auの新学割と春キャンペーンはここまで安くなる!料金プランを解説

auの新学割と春キャンペーンはここまで安くなる!料金プランを解説

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

auの新学割と春キャンペーン

キャリア大手のauは2018年春にむけて新学割と春キャンペーンをはじめています。

  • ピタット学割(月額料金が500円引、契約から1年間) or フラット学割(月額料金が520円引、契約から1年間)
  • スマートパスプレミアム2018学割キャンペーン(最大8ヶ月割引)
  • ビッグニュースキャンペーン(月額料金が1,000円引、契約から1年間)
  • 機種代金が最大半額

契約の基本プランになるピタット学割とフラット学割を併用することはできません。どちらか一方のプランを選ぶことになります。

auの新学割「ピタット学割」、「フラット学割」

学割を適用されて喜ぶ女子高生

auは2017年12月~2018年5月31日まで続く新学割キャンペーンとして、2つの新学割プランを発表しました。

使用するデータ量に応じて毎月の支払い金額が変化する「ピタット学割」、毎月20GBもしくは30GBと大容量のデータ通信を月々固定費で利用できる「フラット学割」です。

これまでも一般向けに「ピタットプラン」や「フラットプラン」がありましたが、さらにそれを上回る特典がついているのが「ピタット学割」、「フラット学割」です。

ではそれぞれの新学割はどのようなメリットがあるのでしょうか。

学割とついているからといって学生以外は関係ないと思っている人もいてませんか?

学生ではなくても学割をうけることができる人がいてるのもポイントです。

では、プラン内容、プランに加入できる対象者、および付加サービス(オプション)についてみていきましょう。

「ピタット学割」ってなに?


参考:https://www.au.com/mobile/campaign/gakuwari/

ピタット学割は、使用するデータ量に応じて自動で支払い額が決まるプランです。通信料が無料になるWi-Fiでの通信を良く使う人や、動画よりもLINEやメールなどのメッセージをはじめとする低容量データの通信が中心の人向けです。使用するデータ量が毎月3GB以下かつ毎月データ利用量が変わる人におすすめです。

どれだけお得になるの?

ピタット学割は一般向けのピタットプランに比べて、月額料金が500円安くなります。契約からの1年間適用されるので総額6,000円もお得になります。

ピタット学割で月額料金はいくらになるの?

月額料金を決めるためには、使用するデータ量だけでなく、通話プランを選ぶ必要があります。

選べる通話スタイル

スマホを使って頻繁に通話機能を使う人もいれば、通話機能をあまり使わない人もいます。auでは通話機能を使う頻度にあわせた3つのプランを用意しています。

  • カケホプラン(通話機能を良く使う人向け)

国内通話24時間かけ放題です

  • スーパーカケホプラン(短時間の通話が多い人向け)

国内通話が24時間かけ放題です(1回あたり5分以内の通話限定)。1回の通話が5分を超えた場合、超過分に対して20円/30秒の通話料が必要になります。

  • シンプルプラン(通話機能をあまり使わない人向け)

国内通話は話をした分だけのお支払い。通話時は別途20円/30秒の通話料が必要になります。

ピタッと学割は契約から1年間毎月1,000円が割引されるビッグニュースキャンペーンとの併用が可能です。ビッグニュースキャンペーンを併用した場合の各通話プランでの1年目の月額料金は以下の通りです。

2年目からは学割の500円、ビッグニュースキャンペーンの1,000円の割引がなくなるため、下記+1,500円になります。

ピタット学割適用時の月額料金(1年目、ビッグニュースキャンペーン、auスマートバリュー割含む※)

 カケホスーパーカケホシンプル
1GB3,480円1,980円1,480円
2GB4,480円2,980円2,480円
3GB4,980円3,980円3,480円
5GB5,980円4,980円4,480円
20GB6,980円5,980円5,480円

※スマートバリュー割とは:自宅のブロードバンド(ネット+電話)または自宅でコンセントにさすだけで高速インターネットができる「auスマートポート」とセットで、au携帯電話を利用する時に適用される割引です。家族全員が対象で、契約している期間はずっと割引をうけることができる永年割引です。

また、1回5分以内の国内通話は24時間かけ放題です。2年ごとに自動更新で、途中解約の場合は、契約解除料(9,500円)が必要になるので注意が必要です。

「フラット学割」ってなに?

フラット学割は、大容量のデータ通信を月々固定費で使えるプランです。20GBと30GBのプランがあり、動画などの大容量データの通信が中心の人向けで、使用するデータ量が毎月3GB以上かつ月々に使用するデータ量が変わらない人に有利なプランです。固定費なので上限を気にせず利用できます。

どれだけお得になるの?

フラット学割は一般向けのフラットプランに比べて、月額料金が520円安くなります。契約からの1年間適用されるので総額6,240円もお得になります。ピタット学割は1年間で6,000円のお得だったので、フラットプランの方が240円お得ですね。

フラット学割で月額料金はいくらになるの?

フラット学割でもピタット学割同様に通話スタイルを3種類(カケホ、スーパーカケホ、シンプル)から選ぶ必要があります。

フラット学割は契約から1年間毎月1,000円が割引されるビッグニュースキャンペーンとの併用が可能です。ビッグニュースキャンペーンを併用した場合の各通話プランでの1年目の月額料金は以下の通りです。

2年目からは学割の520円、ビッグニュースキャンペーンの1,000円の割引がなくなるため、下記+1,520円になります。

フラット学割適用時の月額料金(1年目、ビッグニュースキャンペーン、auスマートバリュー割含む)

 カケホスーパーカケホシンプル
20GB4,980円3,980円3,480円
30GB6,980円5,980円5,480円

※スマートバリュー割とは:自宅のブロードバンド(ネット+電話)または自宅でコンセントにさすだけで高速インターネットができる「auスマートポート」とセットで、au携帯電話を利用する時に適用される割引です。家族全員が対象で、契約している期間はずっと割引をうけることができる永年割引です。

また、1回5分以内の国内通話は24時間かけ放題です。2年ごとに自動更新で、途中解約の場合は、契約解除料(9,500円)が必要になるので注意が必要です。

「ピタット学割」/「フラット学割」の対象者は?

大変お得なプランであることがわかった「ピタット学割」/「フラット学割」ですが、学割とついている以上、学生のみが対象なのでしょうか?いえいえ、対象は学生に限らないのもポイントです。

対象となるのは、以下の3つの条件を同時に満たす人になります。

契約者または利用者が25歳以下
機種購入を伴う機種変更もしくは、新規契約ならびに沖縄セルラーやKDDI間の乗り換えを除く他社からの乗り換えを行う人
同時に「auピタット学割プランもしくはauフラット学割プラン」に加入をする人

さらには、2018年5月31日時点で、ピタット学割もしくはフラット学割対象回線と家族割を組んでいる家族も対象者になります。家族内に学割対象者がいると家族みんなが割引されるので、かなりお得になります。

2018年5月以前から「家族割」の適用条件を満たす場合は、2018年6月利用分からそれまでの割引分をまとめて割引されるのもポイントです。

割引合計額が6月の利用分を上回る場合は、同一請求グループの請求分もしくは、翌月以降の利用分から割引されるのもポイントです。

auスマートパスプレミアム2018学割キャンぺーン
(受付期間:2018年5月31日まで)

有料オプションサービスのauスマートパスプレミアムが通常月額499円が148円(351円引き)で利用できます。初回契約限定で、残念ながら、過去に申込をしたことがある人は対象外になります。また、家族割対象者は本キャンペーンを受けることはできないので注意が必要です。

auスマートパスプレミアムってなに?

auではこれまで、有料オプションサービスとして修理代金サポート、セキュリティアプリ、人気ゲーム等のコンテンツの使い放題、おトクな限定クーポンサービスを提供する「auスマートパス」がありました。「auスマートパスプレミアム」は、「auスマートパス」を大幅にバージョンアップしました。従来のサービスに加えて、特定の曜日に限らず毎日がおトクになる「auエブリデイ」、万が一携帯電話が水没などで故障してしまった時にうれしい「データ復旧サービス」などの安心・安全サービスを利用することができます。

auスマートパスプレミアムは、スマートパスアプリかwebブラウザで利用することができます。アプリを利用するとオトクな情報を自動で届き、見逃す心配がありません。

auエブリディ

毎日お得な特典をもらえるauエブリディ。毎日異なる特典がもらえます。

曜日特典対象特典内容
auマンデイ
(月曜日)
映画の日全国のTOHOシネマズで映画が大人1,100円 (税込)、高校生以下は900円 (税込)
auチューズデイ
(火曜日)
カラオケの日カラオケ「JOYSOUND直営店」、「SHIDAX」、「カラオケ館」、「歌広場」で利用料金が1,200円割引、さらに飲み放題200円割引
auウェンズデイ
(水曜日)
温泉施設の日温浴施設「おふろの王様」、「タイムズ スパ・レスタ」など、施設利用料30%以上割引
餃子の王将で餃子1人前がもらえる
auサーズデイ
(木曜日)
リラクゼーションの日「てもみん」の対象コース料金が2,000円割引
auフライデイ
(金曜日)
フライの日マクドナルドのマックフライポテトSがもらえる。他にもフライがおトク
auサタデイ
(土曜日)
WALLETポイント特典の日「au WALLET Market」、「Wowma!」でのお買い物で「WALLET ポイント」最大18%還元
「出光SS給油」での「au WALLET」決済で、さらに200円毎に10ポイント付与
auサンデイ
(日曜日)
お家でのんびり特典の日宅配ピザ最大半額
厳選された動画や雑誌を視聴可能

会員限定のお得なクーポン

ロッテリアやホテル・旅館予約の一休.comなど多彩なお店で使うことができる割引クーポンや無料引換券が多数用意されています。

人気の雑誌が約30冊読み放題

お料理本で人気のオレンジページや情報紙SPAなど人気の雑誌が読み放題です!
電車の中や休憩中、ちょっとした空き時間も有効に使うことができます

映画がいつでも割引料金!

通常は1,800円が月曜日は1,100円、それ以外の日も1,400円と割引価格で映画を楽しむことができます。

使い放題コンテンツ

人気のアプリが使い放題です。自分にピッタリのアプリを見つけて楽しむことができます。

スペシャルイベントや優待企画などの会員限定企画

人気アーティストのライブを先行予約、限定での販売、映画の試写会への招待および特別価格でご招待などイベントに対する優待も盛りだくさんです。

携帯電話の「あんしん」

携帯電話を使用する上で発生するトラブルをサポートしてくれます。

  • データ復旧サポート

水濡れや破損などで、保存したデータ(画像、動画、電話帳など)が取り出せなくなってしまった際、データの取り出しを行ってもらえます。復旧したデータは、USBメモリーに保存して提供してもらえます。
また、データ復旧に送付した携帯電話が「下取りプログラム」対象機種の場合は、下取りしてもらうこともできます。

  • 修理代金サポート

壊れたiPhoneやiPadの修理代や紛失した時に代金をサポートしてもらえます。

金額と回数に制限があり、修理代金は4年間で4回まで最大11,800円相当、紛失した時は4年間で2回まで最大11,800円相当をサポートしてもらえます。

Wi-Fiセキュリティ

最近は、町中に公衆Wi-Fiスポットが設置され、非常に便利になっています。しかし、誰もがアクセスできるので盗聴や改ざんされる危険性があります。「Wi-Fiセキュリティ」は端末からサーバーへの通信を暗号化し盗聴を防ぎ安全なWi-Fi通信をおこなうことができます。

  • auのほけん

日常生活での事故やトラブルで、損害賠償責任を負った場合に補償をしてくれる個人賠償責任補償がつきます。補償額は最大100万円、自転車搭乗時のケガを補償する入院一時金5万円も補償されます。なお、補償期間はauのほけんを申込後、3ヶ月間限定なので注意が必要です。

ビッグニュースキャンペーン(受付期間:2018年5月31日(木)まで)

機種変更・新規契約(他社からお乗りかえ含む)と同時に「ピタット学割プラン」もしくは「フラット学割プラン」にお申し込みの場合、翌月から1年間、月額料金から1,000円(1年間合計12,000円)を割引するキャンペーンです。なお、機種変更の際は、機種購入が条件となっています。

機種代金が最大半額!

ピタット学割およびフラット学割対象者に対し、機種代金が最大半額になるキャンペーンも行っています。

新しい機種が好きな人、1年もしくは2年位を周期に機種変更している人にとってはとてもうれしいキャンペーンとなっています。

キャンペーンは以下の2通りのアップグレードプログラムが対象になります。1つ目は、アップグレードプログラムEX(390円/月)に加入してスマホを48回の割賦契約で購入、24ヶ月利用後に新たに機種変更を行う場合です。それまで利用した機種の支払い残高(最大24ヶ月分)が無料となり、実質機種代金が半額になります。

2つ目は、アップグレードプログラムEX(a)に加入してスマホを24回の割賦契約で購入、12ヶ月利用後に新たに機種変更を行う場合です。それまで利用した機種の支払い残高(最大12ヶ月分)が無料となり、実質機種代金が半額になります。

いずれのプログラムも、機種変更後にもアップグレードプログラムEXもしくはEX(a)に再加入すること、機種変更時に旧機種を回収することが条件になります。

auには定番の安さ感がある!でも期限を気をつけて


実はauは安いけれど、1年で終わるキャンペーンも多いため、契約の仕方で他社よりも高くなる場合もあります。
ただ、学割などのキャンペーンをフル活用すれば、安く使えたり、ポイントがもらえたりもしますので、最終的にはauは最安になりやすいいうことです。

その先に機種変更したりすると機種代金の値引きに使えますので、またお得に機種変更もできたりします。

auには定番の安さ感がある!あるのでauユーザは継続がよいですが、キャンペーンの期限だけは注意しましょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ