auの下取りプログラムの価格・対象機種・条件をまとめてみた

  • 2021年4月15日
  • by.a-sato

auの下取りプログラム

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

auで機種変更やauへ乗り換えを行う場合は、使用しているスマホを買い取ってもらえる、下取りプログラムを利用するのがおすすめです。

今回はau下取りプログラムの対象機種や条件、それぞれの端末の下取り価格を解説します。

auで下取りを行うと、機種によってPontaポイントが還元されます。

還元されたPontaポイントは、au PAY残高にチャージしたりau利用料金に充てるなど、さまざまな使い方ができるので大変便利です。

対象機種や価格は時期によって変動するので、これから機種変更やauへの乗り換えを考えている方は、ぜひ今回の記事の情報を参考にしてみてください。

auの下取りプログラムの対象機種や条件のポイント
  • Androidスマホの下取り最高額は34,100円
  • iPhoneの下取り最高額は53,900円
  • 機種変更時はiPadやケータイも下取りプログラムの対象
  • 「下取り対象機種を利用中」且つ「正常に動作する」のが条件
  • 下取り額はPontaポイントによって還元
【2021年最新】auの機種変更で3万円お得にする方法|クーポン活用の手順

トップ画像引用元:下取りプログラム | スマートフォン・携帯電話 | au

Androidスマホの下取りプログラム対象機種一覧

galaxy-note10

画像引用元:Galaxy Note10+(ギャラクシーノート10+)- Galaxy公式(日本)

まず、Androidスマホの下取り価格についてまとめました。

auユーザーが下取りプログラムを利用して現Androidスマホから機種変更した場合、2021年4月時点での対象機種と下取り価格を見てみましょう。

Xperia・Galaxyシリーズの下取り価格

auの下取りプログラムの中で最も高額なAndroid端末が含まれているのがXperia・Galaxyシリーズです。

2021年4月現在の下取り価格をまとめました。

機種名通常品の
下取り価格
画面割れ品の
下取り価格
Xperia 1 SOV4025,850円7,700円
Xperia 5 SOV4126,950円7,700円
Xperia 8 SOV4216,500円4,950円
Xperia XZ3 SOV3915,400円4,400円
Xperia XZ2 Premium SOC387,700円2,200円
Xperia XZ2 SOV377,700円2,200円
Xperia XZ1 SOV365,500円1,650円
Xperia XZs SOV352,200円550円
Xperia XZ SOV342,200円550円
Xperia X Performance SOV331,100円対象外
Xperia Z5 SOV321,100円対象外
Xperia Z4 SOV311,100円対象外
Galaxy Note10+ SCV4534,100円13,200円
Galaxy A30 SCV439,900円2,750円
Galaxy S10+ SCV4227,500円8,250円
Galaxy S10 SCV4123,100円7,150円
Galaxy Note9 SCV4022,000円6,600円
Galaxy S9+ SCV397,700円2,200円
Galaxy S9 SCV387,700円2,200円
Galaxy Note8 SCV377,700円2,200円
Galaxy S8+ SCV355,500円1,650円
Galaxy S8 SCV365,500円1,650円
Galaxy S7 SCV333,300円550円
Galaxy A8 SCV321,100円対象外
Galaxy S6 edge SCV311,100円対象外

現在最も下取り額が高い3つの機種は下記の通りです。

下取り額が高いXperia・Galaxyスマホ
  • Xperia 5 SOV41
  • Galaxy Note10+ SCV45
  • Galaxy S10+ SCV42

ここ3年以内に発売されているXperia・Galaxyスマホの中でも、特に本体価格が10万円程度のハイエンドモデルがより高額になる傾向があります。

しかし、2020年1月時点でのデータから確認・更新しましたが、たった1年程度でかなり値下がりしている機種が多く見られたので、高額なのも一時的だと思われます。

Androidスマホの下取りを検討している人は、なるべく早く下取りに出した方がお得になるでしょう。

その他Android・タブレットの下取り価格

Xperiaシリーズ・Galaxyシリーズ以外の下取りプログラム対象のAndroidと価格をまとめてみました。

機種名通常品の下取り価格画面割れ品の下取り価格
HTC U11 HTV335,500円1,650円
AQUOS zero2 SHV4724,200円7,150円
AQUOS sense3 SHV458,800円2,200円
AQUOS R3 SHV4415,400円4,950円
AQUOS R2 SHV421,100円対象外
AQUOS R compact SHV411,100円対象外
AQUOS sense SHV401,100円対象外
isai V30+ LGV351,100円対象外
TORQUE G04 KYV4615,950円4,950円
URBANO V04 KYV455,500円1,650円

下取り価格はXperiaシリーズ・Galaxyシリーズより下がりましたが、それでも下取りで還元できるメリットに変わりありません。

古いAndroidのデータを移行しきった後、もう使う予定が無いなら価格が安くても積極的に下取りを活用し、少しでも還元を受けた方が良いでしょう。

iPhoneの下取りプログラム対象機種一覧

auのiPhone11

画像引用元:iPhone 11 新型デュアルカメラ搭載|au

auの下取りプログラムはAndroid以外にもiPhoneも対象で、むしろ下取り金額はAndroidより高額になっています。

最新のiPhoneは勿論、iPhone 4sのような相当前に発売されたモデルも対象となっています。

価格もピンキリですが基本的に「最新のiPhoneや大容量モデルが下取り価格が高く、古く容量が少ないモデルになると価格は下がる」傾向です。

iPhone 11 Pro MaxからiPhone 7までの下取り価格

2021年4月現在のiPhoneの下取り価格をまとめました。

まず、iPhone 11 Pro MaxからiPhone 7までの下取り価格を紹介します。

機種名通常品の
下取り価格
画面割れ品
iPhone 11 Pro Max
(64GB/256GB/512GB)
41,250円
47,300円
53,900円
12,100円
13,750円
15,950円
iPhone 11 Pro
(64GB/256GB/512GB)
37,400円
42,350円
48,950円
11,000円
12,650円
14,300円
iPhone 11
(64GB/128GB/256GB)
26,400円
28,600円
32,450円
7,700円
8,250円
9,350円
iPhone XS Max
(64GB/256GB/512GB)
31,350円
36,850円
41,800円
9,350円
11,000円
12,100円
iPhone XS
(64GB/256GB/512GB)
28,050円
33,000円
39,050円
8,250円
9,900円
11,550円
iPhone XR
(64GB/128GB/256GB)
18,700円
22,000円
24,200円
5,500円
6,600円
7,150円
iPhone X
(64GB/256GB)
22,000円
26,400円
6,600円
7,700円
iPhone 8 Plus
(64GB/256GB)
19,250円
23,100円
5,500円
6,600円
iPhone 8
(64GB/256GB)
13,750円
18,700円
3,850円
5,500円
iPhone 7 Plus
(32GB/128GB/256GB)
13,200円
15,400円
18,150円
3,850円
4,400円
4,950円
iPhone 7
(32GB/128GB/256GB)
8,250円
9,350円
11,000円
2,200円
2,750円
3,300円

下取りプログラム内で最も高額なスマホはここに存在しており、現在はiPhone 11 Pro Max 512GBで53,900円相当のPontaポイントが還元されます。

iPhoneの新モデルは1年に1機種~2機種登場する傾向にあり、1年のスパンで下取り価格が変動する傾向にありますが、Androidスマホほどその変化は激しくありません

iPhone自体がある程度発売から年数が経った機種でも、最新のOSをアップデートできたり最新機種と遜色ないレベルで快適に使えることから、多少古い機種でも比較的長期間ずっと高値がつくのかもしれません。

下取りプログラムをよりお得に使いたいのであれば、AndroidスマホよりもiPhoneの方がおすすめです。

iPhone 6s PlusからiPhone 4sまでの下取り価格

Androidスマホだと古い機種はすぐに下取り価格が下がってしまう・または下取り対象外になってしまいますが、iPhoneならかなり古い機種でも下取りが可能です。

iPhone 6s PlusからiPhone 4sまでの下取り価格をまとめました。

機種名通常品の下取り価格画面割れ品
iPhone 6s Plus
(16GB/32GB/64GB/128GB)
5,500円
6,600円
7,700円
9,900円
1,650円
1,650円
2,200円
2,750円
iPhone 6s
(16GB/32GB/64GB/128GB)
4,400円
5,500円
6,050円
7,700円
1,100円
1,650円
1,650円
2,200円
iPhone 6 Plus
(16GB/64GB/128GB)
4,400円
5,500円
6,600円
1,100円
1,650円
1,650円
iPhone 6
※16GB/64GB/128GB共通
2,750円550円
iPhone SE
※16GB/32GB/64GB/128GB共通
2,750円550円
iPhone 5s
※16GB/32GB/64GB共通
2,750円550円
iPhone 5c
※16GB/32GB共通
2,200円550円
iPhone 5
※16GB/32GB/64GB共通
2,200円550円
iPhone 4s
※16GB/32GB/64GB共通
2,200円550円

どの機種も1万円を下回りますが、昔使っていたiPhoneの処分に困っている場合、機種変更の際に下取りに出すのもおすすめです。

iPadの下取りプログラム対象機種一覧

iPad Air3 Pro 10.5 mini4

画像引用元:iPad Air(第3世代) vs 10.5インチiPad Pro vs iPad mini 4 – Apple(日本)

auの下取りプログラムはiPadシリーズも対象で、現在はiPad mini 5まで下取りに出すことが可能です。

機種名通常品の下取り価格画面割れ品
iPad mini 512,100円3,300円
iPad Air 312,100円3,300円
12.9インチiPad Pro
(第3世代)
26,950円7,700円
iPad Pro 1121,450円6,050円
iPad(第6世代)12,100円3,300円
iPad(第5世代)11,000円3,300円
10.5インチiPad Pro12,100円3,300円
12.9インチiPad Pro
(第2世代)
22,000円6,600円
12.9インチiPad Pro
(第1世代)
16,500円4,950円
9.7インチiPad Pro9,900円2,750円
iPad mini 49,900円2,750円
iPad Air 29,900円2,750円
iPad mini 35,500円1,650円
iPad Air5,500円1,650円
iPad mini 25,500円1,650円
iPad Retina2,750円550円
iPad mini2,750円550円

注意すべきは、iPadの場合は容量によって下取り価格が変わることがない、ということです。

iPadはiPhoneと同様に中古市場でもかなり需要が高いので、中古業者の買取価格の方が高くなる可能性があります。

auの下取りプログラムを見るだけでなく、中古業者の買取相場をチェックすることをおすすめします。

破損しているiPadも同様に、ジャンク品として高値で買い取ってもらうことができるかもしれません。

その他ケータイの下取りプログラム対象機種一覧

AQUOS K(アクオス ケー) SHF34

画像引用元:AQUOS K(アクオス ケー) SHF34 | ケータイ | au

Android・iOSデバイスの他、ケータイでも下記3種類は下取りモデルに対応です。

機種名通常品の下取り価格画面割れ品
かんたんケータイ KYF361,100円対象外
AQUOS K SHF341,100円対象外
TORQUE X011,100円対象外

どのケータイも1,100円相当と還元額が低く、画面割れ品になると値段がつかなくなり、下取りプログラムの対象外になってしまいます。

「下取りに出すより中古ショップの方がお得では?」と思うかもしれませんが、ケータイはスマホと異なり需要が少ない為、価格も人気もスマホとは比べ物になりません。

0円で引き取りする業者も少なくないので、少しでも得をしたいなら下取りに出した方が無難な選択肢と言えるでしょう。

他社モデルの下取りプログラム対象機種一覧

NTTドコモのロゴ

画像引用元:コーポレートアイデンティティ | 企業情報 | NTTドコモ

auでは下取りプログラム(機種変更)以外にも、MNPで他社から乗り換えた時に他社製携帯電話も下取りプログラムの対象にしています。

ドコモやソフトバンク、格安SIMでも発売されたモデルを下取りしてくれるので、MNPで乗り換える時には積極的に利用しましょう。

なお、他社で購入したiPadやタブレットは下取りプログラム対象外となっています。

他社のiPhone下取り価格

他社で発売されたiPhoneシリーズは下記の価格で下取りしています。

機種名通常品の下取り価格画面割れ品
iPhone 11 Pro Max
(64GB/256GB/512GB)
41,250円
47,300円
53,900円
12,100円
13,750円
15,950円
iPhone 11 Pro
(64GB/256GB/512GB)
37,400円
42,350円
48,950円
11,000円
12,650円
14,300円
iPhone 11
(64GB/128GB/256GB)
26,400円
28,600円
32,450円
7,700円
8,250円
9,350円
iPhone XS Max
(64GB/256GB/512GB)
31,350円
36,850円
41,800円
9,350円
11,000円
12,100円
iPhone XS
(64GB/256GB/512GB)
28,050円
33,000円
39,050円
8,250円
9,900円
11,550円
iPhone XR
(64GB/128GB/256GB)
18,700円
22,000円
24,200円
5,500円
6,600円
7,150円
iPhone X
(64GB/256GB)
22,000円
26,400円
6,600円
7,700円
iPhone 8 Plus
(64GB/256GB)
19,250円
23,100円
5,500円
6,600円
iPhone 8
(64GB/256GB)
13,750円
18,700円
3,850円
5,500円
iPhone 7 Plus
(32GB/128GB/256GB)
13,200円
15,400円
18,150円
3,850円
4,400円
4,950円
iPhone 7
(32GB/128GB/256GB)
8,250円
9,350円
11,000円
2,200円
2,750円
3,300円

iPhone 7以前の下取り価格は下記一覧表です。

機種名通常品の
下取り価格
画面割れ品
iPhone 6s Plus
(16GB/32GB/64GB/128GB)
5,500円
6,600円
7,700円
9,900円
1,650円
1,650円
2,200円
2,750円
iPhone 6s
(16GB/32GB/64GB/128GB)
4,400円
5,500円
6,050円
7,700円
1,100円
1,650円
1,650円
2,200円
iPhone 6 Plus
(16GB/64GB/128GB)
4,400円
5,500円
6,600円
1,100円
1,650円
1,650円
iPhone 6
(16GB/64GB/128GB)
2,750円550円
iPhone SE
(16GB/32GB/64GB/128GB)
2,750円550円
iPhone 5s
※16GB/32GB/64GB共通
2,750円550円
iPhone 5c
※16GB/32GB共通
2,200円550円
iPhone 5
※16GB/32GB/64GB共通
2,200円550円
iPhone 4s
※16GB/32GB/64GB共通
2,200円550円
iPhone 4/3GS/3G全容量共通2,200円550円

下取りプログラムはMNP時でもAndroidスマホよりiPhoneの方が下取り価格が高いので、他社製iPhoneを継続して使わないなら、下取りでポイントで受け取りましょう。

他社のAndroid下取り価格

他社で発売されたAndroidも下取りプログラム対象です。

機種名キャリア通常品の
下取り価格
画面割れ品
Xperia 5ドコモ・ソフトバンク26,950円7,700円
Xperia 1ドコモ・ソフトバンク25,850円7,700円
Xperia XZ3ドコモ・ソフトバンク15,400円4,400円
Xperia XZ2 Compactドコモ8,800円2,200円
Xperia XZ2 Premiumドコモ7,700円2,200円
Xperia XZ2ドコモ・ソフトバンク7,700円2,200円
Xperia XZ1ドコモ・ソフトバンク5,500円1,650円
Xperia XZ1 Compactドコモ5,500円1,650円
Xperia XZsドコモ・ソフトバンク2,200円550円
Xperia XZドコモ・ソフトバンク2,200円550円
Xperia XZ Premiumドコモ5,500円1,650円
Galaxy Note10+ドコモ34,100円9,900円
Galaxy S10+ドコモ27,500円8,250円
Galaxy S10ドコモ23,100円7,150円
Galaxy Note9ドコモ22,000円6,600円
Galaxy S9+ドコモ7,700円5,500円
Galaxy S9ドコモ7,700円5,500円
Galaxy Note8ドコモ7,700円5,500円
Galaxy S8+ドコモ5,500円2,200円
Galaxy S8ドコモ5,500円2,200円
Galaxy S7 edgeドコモ3,300円550円
AQUOS zero2ドコモ・ソフトバンク24,200円7,150円
AQUOS sense3ドコモ8,800円2,200円
AQUOS R3ドコモ・ソフトバンク15,400円4,950円
その他スマホドコモ
ソフトバンク
Y!mobile
1,100円対象外

Xperiaシリーズ・Galaxyシリーズを除くと全て1,100円相当の還元なので、安いと判断したら中古ショップで高く買い取ってもらえるか見積もりしても良いでしょう。

auの下取りプログラムを利用する条件は2つ

auで下取りプログラムを利用する場合、機種変更・MNPによる乗り換え共通で2つの条件を満たす必要があります。

この2つの条件を満たさないと下取りプログラム対象外、または下取り価格の減額になるので注意しておきましょう。

au下取りプログラムの条件
  • 機種変更・乗り換えで、auの対象機種を購入
  • 下取りするスマホが問題なく動作する

条件1:下取り対象機種を機種変更・乗り換えしてauのスマホ・ケータイ・タブレットを購入

auの下取りプログラムは常時受け付けている訳では無く、機種変更やMNPによる乗り換え時に申し込みができます。

  1. 機種変更や乗り換えでauに申込む
  2. 申し込み時に下取り対象機種を利用している
  3. 下取り後に使うスマホ・ケータイ・タブレットをauで購入する

この3ステップを全てクリアして、初めてauで下取りプログラムの条件を1つ満たすことが出来ます。

機種変更・乗り換えの後日に郵送で下取りすることも可能

「機種変更は行うけどデータ移行するから少し待ってほしい」という方も、郵送で後日、下取りの手続きを行う事も出来ます。

郵送下取りの場合、ポイントは後日付与になりますが、大事なデータを移行しきってから下取りに出したい人でも安心です。

条件2:下取り対象機種が故障や水濡れが無く問題なく動作する正常品である

下取りプログラム2つ目の条件が下記のような故障や水濡れが無く正常に動作する点を満たす事です。

下取りプログラム適用外になる状態
  • 電源が入らない
  • 充電を行っても充電ランプが点灯しない
  • 暗証番号ロック解除やオールリセット(初期化)が未実施
  • 水濡れシールに水濡れ反応がある
  • 製造岩号が確認できない・メーカー保証外となる改造が施されている

故障や改造が無くても、下取りプログラム申し込み時に暗証番号ロック解除や初期化の未実施でも下取りプログラム対象外となってしまいます。

下取りプログラムを申し込む時はデータのバックアップと引き継ぎを行って、ロック解除やオールリセットを行ってから申し込みましょう。

一部モデルは下取り対象外もあり

下取り対象機種が画面割れ程度で動作が問題なければ「画面割れ品」として下取りプログラムで還元を受けられます。

ただし、下取りの還元額は正常品と比較して大幅に減額されますし、通常品でも価格が安いモデルは下取り対象外になってしまいます。

余談ですが中古ショップでは画面割れ品はジャンク品として扱い、買取不可としている店も多いので、下取りプログラムに出した方がお得な場合があります。

下取りプログラムを申し込む際の4つの注意点

iPhone 11のカラーバリエーション

画像引用元:iPhone 11 – 仕様 – Apple(日本)

下取りプログラムは不要な携帯電話をポイントで還元してくれるので、とてもお得なサービスです。

積極的に利用するのがおすすめですが、下取りプログラムを利用する時は下記4つの注意点を了承のうえで申込みましょう。

下取りプログラムの注意点
  • 下取りに出した端末は戻ってこない
  • 付属品を一緒に下取りに出すと廃棄される
  • 下取り後も機種代金の残債がある場合は継続して支払う
  • 対象機種は時期によって変動する

下取りに出した携帯電話・タブレットは手元に残らず返却も不可

下取りに出した携帯電話やタブレットは、言うまでも無くau側に引き取ってもらうので手元に残らず返却も出来ません。

下取りを申し込んでから「移行しきれていないデータがあった」というのが判明しても、返却できないのでデータ復元不可になってしまいます。

特に故人や亡くなったペットの写真・動画など、取り返しのつかないデータを残したまま下取りに出すケースが後を絶ちません。

大事なデータはバックアップして、新しい携帯電話に移行出来たのを確認してから下取りに出しましょう。

携帯電話やタブレットについた付属品を一緒に下取りに出すと廃棄されてしまう

下取り対象機種をauに渡す際、ストラップやmicroSDカード等が一緒に付属しているとau側で破棄されてしまいます。

特にmicroSDカードはスマホを購入して挿入したままの人が多く、そのまま下取りに出してしまう人が多いです。

店舗で下取りを申し込む場合、一緒に確認してくれる店員もいるでしょうが、最終的な確認はユーザー自身が行わなくてはいけません。

必ずストラップやmicroSDカードが取り外されているのを確認しておきましょう。

下取り後も機種代金の残債がある場合は継続して支払う

下取りに出した後、機種代金の残債がある場合はポイントの還元は行われますが、機種代金の支払いも継続する点にも気を付けましょう。

下取りで発生したポイントをそのまま機種代金の残債に充当する事は出来ないので、残債は別で支払うものと考えてください。

ただし、還元されたポイントを使って、毎月の月額料金を割り引くことは出来るので、還元ポイント次第では残債を月額料金割引で間接的に充当することは可能です。

下取りプログラム対象機種は時期によって変動する

auの下取りプログラムは不定期で対象機種や金額が変動するので、数ヶ月後も下取り対象になるかは不明です。

中にはタイミングを逃した結果「下取り対象機種から外れた」「下取り価格が低下した」というケースも少なくありません。

auの下取りプログラムは基本的に現在下取り対象機種の価格が上がることは無いので、現在下取り対象機種を使っているなら早めに申し込んだ方がお得です。

よりお得にスマホを処分したいなら中古買取やネットオークションもおすすめ

下取りプログラムでは、下取り価格の変動が激しく、いつ自分の使っている機種が対象外になるかわかりません。

また、画面割れなどの破損があると一気に値段が下がってしまいます。

よりお得に今まで使っていたスマホを処分したいのであれば、下取りプログラムだけでなく外部の中古買取やネットオークションへの出品を検討することもおすすめです。

特に、画面割れなどの破損がある場合は、下取りプログラムよりも買取やオークション出品の方が高値がつく可能性が高いです。

ポイント還元ではなく現金にはなりますが、それさえ問題なければそれぞれのサービスの取引相場をチェックし、下取りプログラムとどちらがお得になるのか比較してみてください。

下取り後のポイントは各種支払いに使用可能!

iPhone 11

画像引用元:iPhone 11 新型デュアルカメラ搭載|au

auの下取りで還元されるポイントはau PAY残高にチャージして、コンビニやスーパーで使用できるポイントです。

auの下取りプログラムの対象機種や条件のポイント
  • Androidスマホの下取り最高額は34,100円
  • iPhoneの下取り最高額は53,900円
  • 機種変更時はiPadやケータイも下取りプログラムの対象
  • 「下取り対象機種を利用中」且つ「正常に動作する」のが条件
  • 下取り額はPontaポイントによって還元

auの下取りプログラムでは、下取りする機種に応じてPontaポイントが還元され、au PAY残高にチャージしたりauスマホの機種代金や利用料金に充てるなど、さまざまな使い方ができます。

もちろん、街のお店でも利用できるので利用シーンに困ることはないでしょう。

機種変更・乗り換え後に今まで使っていたスマホの処分に困った時は、是非下取りプログラムの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、画面割れなどの破損がある場合には下取り価格が一気に下がってしまうことや、時期によって価格の変動が激しいなど、注意する点もいくつかあります。

また、下取りする時はデータのバックアップが取れているかしっかりと確認することをおすすめします。

スマホの中古買取やネットオークション、フリマアプリで売るという方法もあるので、是非色々なサービスを比較してよりお得なものを見つけてみてください。

【2021年最新】auスマホおすすめランキング|最新機種を価格・スペックで比較

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
a-sato
ライター歴5年。 iPhoneとXperiaの2台持ちで現在はドコモ。 ライターになる前は3年間携帯ショップの代理店で勤務。 愛猫と戯れるのが最大の癒し。