auからドコモに乗り換え(MNP)手順|機種そのままもOK?【2022年】

auからドコモに乗り換え(MNP)る手順を解説します。お得に乗り換えるために、今auが行なっているキャンペーン、ドコモで解約違約金がかからないタイミングを知っておくべきです。また、機種代金の残債がどうなるかなど、乗り換えにまつわる注意点についても解説します。
  • 2022年1月4日
  • by.a-sato

5Gギガホと5Gギガライト

ahamo月額2,970円で20GBの格安プラン!さらにMNPならもれなく10,000ptもらえるキャンペーンも実施中!ahamoで最新スマホを使うならお得なドコモオンラインショップがおすすめです!

スマホ料金を安くしたい・新しい機種をお得に購入したいという理由で他社への乗り換えを検討する人が多いでしょう。

そこで今回は、auからドコモにお得に乗り換えるポイントや手順、注意点について解説していきます。

これから乗り換えを検討している人は是非参考にしてください。

auからドコモに乗り換える際に知っておくべきこと
  • 「いつでもカエドキプログラム」で機種代金がお得になる
  • 5G WELCOME割で5Gスマホなら最大22,000円割引
  • ドコモオンラインショップ限定で対象スマホが16,500円割引+5,000ポイント還元
  • ドコモオンラインショップ限定でSIMのみ契約をすると10,000ポイント還元
  • 下取りをすると最大75,200円割引

※本記事の価格は全て総額表示

トップ画像引用元:5G向け料金プラン 5Gギガホ プレミア、5Gギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ

auからドコモにお得に乗り換えるコツ

au

まず、auからドコモにお得に乗り換えるポイントについて解説していきます。

ドコモには知っておいて損はないお得なキャンペーンやサービスがたくさんあります。

乗り換えを検討している人は、是非チェックしてください。

auからドコモにお得に乗り換えるコツ
  • いつでもカエドキプログラムを使う
  • 下取りプログラムを使う
  • キャンペーンをチェック
  • 家族でドコモに乗り換える

いつでもカエドキプログラムを利用する

ドコモには「いつでもカエドキプログラム」というプログラムがあります。

これは、24回目の支払いまでにスマホを返却すると支払いが免除になるという内容。

23回までの分割金が安く設定され、24回目に機種代金の半額程度の金額が設定されているのが特徴です。

条件は下記の通りです。

いつでもカエドキプログラムの条件
  • 24回の分割でスマホを購入する
  • dポイントクラブに加入している
  • 対象のスマホを返却し査定にクリアする

プログラムを適用するスマホを返却し、故障や破損がないか査定にクリアすることで、約半額の機種代金の支払いが免除になります。

約2年のスパンで安く新しい機種に変えることができるので、定期的に最新のスマホをお得に使いたい人におすすめです。

もちろん、24回目の支払い以降も引き続き使う場合は、再分割して支払うことも可能です。

下取りプログラムを使う

今使っているauのスマホをドコモの「下取りプログラム」で下取りに出すことで、別途割引が利用できるようになります。

2021年11月現在の最高下取り額は下記の通りです。

ドコモの下取りプログラムの最高額
  • iPhone:75,200円
  • Androidスマホ:37,500円

iPhoneの方が下取り額が高い傾向にあります。

下取りプログラムを利用する場合、画面割れなどの破損があると下取り額が一気に下がってしまうので注意してください。

破損がある場合は、一度ジャンク品の買取を行っている中古ショップの相場もチェックすると良いでしょう。

対象機種を見る

キャンペーンをチェックしよう

ドコモでは割引やポイント還元などのお得なキャンペーンも開催されています。

ドコモの主なキャンペーン
  • 5Gスマホを購入して最大22,000円割引
  • ドコモオンラインショップ限定で対象スマホが16,500円割引+5,000ポイント還元
  • ドコモオンラインショップ限定でSIMのみ契約をすると10,000ポイント還元
  • 30歳未満がギガホ プレミアを契約すると30歳になるまで3,839円(最大6ヶ月)・550円(7ヶ月目以降)割引

5Gスマホを購入すると最大22,000円割引される「5G WELCOME割」をはじめ、ドコモオンラインショップ限定で対象スマホを購入すると16,500円割引されます。

また、スマホを購入しなくてもSIMのみ契約でdポイントが10,000ポイント還元など、機種そのままでの乗り換えたい人にもお得な特典があります。

さらに「U30ロング割」という新たな割引サービスも登場し、30歳になるまで月額料金から最大6ヶ月3,839円、7ヶ月目以降も550円割引されます。

家族でドコモに乗り換えるのもおすすめ

ドコモには「みんなドコモ割」という割引サービスがあります。

家族グループに加入している回線数に応じて割引が適用される仕組みで、3回線以上であれば1台あたり1,100円の割引が適用されます。

そのため、もし家族でauを使っているのであれば、思い切って全員でドコモに乗り換えてしまうのもおすすめです。

ちなみに、ネット回線もドコモ光に変えると1台あたり最大1,100円の割引(ギガライト1GB未満の場合は割引なし・3GB利用の場合は550円)が適用されるので、ネット回線も一緒に変えるとよりお得になります。

auからドコモに乗り換える手順

ドコモeSIMの再発行はドコモショップでしか手続き不可

画像引用元:ドコモショップ丸の内店 | NTTドコモ

次に、auからドコモに乗り換える手順について解説していきます。

auからドコモに乗り換える手順
  1. MNP予約番号を発行する
  2. ドコモで乗り換えの手続き
  3. 端末の初期設定・データ移行

下記にて詳しく見ていきましょう。

ステップ1:MNP予約番号を発行する

まず、auでMNP予約番号を発行する必要があります。

auでのMNP予約番号の発行方法は3通りあります。

MNP予約番号の発行方法
  • auショップで発行する
  • My auで発行する
  • auのカスタマーサポートで発行する

MNP予約番号はショップ・オンライン・電話での発行が可能です。

有効期限は発行日から15日間であり、乗り換えが完了した時点でMNP転出手数料が3,300円かかります。

ステップ2:ドコモで乗り換えの手続き

MNP予約番号を発行したら、次にドコモで乗り換えの手続きを行います。

乗り換えの手続きは、ドコモショップまたはドコモオンラインショップで行うことができます。

今回は、途中までドコモオンラインショップで操作した画像と一緒に手順を解説していきます。

  1. ドコモオンラインショップを開き、画面左上のメニューアイコンをタップ
    ドコモで乗り換えの手続き
  2. 「機種をさがす」の項目から自分が購入したいものを選択
    ドコモで乗り換えの手続き
  3. 製品の名前を選択
    ドコモで乗り換えの手続き
  4. カラーや容量、購入方法を選択
    ドコモで乗り換えの手続き
  5. 機種代金の支払い方法を選択
    ドコモで乗り換えの手続き
  6. 下にスクロールして「カートに入れる」をタップ
    ドコモで乗り換えの手続き
  7. 購入する製品を確認後「購入手続きに進む」をタップ
    ドコモで乗り換えの手続き
  8. 注意事項をチェックの上「上記内容に同意して購入手続きに進む」をタップ
    ドコモで乗り換えの手続き
  9. 「申し込み前の確認事項」をタップ
    ドコモで乗り換えの手続き
  10. 各注意事項を確認の上、「同意する」をタップ
    ドコモで乗り換えの手続き
  11. MNP予約番号と移転元・転入予定の携帯電話番号を入力
    ドコモで乗り換えの手続き
  12. 下取りプログラムの有無を選択
    ドコモで乗り換えの手続き
  13. 本人確認の方法を選択
    ドコモで乗り換えの手続き
  14. 契約者情報を入力
    ドコモで乗り換えの手続き
  15. 支払い方法を選択し必要に応じて情報を入力
    ドコモで乗り換えの手続き
  16. 商品の配送先を選択
    ドコモで乗り換えの手続き
  17. 本人確認書類をアップロード※画像アップロードを選択した場合
    ドコモで乗り換えの手続き
  18. ネットワーク暗証番号を入力
    ドコモで乗り換えの手続き
  19. 注意事項を確認して「次へ」を選択
    ドコモで乗り換えの手続き
  20. プランやオプションを案内に従って選択
  21. 支払いの入力
  22. 最後に内容を確認し、間違いがなければそのまま申し込み
  23. 完了

ステップ3:端末の初期設定・データ移行

ドコモショップで契約した場合、端末の初期設定等はスタッフが行ってくれます。

ただし、SIMのみの場合は自分で初期設定を行わなければならない可能性が高いので注意しましょう。

ドコモオンラインショップで契約した場合は、どちらも自分で初期設定を行う必要があります

auからドコモに乗り換え|データ移行

NTTドコモのロゴ

画像引用元:コーポレートアイデンティティ | 企業情報 | NTTドコモ

auからドコモに乗り換える際、基本的にはデータの移行も自分で行います

ドコモショップ内にはデータ移行用の「DOCOPY」という機械があるので、自分でデータ移行する方法がわからないという人はこの機械を使用することをおすすめします。

データの移行方法はいくつかあります。

データの移行方法
  • GoogleアカウントやiCloudアカウントにバックアップを取る
  • SDカードにデータを入れて差し替える
  • パソコンにデータを保存する
  • 外部のデータ移行アプリを利用する

1番手軽なのはGoogleアカウントやiCloudアカウントにバックアップを取る方法です。

新しい機種に同じアカウントでログインするだけで、バックアップしたデータを反映させることができるので、非常に簡単です。

メールアドレスはどうなる?

auからドコモに乗り換えると、メールアドレスはドメインが変更になります。

「@ezweb.ne.jp」から「@docomo.ne.jp」に変わるので、前部分を同じにすることは可能ですが、どちらにせよメールアドレス変更の連絡は必要になります。

今はLINEなどSNSアプリが主流でメールアドレスで連絡を取る人はかなり少ないと思うので、「自分は連絡しなくても大丈夫」と思うかもしれません。

しかし、WEBサイトやアプリに登録しているメールアドレスがキャリアメールの場合、乗り換えと同時に変更する必要があります。

変更しないとアプリの引き継ぎができなくなったり、通知メールが来ないなどの支障をきたす恐れがあります。

そのため、アプリやWEBサイトのメールアドレス変更は乗り換え前に行い、フリーメールに設定することをおすすめします。

auからドコモに乗り換える時の注意点

ドコモ

画像引用元:NTTドコモ ホーム

次に、auからドコモに乗り換える時の注意点について解説していきます。

auからドコモに乗り換える時の注意点
  • メールアドレスが変わる
  • auのスマホを使う場合はSIMロック解除が必要
  • 違約金や手数料に注意

下記にて詳しく見ていきましょう。

メールアドレスが変わる

前章でも触れたように、auからドコモに乗り換えることでキャリアメールのドメインが変わります。

WEBサイトやアプリの登録メールアドレスの変更を忘れずに行いましょう

また、この先も乗り換えることを考えて、フリーメールに設定することをおすすめします。

auのスマホを使う場合はSIMロック解除が必要

auのスマホをドコモで引き続き使う場合、ほとんどの機種はSIMロックを解除しないといけません。

SIMロック解除が不要なのは、今のところiPhone 13シリーズと2021年10月1日以降に発売された機種のみです。

後述にて詳しく解説しますが、auのスマホをドコモで使用する場合は基本的に自己責任でお願いします。

違約金や手数料に注意

契約状況によっては、乗り換える時に違約金が発生する可能性があります。

違約金は1,100円または10,450円となっており、MNP予約番号を発行する際に確認することができます。

また、違約金以外にもauでのMNP転出手数料が3,300円と、初期費用がやや高くなります。

ドコモショップで手続きする場合は、さらに契約事務手数料が3,300円かかります。(※ドコモオンラインショップなら事務手数料無料)

初期費用が一体いくらかかるのか、しっかりと把握するようにしましょう。

ドコモでもauの端末そのまま使える?

ドコモショップ

auで使っていた端末がまだ使える場合、ドコモでも引き続き使いたいと思いますよね。

ドコモで新しくスマホを購入するのは勿体ないと感じる人も多いでしょう。

auのスマホをドコモでも使えるのか?ということですが、基本的に可能です。

しかし、全てのスマホがそのまま使えるわけではありません。中には、ドコモで使えない機種もあります。

そのため、ドコモでauのスマホを使う場合は、原則自己責任で利用するようにしましょう。

SIMロックがかかった機種はロック解除を忘れずに

2021年10月1日より、SIMロックは全面的に禁止となりました。

そのため、10月以降発売される機種に関してはどのキャリアもSIMロックがかかっていません。

9月に発売されたiPhone 13も、全キャリアSIMフリーモデルということで話題になりました。

一方で、10月1日以前に発売されたほとんどの機種は、SIMロックがかかっています。

購入元のキャリア以外で使用するとなると、SIMロックを解除しなければいけません

つまり、SIMロックがかかったauのスマホを使っている場合、SIMロック解除の手続きを行う必要があります。

SIMロック解除の方法
  • ショップで手続きする ※手数料3,300円
  • My auで手続きする ※無料

SIMロック解除は、ショップまたはMy auから手続きが可能です。

ショップの場合は手数料が3,300円かかりますが、My auの場合は無料で手続きできます。

auからドコモに乗り換えでいくら安くなる?

ドコモショップ実店舗

次に、auからドコモに変えるといくら安くなるのかプラン料金を比較してみました。

結論、auとドコモはそこまでプラン料金に差はありませんでした。

キャンペーンなどで、新しいスマホを安く買えるかどうかで乗り換えを判断するべきなのかもしれません。

従量制プランの場合

まず、auのピタットプラン5G/4Gとドコモの5Gギガライトを比較しました。

項目ドコモau
~1GB3,465円3,465円
~2GB
~3GB4,565円
~4GB5,115円
~5GB5,665円
~6GB
~7GB6,765円6,765円

上記の料金は割引を一切適用していません。

使えるデータ容量は同じで、恐らく料金形態も全く同じであることがわかります。

しかし、3GBから4GB利用時点の料金を見ると、ドコモが4,565円でauが5,115円とドコモの方が安くなっています。

また、5GBから6GBまで利用する際はドコモよりもauの方が安く利用できます。

わずかな差ではありますが、利用量が4GB未満の場合はドコモ・3GB以上6GB未満の場合はauの方がお得に使えるということになります。

無制限プランの場合

次に、auの使い放題MAX 5G/4Gとドコモの5Gギガホ プレミアを比較しました。

項目ドコモau
月額料金7,315円7,238円
家族3回線以上-1,100円
光セット割-1,100円
クレジットカード支払い割
(dカード/au PAYカード)
-187円-110円
割引後の月額料金4,928円4,928円

割引なしの状態ではauの方が若干安いですが、割引を全て適用するとどちらも同じ金額で利用することができます。

結論、ドコモとauの料金はそこまで大きな違いはなく、乗り換えするかどうかを決定づけるまでの理由にはならないと思われます。

乗り換えによるキャンペーンで、どのくらいお得に新しい機種が買えるかどうかで判断するべきでしょう。

ahamoへの乗り換えならもっと安くなる!

ahamoのロゴ

画像引用元:ahamo

ドコモのサブブランド「ahamo」はドコモの回線を使うことができます。

尚且つドコモよりも遥かに安い価格で利用することが可能です。

ahamoのポイント
  • 月額料金は2,970円
  • データ通信量は20GB
  • 5分以内の国内通話がかけ放題
  • ドコモの4G/5Gが使える
  • 解約金・契約期間の縛りなし

auをはじめ、大手キャリアの料金が高いと感じている人は、ahamoに乗り換えるのもおすすめです。

5分かけ放題と20GBが3,000円以下で利用できるので、スマホのコストを抑えたい人にぴったりです。

ahamoのデメリット

一方で、ahamoにはデメリットもあります。

下記にて詳しく見ていきましょう。

ahamoのデメリット
  • ドコモの割引サービスやキャリアメールが使えない
  • 基本的にオンライン手続きのみ
  • ahamoの取り扱い機種は型落ちモデルの3機種のみ
  • ドコモのスマホが欲しい場合はドコモオンラインショップで購入が必要

家族割引などのドコモの割引は利用することができません。

もちろん、キャリアメールも同様に使うことができないので、基本的にフリーメールを利用することになると思います。

契約もアフターサービスもオンライン手続きとなりますが、ドコモの店頭で操作のサポートを行うサービスは利用できます。

ただし、1回あたり手数料として3,300円かかります。

ahamoには端末の取り扱いがありますが、iPhone 11をはじめとする型落ちモデルの3機種のみです。

それ以外のドコモのスマホが欲しい場合は、ドコモオンラインショップで購入する必要があるので注意してください。

\今なら乗り換えで10,000pt!/

auとドコモの違い5つ

ドコモショップ

次に、auとドコモの違いについて見ていきましょう。

auとドコモの違い
  • 利用できる回線
  • メールアドレスのドメイン
  • 貯まる・使えるポイント
  • 取り扱い機種
  • プラン内容

下記にて詳しく解説していきます。

利用できる回線が違う

auとドコモは、それぞれ独自の回線を持つMNO(移動体通信事業者)です。

そのため、利用できる回線がそれぞれ異なります。

ドコモもauも通信品質やエリアの広さはそこまで変わりません。地下や山奥など繋がりにくい場所を除いて、基本的にどこでも快適に使うことができるでしょう。

しかし、地方など一部の地域では「auしか使えない」というケースもあります。

自分の住んでいる地域でドコモの回線が使えるかどうかあらかじめ確認しましょう。

メールアドレスのドメインが違う

前章でも触れましたが、auからドコモに乗り換えるとメールアドレスのドメインも変わります。

つまり、メールアドレスの末尾が「@docomo.ne.jp」に切り替わるということ。

キャリアメールをアプリやWEBサイトなどの登録で使っていた人は、メールアドレス変更の手続きを行う必要があります。

貯まる・使えるポイントが違う

auでは「Pontaポイント」を貯めて使うことができました。

一方で、ドコモではdポイントを貯めて使うことができるようになります。

dポイントはdアカウントに紐付くので、dポイントを利用することを考えている人はあらかじめdアカウントを作っておくことをおすすめします。

dアカウントにドコモに乗り換えた電話番号を紐付けることで、My docomoで契約情報の確認やオプション変更などの手続きを行うこともできるようになります。

取り扱い機種が違う

auとドコモでは、取り扱っているスマホの種類が若干異なります。

Galaxyスマホが比較的充実しているauと違って、ドコモはXperiaスマホのラインナップが充実している傾向にあります。

また、auでは販売終了している端末がドコモではまだ購入できる場合もあります。

逆の可能性も考えられるので、欲しい端末がある人はドコモとauの両方をチェックし、お得になる方を選ぶようにしましょう。

プラン内容が違う

ドコモには、従量制の「ギガライト」と無制限で使える「ギガホ プレミア」の2種類しかプランがありません

一方で、auも従量制と無制限プランの2種類ですが、無制限プランの中にNetflixのような動画アプリの利用料金が組み込まれたお得なプランも複数あります。

普段から動画アプリをよく利用する人は、auのプランの方が便利かもしれませんね。

auからドコモに乗り換えでよくある質問

au IKEBUKURO

画像引用元:KDDI直営店「au IKEBUKURO」が7月29日10時オープン | au

次に、auからドコモへ乗り換える際によくある質問をまとめました。

下記にて詳しく解説するので、是非チェックしてください。

違約金はかかる?

「2年契約N」に加入していない場合や契約更新月の場合は発生しません。

しかし、「2年契約N」に加入している場合や、「2年契約」の時期のプランをまだ利用している場合は違約金がかかる恐れがあります。

「2年契約N」の場合は1,100円と非常に安いのでそこまで気にする必要もありませんが、「2年契約」の旧プランの場合は10,450円かかるので注意が必要です。

旧プランを契約している人は、まず今乗り換えたらどのくらい手数料がかかるのかしっかりとチェックしましょう。

auの発表によると、2022年3月までに旧プランを含む全ての違約金を撤廃するようです。

乗り換えにそこまで急いでいない人は、それを待つのも良いかもしれません。

キャッシュバックがもらえるキャンペーンはある?

ドコモのみならず、現在どのキャリアもキャッシュバックはほとんど行っていません。

他のキャリアであれば一部の販売代理店で独自のキャンペーンが行われているようですが、キャリア公式のキャンペーンというわけではないようです。

現在はキャッシュバックではなく、機種代金からの割引やポイントによる還元キャンペーンが主流となっています。

よく聞く「一括0円」って?

簡単に言うと、機種代金0円でスマホが購入できるということです。

数年前までは「一括0円+キャッシュバック」というキャンペーンが多くありましたが、端末の転売の増加などの問題点も多く、国から指導が入り現在はほとんどありません

あったとしても、機種代金分をポイントで還元して「実質1円」などのキャンペーンのみです。

SIMのみ契約でもポイント還元のお得なキャンペーンが開催中!

docomo

画像引用元:NTTドコモ ホーム

最後に、auからドコモに乗り換える際に知っておくべきことについてまとめます。

auからドコモに乗り換える際に知っておくべきこと
  • 「いつでもカエドキプログラム」で機種代金がお得になる
  • 5G WELCOME割で5Gスマホなら最大22,000円割引
  • ドコモオンラインショップ限定で対象スマホが16,500円割引+5,000ポイント還元
  • ドコモオンラインショップ限定でSIMのみ契約をすると10,000ポイント還元
  • 下取りをすると最大75,200円割引

auからドコモに乗り換える場合、月額料金はそこまで大きく変わりません。

しかし、機種代金が最大22,000円割引になるキャンペーンやSIMのみ契約でも10,000ポイントもらえるなど、お得なキャンペーンが充実しています。

月額料金以外の面で、如何にお得になるかということを考えて乗り換えを検討すると良いでしょう。

ahamo(アハモ)への乗り換え手順や損しないタイミングを解説!

ahamo月額2,970円で20GBの格安プラン!さらにMNPならもれなく10,000ptもらえるキャンペーンも実施中!ahamoで最新スマホを使うならお得なドコモオンラインショップがおすすめです!

ドコモ・ahamoは
「dカード GOLD」と
セットで!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
ahamo×dカード GOLDの特典
  • 利用料金の税込100円につき10%還元(最大300pt)
  • 毎月+5GBもらえる(計25GB)
年会費
11,000円(税込)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,100円

※ドコモ利用料金の還元は1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。

※ahamoはオンライン限定サービス(有償の店頭サポートあり)です。
※キャリアメールは非対応。
ahamo申し込み時の注意点についてはこちら

この記事を書いた人
ライター歴5年。 iPhoneとXperiaの2台持ちで現在はドコモ。 ライターになる前は3年間携帯ショップの代理店で勤務。 愛猫と戯れるのが最大の癒し。