「頭金」や複雑な料金プラン、スマホ業界の悪しき風習をいま一度整理してみた

  • 2021年1月23日
  • by.sekai

iPhone 12 mini

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホの料金プランが複雑だと感じることはありませんか?

スマホの複雑な料金プランや、悪しき風習をここで一度整理してみます。

頭金とはどういったものか、料金プラン変更やMNP時に気をつけるべきポイントなど解説します。

新プランが登場するまえに既存プランの内容を理解しておきましょう。

スマホ業界の悪しき風習
  • スマホ業界で言う「頭金」は端末代金とは別の費用
  • 割引・キャンペーンの種類が多く、料金プランが複雑に見える
  • 携帯乗り換えには多くの障害がある
  • 新プランをはじめ改善に向かっている

トップ画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

スマホ業界で言われる「頭金」とは?

au直営ショップ

画像引用元: スマートフォン・携帯電話 | au

スマホ業界で用いられる頭金は、通常とは少し違った意味合いで使用されています。

本来、頭金というのは住宅や自動車などを割賦払い(分割払い)で購入するとき、販売価格の一部としてまとめて支払う金額のことを指します。

ですがスマホ業界で用いられる頭金は、割賦金とは全く関係ない費用を指しているのです。

簡易的にいうと、スマホ業界で言う頭金は事務手数料などということになります。

頭金が無料となっても、本来支払わなくてはいけない割賦金の割引にはならないということです。

頭金の違い
  • 通常の頭金:費用の一部になる
  • スマホの頭金:事務所手数料で別途かかる

頭金を払わない方法は?

スマホ購入の際に頭金がかかるのは店頭での購入です。

例えばキャリアショップや家電量販店などで購入した場合、店舗ごとに定められた頭金が0円〜10,000円ほどかかります。

頭金は店舗ごとに独自で設定できるので、一概にいくらとは言えません。

頭金を払ってもいいことはないので、出来るだけカットしたいですよね?

そんな場合はキャリアのオンラインショップを利用することで頭金を0円にすることができます。

項目オンラインショップショップ
MNP転出料
※転出元への支払い
3,000円
契約事務手数料無料3,000円
端末頭金無料3,000円~
10,000円程
送料無料無し

上の表はソフトバンクへMNPした際にかかる費用の一例です。

ソフトバンクオンラインショップなら頭金と事務手数料もカットできるため、場合によっては1万円以上お得になります。

※auはオンラインショップでも事務手数料はかかります。

店舗で手数料取るのはさして問題ではないのですが、頭金という表記が紛らわしいですね。

この頭金表記はすでに一部キャリアで無くす動きが進められています。

頭金のまとめ
  • スマホの頭金は無料にできる
  • ついでに事務手数料もカット!
  • 頭金・事務手数料無料のオンラインショップがお得!

種類の多い割引で複雑な料金プラン

ドコモ

画像引用元:NTTドコモ ホーム

スマホ業界の料金プランはとにかく複雑です。

ここでスマホのプランの構成を今一度理解しましょう。

スマホの料金プランの骨組みは?

ぱっと理解できないほど複雑にしているスマホの料金プラン。

まずはその骨組みであるスマホプランの構成がどうなっているかを理解しましょう。

スマホプランの構成
  • 通話・データの料金
  • 通話オプション
  • 端末料金
  • 割引キャンペーン

通話・データの料金というのはインターネットが利用できるパケットプランと通話がセットになっています。

パケットは大容量50GBや従量制など選択でき、通話はかけた分だけ料金がかかる従量制です。

通話オプションは1回5分以内の国内通話が無料など好みで選択できます。

端末料金はスマホの料金で一括か分割かを選択できます。

さらにそこから契約内容によって割引キャンペーンが適用されます。

シンプルに見えてとても複雑ですね。

スマホプラン例(ソフトバンク)
  • 通話・データ料金:メリハリプラン
  • 通話オプション:準定額オプション+
  • 端末料金:一括か分割か選べる
  • 割引キャンペーン:おうち割 光セットなど

割引キャンペーンがとにかく複雑

スマホの料金構成自体は少し勉強するとそこまで複雑ではないかもしれません。

とにかく複雑にしているのはキャンペーンです。

例えばソフトバンクでは以下のようなキャンペーンがあります。

ソフトバンクのキャンペーン
  • おうち割 光セット
  • みんな家族割+
  • 半年おトク割
  • 5G 1年おトクキャンペーン

おうち割 光セットは自宅の光回線に契約する必要があり、みんな家族割は複数人の契約が必要です。

半年おトク割と5G 1年おトクキャンペーンは期限付きの割引施策です。

もう何が何だか訳が分かりません…。

どのキャンペーンが適用できるかを調査する作業が始まります。

端末代金を複雑にする分割キャンペーン

スマホの端末代金は10万円以上するものもあり高額です。

これらの負担を安くするために各キャリアは分割キャンペーンを行っています。

端末料金を安くする分割キャンペーン

これらキャンペーンを利用することで、48回払い(36回)を前提に24ヶ月以降に機種変更する事で、機種代金の残額はキャリアが負担すると言う内容です。

ですが見落としてはいけないのが、3年〜4年という契約期間です。

キャンペーンを適用するのがお得なのか、2年後に端末を中古ショップに持っていく方がお得なのかをしっかり計算する必要があります。

最新iPhoneなら2年後でも定価の半額以上で買い取ってもらえることがほとんどです。

携帯会社を乗り換え(MNP)しにくい仕組みなのはなぜか?

iPhoneのイメージ

画像引用元:Apple_announce-iphone12pro_10132020_big.jpg.large.jpg (980×551)

使用している端末、電話番号を買えずに他社に乗り換えができるMNP(携帯電話ポータビリティ)。

MNPした方がお得になる場合がありますが、ためらってしまう人が多いのはなぜでしょか?

それはMNPしにくい仕組みが出来上がっているからです。

キャリアでMNPしにくい仕組み
  • SIMロックを解除しなくてはいけない
  • キャリアメールの変更
  • MNP転出と新規手数料がかかる

MNPで乗り換えを考えている方は、これらのポイントをしっかり理解しておきましょう。

SIMロックを解除しなくてはいけない

AQUOS sense4 SIMスロット

キャリアで購入した端末には、SIMロックのかかったSIMカードが使用されています。

このSIMロックを解除しなければ、他社キャリアでそのまま使用することはできません。

SIMロックを解除は、契約しているキャリアの店舗またはオンラインで行えます。

店舗で行う場合、本人確認書類・SIMロック解除機能搭載機種が必要で手数料3,000円がかかります。

オンラインの場合は手数料無料でいつでも行えます。

ドコモのiPhone 12 Proでは購入時点でSIMロックがすでに解除されていました。

自分のSIMロックの確認は設定から「一般」→「情報」→「SIMロック」で確認できます。

キャリアメールの変更

iPhone 12とiPhone 12 mini

画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

各キャリアには、独自のメールアドレスがありキャリアメールと言います。

このキャリアメールもMNPで乗り換えをする場合、使用できなくなります。

キャリアメールでアプリケーションを登録している方や、仕事などで頻繁に使用している方は少々面倒です。

2021年3月以降に新たに登場する料金プランでもキャリアメールが使用できません。

2020年10月21日に総務省が、大手携帯電話会社に対し他社へ乗り換えた後も付与されたメールアドレスをそのまま引き継げるようにと訴求しています。

今後どのようになるかわかりませんが、キャリアメールはもう時代遅れといえるでしょう。

MNP転出料と新規手数料がかかる

iPhone 12 miniのサイズ

画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

MNP手続きをすると、SIMロックを解除するためのMNP転出料と、新たに他社で契約するための新規手数料(転入料)がかかってしまいます。

これらの費用は以下の通りです。

MNP転出料と新規手数料はいくら?
  • MNP転出料:3,000円
  • 新規手数料:3,000円

MNPをするだけで計6,000円もかかってしまいます。

ただしNTTドコモは2021年4月にMNP転出料を廃止しすると発表しているので、今後はなくなる費用かもしれません。

携帯乗り換え(MNP)で11万円以上得するテクニックと手順・注意点

MNP引き止めクーポンをご存知ですか?

iPhone12 Pro

画像引用元:iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max – Apple(日本)

MNP引き止めクーポンとは、MNPによりキャリア変更(解約)されるのを防ぐため、携帯電話会社が特別に配布するクーポンのことをいいます。

MNP引き止めクーポンは、ポイント還元される場合が多く約1〜3万ポイント(1〜3万円相当)が進呈されるようです。

これらのMNP引き止めクーポンの配布は、総務省が禁止する方向で調整していますので、今後はMNP引き止めクーポンはなくなる可能性があります。

たとえ嘘だったとしても解約すると伝えたユーザーだけが得する仕組みはあまり健全なものではないでしょう。

その他、とにかく安く機種変更したいなら、キャリアから送られてくるメールクーポンや郵送クーポンを確認するのも手です。

クーポンの種類
  • MNP引き止めクーポン:オペレーターなどから案内されることも
  • メールクーポン:該当者にメールでクーポンがくる
  • 郵送クーポン:該当者に郵送でクーポンが届く

これらクーポンがどういった基準で配布されるのか基準ははっきりと分かりません。

個人的な見解としては機種変更してから2年後あたりに送られてくることが多いように感じます。

ahamoを皮切りに20GBの新プランが続々と登場!!

ahamo

画像引用元:ahamo | アハモ

料金プランやMNP、割引キャンペーンの複雑さを解説してきました。

これらの問題が解決されるでろう新プランが2021年3月に登場します。

ドコモのahamoをはじめとした20GBプランです。

キャリアメールは使えなくなり、初期はMNPと同様の手続きをネットから行う必要がありますが、プラン内容がとてもシンプルです。

ahamoのプラン内容
  • 月額3,278円で20GB使える
  • 通話も1回5分が何度でも無料
  • 割引キャンペーンなどはなし
  • 誰でも同じ料金
  • ただしネットから申し込みのみ

うーんシンプル!

同様のプランが「SoftBank on LINE」とauの「povo」です。

povoは無料通話をつけなければ月額2,728円で利用できます。

ほとんどの方がこれら新プランを選ぶことで複雑な料金プランから脱出できるでしょう。

新プラン登場で大きく変わるスマホの料金プラン

povo

画像引用元:新発想の料金プラン「povo」誕生|au

総務省はスマホ料金の改革に本気です。

ahamoなどの新料金プランでスマホプランは今後シンプルで安くなると予想されます。

今後はとにかくシンプルで安いものを選ぶことが重要になってきます。

最後に、現状のプランの注意するポイントをまとめましょう。

料金プランの見直しの際に注意すべきポイントまとめ
  • スマホ業界で言う「頭金」は事務手数料のこと
  • 割引額も大切だが注目するポイントは契約期間
  • SIMロックを解除しなければMNPできない
  • まだキャリアメールは引き継ぐことができない
  • MNPを行うなら各キャリアのオンラインショップで行う
  • MNP引き止めクーポンは無くなっていく模様
最新スマホおすすめランキング|人気のiPhone/Androidまとめ【2021年】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。