auからドコモへMNP|お得に最新スマホへ乗り換える手順

auからドコモへMNP|お得に最新スマホへ乗り換える手順

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

携帯電話のキャリアを変える「MNP」は、決して難しいことではないのですが、予備知識なしで手続きしようとすると、思わぬ罠にハマってしまうことがあります。

とはいえ、きちんと知識を身につけておけば、何も恐れる必要はありません!

本記事では、auからドコモにお得に乗り換える手順について徹底解説します。

トップ画像引用元:NTTドコモ ホーム

auからドコモへお得に乗り換えるためのポイント

画像引用元: NTTドコモ ホーム

auからドコモへMNPする際は、以下の点に注意しましょう。

MNPで注意したい点
  • auの解約タイミング
  • auで購入した端末の機種代金の残債
  • 残っているau WALLETポイント
  • ドコモへのMNPを申し込む店舗
  • ドコモで提供している乗り換え対象の割引サービス

これらの項目をどのようにクリアするかによって、MNPで発生する費用が変わってきます。

auはいつ解約すべき?

ドコモへMNPするということは、auを解約するということです。

au解約時は、次の点に注意してください。

解約タイミングで注意したい点
  • 2年契約の契約解除料
  • 解約した月の月額料金

解約は必ず「更新月(更新期間)」にすること!

ほとんどの方が、auと「2年契約」を結んでいるかと思います。

2年契約は、「月額料金を大きく割引する代わりに、2年間はauを利用してくださいね」という内容の割引サービスです。

このサービスを契約していると、2年ごとに「更新月」が訪れます。

この更新月を含む3ヶ月間を過ぎてから解約すると、10,450円(税込)の解約金がかかるので注意してください。

画像引用元:2年契約 | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

契約解除料が発生しない「更新期間」は、契約から24・25・26ヶ月目です。

特別な理由がない限り、ドコモへのMNPはauの更新期間中に行うようにしましょう。

auの新プランでは契約解除料は1,000円!

2019年10月1日、auの2年契約は「2年契約N」に変更されました。

2年契約Nでは、更新期間以外に解約したときの契約解除料が1,100円(税込)に値下がりしています。

もちろん更新期間中の解約であれば、契約解除料は0円です。

2年契約Nの対象かどうかは要確認!

2年契約Nは、2019年10月以降にauと契約した方に適用されます。

よって、それ以前に契約した方の契約解除料は、これまでと同じく10,450円です。ご注意ください。

解約した月の月額料金は「満額」!

auを月の途中に解約した場合でも、その月の月額料金は「満額」支払う必要があります。

たとえ1月31日に解約しても、1月1日に解約しても、支払う額は変わりません。

ですから、できるだけ月末に解約した方が損をせずに済みます。

ちなみに、乗り換え先のドコモの月額料金は日割りです。

解約側(au)の月額料金は満額、乗り換え先(ドコモ)の月額料金は日割り、ということを覚えておいてください。

MNPした場合、auの「解約日」はいつになる?

auからドコモにMNPする際の大まかな流れを追ってみましょう。

MNPの大まかな流れ
  1. auでMNP予約番号を発行してもらう
  2. ドコモでMNPの手続きを行う
  3. auからドコモへの回線切替を行う
  4. 携帯電話機の初期設定などを行う

ちょっと分かりにくいのですが、auとの契約は、「auからドコモへの回線切替」を行ったときに解約状態となります。

つまり、回線切替を行った日がauの解約日ということです。

先ほど「auの解約はできるだけ月末に行った方が良い」というお話をしましたが、これは「回線切替はなるべく月末に行った方が良い」と言い換えることができます。

回線切替の時期を調整して、上手に節約してくださいね。

ドコモへのMNP手続きは余裕を持って

回線切替のタイミングは、MNPを申し込む店舗によって異なります。

回線切替のタイミング
  • ドコモショップ:端末の在庫がある場合は、MNP手続きと同時。
    在庫がない場合は在庫確保後。
  • ドコモオンラインショップ:端末が手元に届いた日

いずれにしても、端末の在庫があるか・ないか、配送にどれだけの時間がかかるかによって、回線切替の日程は変動してしまいます。

月末の30日・31日に回線切替ができればベストですが、そこをピンポイントで狙うのはかなり大変です。

ですから、「月の半ば~最終週くらいに手続きできれば良いや」という程度に構えて、スケジュールに余裕をもって手続きを進めてください。

たとえ20日前後に回線を切り替えたとしても、調整に失敗して月を跨いでしまうよりは、はるかにお得です。

ドコモに乗り換えるメリットは通信の制限がないことと安定した速度

次の章では、機種代金の残債について解説します。

auの機種代金の残債はどうなる?

auで購入した端末の機種代金の残債がある(=機種代金の分割払いを払い終えていない)場合は、解約後もこれまでどおり、毎月支払わなければいけません。

もちろん希望すれば、一括払いで支払うことも可能です。

au購入サポートを利用している場合は要注意!

auには、機種代金を大きく割引きしてくれる「au購入サポート」というサービスがあります。

機種によっては半額以上割引きされることもある非常にお得なサービスなのですが、本割引を契約してから12ヶ月以内に解約した場合は、「解除料」が発生するので注意してください。

しかも、解除料は最大40,000円とかなり高額です。

よって、au購入サポートの契約期間が終わってからMNPするようにしましょう。

毎月割にも注意!

現在、「毎月割」(新規受付終了)を適用している場合も気を付けてください。

auを解約した月は、毎月割の割引が適用されません。

毎月割による割引額は数千円ですから、解約月の月額料金がその分だけ値上がりすることになります。

毎月割の割引期間は24ヶ月間です。

よって、解約手続きは25ヶ月目以降に行うことをおすすめします。

機種代金の残債があるか確認するには

MNPの手続きをする前に、機種代金の残債を確認しておきましょう。

機種代金残債の確認方法
  • auカスタマーサービス(0077-7023)に電話
  • auショップでの問い合わせ
  • My auによる確認

最も簡単なのは、My auでの確認です。

スマホさえあれば、その場ですぐに確認できます。

My auでの確認方法
  1. My auトップ画面から「料金内訳を確認する」をタップ
  2. 4桁の暗証番号を入力し、「次へ」をタップ
  3. 「au機器代金」に表示されている「自分のau電話番号」をタップ
  4. 「分割支払金」で残債を確認

残っているau WALLETポイントはどうなる?

画像引用元: au WALLET

auの携帯電話を利用していると、au WALLETポイントがどんどん貯まっていきますよね。

このポイントは、au回線を解約した後でも、これまでどおり利用できるので安心してください。

ただ、ドコモにもdポイントというポイント制度があり、ドコモにMNPした後は、こちらの方を主に利用するようになるはずです。

au WALLETポイントは、忘れないうちにすべて使い切っておいた方が得策でしょう。

MNPでかかるauの手数料

auからドコモへMNPする際、適当な時期に手続きを行うと、50,000円以上も損をする恐れがあります。

MNPでかかる費用
  • MNP転出料:3,300円
  • 契約解除料:10,450円(更新月以外の場合)
  • 解約した月の月額料金:満額(毎月割適用の場合は割引がきかない)
  • au購入サポートの解除料:最大40,000円(契約から12ヶ月以内に解約した場合)

しかし、きちんと対策をすれば、最低限の出費で済むのです。

対策を万全にした場合の手数料
  • MNP転出料:3,300円
  • 解約した月の月額料金:満額

ここで取り上げた費用は、ユーザーがauに支払うものだけです。

実際には、ドコモに対しても手数料を支払う必要があります。

減らせる費用はしっかりと減らして、できるだけお得にMNPしましょう!

ドコモへの乗り換えはドコモオンラインショップで!

ドコモオンラインショップ

画像引用元:ドコモオンラインショップ ホーム | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

次は、ドコモに乗り換える際に注意すべき点を確認しておきましょう。

ドコモでは、次の店舗でMNPの手続きを行うことができます。

ドコモでMNP手続きができる店舗
  • ドコモショップ
  • ドコモ取扱店
  • ドコモオンラインショップ

これらのうち、最もおすすめなのはドコモオンラインショップです。

他の店舗よりも、安くて簡単・スピーディーに手付きを済ませることができます。

ドコモオンラインショップは事務手数料無料!

ドコモにMNPすると、契約事務手数料として3,300円(税込)がかかります。

しかし、ドコモオンラインショップで手続きすれば、この契約事務手数料がなんと0円になるのです!

何かとお金がかかるMNP。3,300円の手数料免除は非常に嬉しいですよね。

ドコモへのMNPで利用できる割引サービス

ドコモへの乗り換えで利用できるお得な割引サービスをご紹介します。

効果が高く条件も簡単!スマホおかえしプログラム

スマホおかえしプログラムは、端末の機種代金を割引してくれるサービスです。

端末を36回払いで購入し、24ヶ月目以降に返却すれば、以降の支払いが免除となります。

画像引用元:スマホおかえしプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

24ヶ月目で端末を返却し、25~36ヶ月目までの支払いが免除になるということは、108,000円のうち、36,000円分の支払いが免除される=機種代金が実質2/3になる、ということです。

また、本割引は適用条件が緩いのも特長の1つ。

スマホおかえしプログラムの条件
  • 対象の端末を36回払いで購入すること
  • 端末を返却すること

本割引を利用すれば自動的に満たせるものばかりです。

非常にお得な割引サービスなので、ぜひ活用しましょう。

下取りプログラム

本プログラムは、これまで利用してきた端末をドコモに下取りに出す代わりに、新しく購入する端末の機種代金を割引してもらうサービスです。

割引額は機種によって異なります。

下取り価格の例(一部の注目機種のみピックアップ)

モデル通常品画面割れ
iPhone XS(64GB)49,700円14,900円
iPhone XS Max(64GB)60,100円18,000円
iPhone XR(64GB)31,200円9,400円
iPhone X(64GB)41,000円12,300円
iPhone 8 Plus(64GB)36,000円10,800円
iPhone 8(64GB)26,000円7,800円
arrows NX F-01K19,000円5,700円
HUAWEI P20 Pro HW-01K28,000円8,400円
V30+ L-01K21,800円6,500円
Galaxy Note9 SC-01L44,800円13,400円
Galaxy S9+ SC-03K25,000円7,500円
Xperia XZ3 SO-01L34,800円10,400円
Xperia XZ2 SO-03K24,000円7,200円
Xperia XZ2 Premium SO-04K25,000円7,500円
Xperia XZ2 Compact SO-05K25,000円7,500円

このように、機種によってはスマホおかえしプログラムを超えるほどの割引が期待できます。

しかも、下取りプログラムとスマホおかえしプログラムは併用可能なので、機種代金を大きく割引くことができますよ。

みんなドコモ割

みんなドコモ割は、「ファミリー割引」内の対象プラン契約回線数によって、各回線の月額料金を最大1,000円割引するサービスです。

対象プラン契約回線数に対する割引額は下の表のとおりです。

ファミリー割引
グループの人数
割引額
1回線0円
2回線500円
3回線以上1,000円

家族4人で契約すれば、月の割引額は合計で4,000円にもなります。

割引を適用すると月額料金はいくらになる?

ここからは、これまで解説してきた割引を適用した場合の月額料金を見ていきましょう。

今回想定するMNPの内容は以下のとおりです。

MNPの内容(想定)
  • auからドコモへのMNPで、iPhone 11(64GB)を購入
  • 機種代金の支払いは24回払い(スマホおかえしプログラム利用時は24ヶ月目で端末を返却)
  • 料金プランはギガライト(1GB)を選択
  • 利用する割引はスマホおかえしプログラム、下取りプログラム、みんなドコモ割(3人)
  • 下取り機種はiPhone 8(64GB)

これらの内容でMNPした場合、ドコモでかかる月額料金は下の表のとおりとなります。

項目割引を適用した
場合
割引を適用しない
場合
iPhone 11の
機種代金
(下取りプログラムの割引含む)
87,120円-26,000円
=64,120円
(1,781円×36回払)
87,120円
(3,630円×24回払)
スマホおかえしプログラム-21,372円
(-1,781円×12回払)
-
ギガライト(1GB未満)3,278円3,278円
みんなドコモ割-1,100円-
月額合計3,875円6,908円
年額合計46,500円82,896円

割引を適用すれば、割引なしの場合に比べて、月額約3,000円/年額約35,000円も安くなります。

乗り換え後の月額料金を安くするためにも、使える割引はしっかり利用しましょう。

[2020年]ドコモ料金を徹底解説|新旧プランをシミュレーションで比較

次の章では、auからドコモへのMNPの手順について解説します。

auからドコモへのMNP手順

ドコモへMNP

画像引用元:NTTドコモ

では、前ページまでに取り上げてきた注意点に留意しつつ、MNPの手続きを進めていくための具体的な手順を解説します。

まずは全体のスケジュールからです。

MNPのスケジュール
  • 15日~20日:auとの契約内容の確認を行う
  • 20日前後:auにMNP予約番号を発行してもらう
  • 20日前後:ドコモオンラインショップにて乗り換えの手続きを行う
  • 25日前後:新しい端末が自宅に到着したら、回線の切り替え作業を行う

auの解約日(auとドコモの回線を切り替えた日)が何日であろうと、その月の料金は満額支払う必要があります。

ですから、できるだけ月末に近い時期に解約するようにしましょう。

特に1日や2日など、月初での解約は避けたいところです。

au(乗り換え元)ですべきMNP手続き

auでやるべきことは次の2点です。

auでのMNP手続きの流れ
  1. 契約の更新月、機種代金の残債、利用している割引サービスを確認する
  2. auにMNP予約番号を発行してもらう

自分の契約内容をしっかり確認すること!

自分の契約状況は、隅々まできっちりと確認するようにしてください。

MNPにかかる費用をできるだけ安くするためには、最低限必要なことです。

うっかりの確認ミスで数千円の損が出るのは痛いですよね。

auの契約内容の確認方法
  • auカスタマーサポート(0077-7023)に電話
  • auショップでの問い合わせ
  • My auによる確認

最も手軽に確認できるのはMy auですが、すべて自力でチェックすることになるため、auの契約内容に関してある程度の知識が必要となります。

もし自信がない場合は、auカスタマーサービスまたはauショップで確認した方が良いでしょう。

「私の契約内容でMNPすると、どのくらいの費用がかかりますか?」と質問すれば、店員さんがすべて丁寧に教えてくれますし、小さな疑問点なども解決できます。

また、その場でMNPの手続きをする必要はありません。

「自宅で一度考えてみます」などと伝えて、一度持ち帰りましょう。

MNP予約番号の発行方法

auのMNP予約番号は、以下の方法で発行することができます。

auのMNP予約番号発行方法
  • auカスタマーサポート(0077-75470)に電話
  • auショップで発行してもらう
  • My auで発行する

最も簡単なのは電話です。

「でも電話って待ち時間が長いんでしょ?」と思われがちですが、上の電話番号はMNP予約番号の発行専用のものです。

待ち時間が比較的少なくて済みますし、MNP予約番号を発行したい旨を伝えれば、あとはオペレーターが手続きしてくれます。

MNP予約番号を発行したら、今度は乗り換え先のドコモでの手続きに移りましょう。

ドコモ(乗り換え先)ですべきMNP手続き

ドコモですべき事は次の2つです。

ドコモでのMNP手続きの流れ
  1. ドコモオンラインショップでMNPの手続きを行う
  2. 端末が自宅に到着したら、auとドコモの回線切替を行う

手続きはドコモオンラインショップで

MNPの手続きは、事務手数料が無料になるドコモオンラインショップで行いましょう。

手続きに必要なものは以下の2点です。

ドコモオンラインショップでの手続きに必要なもの
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • 料金の支払いに利用するクレジットカードまたは銀行のキャッシュカード

ドコモオンラインショップでの手続きでは、各種個人情報の入力のほか、利用する料金プランや割引サービスなども選択することになります。

割引サービスの詳細を再度確認したい方は、2ページ目を確認してください。

回線切替の手続き方法

MNPの手続きが終わり、新しい端末が自宅に届いたら回線の切り替えを行いましょう。

回線の切り替え手続きは、以下の手順で行うことができます。

回線の切り替え手順
  1. ドコモオンラインショップトップページの「購入履歴」をクリック
  2. MNP手続きの際に発行された「受付番号」と「連絡先電話番号」、「暗証番号」を入力し、「ログイン」をクリック
  3. 「切り替え(開通)のお手続きへ」をクリック
  4. 「開通前のご確認事項」と、「受付確認メールの送信先」を確認し、「次へ」をクリック
  5. 表示された内容を確認し、「ご注文を確定する」をクリック

以上で手続きは完了となります。

回線切替の作業はドコモ側で行うため、手続きさえ済んでしまえばあとは待つだけです。

回線切り替え作業が終わり次第、「受付確認メールの送信先」で設定したメールアドレスに作業完了のメールが送られてきます。

その後は、携帯電話の初期設定を行えば作業終了です。

初期設定は携帯電話の機種によって作業内容が異なります。

取扱説明書などで確認してください。

auからドコモへのMNP お得に乗り換えるには事前準備が重要!

今回は、auからドコモへのMNPをお得にするための方法を解説しました。

MNPをお得にする知識まとめ
  • 乗り換え元のauでの注意点「解約タイミング」「機種代金の残債」「au購入サポート/毎月割の契約の有無」。
  • 「au WALLETポイント」はau解約後も使えるが、忘れないように。
  • auが解約状態になるタイミングは、auとドコモの回線切替時。できるだけ月末が良い。
  • 乗り換え先のドコモでの注意点「MNP手続きを行う店舗」「MNPで利用できる割引サービス」。
  • MNPの手続きは、契約事務手数料が0円のドコモオンラインショップで。
  • ドコモ割引サービス利用で、月額料金が3,000円以上安くなることも。

MNP自体はお手軽・お手頃にできるものですが、タイミングを誤ると思わぬ出費が発生してしまいます。

また、乗り換え先のドコモで使える割引サービスを知っておくことも、お得にMNPするためのポイントのひとつです。

auからドコモへのMNPを検討している方は、ぜひ本記事を参考にお得に乗り換えてくださいね。

ドコモの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ