auの学割2019春|ゼロ学割・フラット学割・Netflixプラン学割を解説

auの学割2019春|ゼロ学割・フラット学割・Netflixプラン学割を解説

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2019年度の学割も次々とキャリアから発表されています。

auの学割では、大きく3種類の学割があり、契約するプランによって内容が少し異なります。

ただ、3つの学割の共通点としては、3ヶ月間も基本料の割引が適用されるという点です。

今回は、

  • au学割の概要
  • Android・iPhoneでの料金シミュレーション
  • 学割を利用するにあたってのポイント

などを解説します。

学割での契約を検討している人は是非参考にしてください。

au学割2019の概要
  • au学割期間は2018年12月1日~2019年5月31日
  • au学割対象者は25歳以下の人
  • 新規・乗り換え・機種変更全てが対象
  • au学割の種類は全部で3種類

画像引用元:auゼロ学割/フラット学割/Netflixプラン学割 | au

au学割はいつからいつまで?適用の対象者の条件は?

画像引用元:auゼロ学割/フラット学割/Netflixプラン学割 | au

まず、au学割の概要について解説をします。

au学割は、2018年12月スタートと今までのスタート時期よりも遥かに早いタイミングでのスタートとなりました。

ちなみに、ソフトバンクやドコモの学割も同じ期間となります。

度々ニュースにもなりますが、料金の割引やキャンペーン特典の内容にも、最近国から厳しい指摘が入るようになってきました。

しかし、学割はまだ指摘されていないからなのか、これまでの学割と同じようにお得なキャンペーンが目白押しとなっています。

プランによってそれぞれ割引特典が用意されており、学割の種類は3種類あります。

まず、au学割の期間や対象者、対象の契約種別について解説をします。

au学割の期間

まず、au学割の期間は2018年12月1日~2019年5月31日までとなっています。

これまでの学割の傾向としては、大体2月頃がスタートで終了時期が5月末となっていました。完全に新生活を意識したスタートだったと思われます。

2019年度の学割から前年の12月スタートとなりましたが、これは恐らく契約時の混雑を緩和させることが目的だと考えられます。

筆者も学割のシーズンに携帯ショップで働いていたことがあるのでよくわかりますが、学割のシーズンはものすごく忙しくなります。

特に、携帯業界の繁忙期である3月、そしてGWから5月末にかけては、休憩を取る時間すらほとんどありませんでした。

平日ですら携帯ショップは混雑しやすいので、学割のシーズンは混雑具合もさらにアップします。

そのため、3月から5月に集中するユーザーを分散させるために、早い時期からの学割スタートが決定したのだと考えられます。

最近はどのキャリアもオンライン契約を促進させていますが、それでもまだ普及率は低いので、今年も今までと同じくかなり混雑することが予想されます。

学割での契約を考えている人は、長時間ショップで待ってストレスを溜めることを防ぐためにも、是非早め早めの検討をおすすめします。

au学割の対象者

次に学割の対象者については例年通り25歳以下のユーザーが対象となっています。

極端な話、25歳以下であれば例え0歳や1歳の赤ちゃんであっても学割を適用することが可能です。これはどのキャリアも共通しています。

ちなみにauとは全く関係ありませんが、格安SIMの学割の大半は対象年齢が18歳以下となります。

大手キャリアとの差別化を図るためのものだとは思いますが、格安SIMでの学割を一緒に検討中の人は注意しましょう。

新たに特典追加で学割の期間中に機種変更をした家族も適用可能!

2018年12月18日から追加となった情報です。

学割の期間中に新規契約をした25歳以下のユーザーの家族も、機種変更して条件を満たした場合割引が適用されることになりました。

各学割の条件を満たすことが大前提ですが、1番大切なのは「学割対象の25歳以下のユーザーと家族割を組んでいる」ということです。

これをしなければ家族とは見なされず、学割を適用することはできないので注意しましょう。

また、家族の割引適用タイミングに関しては、いつ手続きをしても2019年6月から3ヶ月間となるので注意してください。

家族の定義について

基本的に3親等以内の親族で、尚且つ家族関係を証明できるものがあれば家族割を組むことができます。

家族関係を証明するものとしては、住民票を見せることが1番早いかもしれません。

また、同性パートナーについても、その旨を証明できる書類を提出できれば家族として見なされる可能性があります。

婚姻関係がなく内縁・同棲の場合も、証明できる書類があれば家族として見なされるそうです。

しかし、同棲の場合はできる場合とできない場合があるそうなので、auのショップスタッフに確認してみましょう。

auの学割は親も使用可能?家族利用で最も安くなるプラン

au学割は新規・乗り換えのみ?機種変更はどうなるのか

学割のようなお得な割引キャンペーンがあると、つい「機種変更はどうせ入っていないんでしょ」と思いたくなる人は多いでしょう。

機種変更はどうしても不遇されているような印象を持ってしまいますよね。

しかし、最近は機種変更に対してもキャンペーンが適用されることがかなり増えました。その証拠に、au学割は機種変更のユーザーも割引対象となります。

「機種変更だから新規や乗り換えのユーザーとは一部キャンペーン内容が異なる」といった制限も一切ありません。他の新規ユーザーと同じようにキャンペーンを受けられます。

メールアドレスを変えるのが面倒、乗り換えた先のキャリアのサービスが不安という人も、安心して機種変更を検討できるのではないでしょうか。

au学割2019の概要
  • au学割期間は2018年12月1日~2019年5月31日
  • au学割対象者は25歳以下の人
  • 新規・乗り換え・機種変更全てが対象
  • au学割の種類は全部で3種類

auゼロ学割の内容・条件はどうなってるの?

画像引用元:auゼロ学割│フラット学割│Netflixプラン学割│au

次に、au学割の1つであるauゼロ学割について解説をします。auゼロ学割は、auの中でも大々的に取り上げられているキャンペーンです。

名前の通り、3ヶ月間基本料を0円にすることが可能というキャンペーンです。

「毎月の料金を安くしたい、でも格安SIMに乗り換えるのは少し不安…」という人に適した特典となっています。

auゼロ学割の内容

auゼロ学割は、auピタットプラン加入の人向けの学割となっています。

auピタットプランとは

auピタットプランとは、まだスタートしてあまり期間が経っていない比較的新しいプランです。

内容は、フューチャーフォン時代によくあった「使ったら使った分だけ料金がかかる」という従量課金の仕組みのプランです。

料金システムとしては、1GBから順にデータ通信量が増えるごとに、どれだけ料金が上がるかという目安が決められています。

使うデータ通信量が1GB以下の場合は、auの料金プランの中でもダントツでリーズナブルなプランとなっているため、毎月の料金を抑えたい人におすすめです。

ただし、1GB以上使ってしまう人にとっては逆に高くなってしまう可能性があります。

Wi-Fi通信環境などを上手に利用しながら、なるべくauのネットサービスを使用しないようにすることが安くするコツです。

auピタットプランの基本料金が3ヶ月最安値0円

au学割の大きな特徴として、3ヶ月間の基本料割引が挙げられます。

auゼロ学割も同様に、3ヶ月間1,980円の割引が適用されます。

この1,980円という数字は、auピタットプランの最安値の価格です。

※auピタットプランでデータ通信量が1GB以下、スマホ応援割の1,000円割引、auの光回線とのセット割引であるスマートバリュー込みの価格です。

つまり、auゼロ学割を適用すれば、3ヶ月間基本料が0円になることも可能です。

基本料を0円にするには下記の条件が必要です。

  • データ通信量が1GB以下
  • スマホ応援割を適用
  • auの光回線を契約してスマートバリューを申込む

auゼロ学割の条件

auゼロ学割の条件は下記の通りです。

  • 25歳以下のユーザー
  • 新規・機種変更・乗り換えのいずれか
  • auピタットプランに加入していること
  • スーパーカケホまたはカケホに加入

※家族に関しては、期間中に機種変更をしてauピタットプラン(スーパーカケホまたはカケホ)に加入し、25歳以下のユーザーと家族割を組めば適用可能。

auゼロ学割はauピタットプラン専用の割引です。

どの学割も同じですが、通話プランの種類は、

  • スーパーカケホ(5分通話し放題)
  • カケホ(無制限)

のいずれかに適用しています。従量制の通話プランは対象外なので注意してください。

フラット学割の内容・条件について

画像引用元:auゼロ学割│フラット学割│Netflixプラン学割│au

次に、フラット学割の内容・条件について解説します。

フラット学割は、auピタットプランのような従量制ではなく、毎月決まったデータ通信量を契約する定額プランにおいて適用できる学割です。

フラットプランは大きく分けて3種類あり、5GB・20GB・30GBの中から選べます。学割の割引額はデータ通信量に関わらず同額となっています。

フラットプランのメリット

フラットプランのメリットは、一定のデータ通信量まで料金を気にせずインターネットを楽しめるという点です。

動画や音楽、ゲームなどのあらゆるスマホのツールを楽しみたい人はこのプランがおすすめです。

ただし、プランで決められたデータ通信量を超過してしまうと、通信制限でかなり遅くなるので、使いすぎに十分注意しながらネットを楽しみましょう。

フラットプランに加入する人の多くは、大体20GBを選択する傾向にあるようです。自分が普段使うデータ通信量を見直してから選ぶと良いでしょう。

フラット学割の内容

フラットプラン学割は、データ通信量の大きさに関わらず、2,020円の割引が3ヶ月間適用されるというものです。

上記の画像のフラット学割5は、毎月5GBまで使えるフラットプラン5(スーパーカケホまたはカケホ)に加入し、スマホ応援割・スマートバリュー適用時の価格です。

フラット学割は、auゼロ学割と比べると料金は高くなるイメージですが、毎月定額で大容量のデータ通信量を使いたいという人にはピッタリのプランです。

フラットプラン20・30の場合も割引額は2,020円です。

フラット学割の条件

フラット学割の条件は下記の通りです。

  • 25歳以下のユーザー
  • 新規・機種変更・乗り換えのいずれか
  • フラットプランに加入していること
  • スーパーカケホまたはカケホに加入

※家族に関しては、期間中に機種変更をしてフラットプラン(スーパーカケホまたはカケホ)に加入し、25歳以下のユーザーと家族割を組めば適用可能。

フラット学割も、25歳以下の新規契約または機種変更のユーザーと家族割を組めば、機種変更した家族も同様の割引を受けることができるようになります。

フラットプランはデータ通信量を3種類の中から選ぶことが可能なので、自分の使っている通信量を確認して無理のないプランを選びましょう。

Netflixプラン学割の内容・条件について

画像引用元:auゼロ学割│フラット学割│Netflixプラン学割│au

次に、Netflixプラン学割について解説します。

Netflixプランについて

Netflixプランは、フラットプランにNetflixが利用できるオプションがプラスされたプランです。

また、auビデオパスも無料で使えるようになるプランなので、普段からスマホで映画やドラマ、アニメをよく観るという人におすすめのプランです。

また、Netflixプランは25GBのデータ通信量が使える定額プランです。

Netflixプラン学割に関しても、フラットプランと割引額が同じです。下記にて詳しく解説をしていきましょう。

Netflixプラン学割の内容

Netflixプラン学割は、フラットプランにNetflixやauビデオパスが使える特典が追加されたものなので、割引額はフラットプランと同じく2,020円です。

画像に表記されている2,980円は、Netflixプラン(スーパーカケホまたはカケホ)に加入した上で、スマホ応援割・スマートバリューを適用した場合の価格です。

フラットプランよりも高額になりますが、普段から動画アプリをよく使う人におすすめのプランです。

Netflixプラン学割の条件

Netflixプラン学割の条件は下記の通りです。

  • 25歳以下のユーザー
  • 新規・機種変更・乗り換えのいずれか
  • Netflixプランに加入していること
  • スーパーカケホまたはカケホに加入

※家族に関しては、期間中に機種変更をしてNetflixプラン(スーパーカケホまたはカケホ)に加入し、25歳以下のユーザーと家族割を組めば適用可能。

内容としてはフラット学割と全く同じです。

25歳以下のユーザーの家族も、同じ時期に機種変更をすれば割引が適用される点も同じです。

auゼロ学割/フラット学割/Netflixプラン学割の特徴
  • auゼロ学割は3ヶ月間基本料から1,980円割引される
  • フラット学割はそれぞれの基本料から3ヶ月間2,020円割引される
  • Netflixプラン学割は基本料から3ヶ月間2,020円割引される
  • 全て翌月から適用となる

auゼロ学割を使った最安値料金シミュレーション

画像引用元:iPhone XR | iPhone | au

次に、それぞれの学割でiPhoneとAndroid、それぞれに料金のシミュレーションをします。

シミュレーションにおける前提条件は下記の通りです。

  • スマートバリューは加入していない
  • 25歳以下のユーザーは乗り換え契約
  • 家族の設定は、こども2人25歳以下と両親の計4人(全員乗り換え)
  • iPhone XRは64GB
  • フラット学割は20で設定
  • 通話オプションは5分通話し放題のスーパーカケホ
  • アップグレードプログラムEX、その他オプションの加入なし
  • 全て税込価格

初月の料金も表に記載していますが、満額記載となっています。契約したタイミングから月末締めで日割り計算となるため、記載の料金よりも安くなっていると思ってください。

※両親2人が既にauで機種変更の場合は、1ヶ月~3ヶ月の料金は1人の場合の4倍となります。

auゼロ学割をiPhone XRを1人で使った場合

画像引用元:料金シミュレーション│iPhone│au

1人の場合金額(ピタットプラン1GB)
初月3,758円
1ヶ月~3ヶ月目4,640円
4ヶ月~12ヶ月目6,778円
13ヶ月~24ヶ月目7,858円

高額な端末のiPhoneですが、iPhone XRは比較的リーズナブルに利用することができます。

それでも他のスマホと比べると高い傾向にありますが、auゼロ学割の場合は3ヶ月間5,000円以下で利用することができます。

iPhone XRを家族4人で使った場合

画像引用元:料金シミュレーション│iPhone│au

上記の画像は、25歳以上が契約をした場合の料金シミュレーションです。

家族4人で利用の場合金額(ピタットプラン1GB)
初月15,032円
1ヶ月~3ヶ月目22,836円
4ヶ月~12ヶ月目27,112円
13ヶ月~24ヶ月目31,432円

両親と子ども2人まとめて乗り換えをした場合で、両親が機種変更の場合は更に安くなります

Xperia XZ3を1人で使った場合

画像引用元:Android料金シミュレーション│スマートフォン・携帯電話│au

1人の場合金額(ピタットプラン1GB)
初月3,758円
1ヶ月~3ヶ月目4,680円
4ヶ月~12ヶ月目6,818円
13ヶ月~24ヶ月目7,898円

有機ELを使ったXperia XZ3は、SONYの商品である液晶テレビ「ブラビア」と同じような美しいディスプレイが魅力的です。

そんなXperia XZ3も2018年の秋発売となった機種の中では比較的高価な部類に入りますが、auゼロ学割だとこちらも同様に5,000円以内で3ヶ月間使用できます。

Xperia ZX3を家族4人で使った場合

画像引用元:Android料金シミュレーション│スマートフォン・携帯電話│au

家族4人で利用の場合金額(ピタットプラン1GB)
初月15,032円
1ヶ月~3ヶ月目22,996円
4ヶ月~12ヶ月目27,272円
13ヶ月~24ヶ月目31,592円

auゼロ学割を利用して家族4人でXperia XZ3を使うと、学割なしの料金よりもかなりリーズナブルに使うことができます

こちらも、両親が機種変更の場合は更に安くなります。

フラット学割20を使った最安値料金シミュレーション

画像引用元:iPhone XR | iPhone | au

次に、フラット学割20で料金のシミュレーションを行います。

シミュレーションにおける前提条件は下記の通りです。

  • スマートバリューは加入していない
  • 25歳以下のユーザーは乗り換え契約
  • 家族の設定は、こども2人25歳以下と両親の計4人(全員乗り換え)
  • iPhone XRは64GB
  • 通話オプションは5分通話し放題のスーパーカケホ
  • フラット学割は20で設定
  • アップグレードプログラムEX、その他オプションの加入なし
  • 全て税込価格

こちらも初月の料金に関しては日割りとなります。

iPhone XRを1人で使った場合

画像引用元:料金シミュレーション│iPhone│au

1人の場合金額(フラット20)
初月6,480円
1ヶ月~3ヶ月目7,858円
4ヶ月~12ヶ月目10,040円
13ヶ月~24ヶ月目11,120円

20GB使えるiPhoneでも、10,000円を下回った金額で3ヶ月使うことができます。

1人当たりの2年間の総コストを計算すると約17万円になりますが、これを24ヶ月で割ると大体1,000円割引が2年間続くような金額となります。

学割は2年間トータルで考えても非常にお得な特典だといえます。

iPhone XRを家族4人で使った場合

画像引用元:料金シミュレーション│iPhone│au

家族4人で利用の場合金額(フラット20)
初月25,920円
1ヶ月~3ヶ月目35,796円
4ヶ月~12ヶ月目40,160円
13ヶ月~24ヶ月目44,480円

上記の画像は25歳以上のユーザーが乗り換えをした場合の金額です。

こちらも、両親が機種変更であれば更に安くなります

Xperia XZ3を1人で使った場合

画像引用元:Android料金シミュレーション│スマートフォン・携帯電話│au

1人の場合金額(フラット20)
初月6,480円
1ヶ月~3ヶ月目7,898円
4ヶ月~12ヶ月目10,080円
13ヶ月~24ヶ月目11,160円

Xperia XZ3も、iPhone XRと同様に、20GB使えるにも関わらず10,000円以下で3ヶ月間使うことができます

Xperia ZX3を家族4人で使った場合

画像引用元:Android料金シミュレーション│スマートフォン・携帯電話│au

家族4人で利用の場合金額(フラット20)
初月25,920円
1ヶ月~3ヶ月目35,956円
4ヶ月~12ヶ月目40,320円
13ヶ月~24ヶ月目44,640円

家族全員が20GB使うこともあまりないと思うので、家族によってプランを変えるとより安くできます

あまり使わないお父さんはauピタットプラン、調べ物や動画を軽く観る程度のお母さんはフラット5、という感じでプランを下げていくと良いでしょう。

Netflixプラン学割を使った最安値料金シミュレーション【iPhone/Android】

画像引用元:Xperia XZ3 SOV39 │ スマートフォン │ au

最後に、Netflixプラン学割の料金シミュレーションを行います。

シミュレーションにおける前提は下記の通りです。

  • スマートバリューは加入していない
  • 25歳以下のユーザーは乗り換え契約
  • 家族の設定は、こども2人25歳以下と両親の計4人(全員乗り換え)
  • iPhone XRは64GB
  • 通話オプションは5分通話し放題のスーパーカケホ
  • フラット学割は20で設定
  • アップグレードプログラムEX、その他オプションの加入なし
  • 全て税込価格

こちらも初月料金は日割りとなります。

iPhone XRを1人で使った場合

画像引用元:料金シミュレーション│iPhone│au

1人の場合金額(Netflixプラン)
初月7,560円
1ヶ月~3ヶ月目8,938円
4ヶ月~12ヶ月目11,120円
13ヶ月~24ヶ月目12,220円

Netflixが使える状態でも、3ヶ月間は10,000円を上回ることはありません

学割がいかにお得かというのがわかりますよね。

iPhone XRを家族4人で使った場合

画像引用元:料金シミュレーション│iPhone│au

家族4人で利用の場合金額(Netflixプラン)
初月30,240円
1ヶ月~3ヶ月目40,116円
4ヶ月~12ヶ月目44,480円
13ヶ月~24ヶ月目48,880円

iPhone XRを家族4人で使う場合も、3ヶ月間は2年目の金額と比べてかなり安くなります。

こちらも全員が全員Netflixを使うことはないと思うので、必要に応じてプランを下げればより安くできます

Xperia XZ3を1人で使った場合

画像引用元:Android料金シミュレーション│スマートフォン・携帯電話│au

1人の場合金額(Netflixプラン)
初月(7,560円
1ヶ月~3ヶ月目8,978円
4ヶ月~12ヶ月目11,160円
13ヶ月~24ヶ月目12,240円

Xperia XZ3とiPhone XRは正直そこまで料金が変わりません

Andoroidスマホが良いのかiPhoneが良いのかで決めても良いですし、見た目や細かい性能で選んでも良いでしょう。

Xperia ZX3を家族4人で使った場合

画像引用元:Android料金シミュレーション│スマートフォン・携帯電話│au

家族4人で利用の場合金額(Netflixプラン)
初月30,240円
1ヶ月~3ヶ月目40,276円
4ヶ月~12ヶ月目44,640円
13ヶ月~24ヶ月目48,960円

こちらも、全員がNetflixを使うことはまずないと思うので、必要に応じてプランの変更をすることをおすすめします。

au学割のそれぞれの最安値料金シミュレーション
  • auゼロ学割の場合は、高額と定評のあるiPhoneもXperiaも3ヶ月間5,000円以下で利用できる
  • 学割適用の料金を2年間で合計して平均を出すと、2年間1,000円割引が続く金額と変わらない
  • 家族で利用する場合も、3ヶ月はリーズナブルに使うことができる
  • 両親が機種変更の場合はさらに安くなる

さらに月額料金を安くする方法はないの?

今回は、iPhone XRとXperia XZ3というハイエンドスマホで見積もりをしたため、「ちょっとこれでも高いんじゃない…?」と感じる人も多いのではないでしょうか。

ハイエンドスマホを使う場合、どのキャリアでも同じような相場になると言ってしまえばそれまでですが、できることならさらにお得にしたいですよね。

そこで、学割にプラスしてさらに月額料金をお得にする方法はないのか、詳しく解説していきます。

今回は、下取り・中古販売・アップグレードプログラムEXについて紹介します。

今使っているスマホを下取り・または中古市場で売る

キャリアでの下取りサービスはもう一般的になってきました。

キャリアで下取りをする最大のメリットは、今まで使っていたスマホの下取り価格をそのまま新しいスマホの機種代金に充てられるという点です。

スマホの種類によっては最大6万円なども夢ではありません。

さらに、ショップのキャンペーンによっては、スマホを下取りするだけで新しいスマホの機種代金が0円になることもあります、一括0円というキャンペーンですね。

ただし、画面割れ等がある場合は下取りを断られる可能性もあるので、スマホはなるべく綺麗に使っておいた方が後々得になるということを覚えておくべきです。

auの下取りプログラムの対象機種・条件・価格をまとめてみた

中古ショップやネットオークションに出品した方が高いのか

今使っているスマホの状態にもよりますが、綺麗な状態であればある程度高値で売れる場合があります。

特に、iPhoneやXperiaなどの人気スマホを使っている人は、2年程度前のモデルであれば大体3万円くらいで売れることも珍しくありません

そのため、乗り換えにかかる契約解除料や新しく購入するスマホの機種代金に充てることも可能になります。

また、iPhoneなどの高額なスマホであれば、多少の画面割れ(使う分には支障がない程度)があったとしても、比較的高値で取引されていることもあります。

筆者の経験談ですが、以前使っていたiPhone 6s plusはホームボタン付近が少し割れていたのですが、ネットオークションで3万円で売ることができました。

2018年3月頃に売却しており、その時で既にiPhone 6s plusは発売して2年以上経過していたので驚いたことを覚えています。

このように、自分の使っているスマホの状態次第では、中古ショップやネットオークションに出品した方がよりお得にスマホを売ることができる場合もあります。

Androidスマホの画面が割れた時のリスク|修理の値段・期間と応急処置

auのアップグレードプログラムEXを活用する

上記では、今まで使っていたスマホを下取りして新しいスマホの機種代金に充てたり、ネットオークションや中古ショップで売却してお金を得るという方法を紹介しました。

目に見えてお金を得ることができるという点では、上記の方法がお得です。

これまで使っていたスマホは、データの移行が済んでしまえば使わないという人がほとんどのはずです。家に眠らせておくよりは、1円でもお得になるように活用するべきでしょう。

次に紹介するのは、アップグレードプログラムEXというオプションです。

auのアップグレードEXとは?

auのオプションで、毎月400円ほどかかります。

このオプションの内容は、「25ヶ月後に機種変更する前提で契約する代わりに、これから購入するスマホの機種代金を半額にする」というものです。

機種代金を半額にする代わりに、25ヶ月後には必ず機種変更しなければいけません。その際には、今まで使っていたスマホをキャリアに返却する必要があります。

つまり、スマホが完全に自分のものになるのではなく、auと一緒に共有しているような状態になると思ってください。レンタルに近い形かもしれません。

自分のスマホにならないという点と、25ヶ月でわざわざ機種変更しなければいけないということに抵抗がある人も多いと思いますが、少し考えてみましょう。

iPhoneが10万円するとして、アップグレードEXを利用すれば契約時に5万円割引されることになります。

25ヶ月後に機種変更や乗り換えをしようとなった時に、必ず5万円以上でiPhoneが下取りまたは買取される保証はどこにもありません。

むしろ、近年の傾向を見る限りでは5万円以上はかなり厳しいと予想されます。(高額で取引されると知っているため、多くの人が出品するから)

スマホの使い方によりますが、バッテリーの消耗などの目に見える不具合が発生するのは、購入してから2年程度だといわれています。

今までスマホの使い続けてきた人の多くは、2年ぴったりとはいかなくても大体2年程度で機種を変えてきた人が多いのではないでしょうか。

2年後にそのスマホが購入価格の半額以上の価値を持つかどうか保証はない

2年後に、今まで使ってきたスマホの価値が機種代金の半額以上になる保証はありません。

であれば、事前に購入するスマホの機種代金の半額で、2年後に販売することが約束されている状態で新しいスマホを使った方がお得に使えるのではないでしょうか。

また、25ヶ月のスパンで常に新しいスマホを安く使える方が、より毎日快適にスマホを使い続けられるのではないかと思われます。

学割と一緒に活用するとお得なオプション
  • 今使っているスマホを下取りして機種代金に充てる
  • 中古ショップやネットオークションで今使っているスマホを売る
  • アップグレードプログラムEXで機種代金を半額にする
  • アップグレードプログラムEXを利用する場合25ヶ月後に必ず機種変更が必要

au学割は学生でも26歳以上はダメなの?

au学割は『学割』という名前である以上、学生であれば誰でも適用できるのでは?と思ったことはありませんか。

26歳以上の人でも、

  • 大学院に通っていたり
  • 医大生であったり
  • 社会人になってから再度学校に通っている人

などもいます。

学割の目的は、学業に励む人に対して安くお得に携帯電話を使ってもらおうというもののはずです。

そこで、学生であれば26歳以上でも学割を適用できるのかどうか調べてみました。

結論、各キャリアの学割は、学生であるかどうかということよりも、年齢によって定められていることがわかりました。

各キャリアの学割はあくまで年齢重視

auのみならず、ソフトバンクもドコモも、学割はあくまで年齢を重視したもので、26歳以上で学生の場合でも割引対象外となるようです。

そのため、26歳以上の人は、学生であったとしても学割を受けることはできません

学割というネーミングそのものに疑問を感じてしまいそうになりますが、あくまで25歳以下の若い年齢層に安くお得に携帯電話を使って欲しいということのようです。

ちなみに、25歳以下であれば何歳でも学割が対象のようです。

つまり、0歳や1歳の赤ちゃんでも、学割で契約することが可能だということです。

子どもを契約者にさせたくない場合はどうすれば良いの?

学割は、スマホを使う人が25歳以下だという証明ができれば適用することができます。

契約者になってしまうことが1番手っ取り早いですが、小学生や中学生など、子どもの名前で契約させることに抵抗感がある人も多いと思います。

子どもの携帯電話を安くするための学割なのに、契約者以外の25歳以下が利用できないなんておかしな話ですよね。

しかし、必ずしも学割対象者が契約者になる必要はありません。

契約者を保護者にして、学割対象者をスマホの利用者として登録をすれば学割を適用させることができるようになります。

その場合、利用者登録をするために学割対象者の保険証や学生証などを求められるので、事前に用意しておくようにしましょう。

契約者にならなくても利用者登録をすれば学割が適用される

契約者にならなくても、学割対象者が25歳以下であることを証明して利用者登録をすれば、学割を適用させることができます。

「利用するのはこの子なんですけど」と、子どもの学生証や保険証をスタッフに掲示するだけで、後はスタッフが利用者として学生証や保険証を読み込んで登録してくれます。

1つ疑問に思うのが、「実際にこの人が使っているということをキャリアはどうやって知るの?」ということです。

利用者登録をしたとしても、その後の利用履歴や着信履歴だけでは、確実にそのスマホを利用者登録した人が使っているかどうか判断することはできません。

ある程度の発信した電話番号などを照会すれば予想はできるかもしれませんが、そこまでキャリアがやることはまずないでしょう。

auの学割は2年間の総額がぐっと安くなる!iPhoneやXperiaを使いたいなら今がチャンス!

最後に、au学割2019のポイントについてまとめます。

au学割2019のポイント
  • 期間は2018年12月1日から2019年5月31日まで
  • 対象年齢は25歳以下
  • 26歳以上で学生だとしても対象外
  • 学割は3種類あり全て3ヶ月間基本料から割引が適用される

2019年のau学割のポイントは「3ヶ月間の割引」です。

3ヶ月間の割引と聞くとかなり短い気もします。

しかし、3ヶ月基本料から1,980円~2,020円割引されると月々の料金だけでなく、2年間の総額を算出しても通常の金額より遥かに安くなります。

2年間のトータルコストを少しでも安くするためにも、学割は是非有効活用すべきキャンペーンではないでしょうか。

家族のうち1、2人のトータルコストが安くなっただけでも、家庭全体の通信費をある程度抑えることにも繋がります。

もちろん、アップグレードプログラムEXなどの機種変更する前提のオプションをつけたり、今使っている機種を下取りに出せばさらに料金を安くすることが期待できます。

学割対象の年代の人の多くは、iPhoneやXperia XZ3などのハイエンドスマホを求める傾向にあります。

ただでさえ高額なスマホをなるべく安く利用するためにも、是非学割が開催されている期間中に購入を検討してみてください。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ