ZenFoneスマホを徹底比較

【2024年最新】ASUSのスマホ『Zenfone』を比較|おすすめはこれ!

  • 更新日:2024年4月19日
  • 本記事には広告が表示されます

本記事では、人気スマホのASUS「Zenfone」シリーズのうち、特におすすめのものをピックアップして紹介しています。

ZenFoneと言うと、かつては低スペックの格安スマホを大量に投入することでSIMフリースマホ市場で存在感を示してきました。

しかし、近年は明らかに路線が変更されており、「安かろう悪かろう」ではなく、「高スペック・高コスパ」の優れたブランドとなっています。

機種の数もぐっと絞られ、消費者としてはとても選びやすくなりました。

ZenFoneのおすすめ機種
  • 最も人気のZenFone 10(RAM 8GBモデル)
  • ハイスペックのZenFone 10(RAM 16GBモデル)

Xperia 1 VIならau Online Shopがおトク!

  • Xperia 1 VIへの機種変更で合計最大22,000円割引!
  • au Online Shop限定モデルも対象!
  • 7月31日(水)まで期間限定!

Zenfone最新おすすめ機種2選

Zenfone 10

画像引用元:ASUS Store(エイスース ストア) – Zenfone 10 (ZF10-BK8S256)

ZenFoneシリーズのなかでおすすめの機種は、次の2つです。

ZenFoneのおすすめ機種
  • ZenFone 10(RAM 8GBモデル)
  • ZenFone 10(RAM 16GBモデル)

最新かつ高性能のSnapdragon 8 Gen 2や冷却装置を搭載し、ハイエンドに相応しいスペックのZenfone 10。

新たにアダプティブEISやクイックショットを搭載するなど、魅力的な新機能を取り入れています。

では、それぞれの機種の特徴を見ていきましょう。

おすすめ1:ZenFone 10(RAM 8GBモデル)

Zenfone 10

画像引用元:Zenfone 10 | Zenfone シリーズ | スマートフォン | モバイル / ポータブルゲーム機 | ASUS日本

ZenFone 10(RAM 8GB)のスペック

Zenfone 10
画面サイズ5.9インチ
ワイドAMOLEDディスプレイ
本体サイズ高さ:146.5mm
幅:68.1mm
厚さ:9.4mm
重さ172g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,300万画素
インカメラ3,200万画素
バッテリー4,300mAh
RAM8GB
16GB
ROM128GB
256GB
512GB
CPUQualcomm Snapdragon 8 Gen 2
認証指紋
防水・防塵IP68
カラーミッドナイトブラック
コメットホワイト
エクリプスレッド
オーロラグリーン
スターリーブルー

ZenFone 10(8GB)は、ZenFone 10シリーズの中で最も人気のあるモデルです。

海外メーカーのスマホですが防水防塵とFeliCaにも対応しており、nanoSIM+nanoSIMでのデュアルSIM運用も可能です。

ZenFone 10からは待望のワイヤレス充電にも対応。

スペックに対する価格が非常に安く、コストパフォーマンスに優れています。

ストレージ容量は、128GBと256GBの2種類があります。

ZenFone 10(RAM 8GB)の特徴
  • 5.9インチでコンパクトに持てる
  • 超高性能なSnapdragon 8 Gen 2でサクサク動く
  • 防水・防塵で使いやすい
  • 画質・音質が良い
  • 冷却装置を搭載
  • 5G:対応
  • ストレージ:128GBと256GBの2モデル
  • リフレッシュレート:最大144Hz(※ゲームをプレイ中かつGame Genieから設定可能)
  • アダプティブEIS搭載
  • クイックショット搭載
  • 画面内指紋/顔
  • FeliCa:対応
  • ワイヤレス充電:対応

5.9インチでコンパクトに持てる

Zenfone 10の画面インチサイズは5.9インチ。

手の小さな女性にもすっぽり収まるサイズなので、とてもコンパクトで、持ち運びしやすいサイズです。

超高性能なSnapdragon 8 Gen 2でサクサク動く

Zenfone 10は、最新のSnapdragon 8 Gen 2を搭載したハイエンドモデルなので、カメラ性能もゲーム性能も抜群

ZenFone10シリーズにはすべてSnapdragon 8 Gen 2が搭載されているので、どのモデルでもサクサク動きます。

防水・防塵で使いやすい

IP68規格の防水・防塵性能があるので、水を気にすることなく使えます。

水回りの近くに置いておいても気になりません。

画質・音質が良い

有機ELディスプレイを採用しており、画質は非常にキレイです。

高解像度の音質(ハイレゾオーディオ)にも対応しており、最高の音質を楽しむことができます。

冷却装置を搭載

Zenfone 10は、前シリーズから引き続きベイパーチャンバー方式の冷却装置を搭載しています。

これにより、ゲーミングスマホとしても充分使えるスペックへと進化しました。

最強の手振れ補正機能「アダプティブEIS」搭載

Zenfone 10には、新たにアダプティブEISが搭載されています。

アダプティブEISとは、ジャイロセンサーでスマホの揺れを検知して手振れを最適な画角に補正してくれる機能のことです。

前モデルのZenfone 9にも手振れ補正機能の「HyperSteady」が搭載されていましたが、画角が狭くなる点や4K・8K撮影に非対応など、デメリットも多いものでした。

しかし、アダプティブEISはこれらのデメリットを克服し、動画初心者も滑らかで美しい動画を手軽に撮影できるようになりました。

ZenFone 10(RAM 8GB)の価格

ZenFone 10(RAM 8GB)にはストレージ容量が128GBと256GBの2つのモデルがあります。

取り扱い店はどちらも同じですが、128GBのモデルの方が価格も手頃になっています。

ストレージ128GBのモデル

販売店通常価格割引後※詳細
IIJmio97,980円84,800円公式サイトを見るIIJmio
mineo95,568円-mineo公式サイトを見る
ASUS公式99,800円-公式サイトを見る
※ IIJmioは乗り換えの場合

ストレージ256GBのモデル

販売店通常価格割引後※詳細
IIJmio104,800円89,800円公式サイトを見るIIJmio
mineo107,976円-mineo公式サイトを見る
ASUS公式112,800円-公式サイトを見る
※ IIJmioは乗り換えの場合

おすすめ2:ZenFone 10(RAM 16GBモデル)

Zenfone 10

画像引用元:ASUS Store(エイスース ストア) – Zenfone 10 (ZF10-BK16S512)

ZenFone 10(RAM 16GB)スペック

Zenfone 10
画面サイズ5.9インチ
ワイドAMOLEDディスプレイ
本体サイズ高さ:146.5mm
幅:68.1mm
厚さ:9.4mm
重さ172g
アウトカメラ広角:5,000万画素
超広角:1,300万画素
インカメラ3,200万画素
バッテリー4,300mAh
RAM8GB
16GB
ROM128GB
256GB
512GB
CPUQualcomm Snapdragon 8 Gen 2
認証指紋
防水・防塵IP68
カラーミッドナイトブラック
コメットホワイト
エクリプスレッド
オーロラグリーン
スターリーブルー

ZenFone 10(RAM16GB)は、ZenFone 10シリーズの中で最もスペックの高いモデルです。

異なる点は、メモリ容量がZenFone 10(RAM8GB)の倍の16GBとなっている点です。

ZenFone 10(RAM 16GBモデル)の特徴
  • メモリ16GBで超快適に使える
  • 高価格帯のハイエンド機種
  • メモリ容量以外はZenfone 10(RAM8GB)と同じ
  • Snapdragon 8 Gen 2搭載でサクサク動く
  • 5G:対応
  • ストレージ:512GB
  • 画面:5.9インチの有機ELディスプレイ
  • アダプティブEIS搭載
  • クイックショット搭載
  • リフレッシュレート:最大144Hz(※ゲームをプレイ中かつGame Genieから設定可能)
  • 認証:画面内指紋/顔
  • 防水・防塵:対応
  • FeliCa:対応
  • ワイヤレス充電:対応

メモリ16GBで超快適に使える

Zenfone 10(RAM16GB)は、Zenfone 10シリーズのなかでメモリ容量が最も大きいモデルです。

メモリとは、かんたんにいうと「机の広さ」です。

机が広ければ広いほど、たくさんの書類を並べて仕事ができるように、メモリ容量が大きければたくさんのアプリを同時に利用できます。

通常は8GBでも問題ないことが多いですが「大は小を兼ねる」とも言いますし、8GBで不便な経験をした人やなんとなく心配という人は、こちらを買いましょう。

高価格帯のハイエンド機種

Zenfone 10(RAM16GB)は定価13万円超のフラグシップモデルです。

Zenfone 10(RAM8GB)よりも2万~3万円ほど定価が高く設定されています。

メモリ以外はZenfone 10(RAM 8GB)と同じ

メモリ容量が8GBではなく16GBであること以外、8GBモデルと性能は変わりません

超高性能なSnapdragon 8 Gen 2が搭載されているため、処理が遅延せずサクサク動きます。

コンパクトなサイズで持ちやすく、有機ELディスプレイで滑らかな画面を提供。

防水・防塵にも対応しており、オーディオも高品質です。

ZenFone 10(RAM 16GB)の価格

ZenFone 10(RAM 16GB)のストレージ容量は512GBの1種類のみとなっています。

取扱店は、次の表のとおりです。

販売店価格割引後※詳細
ASUS直販134,800円-公式サイトを見る
IIJmio119,000円99,800円公式サイトを見るIIJmio
mineo128,832円-mineo公式サイトを見る

歴代Zenfoneの一覧表

zenfone5

画像引用元: ZenFone 5 (ZE620KL) | スマートフォン

国内で発売されたZenFoneと、その発売日を一覧にまとめました。

発売日発売日機種
2014年11月8日ZenFone
2015年5月16日ZenFone 2 (RAM 2GBモデル)
ZenFone 2 (RAM 4GBモデル)
8月8日ZenFone2 Laser
9月18日ZenFone Selfie
11月13日ZenFone 2 Laser ZE601KL
2016年2月5日Zenfone Zoom プレミアムレザー
2月13日ZenFone Zoom
3月18日ZenFone Max
4月2日ZenFone Go
10月7日ZenFone 3
10月28日ZenFone 3 Deluxe
ZenFone 3 Deluxe ZS570KL
11月26日ZenFone 3 Laser
12月9日ZenFone 3 Ultra
2017年1月14日ZenFone 3 Max
3月17日ZenFone 3 ZE552KL
4月15日ZenFone 3 Max ZC553KL
6月23日ZenFone Zoom S
ZenFone Zoom AR
7月14日ZenFone Live
9月23日ZenFone 4
ZenFone 4 Selfie Pro
10月17日ZenFone 4 Pro
11月22日ZenFone 4 ZE554KL カスタマイズモデル
12月8日ZenFone 4 Max
12月15日ZenFone 4 Selfie
2018年2月17日ZenFone Max Plus(M1)
5月18日ZenFone 5
ZenFone 5Q
ZenFone 5Z
9月21日ZenfFone Max(M1)
12月21日ZenFone Live(L1)
ZenFone Max Pro (M1)
2019年3月15日ZenFone Max Pro (M2)(RAM 4GBモデル)
ZenFone Max (M2)
8月23日ZenFone 6
12月20日ZenFone Max Pro (M2)(RAM 6GBモデル)
2020年10月23日ZenFone 7
ZenFone 7 Pro
2021年8月20日ZenFone 8(RAM 16GBモデル)
ZenFone 8(RAM 8GBモデル)
ZenFone 8 Flip
2022年11月4日Zenfone 9(RAM 16GBモデル)
Zenfone 9(RAM 8GBモデル)
2023年9月8日Zenfone 10(RAM 16GBモデル)
Zenfone 10(RAM 8GBモデル)

発売日に注目すると、最初は乱発していた一方で、近年は種類を絞って投入していることがわかります。

2022年にはSnapdragon 8+ Gen 1搭載のZenFone 9シリーズ、2023年にはSnapdragon 8 Gen 2搭載のZenFone 10シリーズのみと、ハイエンドモデル以外は発売しなくなりました

下手に格安スマホを出すより、ハイエンドモデルに注力したほうが収益やブランドイメージの面で有利ということなのかもしれませんね。

ZenFoneシリーズのスペックを比較

2019年以降に発売されたZenFoneシリーズのスペックを比較してみましょう。

モデル名チップメモリストレージ
ZenFone Max (M2)Snapdragon 6324GB32GB
64GB
ZenFone Max Pro (M2)
(RAM 4GBモデル)
Snapdragon 66064GB
ZenFone Max Pro (M2)
(RAM 6GBモデル)
6GB
ZenFone 6Snapdragon 855128GB
256GB
ZenFone 7Snapdragon 8658GB128GB
ZenFone 7 Pro256GB
ZenFone 8
(RAM 8GBモデル)
Snapdragon 888128GB
256GB
ZenFone 8 Flip
ZenFone 8
(RAM 16GBモデル)
16GB256GB
ZenFone 9
(RAM 8GBモデル)
Snapdragon 8+Gen 18GB128GB
256GB
ZenFone 9
(RAM 16GBモデル)
16GB256GB
ZenFone 10
(RAM 8GBモデル)
Snapdragon 8 Gen 28GB128GB
256GB
ZenFone 10
(RAM 16GBモデル)
16GB512GB

メモリ容量とストレージ容量がだんだんと増加してきていることがわかりますね。

ZenFoneシリーズのサイズを比較

2019年以降に発売されたZenFoneシリーズの外観を比較してみましょう。

モデル名重量本体サイズ画面サイズ
ZenFone Max (M2)160g高さ:158.4mm
横幅:76.2mm
厚さ:7.7mm
6.3インチ
ZenFone Max Pro (M2)
(RAM 4GBモデル)
175g高さ:157.9mm
横幅:75.5mm
厚さ:8.5mm
ZenFone Max Pro (M2)
(RAM 6GBモデル)
ZenFone 6190g高さ:159.1mm
横幅:75.4mm
厚さ:9.1mm
6.4インチ
ZenFone 7235g高さ:165mm
横幅:77.2mm
厚さ:9.6mm
6.67インチ
ZenFone 7 Pro
ZenFone 8 Flip230g
ZenFone 8
(RAM 8GBモデル)
169g高さ:148mm
横幅:68.5mm
厚さ:8.9mm
5.9インチ
ZenFone 8
(RAM 16GBモデル)
ZenFone 9
(RAM 8GBモデル)
169g高さ:約146.5mm
幅:約68.1mm
厚さ:約9.1mm
5.9インチ
ZenFone 9
(RAM 16GBモデル)
ZenFone 10
(RAM 8GBモデル)
172g高さ:約146.5mm
幅:約68.1mm
厚さ:約9.4mm
5.9インチ
ZenFone 10
(RAM 16GBモデル)

2023年に発売されたZenFone 10(8GB)とZenfone 10(16GB)は、Zenfoneシリーズ史上最も軽量コンパクトだった前モデルとほぼ同じサイズです。

重量は3gほど重くなっているものの軽量で、シリーズの中で最も画面サイズが小さいです。

Zenfone 10でも片手操作を意識したコンセプトを踏襲していることから、今後も他社との差別化を図るために軽量小型化の流れは続くのでは……と予想しています。

ZenFoneの評判は?

最後に、ZenFoneシリーズの最近の評判をX(旧Twitter)で調査してみました。

ただ「ZenFone 10」とだけ検索し、「話題のツイート」として上位に表示されたものをピックアップします。

なお、「ZenFone 安い」のような恣意的な検索はしていません。

軽量小型で持ち運びしやすい

Zenfone 9から引き続きコンパクトの流れを踏襲したZenfone 10。

iPhoneとほぼ同じサイズなのに重量は軽く、さらにハイスペックな点が高く評価されていました。

バッテリー持ちが良い

Zenfone 10のバッテリー容量は、前モデルと同じが4,300mAh。

充電しなくても長時間駆動できるため、外出先へも安心して持ち運びできます。

今回から急速充電に対応したことも話題になりましたが、ほかにも低速充電機能や予約充電機能なども用意されています。

どちらもバッテリー劣化防止に非常に効果的なので、長くスマホを使いたい人はぜひ活用してみましょう。

デザインがかっこいい!

Zenfone 10のデザインは、カメラリングの色がシルバーから黒に変更

レンズとリングの色が一体化したことで、洗練された雰囲気になっています。

前モデルから大きく変わっているわけではありませんが、本体カラーとの相性も良く好評を博しています。

カメラ性能が大幅向上!

Zenfone 10の新機能「アダプティブEIS」が非常に強力で、適当に撮影してもブレることなく滑らかな映像を撮影できると好評でした。

新機能に話題が押されがちなものの、実はフロントカメラの画素数も3200万画素にアップ。

自撮り撮影も捗りそうです。

このほかにも、肌の発色も良くなったという意見も多く見られました。

コスパ最強の名にふさわしいZenFone 10がおすすめ

以上、ASUSのスマホ「Zenfone」シリーズについてでした。

Zenfoneは数年前まで、低スペックの格安スマホを大量に投入することで、SIMフリースマホ市場において存在感を示してきました。

そのおかげで実際に知名度は上がりましたが、やはりスペック面での評判はあまり良くありませんでした。

しかし、2020年からは、少数のハイエンドモデルしか投入しない方向に切り替わりました。

ZenFoneのおすすめ機種
  • 最も人気のZenFone 10(RAM 8GBモデル)
  • ハイスペックのZenFone 10(RAM 16GBモデル)

「ZenFone 10(RAM 8GB)」と「ZenFone 10(RAM 16GB)」では、待望のワイヤレス充電に対応。

処理性能に優れた最新のSnapdragon 8 Gen 2と冷却装置も搭載、片手での操作も快適など、ゲーミングスマホとしても充分使えるスペックを備えています。

今回で4年連続で少数のハイエンドモデルのみの販売となりました。

これで競合の海外メーカーの中でも一際優等生感が増してきている印象です。

この記事を書いた人
ライター歴11年目のフリーランスライター。パソコン・スマホ・格安SIM関連の書籍やWebメディアを多数執筆。iPhoneの可能性に惹かれてこの道に入った、スマホ大好き人間。
ASUSのスマホ『Zenfone』の歴代全機種を比較!Zenfoneは高機能でコストパフォーマンスに優れたスマホが人気です。ただしラインナップ数も多いので、どの機種を選んだらいいかわからないという人もいるのではないでしょうか?この記事では、Zenfoneのおすすめ機種とスペック・価格などを解説します。