AQUOS zeroのSIMフリー版を解説|格安SIM別の価格比較とスペック詳細

AQUOS zeroのSIMフリー版を解説|格安SIM別の価格比較とスペック詳細

AQUOS zero」のSIMフリー版が2019年4月に発売されました。

発売当初はソフトバンクからの専売でしたが、SIMフリー版の発売によってどのキャリアでも使えるようになりました。

一部の格安SIMでも取り扱いされており、契約時に同時購入することも可能となっています。

格安SIMのユーザーなど気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「AQUOS zero」のSIMフリー版について紹介します。

AQUOS zeroを扱っている格安SIM
  • mineo
  • 楽天モバイル
  • IIJmio
  • OCNモバイルONE

トップ画像引用元:AQUOS zero スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

AQUOS zeroのSIMフリー版とソフトバンク版の違い

もともとAQUOS zeroはソフトバンクから販売されていたスマホです。

SIMフリー版とソフトバンク版では、どのような違いがあるか気になっている方もいるかもしれません。

基本的にスマホが同じ機種であれば、SIMフリー版もソフトバンク版も大きな違いはありません

しかしながら、販売元によって内部の設定などに違いが表れます。

SIMフリー版とソフトバンク版のAQUOS zeroの違いは次の3つです。

SIMフリー版とソフトバンク版の違い
  • 対応している電波帯
  • プリインストールアプリの数
  • APNの設定

3つの違いについて詳しくみていきましょう。

3キャリアの電波帯に対応

通常キャリアから販売されるスマホにはSIMロックというものが施されています。

SIMロックがかかっていると、そのキャリア以外の電波を利用できないため、他社のSIMカードを利用することができません。

基本的にSIMロックの解除が可能になるのは、一括購入の場合は翌日、分割購入の場合は101日目以降です。

しかしながら、SIMフリー版のAQUOS zeroはSIMロックがかけられていません

そのため、購入したその日からどこの会社のSIMカードでも利用できます。

楽天モバイルは、今年の10月から利用する電波が変わりましたが、SIMフリー版は移行後の通信形式にも対応しています。

プリインストールアプリが最低限のものに

スマホには、プリインストールアプリという各キャリアのアプリがあらかじめインストールされています。

契約内容や請求料金を確認できるポータルアプリなど必要なものもありますが、正直不要なアプリが多いです。

使わない人にとっては邪魔で見にくいだけでなく、本体のストレージも圧迫するので極力排除したいことでしょう。

ソフトバンク版には多くのアプリ入っていますが、SIMフリー版は最低限のGoogleアプリしかインストールされていません

APNがプリセットされている

SIMフリー版のAQUOS zeroには国内の主要な格安SIMのAPNがプリセットされています

APNとは、Access・Point・Nameの略称で、データ通信を行う時の接続先を指定するものになります。

APN設定が少しでも間違っていると上手く通信を行うことができないため、格安SIMを利用する時には厄介です。

しかしながら、SIMフリー版のAQUOS zeroにはAPN設定がプリセットされており、簡単にAPN設定をすることができます。

AQUOS zeroの取り扱いを行う格安SIM4社以外にもauやdocomoなど複数の通信事業者のAPNがプリセットされています

AQUOS zeroってどんなスマホ?

AQUOS zero

画像引用元:AQUOS zero スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

ここで改めてAQUOS zeroの特徴についてみていきましょう。

AQUOS zeroの詳しいスペックは以下の通りです。

AQUOS zero
OSAndroid9.0(Pie)
チップセットSnapdragon845
サイズ約154×約73×約8.8mm
RAM/ROM6GB/128GB
ディスプレイ約6.2インチ
メインカメラ約2,260万画素(F値1.9)
インカメラ約800万画素(F値2.2)
生体認証顔認証/指紋認証
バッテリー容量3,130mAh
重量約146g

AQUOS zeroは国産の有機ELディスプレイを搭載しており、6インチ台のスマホとしては世界最軽量です。

最新型のチップセットを搭載しており、ゲームなど高負荷の処理もサクサクと行うことができます。

そのほかにもAQUOS zeroは優れている部分がたくさんあるので、詳しくみていきましょう。

AQUOS zeroの特徴
  • AQUOS史上初有機ELディスプレイ搭載
  • 6インチ台スマホとしては世界最軽量
  • Snapdragon845、RAM6GB搭載
  • 充電時の発熱を抑えるパラレル充電
  • 画角が広く高画素センサーを搭載したカメラ

AQUOS史上初有機ELディスプレイ

AQUOS zeroのディスプレイ画像

画像引用元:AQUOS zero スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

AQUOS zeroは、AQUOSスマホとしては初の国産有機ELディスプレイを搭載しています。

SHARP独自のリッチカラーテクノロジーによる高精細で鮮やかな色彩の表現は他のスマホにはないものです。

また、ディスプレイが綺麗なだけでなく、全面が湾曲されているため指の動きにフィットする形状となっています。

独自のタッチチューニングによりディスプレイ全体でレスポンスが良く、スムーズで快適な操作感を実現しています。

これはスマホゲームをする人に向けられた機能で、タッチパネルの操作にシビアなゲームをプレイする時に役立ちます。

動きの滑らかさを示すリフレッシュレートも100Hzとなっており、スクロール時も指に吸い付くような感覚になります。

6インチ台スマホとしては世界最軽量

AQUOS zero

画像引用元:AQUOS zero SH-M10のデザイン・色|AQUOS:シャープ

AQUOS zeroの本体重量はわずか146gです。

これは6インチ台のディスプレイを搭載するスマホの中では世界最軽量となっています。

スマホはサイズが大きくなるにつれて重さも増しますが、AQUOS zeroは従来のモデルからさらなる軽量化を実現しました。

他の6インチ台スマホのサイズと重さを比較すると以下のようになります。

デバイスディスプレイ
サイズ
本体重量
AQUOS zero6.2インチ146g
iPhone 8 Plus5.5インチ202g
iPhone XS Max6.5インチ208g
Galaxy S9+6.2インチ187g
Galaxy Note 96.4インチ201g
Xperia XZ2 Premium5.8インチ236g

これを見るとAQUOS zeroがいかに軽いかわかるのでしょう。

AQUOS zeroは6.2インチと大画面ですが、最大限の軽量化と背面の湾曲したデザインによって片手で快適に操作できます。

この軽さを実現させたのが、アラミド繊維の背面パネルとマグネシウム合金の側面フレームです。

これらの素材は強度も高く、耐久性に不安を感じることはありません。

ゲームもサクサク!Snapdragon845、RAM6GB搭載

AQUOS zero

画像引用元:AQUOS zero スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

チップセットに最新のSnapdragon845を搭載しており、ゲームなど負荷の高い処理も高速でこなします。

合わせてRAMも6GBとハイエンドスマホとして、申し分のない数値となっています。

また、本体ストレージも128GBと大容量です。

なお、AQUOS zeroではSDスロットが非搭載となっています。

microSDを使ってストレージを増設できるのがAndroidスマホの強みでしたが、軽量化のために廃止されました。

デメリットとも言えそうですが、本体ストレージが128GBに増強されたため、容量不足に悩まされることもないでしょう。

RAM6GB以上の高性能Androidスマホおすすめランキング【2020年最新版】

次の章ではAQUOS zeroの特徴に加え、格安SIMごとの料金比較をします。

充電時の発熱を抑えるパラレル充電

AQUOS zeroの充電についての画像

画像引用元:AQUOS zero スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

スマホゲームを長時間プレイする時に気になるのは充電の減り具合です。

ゲーム中にバッテリー残量が少なくなり、充電をしながらプレイする方が多いのではないでしょうか。

しかしながら、充電しながらゲームをしているとスマホ本体が熱を発しやすく熱暴走やバッテリー劣化の原因となります。

そんな課題を解決してくれるのが、パラレル充電の機能です。

従来は1つしかなかった充電ICを2つにすることで、充電時に発生する熱を分散させることが可能になりました。

また、アラミド繊維の背面パネルは熱伝導率が低く、操作中に熱を感じることも少なくなっています。

発熱による処理性能の低下も少なく、快適な状態で安心してゲームを楽しむことができます。

画角が広く高画素センサーを搭載したカメラ

アクオスゼロカメラ

画像引用元:AQUOS zero スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

AQUOS zeroのメインカメラは約2,260万画素の高画素センサーを搭載したシングルレンズカメラとなっています。

ノイズの入りやすい夜など暗所での撮影でも明るく鮮明な写真を撮影することが可能となっています。

また広角レンズによって広い画角を実現しているため、風景の撮影などより広く綺麗に映すことができるでしょう。

ただカメラの全体的な印象としては、デュアルレンズを搭載していた前作のAQUOS R2と比較してやや劣る印象があります。

ゲームに特化した印象の強いAQUOS zeroですが、カメラ性能にこだわりのある方にはあまりおすすめできません。

指紋認証と顔認証、2つの生体認証に対応

指紋認証と顔認証

画像引用元:AQUOS zero スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

AQUOS zeroでは生体認証として、指紋認証顔認証の2つのパターンを採用しています。

指紋認証ボタンは本体の背面に、顔認証はインカメラを使用して行います。

そのため、ディスプレイに干渉するようなものもなくフルディスプレイの画面を広く使うことができます。

AQUOS zeroのスペックと価格は!?世界一軽い6インチスマホの快適性

SIMフリー版AQUOS zeroの価格比較

SIMフリー版AQUOS zeroの販売価格は、それぞれの格安SIM事業者によって異なります。

今後追加になる可能性もありますが、現時点(2019年11月)でAQUOS zeroを取り扱っている格安SIMは以下の4社です。

SIMフリー版のAQUOS zeroを取り扱っている格安SIM
  • mineo
  • 楽天モバイル
  • IIJmio
  • OCNモバイルONE

AQUOS zeroが取り扱いされている4社の販売価格をみていきましょう。

4社の本体価格は以下の通りです。

格安
SIM
販売
価格
公式サイト
mineo96,000円mineo公式サイト
楽天
モバイル
89,980円楽天モバイル公式ショップ
IIJmio79,800円IIJmio公式ショップ
OCN
モバイル
ONE
77,800円OCNモバイルONE公式サイト

4社の価格を比較すると、最安値はOCNモバイルONEの77,800円、最高値はmineoの96,000円でした。

OCNモバイルONEで購入するとお得に思われがちですが、OCNモバイルONEは分割購入に対応していません

楽天モバイル・mineo・IIJmioの3社は本体の購入方法として一括購入と分割購入が選べます。

本体価格の安さを求める方はOCNモバイルONE、分割購入で初期費用を抑えたい方は他の3社がおすすめです。

SIMフリー版で多くの人がAQUOS zeroを使える

AQUOS zeroはAQUOS史上初の有機ELディスプレイの採用や、世界最軽量モデルなど注目を集めていました。

しかしながら、発売当初はソフトバンクの専売だったため、購入を諦めた方も多いかと思います。

2019年4月にSIMフリー版の発売によって、どのキャリアを使っている人でも手に取ることができるようになりました

SIMフリー版AQUOS zeroの特徴
  • SIMロックがかかってないため、全キャリアの電波帯に対応
  • プリインストールアプリが必要最低限のもののみ
  • APNがプリセットされている

AQUOS zeroは、格安SIMでも取り扱いされており、低コストでの運用も可能です。

SHARPの渾身のフラッグシップ機「AQUOS zero」が、全ての人にとって手に取りやすい形になったと言えるでしょう。

AQUOSスマホは他の国内メーカーと比較しても、SIMフリー版の販売に積極的です。

今後もSIMフリーで利用できる高性能なスマホに期待していきたいですね。

またAQUOS zeroは後継機のAQUOS zero2も発売されています。

ぜひ2つの違いを比較して、自分にあった方をお選びください。

AQUOS zero2の発売日・価格・スペックは!?AQUOS zeroとの違いは何?

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ