に発売されている上位モデルの「Android One X5」と合わせるとAn...