arrows Uレビュー|デュアルカメラで背景をぼかすポートレートモードも使用可能

  • 2019年7月20日
  • by 
arrows Uレビュー|デュアルカメラで背景をぼかすポートレートモードも使用可能

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

富士通のarrows Uが、ソフトバンクより2019年6月28日から発売されています。

スマホ初心者をメインターゲットとしているarrows Uですが、いかほどのスマホなのでしょうか。

今回、arrows Uの実機を借りることができましたので、実際に使用させて頂きつつも、単なる宣伝ではない、他スマホとの比較も意識したガチンコレビューをお届けいたします。

トップ画像引用元:「arrows U」新発売 : 富士通コネクテッドテクノロジーズ

arrows Uのスペック

画像引用元: arrows U – スマートフォン – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

機種名arrows U
OSAndroid 9
SoC(≒CPU)Snapdragon 450
本体サイズ約149×72×8.8mm
重量約166g
ディスプレイ約5.8インチ
液晶
解像度2,280×1,080
(FHD+)
アウトカメラ有効画素数 約1,310万画素
+500万画素 CMOS
(ポートレートモード/美肌補正/
手ぶれ補正/HDR撮影/フラッシュ)
インカメラ有効画素数 約800万画素 CMOS
(美肌補正/手ぶれ補正/フラッシュ)
バッテリー容量2,880mAh
内蔵ストレージRAM:3GB
ROM:32GB
外部ストレージmicroSDXC(最大400GB)
防水・防塵IP68
生体認証なし
おサイフケータイ対応
テレビ非対応
ソフトバンク価格税込30,720円

まずはカタログスペックのチェックです。

実機レビューと言え、ここをおざなりにしては語れませんからね。

ぱっと見では、良い点と悪い点、それぞれ以下のように感じました。

カタログスペックを見て良いと思った点
  • 5.8インチの大画面スマホながら約166gと軽量
  • 最高保護等級の防水防塵性能と耐衝撃性能
  • おサイフケータイに対応
  • 税込30,720円というお手頃価格

高い防水性能とおサイフケータイを抑えているのは大きいですね。

そして税込30,720円という低価格。

この価格なら多少の欠点は見逃せます。

カタログスペックを見て悪いと思った点
  • SoC(≒CPU)がSnapdragon 450という低性能なもの
  • 指紋認証も顔認証もなし
  • バッテリー容量が2,880mAhと少ない
  • 内蔵ストレージにしてもカメラにしても目立った点なし

SoC(≒CPU)の性能が低いのは価格を考えれば妥当です。

ただ、指紋認証も顔認証もなしというのはどういうことなのか。

ここは「致命的な欠点」になりかねない気がします。

arrows Uの実機レビュー開始!

それではいよいよ実機を使ってみたいと思います。

カタログスペックだけではわからない、手に持った感触やスピーカーの音質なども要チェックですね。

持ちやすく安定感のある素晴らしいデザイン

まず見た目ですが、ファーストインプレッションとしては非常に好印象を受けました。

シンプルで癖がなく、それでいて今風のデザインで、全然ケチをつけるポイントがありません。

ディスプレイ上部のノッチとそれなりに目立つ黒いベゼル、そしてブルーというカラーも相まって、iPhone XRと非常に似ていますね

手に持った感触ですが、あまりの持ちやすさに驚きました。

ややマットで滑りにくい質感と側面の絶妙なカーブが、自然と手にフィットするのです。

arrowsu

これはもう、裸で使うべきスマホです。

こんなに素晴らしいデザインにカバーをかけてしまうのはもったいない。

ガラスやチタンで覆われているようなスマホと違って、高級感はありません。

ですが、それがどうしたという感じです。

この持ちやすさに比べたら高級感なんていりません。

筆者は、チタンとセラミックで覆われた高級感あふれるEssential Phoneも愛用しているからこそ、そう思います。

確かにEssential Phoneはこれ以上ないほど格好いいのですが、その分ゴツくて重たくて、家の中で眺めるのはよくても、外で使うのには正直向いていないと感じています。

スマホはやはり日々持ち歩くもの。

arrows Uはいい意味での「ケータイらしさ」を思い出させてくれるデザインです。

また、カメラ部分が出っ張っていないことも好印象でした。

正確には若干出っ張っているのですが、机に置いたときにカタカタならないようになっています。

ほとんど素に近いAndroid 9を搭載

arrows UのOSはAndroid 9なのですが、アレンジの少ない素のAndroid 9に近いものとなっています。

Androidスマホは、メーカーによってOSにアレンジが加わっているのが一般的で、例えばGalaxyなどは同じAndroid 9でも操作が結構違います。

しかし、arrows UのAndroid 9は、素のAndroidを搭載しているEssential Phoneのものとほとんど変わらないですね。

設定画面もほぼ同じです(写真左がarrows U)。

素のAndroidが至高というわけではありませんが、素に近いほどアプリも対応しやすく、操作方法などを調べるときも情報が出てきやすいというメリットがあります。

【arrows U VS LG K50】徹底比較|どっちが買いか?その理由

次のページでも引き続き実機レビューを行います。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ