楽天カード・楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード比較まとめ

楽天カード・楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード比較まとめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

1-3 楽天カード最大の魅力!ポイント還元率で比較

楽天カード最大のメリットは、利用金額100円ごとに1ポイントが貯まるという、1%の高還元率です。

楽天カードを支払いや引き落とし先として指定すると、普段の生活で何気なく支払っている公共料金や税金、年金の支払いでポイントが付くようになります。

1%とはいえ、1年間の総額を考えればかなりのポイントに。

公共料金(電気・ガス・水道) 12,000円
通信費(スマホ+ネット) 14,000円
家賃 40,000円
外食・飲食費など 30,000円
計96,000円=960ポイント×12ヶ月=11,520ポイント

なんと、楽天市場で1万円以上の商品をタダで買えるだけのポイントが貯まるのです!

この他にも、税金やお買い物など、いろいろな支払いを楽天カードにまとめれば、さらにポイントがザクザク貯まります。

高級ブランドのバッグや家電など、大きなお買い物も楽天市場&楽天カードで決済すれば、これまでの倍以上のペースでポイントが増えていくことでしょう。

楽天カード|生活スタイルを楽天に捧げたら年間1.5万円お得になる話

楽天カード ポイントアッププログラム(SPU)の違いで比較

内容楽天カード楽天ゴールド 楽天プレミアム
楽天SPU+2倍+4倍 
最大月間獲得上限5,000ポイント15,000ポイント

通常カードでもポイントは2倍に。ゴールドカードとプレミアムカードでは、さらに+2倍の計4倍のポイントが付きます。

ちなみに私は楽天ゴールドカードを所持しているのですが、現在のSPUは7倍です。

楽天会員 1倍
楽天カード +2倍
楽天ゴールドカード +2倍
楽天銀行引き落とし +1倍
楽天アプリから購入 +1倍

SPUの条件は、ゴールドカード以上であれば簡単なものばかりです。楽天カードユーザーでも、4倍まで倍率をプラスすることができます。

こんなにポイントが付くのなら、ちょっとしたお買い物は全て楽天市場を利用したいところですね。

プレミアムカードの楽天SPUが7%だった場合、いくら使えば年会費分を賄える?

楽天プレミアムカードの年会費は10,800円です。では、年会費無料でSPU4%の通常カードと比較してみましょう。

楽天市場年間利用額楽天カード(4%)楽天プレミアム(7%) ポイント差
100,000円 4,000Pt7,000Pt 3,000
200,000円 8,000Pt14,000Pt6,000
300,000円12,000Pt21,000Pt9,000
350,000円14,000Pt24,500Pt10,500
400,000円16,000Pt28,000Pt12,000

年間20万円以上買い物をすれば、ポイントの方が楽天プレミアムカードの年会費分を上回るということです。

また、通常カードとの獲得ポイントの差額も考慮すると、35万円以上からプレミアムカードの方がお得になると言えます。

大きなお買い物をするなら楽天プレミアムカードの方がお得

実は、楽天カードには月間に獲得できるポイントの上限が設けられているのです。通常カードの場合、5,000ポイントが上限となっています。

しかし一方で、楽天プレミアムカードなら15,000ポイントまで貯めることが可能なのです。

そのため、大きなポイントを一気に獲得する機会がある場合は、プレミアムカードの方が断然お得ということになります。

8万円以下の買い物なら楽天ゴールドカードがおすすめ

楽天ゴールドカードは、プレミアムカードと同じく、SPUを7%まで上げることが可能ですが、ポイントの月間獲得上限は通常カードと同じ5,000ポイントです。

よって、1ヶ月あたりの購入額が8万円以下の場合、楽天ゴールドカードが最も効率よくポイントを獲得できるカードということになります。

1-4 楽天カードのトラベル補償・保険・付帯サービスで比較

楽天カードでは、海外でのショッピングにも、国内同様1%の還元率が適用されます。

また、キャッシングや現地通貨の引き出しも可能なので、トラベルに非常に有利なカードと言えるでしょう。

しかし、トラベルにおける楽天カード最大の魅力は、無料で利用できる保険などの付帯サービスにあるのです。

まずは、一覧で比較してみましょう。

内容楽天カード楽天ゴールド楽天プレミアム
国内空港ラウンジ×年2回無制限
海外空港ラウンジ××世界900ヶ所以上無制限で利用可能
海外傷害保険最大2,000万円最大5,000万円
海外トラベルデスク×世界38拠点の現地デスクが利用可能
国内旅行傷害保険××最大5,000万円

国内旅行の補償・保険に対応しているのはプレミアムカードのみです。

各カードに無料で付帯している、海外傷害保険の比較はこのようになっています。

保険楽天カード・ゴールドプレミアム
死亡・後遺障害 最高2,000万円最高5,000万円
傷害・病気の治療費最高200万円最高300万円
賠償責任 最高2,000万円最高3,000万円 
携行品の損害・盗難最高20万円最高50万円

トラベルに関しては、プレミアムカードの保険・補償が圧倒的に充実しています。

海外での滞在中、何か不安になることが起きたときに、海外デスクを無料で利用できるというのは、とても心強いものです。

そんな万一のトラブルに対しても、手厚い保険・補償を用意している楽天プレミアムカードは、海外旅行の心強い味方と言えるでしょう。

さらに、楽天プレミアムカードでは、国内旅行に対しても補償を提供しています。仕事で出張の多い方には最高のアイテムとなることでしょう。

家族で旅行するなら1人ひとりがプレミアムカードを持った方が良い

ただし、家族カードの場合は、プライオリティ・パスの特典が対象外となるので注意してください。

新規入会ポイントを使えば初年度の年会費はペイできるので、一緒に旅行する家族それぞれで、プレミアムカードを取得したほうが賢い選択です。

楽天ゴールドカード・プレミアムカードで利用できる空港ラウンジとは?

多くの空港ラウンジには、快適なソファーやパソコンなどが用意されています。インターネットが使い放題でドリンクも無料という、まるでネットカフェのような環境です。

待ち時間の多い空港では、何かと手持ち無沙汰になりがちですが、そんな時はラウンジへ行きましょう。

ラウンジでコーヒーを飲みつつ、モバイルWi-Fiでネットを楽しんでいれば、すぐに搭乗時間が来るはず。

私は以前、興味本位でゴールドカードを取得してラウンジを利用しましたが、その快適さに病みつきになってしまいました。

出発までの時間を快適に過ごせる上に、中部国際空港などの一部空港では、なんと生ビールが飲み放題に!

旅行で飛行機に乗る場合は、楽天プレミアムカードのメリットを最大限に活用しましょう

次のページでは、サービス・特典が段違いの楽天プレミアムカードについて解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ