au・ソフトバンクの半額サポートの罠|途中解約して格安SIMに乗り換えたくても…

au・ソフトバンクの半額サポートの罠|途中解約して格安SIMに乗り換えたくても…

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

毎年高騰していくスマホ代金を安くすることができると話題の半額サポート

現在は、auとソフトバンクの2つのキャリアで提供されているサポートプログラムです。

ただ本当に半額になるにはいくつかの条件を満たす必要があったり、途中解約するのが難しくなったりと罠があります。

今回は『半額サポートの罠』について解説していきます。

半額サポートの罠
  • 半額になるのは25ヶ月目に機種変更した場合だけ
  • 分割支払期間が長くなるので途中解約が難しい
  • スマホ本体の回収が必須

au・ソフトバンクの半額サポートの仕組み

お得になるという半額サポートとはどのようなサービスなのでしょうか。

auでは『アップグレードプログラムEX/EX(a)』、ソフトバンクではそのまま『半額サポート』という名前でサポートプログラムがあります。

内容は似ているところも多く、まず2社の半額サポートについて簡単に説明していきます。

両社のサポートプログラムでは、本体を分割購入し次回機種変更時に割賦残債を免除にすることで、最大で半額分の本体代金が免除されます。

この時、分割回数は48回に限られるため支払い期間は4年となってしまいます。

48回分割で本体を購入することで、25回目以降の分割金が免除され本体代金の支払いが半額になるという仕組みです。

ただ48回分割で購入すれば半額になるというものではありません。

本体代金で値引きされるのは、機種変更時に残っている分割金だけになります。

したがって半額になるのはちょうど24回支払った後(端末利用25ヶ月目)で機種変更をした場合だけになります。

半額の免除を受けて本体を半額で購入するための条件は以下のようになります。

半額サポートの条件

  • 48回分割で本体を購入する
  • 25ヶ月目ちょうどで機種変更する
  • 元々使っていたスマホは回収される

このように半額で購入するためには、いくつかの条件を満たさなくてはなりません。

しかも、半額サポートにはこれ以外にも罠があるので、スマホ本体代金半額という言葉だけで安易に飛びつくのは危険です。

それでは、半額サポートの罠について解説していきます。

半額サポートの罠

2019/7/8 お詫びと訂正
本記事内において、半額サポートの罠として”スマホ本体の代金の分割は残る”と記載しておりましたが、正しくは”auは除き”スマホ本体の代金の分割は残る”となります。
間違った記載をしておりましたことお詫び申し上げます。

半額サポートには大きく5つの罠が存在します。

半額サポート5つの罠

  • 同じキャリアで使い続けないといけない(4年縛り)
  • 24ヶ月ちょうどで機種変更しないといけない
  • スマホ本体の回収が必須
  • スマホ本体の代金の分割は残る(※auは除く)
  • 途中解約で高額の料金が発生することも
ソフトバンク「半額サポート for iPhone」48回払いのデメリット

次のページで、5つの罠を1つづつ詳しく解説していきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ