auスマートパス(プレミアム)の解約方法|退会にデメリットはある?

auスマートパス/auスマートパスプレミアムって必要なの?退会・解約して大丈夫なの?と疑問に思う方も多いかと思います。結論を言うと、解約はしないほうがいいです。今回はauスマートパス(プレミアム含む)のメリット・デメリットと、念のための解約の手続き方法も紹介します。
  • 2021年12月6日
  • by.affiprecious

auスマートパスのバナー

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

auスマートパス(プレミアム)は、auユーザーがお得になるサービスです。

しかし同時にデメリットもあり、使い方によっては不要となる方もいるでしょう。

そこでこの記事では、auスマートパスのメリット・デメリットと不要な場合の解約手順を解説します。

これから入会を考えている方も、すでに会員で解約を検討中の方も、ぜひ参考にしてください。

auスマートパス(プレミアム)まとめ
  • auスマートパス(プレミアム)は契約するのがおすすめ
  • Androidユーザーは有料アプリが取り放題になる
  • iOSユーザーはiPhone/iPad故障・紛失時に補償が受けられる
  • 新規入会はauスマートパスプレミアムのみ受付中
  • 解約すると即時影響が出るサービスもあるので注意

月額409円のauスマートパスは2020年10月1日に新規入会受付を終了しました。
すでに利用中の方は継続利用できます。

※記事内の価格は税込表示です。

トップ画像引用元:auスマートパス

auスマートパス(プレミアム)の解約方法

auスマートパスは必要か?

画像引用元:UNLIMITED WORLD au 5G

まずは、auスマートパス(プレミアム)の解約方法を解説していきます。

手続き自体は簡単ですが、解約後はすぐにサービスを利用できなくなってしまう点には気をつけてください。

特に有料アプリを利用している方は、解約前に必要なデータが残っていないかよく確認してから解約しましょう。

以下、画像引用元:auスマートパス/auスマートパスプレミアムの退会方法を教えてください | よくあるご質問 | サポート | au

iOS版の解約手順

  1. au Webポータルの[各種サービス入会・退会]にアクセスし、auスマートパス/auスマートパスプレミアムの[退会]をタップ
    退会をタップ
  2. 退会時の注意事項を確認してauスマートパスプレミアムの場合は[退会する]、auスマートパスの場合は[退会手続きを続ける]をタップ
    auスマートパス/auスマートパスプレミアムの[退会]をタップ
  3. 注意事項を再度確認し、[退会する]をタップ
    注意事項を再度確認し、[退会する]をタップ
  4. 4桁の暗証番号を入力し、[OK]をタップ
    4桁の暗証番号を入力し、[OK]をタップ
  5. 退会手続き完了
    退会手続き完了

Android版の解約手順

  1. au Webポータルの[各種サービス入会・退会]にアクセスし、auスマートパス/auスマートパスプレミアムの[退会]をタップ
    au Webポータルの[各種サービス入会・退会]にアクセスし、auスマートパス/auスマートパスプレミアムの[退会]をタップ
  2. 退会時の注意事項を確認してauスマートパスプレミアムの場合は[退会する]、auスマートパスの場合は[退会手続きを続ける]をタップ
    退会時の注意事項を確認してauスマートパスプレミアムの場合は[退会する]、auスマートパスの場合は[退会手続きを続ける]をタップ
  3. auスマートパス/auスマートパスプレミアムの[退会]をタップ
    注意事項を再度確認し、[退会する]をタップ
  4. 4桁の暗証番号を入力し、[OK]をタップ
    4桁の暗証番号を入力し、[OK]をタップ
  5. [OK]をタップ
    4桁の暗証番号を入力し、[OK]をタップ
  6. 退会手続き完了
    退会手続き完了

auスマートパス(プレミアム)を解約するデメリット

auスマートパス(プレミアム)は簡単に解約することができますが、解約は以下のデメリットも伴うため注意してください。

auスマートパス(プレミアム)の解約デメリット
  • 利用していたアプリ/Webアプリが利用不可になる
  • auクラウドのデータが全て消える
  • 機種代金の割引増額がなくなる
  • iPhoneの故障紛失サポートが利用不可になる

解約に伴うデメリットは上記の4つです。

では、それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

利用していたアプリ/Webアプリが利用不可になる

auスマートパス(プレミアム)を解約すると、auスマートパス経由で取得した有料アプリはデータが消え、自動的にアンインストールされてしまいます。

消えたら困るデータがある場合はデータ移行を行ったりスクリーンショットを保存したりと、auスマートパス解約前に対処しておきましょう。

補足:au Market版のLINEが配信終了

auスマートパスの解約で利用不可になるわけではありませんが、au Market版のLINEが2020年12月30日をもって配信終了となりました。

現在でも利用は継続できるものの、新規ダウンロードはもちろん、アップデートも今後は利用できません。

auスマートパス解約時にLINEのデータが消えるということはありませんが、au Market版のLINEを利用中の方は、早めに通常版のLINEに移行するようにしましょう。

au Market版LINEから通常版LINEへのデータ移行方法

auクラウドのデータが全て消える

auスマートパス会員になるとデータお預かりアプリに預けられるデータ量が、1GBから50GBにアップします。

しかしauスマートパスを解約すると、データお預かりアプリに預けられていたデータも消えてしまいます。

バックアップをデータお預かりアプリでしか取っていない方は、機種変更時にデータを全て失ってしまうので注意が必要です。

機種代金の割引増額がなくなる

一部のスマホはauスマートパス加入により、毎月割(機種代金の割引)が増額されます。

毎月割は2019年9月末に新規受付を終了しましたが、割引が24ヶ月〜36ヶ月継続するため、現在も適用されている方は多いはずです。

毎月割適用中の方がauスマートパスを途中で解約すると、割引の増額がなくなってしまうため要注意です。

とはいえ毎月割の増額は最大324円ですから、有料アプリ等を利用していなければ、トータルの月額は解約後の方が安くなるでしょう。

iPhoneの故障紛失サポートが利用不可になる

auスマートパスを解約すると、iPhoneの故障紛失時のサポートが即日利用できなくなります。

auスマートパス会員であれば故障時に10,000円、auスマートパスプレミアム会員は故障・紛失時に12,900円のサポートが受けられます。

この故障紛失サポートは再加入時に復活できないサービスなので、iPhoneユーザーは解約前に本当に不要かよく検討した方がいいでしょう。

auスマートパス(プレミアム)は必要?

結論を先にお伝えすると、auスマートパス(プレミアム)は多くのauユーザーに推奨できるサービスです。

auスマートパス(プレミアム)は必要?
  • Androidユーザー:月額有料アプリを無料で取り放題
  • iOS・ガラホユーザー:端末の故障・紛失時に補償を受けられる

auスマートパス(プレミアム)に加入すると、有料アプリが取り放題になる・補償サービスの対象になるなどお得な特典が受けられます。

では、そんなauスマートパス(プレミアム)について詳しく見ていきましょう。

auスマートパス(プレミアム)とは

auスマートパスのロゴ

画像引用元:auスマートパス

auスマートパス(プレミアム)の月額料金は548円です。

以前はauスマートパスというサービスもありましたが、すでに新規受付を終了しています。

そのため、今から加入できるのはauスマートパスプレミアムのみです。

初回利用時はお試し期間が適用され、30日間無料で使えます。まずは無料期間中にどういったサービスや特典を受けられるか確認してみるのがおすすめですよ。

ただし30日が経過すると自動的に有料へと切り替わり、スマホの月額料金などと一緒に代金を請求されることになります。

無料期間中にサービスの必要性をよく見極めて、自分には必要ないと判断した場合は30日以内に解約してくださいね。

auスマートパス(プレミアム)のサービス

auスマートパス(プレミアム)会員になると、様々なサービスを受けることができます。

auスマートパス(プレミアム)のサービス
  • au PAYマーケットでのお買い物がお得
  • auマンデイで月曜日の映画が割引
  • 毎月飲食店のクーポンプレゼント
  • 5G対応の限定コンテンツが楽しめる
  • データお預かりアプリで預けられるデータが1GBから50GBに増加
  • 約500個の有料アプリ含むアプリが取り放題(Android限定)

スマホに関する嬉しいサービスから、ポイント還元といったお得なサービスまで幅広いです。

この中でもスマホユーザーにとってありがたいのが、データお預かりアプリで預けられるデータが1GBから50GBへ増加するサービスです。

大量の写真や動画、アドレス帳等のデータもまとめてauに預けられるので、機種変更や故障時の代替機でもすぐに元のデータに戻せます

データお預かりアプリはWi-Fi接続時に自動で預ける機能もあり、設定しておけば急な故障時でも最新のデータに戻せるので、データの保全性が大幅に高まるでしょう。

auスマートパスプレミアム限定のサービス

auスマートパスプレミアム会員になると、プレミアム会員限定のサービスを受けることができます。

とはいえ、現在加入できるのはauスマートパスプレミアムのみ。

「限定」という条件が付いてはいるものの、これから加入した人は全員、「auスマートパスプレミアム限定のサービス」を受けることができます。

auスマートパスプレミアム限定のサービス
  • 映像・音楽・書籍が使い放題で楽しめる
  • ライブチケットの先行予約が可能
  • 電源が入らなくなったスマホのデータを取り出せる
  • ウィルスバスター for auで不正なアプリやサイトをブロック(Android限定)
  • 端末の修理代金を4年間で4回、最大12,900円相当までサポート(iOS限定)
  • 会員専用のフリーWi-Fiが利用できる

本サービスには補償オプションが付いています。

また、映像・音楽・書籍といったエンタメサービスの利用も可能です。

アニメや音楽を楽しみたい方にも嬉しいサービスですね。

auスマートパス(プレミアム)がおすすめな人

これまでauスマートパス(プレミアム)のサービス内容を見てきましたが、そのなかでもおすすめできるのが下記の3つです。

auスマートパス(プレミアム)でおすすめのサービス
  • 月額有料アプリが取り放題(Android限定)
  • 端末の故障・紛失時に補償サービスが受けられる(iOS・ガラホ限定)
  • データお預かりアプリで預けられるデータ量が50倍に増える

これら3つの特典こそが、auスマートパス(プレミアム)に加入するメリットと言えます。

このことから、auスマートパス(プレミアム)はこんな人におすすめです。

auスマートパス(プレミアム)がおすすめな人
  • Androidユーザーで有料アプリをたくさん使う人
  • iOSユーザーで補償をしっかり付けたい人

AndroidユーザーかiOSユーザーかによって、お得になるポイントがかなり異なります。

auスマートパス(プレミアム)会員になったら、どのサービスをメインで使っていく予定なのかについても考えながらチェックしてみてくださいね。

auスマートパス(プレミアム)のメリット・デメリット

有料サービスではあるものの、auスマートパス(プレミアム)には様々なメリットがあります。

とはいえ、メリットだらけのサービスなど存在しません。

auスマートパス(プレミアム)も例に漏れず、加入することでデメリットを被る可能性があります。

気持ちよくサービスを利用するためにも、デメリットはしっかり把握しておきたいですね。

ここからはauスマートパス(プレミアム)のメリットとデメリットについて解説します。

auスマートパス(プレミアム)のメリット

まずは、auスマートパス(プレミアム)のメリットを紹介します。

auスマートパス(プレミアム)のメリット
  • 月額有料アプリが取り放題(Android限定)
  • 端末の故障・紛失時に補償サービスが受けられる(iOS・ガラホ限定)
  • データお預かりアプリで預けられるデータ量が50倍に増える

auスマートパス(プレミアム)のサービス内容の章ですでに紹介したサービスですが、上記の3つは特にお得です。

以下でもう一度詳しく解説するので、是非チェックしてみてください。

月額有料アプリが取り放題(Android限定)

Androidアプリが取り放題

画像引用元:auゲーム

1つ目のメリットとして、Androidユーザー限定でauスマートパス会員だと有料アプリが取り放題になります。

例えば有料アプリを2~3個インストールして利用すると、それだけで元が取れてしまいます。

特にウィルスバスターのセキュリティ対策や、総合道案内アプリNAVITIMEの2つは利用する場面も多いので是非インストールしましょう。

端末の故障・紛失時に補償サービスが受けられる(iOS・ガラホ限定)

auスマートパスプレミアム会員向け修理サポート(修理補償)

画像引用元:auスマートパスプレミアム会員向け修理サポート(修理補償)|あんしん – auスマートパス

2つ目のメリットとして、iOS・ガラホ限定で端末の故障・紛失時に補償サービスが受けられます。

またauスマートパスプレミアム会員になると、補償される回数と金額がさらにアップします。

特に修理代金が高くなりがちなiOSユーザーなら、修理代金の一部を還元してくれるのは魅力的です。

端末の補償を充実させたい方は、プレミアム会員になるのがおすすめです。

au 修理代金サポートとは|スマートパス(プレミアム)ならiPhone修理がお得!

データお預かりアプリで預けられるデータ量が1GBから50GBに

データお預かり

画像引用元:データお預かり(写真や動画)|あんしん – auスマートパス

3つ目のメリットとして、データお預かりアプリで預けられるデータ量が1GBから50GBにアップします。

auスマートパス/auスマートパスプレミアム未加入だと、預けられるデータ量は1GBです。

しかしauスマートパス/auスマートパスプレミアムに会員になると、50倍の50GBまで預けられます。

データお預かりアプリはバックアップ先として活用できる他、機種変更時のデータ格納庫としても利用できるので、機種変更がスムーズに行えるのもメリットです。

au「データお預かり」アプリでバックアップ!確実にデータ移行する方法

auスマートパス(プレミアム)のデメリット

続いては、auスマートパス(プレミアム)のデメリットを紹介します。

auスマートパス(プレミアム)のデメリット
  • iOSユーザーは有料アプリの取り放題が利用できない
  • Androidユーザーは端末の補償サービスがない
  • 各種保証オプションはPontaポイントで還元される

auスマートパス(プレミアム)はおすすめのサービスではありますが、上記のようなデメリットもあるため覚えておきましょう。

以下デメリットについて詳しく解説します。

iOSユーザーは有料アプリの取り放題が利用できない

auスマートパス会員であっても、iOSユーザーの場合は有料アプリの取り放題は利用できません

サービスの中でもメインとなる有料アプリの取り放題が適用されないのは、魅力半減といっても過言ではないです。

そのぶん端末の故障・紛失時における補償サービスが充実しているため、会員になる方は補償サービスがメインになるでしょう。

Androidユーザーは端末の補償サービスがない

iOSユーザーが有料アプリの取り放題を利用できないことは前述しましたが、Androidユーザーは端末の補償サービスが受けられません

有料アプリの取り放題と同様に、メインサービスである端末の補償が受けられないのは、デメリットと言えるでしょう。

そのためAndroidユーザーは、有料アプリの取り放題がメインサービスとなります。

各種保証オプションはPontaポイントで還元される

Pontaポイント

画像引用元:Pontaポイント | ポイント・決済 | au

auスマートパス(プレミアム)の各種サービスでは様々な「還元」を受けられますが、基本的にPontaポイントで還元されます。

現金による還元や月額料金への充当は行われません。修理代金は実費を請求されるため注意しましょう。

ただ、Pontaポイントは利用できる場所がたくさんあるので、必需品の購入に充てるなどして対応できそうです。

auスマートパス(プレミアム)は総じてお得

今回はauスマートパス(プレミアム)のサービス内容やメリット・デメリットについて解説しました。

auスマートパス(プレミアム)まとめ
  • auスマートパス(プレミアム)は多くのauユーザーにおすすめ
  • Androidユーザーは有料アプリが取り放題になる
  • iOSユーザーはiPhone/iPad故障・紛失時に補償が受けられる
  • 新規入会はauスマートパスプレミアム(月額548円)のみ
  • 解約すると即時影響が出るサービスもあるので注意

auユーザーなら多くの特典が受けられるauスマートパス(プレミアム)は、auユーザーには非常におすすめのサービスです。

クーポン配布や補償オプション、Android限定とはいえ有料アプリの取り放題など月額548円払っても損をしないサービスと言えます。

初回利用時には30日間無料で利用できるので、一度興味が湧いたら悩む前に利用してみてサービスの使い心地を実際に確かめてみると良いでしょう。

ただし、auスマートパス(プレミアム)を解約すると、すぐにサービスを使えなくなってしまう点には十分注意してください。

【2022年1月】auスマホおすすめ17選|Android/iPhoneの最新機種を比較

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。