arrows Beレビュー|落としても画面が割れにくいタフネススマホ

  • 2018年6月20日
  • by.pnatsu

gifbanner?sid=3366649&

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

落としても画面が割れにくいタフネスさと、タフネススマホらしからぬスタイリッシュなデザインで人気のarrows Beです。

そのarrows Beの後継機がついにドコモから発売になりました。arrows Beのユーザーには、どのように進化したのかが気になるところではないでしょうか。

また、スマホを落として画面を割った経験のある方は、タフネススマホに関心を持たれている方もいらっしゃるかもしれませんね。

ここでは、タフネススマホの定番arrows Beの最新機種F-04Kのレビューをしていきます。

arrows Beファンの方やタフネススマホを検討されている方は是非参考にしてください。

arrows Be F-04Kに最安値で機種変更する方法【docomo with対象スマホ】

トップ画像引用元:arrows Be F-04K|製品特長(割れにくい)|富士通公式サイト

1 arrows Be F-04Kのスペックをレビュー

まずはarrows Be F-04Kの基本性能がどのように変わったのかを前モデルであるarrows Be F-05Jと比較しながら確認してみましょう。

【arrows Be F-04Kの基本性能】

 arrows Be F-04Karrows Be F-05J
本体サイズ約144×72×8.3mm約144×72×7.8mm
重さ約146g約141g
CPUSDM450(1.8GHz 8-Core)MSM8916 1.2GHzクアッドコア
OSAndroid™ 8.1Android™ 7.1
ストレージ(ROM)32GB16GB
メモリ(RAM)3GB2GB
画面サイズ約5.0インチ HD IPS液晶約5.0インチ HD IPS液晶
メインカメラ約1220万画素 CMOS約1310万画素 CMOS
サブカメラ約500万画素 CMOS約500万画素 CMOS
スペック面で前モデルと比較すると大きく変わった点は以下の3点になります。

新型arrows Beの変更点
  • CPUが新しくなった
  • ストレージ(ROM)の容量が増えた
  • メモリ(RAM)の容量が増えた

高速になったCPU

CPUはスマホの処理速度に直結するパーツですMSM8916からSDM450に変更されたことでどれぐらい向上したのかが気になるところです。

CPUの型番だけでは判断が難しいため以下にベンチマークの結果を掲載しています。

AnTuTuベンチマークスコア

MSM8916:34,000点
SDM450:70,000点

ベンチマークのスコアでは前モデルに比較すると2倍近に向上していることがわかります。

前モデルで、処理の重さが気になっていた方でも新モデルのarrows Be F-04Kなら快適に使うことができるでしょう。

増設されたメモリ

ストレージ(ROM)は、アプリや写真・動画などの保存先になっているため、容量が多いほど複数のアプリや写真・動画などを持ち歩けます。

その容量が16GBから32GBと2倍にアップしているため、写真や動画なども余裕で保存できます

また、メモリも2GBから3GBに増えているため、複数アプリを同時に利用する場合や容量の大きなアプリであっても安定感が増します

デザインについて


画像引用元:arrows Be F-04K|デザイン|富士通公式サイト

arrows Be F-04Kの背面部分は鏡面仕上げされているため、鏡のように美しい光沢感があります。

耐摩耗性に優れたハードコートが施されていることで傷がつきにくく美しさがいつまでも失われることがありません

液晶画面側をみると、ガラス面の縁が滑らかな曲線になっています。

これは2.5Dとガラスと呼ばれており高度な研磨技術により実現しています。

2.5Dガラスの採用によりスマホ本体を手にした時にも手に馴染みやすいという特徴があります。

docomo withの新型arrows Beは子育て中のママに人気になるかも!?

次の章ではarrows Be F-04Kの特徴のレビューをお伝えします。

2 arrows Be F-04Kの特徴をレビュー

スペック面では前モデルに比較すると大幅に向上したarrows Be F-04Kですが、他にどのような特徴があるのかを確認してみましょう。

高い堅牢性


画像引用元:arrows Be F-04K|製品特長(割れにくい)|富士通公式サイト

冒頭部分でもarrows Be F-04Kは落としても液晶画面が割れにくいという、高い堅牢性を誇っています。

その秘密は以下の4点になります。

arrows Be F-04Kの堅牢性のポイント4つ
  • 画面保護フレーム
  • Corning® Gorilla® Glass 5
  • フレーム一体型のフロントホルダー
  • リジッドベゼル

画面保護フレーム

arrows Be F-04Kの液晶画面側の上端と下端には、0.3mmの縁(画面保護フレーム)がついています

そのため、液晶画面側を下向きに落下されたとしても液晶画面フレームが液晶画面を保護してくれます。

Corning® Gorilla® Glass 5

液晶画面のガラス素材にはCorning社製のGorillaガラスが採用されています。

Gorilla® Glass 5の強度がどれぐらいかというと実際に1.6mの高さから落下させる試験を実施したところ8割が割れなかったという結果があります。

一般的なメーカーの液晶画面のガラスに比較すると4倍もの強度があるということから、そもそも割れにくい材質を使っているということになります。

フレーム一体型のフロントホルダー

筐体内部のスペースにステンレス製のフレームを配置することで、曲げへの強度を高めています。

液晶画面のガラスが割れる一因として本体フレームの歪みによるガラスに曲げ報告に力が加わることがあります。

歪みにくい筐体ということは液晶画面ガラスの割れにくさにも貢献しています。

リジッドベゼル

arrows Be F-04Kの四隅はラウンド形状をしていますが、デザインの良さだけが理由ではありません。

ラウンドしていることでコーナ部分から落下した際に衝撃を分散させる効果があります。

落下時に液晶画面ガラスに加わる衝撃を最小限に抑えることが液晶画面の割れにくさにつながります。

米国国防総省の調達基準にも準拠

arrows Be F-04Kは落としても割れにくいタフネススマホという位置付けですがそれだけではありません。

米国国防総省の調達基準であるMIL-STD-810Gにも準拠した作りになっているため、あらゆる過酷な環境でも利用することができます。


画像引用元:arrows Be F-04K|製品特長(割れにくい)|富士通公式サイト

MIL規格準拠基準とは

落下、耐衝撃、防水(浸漬)、防塵(6時間風速有り)、防塵(72時間)、塩水耐久、防湿、耐日射(連続)、耐日射(湿度変化)、耐振動、防水(風雨)、雨滴、熱衝撃、高温動作(60℃固定)、高温動作(32~49℃変化)、高温保管(70℃固定)、高温保管(30~60℃変化)、低温動作(-20℃固定)、低温保管(-30℃固定)、低圧動作、低圧保管、氷結(-10℃結露)、氷結(-10℃氷結)

次の章ではarrows Be F-04Kを最安値で手に入れる方法を紹介します。

3 arrows Be F-04Kを最安値で手に入れるには?

ここまでarrows Be F-04Kのスペックや特徴を確認してきたところで、購入するならいくらぐらいするのか気になるところです。

【arrows Be F-04Kの端末代金】

 一括払い分割払い(24回)
機種変更33,696円1,404円/月
契約変更33,696円1,404円/月
新規契約33,696円1,404円/月
乗り換え33,696円1,404円/月

契約形式にかかわらず一括購入の場合で33,696円分割の場合で1,404円×24ヶ月となります。

続いては、arrows Be F-04Kの機種代金や最安値で購入する方法を紹介していきます。

ドコモwithでずっとお得


画像引用元:料金・割引|docomo with|ドコモ公式サイト

arrows Be F-04Kは「ドコモwith」対象の対象機種になっています。

ドコモwith対象機種の場合、毎月の利用料金が1,500円安くなります。

ドコモの割引で「月々サポート」と呼ばれるものがありますが、これは購入から24ヶ月間のみ適応となります。

しかし、ドコモwithは24ヶ月を経過したあとも機種変更をしない限りはずっと1,500円/月の割引が継続します。

一度スマホを購入したら長く使い続けたいという方にはとてもお得な割引制度になります。

ドコモwithがどのような制度か詳しく知りたい、料金プランも含めるとどれぐらいになるのか気になる方は以下まとめが参考になります。

docomo withてお得?対象機種の月額料金と適用条件をまとめてみた

下取りも活用しましょう


画像引用元:キャンーペーン|下取りプログラム|ドコモ公式サイト

ドコモの下取りプログラムを活用すると、機種変更前や乗り換え前に使っていたスマホなどを最大38,000円で下取りしてもらることができます。

下取り金額分は新規機種購入時に端末代金の値引きポイントでの還元となります。

主な機種の下取り金額は以下のとおりとなっています。

iPhoneシリーズの下取り金額

iPhone 7 Plus:38,000円
iPhone 7:29,000円
iPhone 6s Plus:19,000円
iPhone 6s:14,000円
iPhone 6 Plus:12,000円
iPhone 6:7,000円

Androidスマホの下取り金額

Galaxy Note8 SC-01K:32,000円
Galaxy S8 SC-02J:22,000円
arrows NX F-01K:30,000円
XperiaTM XZ1 SO-01K:28,000円
XperiaTM XZ1 Compact SO-02K:26,000円
AQUOS R SH-03J:20,000円

一定の条件を満たしている場合には上記のような金額で下取りをしてもらうことができます。

詳細については以下の記事でまとめていますので参考にしてください。

ドコモの下取りプログラムの対象機種・条件・価格をまとめてみた

購入するならドコモオンラインショップ

ドコモのスマホを購入するならドコモオンラインショップが1番おすすめです

arrows Be F-04Kはを購入する場合、ドコモショップで購入をする事になりますが、どのショップで購入するかにより、お得さは大きく変わってきます。

ドコモオンラインショップがお得な理由は以下になります。

ドコモオンラインショップがお得な理由
  • 頭金が発生しない
  • 機種変更の事務手数料がかからない
  • 有料オプションへの加入不要

ドコモオンラインショップで機種変更する6つのメリットとデメリット

頭金が発生しない

一般的にドコモショップでスマホを購入する場合には、事務手数料や端末代金とは別に「頭金」という費用を負担する必要があります。

頭金の相場は5,000円前後となっていますが、高いところでは1万円程度に設定しています。

ところが、ドコモオンラインショップでは頭金を支払う必要がないため、5,000円から1万円程度お得になるということになります。

機種変更の事務手数料がかからない

ドコモショップで機種変更などの手続きを行う場合には、事務手数料として2,000円から3,000円ほどかかります。

しかし、ドコモオンラインショップの手数料は以下のようになっており、機種変更の場合には全オーダーで無料となります。

  • 「Xi」⇒「Xi」への機種変更:無料
  • FOMA⇒FOMAへ機種変更:無料
  • FOMA⇒「Xi」での機種変更:2,000円無料

2018年9月1日より全てのオーダーで事務手数料が無料になりました。

有料オプションへの加入不要

ドコモショップでは各種有料オプションへの加入を勧められる場合があります。

「頭金を安くする代わりに○○のオプションに無料期間だけでも加入してください」などです。

ドコモオンラインショップなら、最初から頭金や手数料が無料であるにもかかわらず有料オプションには一切加入する必要がありません

次の章ではタフネススマホarrows Be F-04Kのまとめをお伝えします。

タフネススマホarrows Be F-04Kのまとめ

ここまで、紹介してきた液晶画面が割れにくいタフネススマホarrows Be F-04Kのレビューと最安値で手に入れる方法をまとめると以下のようになります。

レビューのまとめ
  • 前モデルよりも大幅性能アップ
  • 液晶画面が割れにくい構造
  • ハードコーティングで美しさが持続
お得な方法のまとめ
  • ドコモwithなら25ヶ月以降もお得
  • 下取りでお得さアップ
  • ドコモオンラインショップがお得

タフネススマホというといかにも頑丈そうな見た目のものが多く普段使いには抵抗を感じる方もいらっしゃることでしょう。

ここまで、紹介したようにarrows Be F-04Kはスタイリッシュでありながらも高い耐久性を誇っています。

性能面を見ても前モデルに比較すると大幅に向上し、保存領域も大型化されたため使い勝手も向上しています。

また、arrows Be F-04Kはお得感の高いドコモwithの対象端末ということで長く使い続けるほどお得になります。

更にお得に購入したいという場合には、各種手数料面で有利なドコモオンラインショップで手続きをすると良いでしょう。

ドコモおすすめ最新スマホ機種ランキング【2018夏モデル】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
pnatsu
pnatsu
pnatsuと申します。 iPhone好きで、便利機能やアプリの情報を集めることが好きです。 趣味や経験を活かして、スマホ関連全般の記事を主に作成しています。 みなさんの快適なスマホライフのお役に立てる情報をお届けすることが最大のミッションです。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ