au 3Gサービス「CDMA 1X WIN」「au VoLTE非対応機種」2022年3月末に終了

  • 2018年11月22日
  • by 
au 3Gサービス「CDMA 1X WIN」「au VoLTE非対応機種」2022年3月末に終了

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

au(KDDIおよび沖縄セルラー)は、3G携帯電話サービス「CDMA 1X WIN」を2022年3月末に終了すると発表しました。

2003年11月に開始された、auの3G携帯電話サービス。

長きに渡り携帯電話コンテンツ・サービスの拡大に貢献してきた本サービスですが、「5G」の開始も具体的に検討され始めたこの時期に、入れ替わるようにその役目を終えることとなります。

また、これと同時に、「au VoLTE」に非対応の「au 4G LTE」ケータイ・スマホについても同日にサービス終了します。

このページでは、2022年3月末に終了するauのサービスについて解説していきます。

トップ画像引用元:エリア | スマートフォン・携帯電話 | au

1 3G携帯電話サービスが完全終了

auの3G携帯電話サービスは「CDMA 1X WIN」という名称でしたが、これが2022年3月末をもって完全に終了します。

つまり、auでは3G通信ができなくなるということです。

「3G」「4G」の違いが分からない方へ

ちなみに現在、auで主流となっている通信は「au 4G LTE」ですが、「3Gとか4Gと言われても、何のことかわからない」という方もいるかと思います。

そのような場合は、とりあえずシンプルに「数字が大きいほど早くて優れた通信である」と解釈してください。

厳密に言えば色々と補足すべきこともあるのですが、この場ではその理解で大丈夫です。

3G時代から4G時代へ

auで2003年11月に開始され、スマホが普及する前の「ケータイ」時代に大きな役割を担ってきた3G通信。

当時としては非常に高速かつ安定した通信が行えたため、携帯電話コンテンツ・サービスにとって礎のような存在でした。

ところが、スマホの普及によって状況が一変します。次第に「3G通信では遅い」という声が大きくなっていき、さらなる高速化が求められるようになりました。

そこで登場したのが4G(≒LTE)通信です。

4G(≒LTE)は、今やすっかり主流の通信規格となりました。

スマホ上部のステータスバーを見てみてください。「4G」や「LTE」と表示されていると思います。

1-1 3G通信終了で利用できなるCDMA 1X WIN端末

3G通信の終了によって、auのCDMA 1X WIN端末が利用できなくなります。一覧を表記すると膨大になってしまいますので、対象のiPhoneのみ記載しました。

一覧をご覧になりたい方はこちらをご覧ください。

利用不可になる機種
モデルiPhone 4s

俗にいう「ガラケー」や、極めて初期のスマホは一斉に利用できなくなります。

現在、これらの端末をお使いの方は、必ず2022年3月末までに機種変更をしましょう。

auおすすめ最新スマホ機種ランキング【2020年】

1-2 一部4G端末も利用できなくなる!

画像引用元:iPhone 5 – 技術仕様

CDMA 1X WIN端末(3G端末)だけでなく、実は一部の4G端末も同日に利用できなくなってしまいます。

具体的には「au VoLTE」非対応の4G端末です。ここでも対象のiPhoneのみ記載します。

一覧をご覧になりたい方はこちらをご覧ください。

利用できなくなる機種
モデルiPhone 5、iPhone 5s、iPhone 5c

以上が利用できなくなる4G端末一覧です。iPhone 5sは今も使っている人が結構いるのではないでしょうか。

これらの端末は4Gでデータ通信しているものの、音声通話はau VoLTEではなく3Gを利用しているという、ちょっと複雑な運用となっています。

それ故に、3G廃止に伴いお役御免となるのです。

まだデータ通信では問題がないだけに、つい油断してしまうユーザーが多いかもしれません。突然使えなくなった、なんてことのないよう注意しましょう。

1-3 提供終了する「CDMA 1X WIN」の料金プラン・サービス

端末だけでなく、「CDMA 1X WIN」の料金プラン・サービスについても2022年3月末をもって終了します。以下は終了するプラン・サービス一覧です。

提供終了する「CDMA 1X WIN」の料金プラン・サービス一覧
プランE、プランEシンプル、プランF (IS)、プランF (IS) シンプル、プランL、プランLシンプル、プランLL、プランLLシンプル、プランM、プランMシンプル、プランS、プランSシンプル、プランSS、プランSSシンプル、プランW、プランWシンプル、プランZシンプル、シンプルプランL、シンプルプランS、デイタイムL、デイタイムLシンプル、デイタイムS、デイタイムSシンプル、カケホ (3Gケータイ)、カケホ (3Gケータイ・データ付)、WINシングルL、WINシングルL WiMAX (シンプル)、WINシングルL WiMAX (フルサポート)、WINシングルLL、WINシングルLL WiMAX (シンプル)、WINシングルLL WiMAX (フルサポート)、WINシングルM、WINシングルM WiMAX (シンプル)、WINシングルM WiMAX (フルサポート)、WINシングルS、WINシングルSS、WINシングルフラットWiMAX (シンプル)、WINシングル定額、WINシングル定額 (シンプル)、WINシングル定額 (フルサポート)、WINシングル定額WiMAX (シンプル)、WINシングル定額WiMAX (フルサポート)、PHOTO-Uプラン、PHOTO-U TVプラン、あんしんGPSプラン、ぷりペイド、オフィスケータイプラン WIN、ビジネスWINシングル定額WiMAX (シンプルコース)、ビジネスWINシングル定額WiMAX (フルサポートコース)、1xシングルプランA、1xシングルプランB、1xモジュールプランL、1xモジュールプランM、1xモジュールプランS、WINモジュールプランL、WINモジュールプランM、WINモジュールプランS、WINモジュール定額
auのINFOBAR xvに機種変更|お得に購入する完全ガイド
「CDMA 1X WIN」終了で何が変わる?
  • auの3G通信が2022年3月末に終了
  • 3G(CDMA 1X WIN)端末が利用不可能になる
  • 4G端末でも「au VoLTE」に非対応なら利用不可能に
  • 「CDMA 1X WIN」の料金プラン・サービスも提供終了する

次の章では、「CDMA 1X WIN」のサービス終了までに4G LTE対応機種へ機種変更する場合、知っておきたいポイントについて解説します。

ちょっと豆知識:auユーザーは必須レベル!?「au WALLET ゴールドカード」

au WALLET ゴールドカード

画像引用元:au WALLET クレジットカード

auが発行しているゴールドカード「au WALLET ゴールドカード」をご存知ですか?

「au WALLET ゴールドカード」は、auの支払いで利用することで最大11%がポイント還元される、お得なカードなのです。月に8,000円の携帯料金なら880円のポイントが戻ってきます。年間ではなんと10,560ポイントにもなります。

年会費は1万円なので、一見高く感じますが、携帯料金の11%が還元される上に、セブンイレブン・マツモトキヨシなどの日常生活で利用する店舗でポイントがお得に貯められるので、年に1万円なら十分過ぎるほど回収できる凄いカードです。是非とも1枚もっておきたいですよね。

auケータイ・スマホの購入に使える10,000円分のクーポンも貰えるので今加入すればかなりお得です。

au WALLET ゴールドカード入会特典はこちら

2 サービス終了までに4G LTE対応機種への機種変更が不可欠!

画像引用元:KDDI株式会社――Designing The Future

3G通信端末や、4Gでもau VoLTE非対応の端末を使っているauユーザーは、2022年3月末までに機種変更しなくてはいけません。

そうしないと通信や通話が本当にできなくなってしまいます。

そのため、これにより機種変更を余儀なくされたユーザーに対しては、auが移行措置として、いくつか特別なサービスを提供しているのです。

これを活用しない手はありません!

移行措置はいずれも2018年11月16日から実施されています。

2-1 機種変更時の契約事務手数料が無料に

契約者のうち、以下の条件に当てはまる場合は、機種変更時の契約事務手数料が無料になります。

契約事務手数料が無料になる条件
  • 「CDMA 1X WIN」サービス契約者
    (PHOTO-Uプラン、PHOTO-U TVプラン、あんしんGPSプランを除く)
  • 「4G LTE」サービス契約者で、最新購入機種が「4G LTE」対応機種のうち、「au VoLTE」に非対応の方
    (LTEシングル<データ通信専用>契約者と、au IC CardがすでにVoLTE対応の銀色のUIMカードになっている契約者を除く)

基本的には、「4G LTE」に対応している機種に変更(購入)することが求められますが、「au Nano IC Card 04(au VoLTE)」の単体発行でも適用されます。

auの機種変更で3万円得するために必要なものとおすすめ3ステップ

2-2 初スマホ安心サポート

初めてスマホを使うことになるユーザー向けに、スマホの基本的な使い方から高度な使い方まで、24時間体制の専用窓口が電話でサポートしてくれます。

コミュニケーターが手元のスマホを遠隔で操作して案内する「遠隔操作サポート」も利用可能です。

また、電話で申し込めば、初心者でもわかりやすいスマホの使い方ガイド本が1冊プレゼントされます。このサポートを受けるための条件は以下のとおりです。

初スマホ安心サポートの適用条件
  • 「CDMA 1X WIN」サービス対応のauケータイからau 4G LTEスマホに機種変更する
  • 「4G LTE」サービスを契約中で、「AQUOS K SHF31」からau 4G LTEスマホに機種変更する

2-3 ケータイ→auスマホ割

「CDMA 1X WIN」ケータイからau 4G LTEスマホに機種変更する際、「auピタッとプラン」に加入すると、機種変更の翌月から12ヶ月間は毎月1,000円割引されます。

2-4 カケホ割60

60歳以上のユーザーが「BASIO 3 KYV43」か「LG it LGV36」を購入した場合、毎月の料金が1,000円割引されます。

auでは4G LTE対応機種への移行措置を実施中
  • 2022年3月末までの機種変更が必須
  • auではいくつかの移行措置が行われている
  • 機種変更の事務手数料が無料に
  • 「初スマホ安心サポート」
  • 「ケータイ→auスマホ割」
  • 「カケホ割60」
au「ケータイ→auスマホ割」「カケホ割60」の全て|内容と適用条件

3 2022年3月末までに機種変更を忘れずに!

以上、auの3G通信サービス「CDMA 1X WIN」の終了と、それに伴い使えなくなる端末についての説明でした。

2022年3月末に3G通信が終了することは決定事項であり、くつがえることはないでしょう。

4Gに対応していない端末や、4Gには対応していても「au VoLTE」に対応していない端末を現在使っている方は、それまでに必ず機種変更しましょう。

このまま放っておくと、本当にケータイ・スマホが使えなくなってしまいます。決して油断はしないでください。

auでは機種変更を促すために、いくつかの移行措置を行っています。機種変更による負担が少しは軽減されますので、どんどん活用しましょう!

時代とともに技術も移り変わっていく

ガラケーでインターネット閲覧などをしていた頃をよく知る人たちにとって、今回の3G終了は、まさにひとつの時代の終わりを実感することでしょう。

少し寂しさもある一方、スマホの普及により3G利用者が激減しているのも事実です。また、現在は5Gの実用化に向けた本格的な取り組みも各社で見られています。

ケータイ、スマホときて、今度はどんな製品が当たり前になっていくのか、楽しみでもありますね。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ